ランドセルの人気は土屋鞄?選び方と予約の時期について

人気のランドセルの予約の時期は春?

ランドセルを購入しようと考えた時にどこのランドセルを購入しますか?

もちろん、最初からランドセルが指定されている学校もあると思いますが、そのような学校ならば購入を検討しなくても良いと思います。

しかし、世の中の多くの方は小学1年生になったときにランドセルを背負うことになりますのでおすすめのランドセルや人気の色、形などを紹介したいと思います。

実はこのランドセルなのですが年々人気が高まっており、人気のあるメーカーなどは非常に早い段階からランドセルの予約も始まっておりますので人気のランドセルを購入するなら早めに動くようにしましょう。

今は春に予約をするのが基本となっていますので、ランドセルの選び方と予約の時期が春になっている理由について書いていきます。

ランドセルの歴史と語源

ランドセルという言葉を知っている方も多いですが、ランドセルの定義というものをご存知でしょうか?

まずはランドセルというものについて書いていきたいと思います。

ランドセルとは「日本の小学生が通学時に、教科書やノートなどを入れて背負う鞄」であるといわれています。

歴史に関しては諸説があるのですが、元々はオランダの背嚢(はいのう)(バックパック)が最初だと言われています。

元々は江戸時代(幕末)、幕府が洋式軍隊制度(幕府陸軍)を導入する際に、将兵を導入する際に携行品を収納するために必要な装備品として用意をされました。

ランドセルの普及はいつ頃?

元々はランドセルは今の形のようなものではなく、リュックサック的な要素が強かったのですが、1887年の当時に皇太子であった学習院初等部科に入学に際に伊藤博文が祝い品として帝国陸軍の将校背嚢に似た鞄を献上しました。

それがもととなり、どんどん世間へランドセルというものが浸透したと言われています。

一般家庭にランドセルが普及をしたのは昭和30年以降の高度経済成長期のころからといわれており、1970年の価格は6,000円だったものが2014年には約40,000円からと値上がりをしていますね。

(参考記事:ウィキペディアのランドセル

今では、日本の小学生だけではなくアメリカの女優などがランドセルと背負った写真が出回っており、ファッションの1つとしても人気を博していますし、空港の免税店では外国人向けに売られていることもあります。

ちなみにランドセルの語源はオランダ語の「ransel」(ランセル、ラヌセル)がなまって「ランドセル」になったと言われていますね。

他にも思い出として使っていたランドセルとリメイクして小さくして思い出に取っている方もいます。

牛皮がおすすめ?それとも人口皮革?

歴史として軍人のリュックサックから始まっているランドセルですが今では日本では当たり前のように普及をしていますし、いろいろなカラーや種類も多く選択肢も多いことから豊富な中から選ぶことができるとして人気を集めています。

しかし、あまりにも種類が多いことからランドセルを選ぶ際に迷ってしまうこともありますのでここではランドセルの種類は材質について書いていきましょう。

この素材でランドセルの丈夫さや長持ちもきまりますのでよく考えて購入をしましょう。

コードバン

皮のダイヤモンドといわれている高級な馬皮を使用。なめらかな手触りとしなやかさが魅力。

牛革

キズや雨に強くお手入れも簡単。丈夫さと風格を兼ね備えている一番人気の皮です。

クラリーノ・エフ

しなやかな皮らしい風貌と人工の皮。

ヌメ革

防水などの表面加工をしていない、皮本来を楽しむことができる皮で、月日とともに風貌もかわります。しかし、メンテナンスはかかせません。

イタリアレザー

ランドセルを販売している特注の皮です。雨やキズに強くお手入れも簡単です。

ここに紹介をしている辺りは定番もしくは限定のランドセルの元となる皮の種類になります。

6年生までを見据えて購入しよう

ランドセルは種類や選ぶ店舗によって重さも、味わいも見た目もまったく異なってきますので、子どもの体格や6年間使う場合には子供の性格(慎重?乱暴?)というあたりも考慮をして購入をしましょう。

