お年玉の相場はいくら?お正月に渡す意味と由来について

お正月に子供に渡すものといえばお年玉ですよね。

例年私も自分の娘に渡しますし、親戚の子供達にも渡すことがあるお金です。

子供のころはいつもたくさんもらうことができてうれしかったのは覚えているのですが、大人になると渡す側になるのでいつもお正月には金欠になってしまうことも多いです。

そんなお正月に渡すお年玉なのですが、年齢によって金額もかえるようにしているのですがその金額というのが難しいです。

というのも年齢によっての相場というものはあまり知らないからなので毎年迷います。

そこで、お年玉の由来や意味はもちろん年齢別の相場について書いていきましょう。



お年玉の相場はいくら?由来も紹介

もちろん誰もが知っていると思いますが、お年玉の由来について書いていきましょう。

お年玉とは、「新年のお祝いとして子供や使用人に贈る金品のこと」を指しており、お年玉以外にも「年玉(としだま)」という名称で呼ばれることもあります。

お年玉の特徴としては、お歳暮は目下の人から目上の人に対して贈るお金となっていましたが、お年玉は目上の人から目下の人へ贈る習慣があることです。

お歳暮やお中元は日ごろからお世話になっている目上の人に目下の人から送るというのが定番となっていますが、お年玉だけは逆になっており、目下の人へ目上の人から渡すというのが一般的な考えとなっています。

中には会社の社長から社員へお金を送ることもあったりと大人同士でも目上の人から目下の人へお金をおくることもありますが、お年玉といえば大人から子供へおくるお金というイメージが一番強いですね。

お年玉の由来

お年玉はどのようにはじまったのでしょうか?

これについて調べてみましょう。

お年玉は今はポチ袋にお金を入れて渡すというのが定番となっていますが、もともとはお餅でした。

しかし、それはただのお餅ではなく魂の意味を込めている非常に重要なものだったのです。

魂ときくと驚きますが生きる力や活力といういみで、昔は年のはじめに年神様から新年の魂を分けていただくという習慣があったのです。

お年玉と書きますが、実は「年魂」と文字では表しており年神様の魂がお正月になると山から下りてきて家にやってくる。

そして、実りや幸せを与えてくれるという考えが一般的だったのです。

つまり、毎年お正月に一年分の魂をいただくという考えになります。

今はお正月といえば新しい年を迎えたことを喜んで、おせちやお雑煮などを食べるという習慣が一般的となっていますが本来は年神様とお迎えして、おもてなしをする、そして見送るという行事がお正月の過ごし方でした。

お正月といえば今はとても賑やかに過ごすことが多いですが、どちらかといえば神様をあがめていたというのが昔のお正月の過ごし方だといえます。

意味とルーツについて

お年玉のルーツはお餅とさきほどもかきました。

鏡餅を飾ってくことでそこに神様が訪れてくださり、そこに御霊が宿るといわれています。

それを分け与えてもらことによりその一年が幸せに過ごすことができるという意味からお正月にお餅をもらうお年玉という制度が始まったといわれています。

そのいただいたお餅はお雑煮に入れて食べます。

食べることで体の中へ魂を取り込むことができますのでお雑煮を食べないと本来は魂をもらったことにはなりませんのでお雑煮を食べる習慣ができたといわれています。

また、魂をいただいただけ年齢を重ねていくという考えがあることから年齢はお餅をもらった数で数えるとわかりやすいといわれていますね。

ちなみに門松は神様が道に迷わないようにするために置いているということをしっていましたか?しめ縄は神の領域と現世を隔てる結界となり、その中に不浄なものが入らないようにする役目を持っているなどお正月に飾りにはそれぞれに意味があるといわれています。

お餅からお金の変化はどうなった?

