分譲と賃貸の違いはなに?住宅のメリットとデメリット

住宅は分譲?それとも賃貸?どちらがいいの?

人生で最大の買い物は、マイホーム

つまり、「家」だという方が多いという雑誌の記事を見かけました。

賃貸住宅で、家賃を払い続けるなら家を買った方が絶対に合理的である、などという声を耳にする反面、本当にそのマイホームは必要なのかという話題は私自身の周りでも良く語られる話題です。

特に、結婚や出産、子育てに現在進行中で一生懸命なお父さんとお母さんは、家族が快適に暮らすための「住居」について考えることが多くなるのではないかと思います。

マイホームで後悔しないため

今の時代、考え方は多種多様になっており、こうした方が良いとは安易に答えられないとの話、皆さんは10年後、20年後、30年後の家族のことを考えたことがあるでしょうか?

マイホームについて相談したファイナンシャルプランナーの友人に尋ねられた10年後の自分の理想の暮らしを、私は答えることが出来ませんでした。

どうやら私は、何よりも、まず家族とじっくりと話をする必要があるったようです。

私は今は分譲の一軒家に住んでいますがかなり快適です。

結婚をして自分で家を購入するまでは普通に賃貸マンションに住んでいたのですが、快適さと自由さという点で分譲の一軒家の方が魅力的かなというのが感想です。

しかし、マイホームである分譲と賃貸ではメリット、デメリットの異なりますので詳しく書いていきましょう。

家を買う分譲のメリット

もちろん、予算という縛りがあるのは言うまでもありませんが、持ち家の一番のメリットといえば、居住空間をすべて自分の好みに作り上げ、快適に暮らすことが出来るという点があげられるでしょう。

中古物件や分譲マンションの購入も同じで、リフォームなどを自由に行い、家族にとっての理想の暮らしは、やっぱり持ち家が、という方が多く、一番のメリットだと思います。

また、家を買う場合にはローンを組むことが多いでしょうが、その期間は負債となるものの、完済後はそれは自分の資産となります。

万が一、転勤などで引っ越しをした際にも、売却することで現金にもなりますし、賃貸として貸すことで、一定の収入を得ることも可能で、老後の生活も経済的にも精神的にも負担が軽くなるというメリットがあります。

家を買うデメリット

とはいえ、マイホームを購入すれば、まったくお金がかからないかというと、決してそうではありません。

維持費や固定資産税の支払いは、家を持っている間はずっと続くもので、特に築年数が経つ家はリフォームなどにかかる費用は、その都度、馬鹿にならない金額がかかります。

また、転勤などが多い職業の方であれば、賃貸住宅と比べると、そう簡単に引っ越しという訳にもいかないでしょう。

まだ家族構成が定まっていない若い夫婦であったりすれば、早々に家を持つよりも賃貸で暮らす方が都合のよいことが多いとは良く聞く話です。

賃貸住宅のメリット

既に述べた通り、賃貸住宅のメリットは、状況に合わせて住み替えが簡単に出来るという点は見逃せないでしょう。

持ち家を購入するとなれば、ご存知の通り、費用は相当の額が必要になります。本当に人生で最大の買い物だと思います。特に若い人だとローンが組めないなど、資金調達のハードルも低くはありません。

ところが、賃貸の場合だと、敷金や礼金を準備すれば良い程度で、持ち家を購入するよりも、初期費用はぐっと安くて済みます

維持管理費や固定資産税などの負担が無いということもメリットでしょう。

賃貸の場合は、保険や管理費などを支払う契約がある場合が多いですが、メンテナンスは大家さんがするものなので、手元に現金を貯めることが出来ますね。

転勤が多い家庭や子育ての環境を変えたい時、子供が増えた、親の側に住みたい、などマイホームと比べると、自由度高く引っ越しなどが出来るということ、ライフスタイルの変化に柔軟に対応できるのも賃貸住宅のメリットだと思います。

賃貸住宅のデメリット

持ち家は、リフォーム、リノベーションが自由というメリットをあげましたが、基本的に賃貸物件はリフォームなどに対しては制限があり、退去の際には原状回復義務がある場合がほとんどです。

マイホームと違って家族が理想とする居住空間を持つ住居と巡り合うのは難しいかもしれません。

当たり前ですが、老後も家賃を支払い続ける必要があるので、その点が精神的な負担となると答える方が多いのも賃貸住宅のデメリットだといえるでしょう。

まとめ

私自身、改めてマイホームと賃貸住宅について考える、良い機会となりました。

家族の仕事、ライフスタイルすべて、20年後、30年後の理想の暮らしを考えた際に、子供が自立するまでは賃貸で暮らしながら貯蓄を増やして、夫婦二人で老後を暮らすためのマイホームを、というのが私の家庭の出した今の答えです。

もちろん、これからも生活の変化などで、この「理想」は変わって行くことは間違い無いでしょうが、今回のマイホームに付いての夫婦やお互いの親をも交えた会話は、20年後、30年後の家族の人生を考えることが出来た、有意義なものとなりました。

皆さんも、家族のライフスタイルを考えるにあたって、「住居」をきっかけに夫婦でしっかりと話あうことが出来ると思いますよ。

私は今分譲に住んでいますが自分たちの好きなようにできるという点でかなり気に入っています。

個人的には分譲の方がおすすめですが、賃貸にもメリットがありますのでよく考えて住むようにしましょうね。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る