お年玉の折り方と入れ方は重要!相場とマナーを知っておこう

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。


スポンサードリンク

折り方と入れ方に決まりがあるお年玉

私達自身も子供の頃を思い返せば、お正月と言えば「お年玉」だったのは間違いなかったですよね。

年に一度のお小遣いを沢山貰える一大イベント。

もう、お年玉を貰う前から、今年は幾らになるか、幾ら貯金して何を買おうか、とか、お正月の声を聞くようになる頃からそわそわして、心待ちにしていたのは、きっと私だけでは無いはずです。

今回は、そんなお年玉について、いつ渡せばよいの?お年玉の相場、お年玉ぶくろについて、そんな「お年玉」についてご紹介しますね。

お年玉って?

お年玉は新年のお祝いの贈り物、子供など目下の者にお金をあげる行為なのですが、そのルーツはお正月の行事として「歳神様」を迎えるために、門松や鏡餅を供えてお祝いしたのです。

お祝いの後にお供えしたお餅を、お下がりとして子どもたちに振る舞ったお餅が「御年魂」、すなわち、お年玉のルーツ。そして、お餅からお金を渡すようになったのは、室町時代になってからということです。

ちなみに、歳神さまと言うのは、毎年お正月にやってくる八百万の神様のことで、各家を災いから守ってくれるご先祖様の霊も含まれ、歳神さまは初日の出と共にいらっしゃります。

お正月に初日の出を「ご来光」と言うのはそういうことなのですね。

門松は、歳神さまがやってくる目印に、鏡餅は歳神さまが再び帰るまでの居場所ということです。

鏡餅を食べる鏡開きは、歳神さまの力が宿ったお餅を食べることで、一年の健康、平和無事を祈るというわけですね。

余談になりますが、歳神さまのことを知る人は、20代になると10パーセントにも満たないそうで、ちょっと驚きました。

お正月行事って、門松や鏡餅だけではなく、おせち料理にしても初詣にしても、私達が暮らす日本という国の風習が沢山見て取れるものです。

私の子どもたちにも、これらの意味をしっかり教えて、伝えていきたいと思います。

お年玉のマナー

それでは、早速お年玉のマナーに付いて紹介していきたいと思います。

お年玉と一言でいってもお札の折り方や入れ方についてはいろいろな決まりがありマナーもあるのです。

ついついお金をいれればよいと思いがちなのですが、実は違いますのでしっかりとマナーを守ってお金を渡してあげましょう。

お年玉袋

まず大事なことはお年玉袋。

お年玉はお金をそのまま渡すのではなくて、お年玉袋、ポチ袋と呼ばれる小さな袋に入れて渡す様にするのがマナーです。

今は色んなキャラクターのぽち袋が販売されているので、それらを利用するのが一般的ですが、気を付けたいのは、お年玉袋の真ん中には「お年玉」と書き、左上にお年玉をあげる子供の名前を書くことです。

物事の分別がつく歳になれば、自分のために用意してくれてたんだと、喜んでくれるものです。

私も小さな時には父が「どんなポチ袋が良い?」と聞かれてすきなキャラクターのポチ袋を用意してくれたもの。

好きなキャラクターでお金もあるとダブルでうれしいものです。

お札の折り方

お年玉の入れ方というものにも、実はマナーが存在します。

それは「お札の折り方」ですね。

結婚式や新築祝いなどと同様に、お年玉も新札を用意しましょう。

新しく迎える年、新しい門出をお祝いするにあたっては、シワや折り目のない新しい気持ちでスタートしましょう、という意味が含まれます。

お札は、お金を出して開いた時に、肖像画が見える様に三つ折りにします。

まずは左を折って、肖像画がある右側を折りたたみます。

強くビシッと折り目を付けるのではなく、ふわっと折り曲げます。

入れ方

そして、上下を逆さまにしないように、お年玉袋の中に入れます。

ちなみに2000円や3000円など複数枚のお年玉を入れるとなった場合には重ねていれるので、ふわっとたたむとお年玉袋へ入れるのもなかなか大変です。

硬貨はどうする?

また、子供があまりにも小さいことから硬貨をいれる場合もあるでしょう。

親にはちゃんとお札を渡しておき、子供には500円など硬貨をお年玉袋へ入れるケースもありますね。

そんな時には硬貨の正面を表にしておきましょう。

表とは500や100などローマ数字がない部分になります。

お年玉の相場

落とし玉は一体いくら渡せばよいのか?

沢山あげたいと言うのは山々ですが、正直、親戚縁者、全部の子どもたちに沢山のお年玉をあげるなど、なかなか出来るものではありません。

一般的には、「年齢÷2×1000円」と言われていますが、お年玉の相場のアンケートなどもあるので、参考にしてください。

年齢相場
乳幼児(3才以下)1000円
幼稚園(4~6才)2000円
小学校低学年(7~8才)3000円
小学校中学年(9~10才)3000~4000円
小学校高学年(11~12才)3000~5000円
中学生(13~15才)5000円
高校生(16~18才)5000円
大学生(19~22才)10000円

お年玉はいつまでに?

最後に、お年玉は何時渡せばよいの?と言う疑問についてご紹介します。

お年玉を上げるのは、お正月です。

お正月と言うのは、三が日、もしくは松の内と言われています。松の内というのは、正月の門松を飾ってある期間のことで、これはお住まいの地域によって変わってきます。

七日まで、あるいは十五日までというところがほとんどじゃないかと思います。

ただ、今の時代は、必ず松の内の間に渡さなければ行けないということもなく、遠方に暮らす祖父母や親戚などは、お正月前に渡すこともあるでしょうし、少し遅れても「お年玉」と言って手渡すこともあるでしょう。

要は、「お年玉」と宣言してお年玉袋に入れて渡せばお年玉、そんな感じでも構わないと思います。

ただ、出来れば、子どもたちには、お年玉の意味などしっかりと伝えながら渡してあげたいですね。

お年玉の入れ方と折り方のまとめ

私もお年玉を渡すようになり、母に教えてもらってはじめて知りました。

お年玉と聞くとついついお金を渡しておけばよいのかと思っていたのですが、意味もちゃんとありますし、折り方や入れ方にまで気遣いをすることは大事なことですね。

新札も用意をしておかなければなりませんが、銀行は年末年始は締まってしまいますので早めに用意をしに行こうと思います。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

スポンサードリンク

kaoruライター

投稿者プロフィール

保育士ライフのライターをしているkaoruです。
1歳と5歳の男の子の二児の母で料理とダイソーをこよなく愛する30代!

子育てって大変なのですが、みんなやっぱり子供が好き!そんな好きのお役に立てるような記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る