そんなお年玉でのやりとりになりますが、いつから始まったのかと言われると実は諸説があり「この時期にはじまった」ということはどこにもデータは残っていません。

しかし、過去の情報によるとどうやら江戸時代からは庶民にも浸透をしていったといわれています。

また、そのころからお餅だけではなくお金や品物を渡すようになったので今のお年玉がお金をもらうという制度になっているのは何となくうなずけます。

都市部では昭和30年ごろの高度経済成長期のあたりには主流になっていき一般化してきたといわれておりそのなごりが今でも残っているのでお年玉は子供や目下の人へお金を渡すというのが根強く残っているのです。

本来は家の長であるお父さんから子供達に神様にお供えをした鏡餅を子供に分け与えたのが、いつの間にか現在のようにお金を渡す週間へとかわっていったのです。

お年玉の相場を年齢別に解説

では、次にお正月の相場の金額について書いていきましょう。

もちろん年齢別で渡す金額はことなりますし、あまり多く渡すと子供の教育上どうなのだろうと思ったり、少ないとほしいものが買えないのでかわいそうだなと思ったり。

なんかお年玉の金額って迷ってしまいますよね。

そこで、年齢別にお年玉の相場の金額について書いていきますので今年のお年玉は金額をしっかりと相場に合わせると少ない、多いというミスも減らせますのでうまく活用をしていきましょう。

赤ちゃんの金額の相場

赤ちゃんとはわからないからお年玉なんていらないだろうと思っていたのですが、由来をしるとお正月には神様が返ってくるという意味が込められていますので少額でも渡すほうが良いでしょう。