私も子どもが小柄ということで、軽い素材の人工皮革のクラリーノを購入しようかと思っていました。

理由としては、人口ですが皮が軽いため持ち運びやしやすいという点と、表面は丈夫であるということからです。

しかし、将来のことを考えると味わいや丈夫さを考えて最終的には牛皮にしました。

もちろん、クラリーノと比較をした場合には重さも感じたのですがその分見た目も高級感はありますね。

また今は4年ほど使っていますが女の子だからなのか、ほぼ傷もないたく味わいもランドセルに出てきているので牛側にしてよかったという印象です。

ランドセルの選び方は収納と重さをチェック

ランドセルを選ぶ際にはまず材質を選ぶようにしましょう、

その次には重さ大きさを選んで上げてほしいと思います。

ランドセルは毎日背負うことになりますので、6年間ずっと一緒に小学校へ行くパートナーというイメージになります。

子どもの体の大きさによっても選ぶサイズは異なって来るのですが、

・軽いもので約1kg(1000g)

・重たいものになると約1.3kg(1300g)

重さが基準となりますので、購入をする場合には重さなどを確認するようにしましょう。

毎日教科書を運ぶため軽いもの選ぶべき

ここに、毎日教科書、プリントなどの中身が入ることになると子どもの背中へ負担がかかることがお分かりいただけると思いますので子どもが小柄ならばより軽い重さのランドセルを選んであげましょう。

また、収納の大きさ(サイズ)も重要となっており、最近はこどもが見やすいように、また入れやすいように基本がA4サイズ対応になっています。

実がこのA4サイズはクリアファイルも折れてしまいますし、プリントもぐしゃぐしゃになってしまいますので大きさは絶対にA4サイズがきれいに入るものを購入してあげてください。

中にはランドセルに毎日重たい教科書などを運ぶことにより腰痛で悩まされる小学生もいるとのことです。

そのためにも軽くて丈夫なランドセルを選んであげてほしいと思います。

人気のカラーは何色?

昔は男の子は黒、女の子は赤というカラーのイメージが多かったのですが、最近は豊富にカラーも多くなってきており種類も豊富になっています。

ランドセルは学校へ行くだけの鞄という存在ではなく、今では健康面や安全面とファッション性も含まれている鞄になっているといえますね。

女子の人気のカラーは?

女の子は比較的明るいカラーが人気となっており、パール系も最近はどんどん人気が上昇しています。

チョコやブラウン系は刺繍やステッチも映えますし、高学年になっても大人の雰囲気があることから人気のカラーとなっていますね。

また、ラベンダー、パステルピンク、ホワイト、アクア系などは人気の色となっています。

私も娘と一緒にランドセルを見に行った際に個人的に気に入ったのはピスタチオを呼ばれる薄めのグリーンです。

最近はほかにも中と外で色の違うコンビなどいろいろな種類もありますので、子どもの好きな色を選ばせてはいかがでしょうか?

男子に人気のカラーは?

男子の場合はある程度決まった色が人気となりますが、黒系は定番で人気も強いものとなっています。

他にも、コンビカラーやバイカラーと呼ばれる2色を使ったデザインのものが人気となっており「黒と赤」「黒と青」「黒とゴールド」など選ばれることが多いですし、ブルーやブラウン系、グリーン系は選ばれる色となっています。

好みのカラーを購入すると子供の学校へ行くのが楽しみになるですが、注意をしなければならないことがあり小学校1年生の間はカバーをする学校の多いことから表の色は見えない可能性が高いです。

そのため、ランドセルのカラーを楽しむのは基本的に2年生からと思っておきましょう。

土屋鞄ランドセルがおすすめ

いろいろなランドセルブランドがあり、人気となっているのはセイバンの天使の羽や、中村鞄製作所、ランドセルの鞄工房山本、イオン、百貨店などいろいろとありますしモデルの種類も豊富になっていますね。

その中でも土屋鞄ランドセル一番人気のランドセルブランドとなっており、例年売り切れが続出しているランドセルです。

人気の秘密はいろいろとあるのですが、すべての工程を職人が手作業で工房で作っているため手作りで丈夫。

そして、見た目もシンプルで子どもの背負いやすい点が人気の秘密となっています。

土屋鞄ランドセルとは?

