育児休業給付金の計算と条件!いつまでに支給申請書を出せばよい?

育児休業給付金の支給日をもらう条件や計算方法を知っていますか?

育児休業給付金は子育てをしている人にとってメリットのあるお金です。

この育児休業給付金は仕事を休んでいるママがもらえる国の制度であり、権利なのでぜひもらうべきですね。

しかし、もらうためには条件があり、いくらもらえるのか計算をする必要があります。

この記事では育児休業給付金について書いています。

記事を読み終えることで育児休業給付金の計算方法や条件、もらうための申請書の方法、支給日やいつもらえるのかがわかります。



育児休業給付金の計算と条件!いつまでに支給申請書を出せばよい?

育児休業給付金とは「育児休業中のママやパパの生活保障をするための雇用保険から支払われるお金」のことです。

もちろん誰もがもらえるわけではなく条件をクリアしていなければなりません。

働いているママもしくはパパが赤ちゃんが1歳になるまでの期間は育児休暇を取ることができますが、休暇をもらって会社に席をおいてもらう代わりに会社からはお金がもらえないことがほとんどです。

もちろん、休暇をもらえること、会社に籍をおいてもらえていることはありがたいことなのですが、共働きで家計のやりくりをしていたのが急になくなるとこまってしまうものです。

そこで雇用保険から「最低限度の生活保障」という位置づけでもらえるものとなっています。

育児休業給付金の条件【受給資格】

そんな非常にありがたい育児窮境給付金制度なのですが、誰もがもらえるお金ではなく一定の条件をクリアしなければなりません。

以下にもらえる人の条件をまとめておきましょう。

・雇用保険に加入している

・育休中、休業開始前の給料の8割以上の賃金を支払われていない

・育休前の2年間のうちで、1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上ある

(※転職をしている場合には空白期間がないこと)

・就業している日数が各支給単位期間ごとに10日以下である

正社員以外にもパートのママや契約社員もクリアをしておれば育児休業給付金の対象となります。

迷ったらまずは会社へ相談をしましょう。

もらえる対象者としては育児休業休暇を取得するママもしくはパパとなります。

ただし、中には条件を満たすことができずもらえないこともあります。

育児休業給付金のもらえない人

以下の項目に入る人は育児休業給付金がもらえませんので注意をしましょう。

・雇用保険に加入していない

・妊娠中に退職する人

・育休開始時点で、育休後退職する予定の人

・育休を取得せず職場復帰する人

この制度は育休が前提です。

そのため、妊娠をして退職をするともらえないですし、このお金をもらうとなったら復帰は必須となりますので将来を見据えてもらうかを検討しなければなりません。

また、雇用保険のない自営業のママ、パパは受給対象にならないので注意をしましょう。

育児休業給付金がの計算シミュレーション

そんなこれから赤ちゃんを出産する人の強い味方となる育児休業給付金ですが、申請をして通過をした場合に実際いくらもらえるのでしょうか?

次に金額や計算方法について書いていきましょう。

育児休業給付金の計算方法【もらえる金額】

育児休業給付金がもらえる期間については「育児休業を開始した日から数えて180日前後」となっており、期間によってもらえる金額も異なってきます。

・180日目まで:休業前の給与の67%

・181日目まで:休業前の給与の50%

る金額は休業開始した時点でもらっている賃金から上記の計算式で計算をして支給をされます。

ただし、いずれも上限下限金額がきまっています。

・180日目まで:上限額は286,023円、下限額は46,431円

・180日目以降:上限額は213,450円、下限額は34,650円

そのため、月収を100万円もらっていたとしても上限金額となってしまいます。

また、2014年9月に法の改定があり育児休業を開始してから1ヶ月の間に10日を超える就業としたとしても、合計の就業時間が80時間を超えない場合には給付金は支給をされるようになりました。

育休中に働く場合にはうまくコントロールをしましょう。

育児休業給付金の金額の算出方法

金額の目安は先ほども紹介をしたように、180日目までは67%となっており、180日目以降は50%です。

ここに育児休業月数となりますね。

ただし、賞与や残業代などもふくまれた金額となります。

・残業代や賞与を含めた給与額

・育児休業に入る前の直近6ヶ月の平均

残業代や賞与などを含めた平均となるので、育児休業に入る前の多めの金額や賞与をもらっているとお得に感じる部分も多くなるといえますね。

例えば、月に20万お給料をもらっていた人の場合は以下のような金額となります。

・1日目から180日目まで・・・20万円×0.67=134,000円、134,000円×6ヶ月=804,000円

・181日目以降・・・20万円×0.5=10万円、10万円×育休日数となります。

(参考:厚生労働省「育児休業を取得予定の方へ・育児休業給付金を申請予定の事業主の方へ」)

