出産祝いの二人目の金額の相場!マナーと二人目におすすめの品物

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

二人目の赤ちゃんが生まれたときに渡す出産祝い

友達や親戚、同僚に赤ちゃんが生まれたときに渡すお金といえば「出産祝い」なのですが、出産をした人へ一体いくらの金額を贈ればよいのか?

また、お金ではなく品物を贈るとなった場合にはどんなものがよいのか?

そしてその出産が二人目の場合は一体どのように対処をすればよいのか?

こんな風に迷ってしまうことも多いのですが、どうせ出産祝いを贈るなら相手にも喜んでほしいというのは正直なところ。

そこで、出産祝いを渡すときに相場や金額、渡し方について書いていきましょう。

出産祝いとは?

その前にまずは出産祝いについて書いていきましょう。

出産祝いとは、自分に親しい人に赤ちゃんが生まれたときに贈る品物のことで、赤ちゃんが無事に生まれたことを祝って現金や品物を贈ることを指しています。

贈るものはいろいろとあり、現金、商品券、品物など贈る人によって異なるのが普通となっていますね。

贈る意味としては赤ちゃんが生まれて「おめでとう」をいう意味はもちろんなのですが、ほかにも長く大変な妊娠を切り抜けてきたママ、それをサポートしてきたパパをねぎらうためののも。

これから新しい家族はできて新たな生活を迎える応援を意味を込めたものなど出産祝いと一言で言っても実はいろいろな意味合いを込めて贈るものとなっていますね。

出産祝いの金額の相場

出産祝いを贈るとなった場合に一番多いのは現金です。

もちろん品物でもよいのですがママの好みもありますし、時には誰かと同じものを贈ってしまったなんてことになってしまうかもしれません。

そのため、誰とも同じ品物になることもなく問題も少ない。

そして相手からも絶対に喜んでくれるものとしては現金が一番ベストなので、出産祝いに何を送ろうと迷ったら現金を贈れば問題ないといえるでしょう。

しかし、現金を贈るとなった場合でも一つの問題が「いくら贈ればよいのか?」という点です。

相手と自分との立場によって贈る金額も異なりますので気を付けておきたいポイントといえますので金額の相場について書いていkmしょう。

親族の出産祝い

まず出産祝いを贈るとなった場合に親族へ贈ることが多いでしょう。

そこで親戚関係へ出産祝いを贈る相場について書いていきます。

一番近いところだと自分の兄弟や姉妹に赤ちゃんが生まれたときには1万円~3万円くらいが相場となっています。

従兄弟などの親戚が出産したときは、5000円~1万円が多いようですが、日ごろから頻繁に会っているのならばもう少し多くてもいいです。

また自分の娘や息子に赤ちゃんが生まれる。つまり孫ができたときには祖父母の立場として出産祝いを贈ることがあります。

そんなときにはかなり高額となっており多い場合は5~10万円程度を贈る場合も多いでしょう。

もちろんあくまでも目安の値段となっていますが、親戚の場合は自分から親戚への距離と親しさによって金額は異なってきます。

友達への出産祝い

次に友達が出産をしたという場合にはどれくらいの金額を贈るべきなのでしょうか?

友人の場合は仲良くても5000円~1万円程度となっていますが、現金ではなく商品券やプレゼントを選んで贈るケースも多いでしょう。

また、友人の場合は出産をした本人と親しい友人同士でお金を出し合って1つのものをプレゼントすることもありますね。

同僚やご近所への出産祝い

会社の同僚が出産をした場合に個人として贈るのは直属の上司が贈る程度となっておりそれでも5000円~1万円程度が相場。

しかし、会社の場合は上司1人から贈るというよりは部下や同僚、同期、上司などみんなでお金を出し合って1つのものを贈るというケースが最も多いです。

会社だと3万円くらいの商品券をみんなで割って出すということが多いですね。

近所の人の場合はどれくらい親しいかによります。

挨拶程度ならば渡すことはないですし、親戚のように親しい中だと3000円~5000円くらいの品物を贈ることが多く、現金を渡すということは少ないですね。

出産祝いの人気商品とマナー

ここまでが金額の相場について書いてきました。

そんな出産祝いで現金を贈る場合や、人気の品物についてはちゃんとしたマナーがあります。

のし袋や書き方などについてはこちらにまとめていますので参考にしてください。

二人目の出産祝いはどうする?

ここまでは出産祝いについて書いてきたのですが、次に二人目が生まれたときの対処方法について書いていきましょう。

確かに一人目の時は赤ちゃんを生んだこともないので体にも負担がかかっていますし、ママになる初めての子供なので対処の方法についても考えてしまいます。

しかし、二人目となると一人目でお祝いを贈っている人も多いですし赤ちゃんに必要な品物も持っています。

では、どうすればよいのか?

二人目の出産祝いについて書いていきましょう。

二人目の出産祝いは贈るべき?

お祝いをしたいわけではないのだけれども二人目の出産にはお祝いを贈るべきなのか?