1965年、東京の下町で土屋鞄のものづくりは始まりました。11坪ほどの作業場に、職人が一人。

やがて少しずつ仲間が増えていきました。受け継がれてきたのは、細かな部分を大切に、小さな妥協も許さないという強い意志。

「こどもたちが毎日使う鞄」。そのことを心に刻み、300以上の工程をただただひたむきに重ねています。

(引用:土屋鞄ランドセル公式ページへ

なんと300もの工程で作っているランドセル業者となっており、もちろん6年保証です。

デザイン性としては、あまり曲線を利用していないことが特徴となっており、端的なデザインで重さは多少ありますが丈夫で長持ちするランドセルです。

私もこの土屋鞄ランドセルを知ったのは未来シアターというテレビ番組で、徹底したランドセル作りにこだわっていることです。

壊れたランドセルを徹底調査

実は土屋鞄ランドセルが丈夫な理由はいろいろとあります。

その1つが徹底をした調査にあります。

壊れたランドセルを集めて壊れやすい場所、壊れている部分や丈夫にすべきポイントなどを徹底調査して最終的にはそこをすべて改善されているのです。

そのため、丈夫で長持ち、しかも見た目のデザイン性もかわいいということで人気ですのでランドセルを購入しようと検討しているならば土屋鞄ランドセルはまず候補に入れておきましょう。

ちなみに私は娘2人ともに土屋鞄ランドセルを使わせていますが、今まで不具合が起こったことも、困ったことも一切ありません。

もちろん他のブランドと比較をすると、価格は高めとなっていますが6年間使うものなので妥協もしたくないと思い土屋鞄ランドセルを選びました。

本当に良い品だと思います。

土屋鞄ランドセルの予約時期

そんな土屋鞄ランドセルですが予約時期は年々早まっています。

私には5年生と1年生になる娘2人がいるのですが、上の子供の時は8月ごろに予約へ行けばほしい色も購入ができたのですが下の子供の時には5月に予約をしました。

年々早まっており、人気の色や希少性の高い色になるとあっという間に完売をしてしまうということもあるようです。

もちろん5月に注文をしても届くのは年末の時期となりますが、土屋鞄ランドセルの場合は春に調査をしてネットから予約をして購入をする。

支払いは代金引き換えで支払いをするという形になりますので、これから土屋鞄ランドセルを購入しようかと思っている方は早めに動きましょう。

土屋鞄ランドセルの店舗情報

・西新井本店:東京都足立区西新井7-15-5

・軽井澤工房店:長野県北佐久郡軽井沢町発地200

・童具店・仙台:宮城県仙台市青葉区本町1-14-30 1F

・童具店・中目黒:東京都目黒区青葉台3-19-8 1F

・童具店・南大沢:東京都八王子市下柚木3-6 1F

・童具店・横浜:神奈川県横浜市西区みなとみらい5-3-3 1F B(パシフィックロイヤルコートみなとみらい アーバンタワー内)

・童具店・名古屋:愛知県名古屋市中区錦1-10-27 1F

・童具店・京都:京都府京都市中京区松下町135-3

・童具店・大阪:大阪府大阪市北区大淀南1-3-11 1F

・童具店・神戸:兵庫県神戸市中央区下山手通4-13-9 1F

・童具店・広島:広島県広島市西区観音町7-29 1F

・童具店・福岡:福岡県福岡市中央区今泉1-18-25 季離宮 下離宮1F

・キシル 深川店:東京都江東区富岡1-18-15 1F

・キシル 浜松店:静岡県浜松市中区佐鳴台5-30-21

・キシル 松本店:長野県松本市大手2-2-9 2F

もちろん各店舗ではランドセルの展示会も行っており、実際に背負うこともできますし色合いやランドセルの質感も触れます。

そのためお子さんも連れていき好きなランドセルを選らびましょう。

ランドセルの予約時期の基準

ランドセルを購入する際に今は時期に注意をしなければなりません。

いろいろなブランドが人気のモデルを早くから出しておりあっという間に売れてしまうということになります。

ここ数年の予約の時期としては5~6月頃には予約が開始をして、年内に送付をされるという形になっていますし、大型のショッピングモールであるイオンやイトーヨーカドーでもゴールデンウィークには店舗に並んでいるイメージになります。