しかし、お金を渡したとしても価値も金額もあまりわかないので大きな金額を渡す必要はあまりありません。

乳児

保育園でも赤ちゃんと呼ばれている0歳児から2歳程度の小さな子供にはあまり大きな金額を渡す必要はなく、ポチ袋にお金を入れるだけでよくなります。

そのため500円~1000円程度が程度でよいでしょう。

子供は何かをもらうとうことはうれしいので、「あけましておめでとう」と好きなキャラクターのポチ袋でも渡してあげてくださいね。

またお金ではなくお菓子やおもちゃなどを代わりに渡すこともあるのはこの年齢特有と言えるかもしれません。

幼児

幼児は年少と呼ばれる幼稚園へ入った年齢になります。

この年齢になると欲しいものが決まって来るので少しはお金をもらうと喜びますが、乳児と同様あまり価値はわかっていませんので少額で良いです。

そのため、相場としては1000円程度が妥当だといえます。

幼稚園の時期だとクリスマスにたくさんのおもちゃなどを買ってもらっていますのでそこまで大きなお金を渡す必要はあまりありません。

この年齢は祖父母はたくさんお金を渡したいと思っていますが、なかなか渡すのは難しいため親に将来のための貯金という意味をこめて数万円を渡しているケースもあります。

私の父親は娘が小学校へ入るまでは毎年1000円をもらっており、親である妻には毎年3万円を渡していました。

最初は私の家だけだと思っていたのですが、実は結構そんな風にしているところも多いです。

小学生の金額の相場

小学生になると低学年と高学年で異なってきます。

小学生になると自分の意思もしっかりと持つようになり、お金の価値というのも徐々にわかってくるもの。

そこである程度の金額は渡したいけれども大金となるとまだまだ難しいので小学生も低学年と高学年で渡す金額を変えていきたいと思います。

低学年

低学年1~3年生の場合は幼稚園のころとはことなってきて、お金の価値もだいぶとわかってくる年となります。

そのため硬貨ではなくお札は必須という年齢で低学年だと2000円~3000円くらいが相場の金額といえます。

高学年

高学年になると少しお金の価値や値段というものはわかってくる時期なのでしっかりと用意をしたいもの。

しかし、大金を和あすと無駄にお金を使うこともあるため親が管理をしなければなりません。

子供から大人へ向かっていく年齢なのでプライドも出てきますので3000円~5000円が相場と言えます。

この時期は祖父母もお金を渡す時期となっており、中には1万円をもらうケースもあるようですが稀です。

中学生の相場

中学生になるとだいぶと大人に近付いてきて、お金の価値ももちろんわかっています。

お小遣いをもらう年齢でもありますのでお年玉は大人でいうボーナス的な意味を込めています。

他にもクラブ活動やお友達だけでカラオケや遊園地に遊びにいく年齢となるのである程度はお小遣いを渡さなければなりません。

しかし、あまり大きな金額とお年玉でも渡すと違う方向へ行ってしまうケースもありますので適度な金額にしておくべきです。

お年玉はお年玉でお小遣いはお小遣いと分けて考えると良いでしょう。

中学生になるとお小遣いをもらっているということも考慮して相場は5000円が妥当といえます。

高校生の金額の相場

高校生になるといよいよ大人の仲間入りになるという年齢なので、お金というものは理解をしていまs・

そのため、相場は5000円~1万円となっています。

高校生になるとアルバイトをする子もでてくるのでお金を自分で稼ぐようになり、稼ぐ大変さも学ぶようになります。

そのため中には自分から「お年玉はいらない」というケースもあったりしますね。

その反面、クラブ活動に入るとアルバイトなんてする暇もないことから親に頼るケースもあるのでお年玉は相場程度でお小遣いに毎月3000円くらいをもらっていれば問題はないでしょう。

大学生の金額の相場

大学生になるとアルバイトもできるし「お年玉はいらないよね」と思います。

しかし、どこまでを子供という扱いにするのかは難しい年齢といえますので基本的な考えとしては大学2年生の20歳まではお年玉をもらうというケースも多いです。

ただし、そこまで大きな金額を渡すことはあまりなく相場としては1万円ですね。

お年玉の相場の計算方法

いとこや姪っ子、甥っ子に上げる場合も相場は同じくらいなので、お正月に親戚が集まるならばここの相場を参考にあげてください。

社会人になると、逆に親へ1万円のお年玉をプレゼントするケースもあるようなので親としてはうれしい限りですよね。

ここで紹介をした相場ですがあくまでも参考となります。

そんな相場に関して面白い計算方法を見つけましたので紹介をしていきます。

「年齢÷2×1000円」が一番妥当な金額がでてきます。

例えば、高校1年生の16歳だと「16÷2×1000円」なので大体8000円くらい。

高校生の相場は5000円~1万円程度なので相場として間違いはないので、お年玉の相場の参考にしてください。

お年玉はいるからいつまで渡すのか?

相場と由来もわかったところでお年玉を渡す時期についてもしっておきましょう。

お年玉は基本的にお正月に渡すのは定番となっていますが実際に渡すとなった場合にいつまでに渡せばよいのか迷ってしまうこともあります。

そこで渡す時期について書いていきましょう。

いつから渡すのか?

お年玉は一般的に渡す時期としてはお正月の主な期間となっている三が日です。

つまり、年があけた1日~3日には渡したいといえます。

しかし、三が日は結局バタバタとして忙しいことも多いので松の内と呼ばれる1月1日~15日までの期間に渡せば問題はないといわれていますね。

※地域によっては7日までが松の内というケースもあります。

いつまでに渡すべき?

お年玉は本来の意味は神様が家に帰ってくるため。

そして、最初はお餅をたべて体の中へ入れることにより意味があったものなので世間的にもお正月と呼ばれる時期には渡しておきたいというのは正直なところですね。

そのため、先ほども紹介をした松の内と呼ばれる15日まではお年玉と言えますが、それ以降はお年玉と呼ばずお小遣いと呼ぶようになっています。

どこまで渡すのか?

では、そんなお年玉はどこまで渡すのか?という点も難しいのですが、以下のように渡しているパーセンテージは分かれるようですので参考にしてください。

・姪・甥・・・90%

・自分の子供・・・50%

・親戚の子供・・・32%

・友人、知人の子供・・・27%

このようになっていますので、今後自分からお年玉を渡す場合にどこまで渡すのかを参考にしてみましょう。

お年玉の相場のまとめ

お年玉の相場と由来について書いてきました。

お正月に子供に渡すお金と思っていたのですが、実は昔からの由来があり伝統的な点もありますね。

そんなお年玉の相場に関しては年齢別に紹介をしていますので、お年玉を渡す側の人は参考にしてください。

Taka代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る