「いやいや贈らなくてもよいのではないの?」なんて迷ってしまうこともありますが、基本的には二人目でも出産祝いを贈るのはマナーとなっています。

出産をした知らせを聞いていても出産祝いを送らないのはあなたの印象も悪くしますので一人目で出産祝いを贈っているのならば二人目の同じように出産祝いを贈るのはマナーとなっています。

しかし、関係性によっては異なります。

例えば、ママ友や同僚同士で子持ちなどになるとお互い贈って贈られての繰り返しになり無駄なお金と時間を使うことになります。

お互いに「出産祝いを贈るのはやめておこう」と決めておき避けておいても良いでしょう。

ある意味、気の知れている相手ならばそれのほうが気楽ですし、長く付き合いもしていけるでしょう。

二人目の出産祝いの相場

二人目の出産祝いの相場は「一人目と同じ金額」ということで相場としては5000円~1万円の間にするケースがほとんどです。

そのため、金額として大きくはないですね。

もちろん出産祝いを贈る人との関係性を考えなければなりませんが、基本的には一人目と同じ金額を贈るのがマナーとなっています。

しかし、一人目と二人目はやはり違うという考えも多いことから二人目は一人目の7~8割程度を贈るというケースも多いです。

お世話になっている人、目上に当たる人には一人目と同額、それ以外はあなたとの関係性次第ですが一人目と同額、もしくは一人目の7~8割程度に設定をするケースが多いです。

二人目の出産祝いの選び方

二人目でも出産祝いを贈ることはおわかりいただけたと思いますが、次に難しいのは二人目の出産祝いの選び方です。

もちろん出産祝いを贈ると決めていても、一人目で品物を贈っていたり、大体の赤ちゃん用品はそろっている。

そして子育てにも慣れているので足りないものもない。

そんな二人目の出産祝いに贈る品物の選び方について書いていきましょう。

自分では買わないものを贈る

まずは相手の人は自分では選ばないようなものを選びましょう。

一人目を育てているのでほとんどのものは持っていて当たり前です。

そのため、最初から持っているものをおくるのではなく、その人は選ばないようなものを贈ると「私のためにわざわざ選んでくれたんだ」と気持ちも伝わります。

例えば、出産をしたママがおすすめをしている商品や安全性の高いもの、一人目の育児の時にはなかったアイテムや出産をした人が購入をしないようなブランド。

そんな風にいろいろな人から出産祝いをもらっているのは間違いありませんので、二人目はある意味冒険ができるという点は二人目の出産祝いの特徴です。

性別が違うなら

二人目の性別が違うのならば出産祝いの選択肢は広がります。

違った性別の服やおもちゃなどを贈りましょう。

一人目の出産でいろいろなものはそろっているといえますが、性別が違うとそれは別となってしまいます。

そのため、スタイや服の色もあえて二人目の性別でしか購入できないような色にするとよいですね。

そのため、二人目の出産祝いを贈るとなった場合には最初に性別を確認すると良いかもしれません。

生活に役立つもの

あとは生活に役立つものを贈るというのも一つです。

例えば、洗剤やサラダ油、石鹸、紙おむつなど生活をしていく中で絶対に必要なものを贈ると喜ばれます。

私は仲の良い友人がおり、一人目で品物を贈ったのですが二人目となると何にするかかなり迷いました。

そこで、お米を30kg贈ると大変喜んでくれたので生活をしていく中で絶対に購入をしなければならないものを贈っても良いでしょう。

他にも普段は食べられないようなお肉や魚などふるさと納税でもらえるもののように、出産で疲れている体に元気をつけてほしいという意味をこめて高級食材を贈る。

出産をした人が好きな果物やスウィーツを贈るなんていうのも一つです。

おしゃれなケーキをワンホール贈るなんていうのも良いですね。

現金

最終的にはこれ。

二人目に贈るとなった場合に「考えてもわからない」「相手がいらないものを贈っても困る」という場合には現金や商品券、Amazonギフトカード、楽天スーパーポイントなどを贈ると喜ばれます。

喜ばれるというよりは絶対にミスのない二人目の出産祝いとなりますね。

中でも百貨店の商品券を贈ると赤ちゃんの新しい洋服やちょっと良いブランドの品物を購入することにもつながりますので商品券もおすすめです。

ママへ向けての贈り物

出産祝いとなるとついつい赤ちゃんへ向けての商品になりがちですが、赤ちゃんへ贈らなければならないという決まりはありません。

出産をして疲れているママへ向けて商品を贈っても良いでしょう。

例えば、体をいたわるためのボディクリーム、アロマなどはリラックス効果も期待できますし、欲しがっているならば予算内の家電を贈っても良いでしょう。

赤ちゃんに出産祝いはたくさんもらっているので、出産でがんばったママをいたわる意味で商品を何か贈っても良いでしょう。

品物にメッセージを付けると気持ちも伝わりますね。

上の子への気遣いも忘れずに

二人目の出産祝いを贈る際に気を付けておきたいことは一人目の贈ることも忘れないことです。

もちろん現金などは別ですが、品物を贈るとなった場合には1000円くらいのものでも良いので喜ぶしなものを贈りましょう。

兄弟や姉妹の子供の上の子供となると、いろいろなことがわかってくる年齢です。

そのため、何かものをもらえると嬉しそうにしますし配慮ができる人とあなたへの評価もあがりますので、二人目の出産祝いを贈るなら一人目に贈ることも忘れないようにしてくださいね。

出産祝い二人目のまとめ

育児もそうなのですが、一人目の時とはまた違った印象になります。

これは実際に父親母親となった本人もそうですし、友人や同僚でも同じなのですが二人目の一人目と同じようにお祝いをするのはマナーとなっています。

二人目の難しい点はすでに一人目がいるという点。

赤ちゃん用品などはすべてそろっていることからどうしても必要のないものも少ないのでここで紹介をしたように少し変わったものや無難に現金などを贈ると良いでしょう。

何よりも気持ちを伝えることが大事ですし、せっかくお祝いを贈るのならば喜んでほしいというのは正直なところなので個人的なおすすめとしては「相手に確認をする」というのが実は一番良い方法だったりします。

お返しに気を使わなくてよいものにしてあげましょう。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

スポンサードリンク

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る