そのため、新年長になった春には下調べをして予約へと行動へと移さなければなりませんので気を付けましょう。

ちなみに、友人の子どもが小学校1年生に2018年度の4月からなるということだったのですが、土屋鞄のランドセルを購入した際には予約をなんと5月にしたということです。

それだけ需要時期も早くなっていますので、人気の型や手に入れたいカラーがある場合には早めに動くようにしておきましょう。

もちろん、人気やカラーよりも価格という方は小学校へ入学する直前に購入をすると楽天などで昨年の型落ちのランドセルが新品に安価で手にはいることからある意味おすすめですが在庫切れのリスクもありますので注意をしましょう。

ランドセル安く買うならアウトレット品を狙おう

最近の流れとして、ランドセルは年々高級品となっており祖父母も孫に対しては財布にゆるくなっていることからどんどんとお金を出す傾向にあります。

余裕のある家庭ならばよいのですがすべての家庭に余裕はあるとは言えません。

ランドセルは買ってあげたいけれども予算がない。お金がないという場合におすすめの方法を紹介しましょう。

アウトレット品

まず狙うべきはアウトレット品になります。

例えば、箱がつぶれている、展示や試着に使われていた、小さな傷が入っているということで本来の価格での売り物にならないものがでてきます。

また、入学式の近くなる3月ごろになるとすでの新型が登場をしますので型落ちのランドセルの在庫が出て来ることもあります。

そのようなアウトレット品を狙うと場合によってはブランドのランドセルでも半額程度で購入ができることもありますし、型落ちでも30%OFF程度で販売をされます。

どうせならきれいなものを購入するのなら「型落ち」がおすすめです。

傷もなく、見た目も新品ですがひとつ前の型というだけなのでそちらを狙ってみましょう。

オークションで購入する

もちろんこれは中古になりますが、例えば卒業をして必要なくなったためにヤフオクやメルカリに出品をされたりします。

また、在庫をずっと抱えていた店舗が型落ちすぎて店舗に出せないものを出したりすることもあります。

予算があまりないならヤフオクやメルカリなどの転売品を狙ってみましょう。

使用をした商品でも見た目がきれいなものも多いのでそちらを狙ってみてはいかがでしょうか?

ニトリのランドセル

家具の量販店のニトリですが、実はランドセルも販売をしており、新品でも2万円程度という安さで販売をしています。

もちろん安いので大丈夫か?と不安になることもあるかもしれませんが、ニトリは安い割に丈夫だと口コミの評判もよいので安くて丈夫なランドセルを探しているならばニトリへ行ってみましょう。

ランドセルのまとめ

ここ数年は年々ランドセルの需要も高まってきており、予約時期も早くなってきていますし安価なものから高級なプレミアムなものまで種類も豊富にそろっています。

ここで紹介をした土屋鞄ランドセル以外にも人気のある山本ランドセル、池田屋、萬勇鞄、中村鞄製作所なども予約の時期や購入の時期が非常に早くなってきている印象なのでランドセルを購入する方は早めに情報収集をしましょう。

あとは祖父母に買ってもらう場合に予算と相談をしながら購入をするランドセルを選ぶようにしてくださいね。

リメイクをしてくれる

また、ランドセルを6年間背負って行った後にはランドセルをリメイクしてくれるサービスも行っています。

もちろん大きいままで一生保存をしておきたいと思うのですがサイズも大きく邪魔になってしまう可能性もあります。

それならばランドセルを購入した工房へリメイクの依頼をしましょう。

中学生になったときに小さなランドセルが目の前にあるとどことなく懐かしい気持ちになれますし思い出になります。

私の娘は絶対にこれをしたいそうなので卒業をした暁にはリメイクをして持たせようと思います。

寄付という方法もある

もちろん思い出のためにリメイクを検討する方もいれば寄付をいう方法もあります。

これは単純に今まで使ってきたランドセルを寄付することによりランドセルがほしくても手に入らない子供たちは世界中の子供たちの鞄として使われることになります。

中には処分をしてしまう方もいるのですがそれならば思い出のためにリメイクをしてみる、もしくは寄付をしてランドセルを通して世界に貢献をしてみるなどの方法がありますので、ランドセルを使った後のことも考えておきましょうね。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る