育児休業給付金のウラ技【パパママ育休プラス制度】

実は育児休業給付金のウラ技があるので紹介をしていきます。

この休暇制度は出産を予定しているママだけではなく、パパも取得可能なものとなっており、パパも条件をクリアしていれば育児休業給付金をもらうことができます。

そのため、実はママが1年間を取得するよりもパーセンテージが高い180日までの期間をママもパパが交代で取得をするという方法を取ると良いといわれていますのでメリットも高いでしょう。

以下に例を書いて紹介をしていきます。

わかりやすいようにパパもママも月給は月に20万円をもらっていたとすると以下ような計算となります。

【ママが1年取得した場合】

(20万円×0.67×6ヶ月間)+(20万円×0.5×4ヶ月間)=120万4000円

【ママが6ヶ月、パパも6ヶ月を取得した場合】

(20万円×0.67×6ヶ月間)+(20万円×0.5×4ヶ月間)=134万円

このように二人で6ヶ月ずつ育児休暇を取得した場合には割合も異なってきますので単純に金額もあがります。

もちろん旦那さんの方が給与は高いケースが多いので、育児休暇を取得するともらえるお金は高くなりますし「パパ・ママ育休プラス」という制度があり子供が1歳2ヶ月になるまで育児休業が取得できる制度もあるためさらに金額も増える可能性が高いです。

→ パパママ育休プラス制度とは?申請方法と具体例をわかりやすく解説

育児休業給付金がもらえる期間と免除の対象となる項目

とても便利な給付金は非常にありがたいお金となっているのですが、金額に次に大事なポイントはいつまでもらえるのか?という機関になります。

原則として育児休業給付金がもらえる期間としては子供が1歳になるまでとなっていますが、最長は1歳6ヶ月までとなっています。

ただし、特別な事情が必要となりますので注意をしましょう。

例えば以下のような条件となります。

・1歳までに子供を養育していた配偶者が死亡した

・配偶者のけがや病気、精神上の障害によって育児が困難になった

・婚姻解消等の理由で、配偶者と子供が同居しなくなった

・6週間以内に出産予定もしくは、産後8週間を経過していない

このような条件になると申請が通過をする可能性が高くなりますが、その分大変なことになっているのは正直なところですね。

最近はこの延長を狙って保育園の入園で落選を狙う方も増えていますね。

2017年10月に法の改定がされ今は2歳まで支給期間の延長が可能となりました。

育児休業中の保険料は免除?

この期間にお金がもらえるのはうれしいのですが、気になることは社会保険などの保険関係のお金です。

生活を補うためにもらえるお金なのですが、保険にお金を支払うとなるとなかなかもったいなく感じるものですね。

実は育児休業中に会社を通じて申請を出せば社会保険料の支払いは免除となります。

ただし、対象となる期間は「育児休業を開始した月」から、「育児休業終了日の翌日前月まで」になりますので注意をしましょう。

育児休業給付金の支給日はいつ?もらえるタイミング

では、次に育児休業給付金について書いていきましょう。

実はこの育児休業給付金についてはそれまでの申請期間も必要となりますので確認をする必要がありますのでその期間も計算して支給日が決まることとなります。

ただし、知識をして知っておきたいのは産休と混同しないことです。

出産後の休暇は法的に出産後8週間の取得が可能となっており、出産日から8週間は出産後休暇でそこから育児休暇へ入ることになりますので、支給日はそこから起算をする事となります。

育児休業給付金はすぐにもらえない?支給日はいつ?

実は育児休業給付金は申請をしてすぐにもらえるお金ではなく、2ヶ月ごとの申請となりますので一回目の育児休業開始から2ヶ月が経過をした後に申請をすることとなります。

お給料のように毎月もらうわけではなく、2か月ごとに育児休業給付金をもらうイメージです。

もちろん育児休業給付金は会社の経理担当などが基本はすることになるのですが、自分で申請をしても何も問題はありません。

ただし、支給をしてもらうには「育休に入って2カ月給料が発生してない事を証明する書類が必要」となりますのでそこは注意をしておきましょう。

もし期間が経過をしているのに支給をされていない場合には会社の経理などへ確認をしておきましょう。

審査をして通過をすれば育児休業給付金をもらうことができます。

概ね支給決定日から1週間程度で指定いただいた口座に振込がされます。

(引用:厚生労働省「Q&A~育児休業給付~」)

審査に時間がかかる場合もある

審査の書類を提出すると早い方で2日ほどで、遅い人は1週間~2週間程度はかかる方もおり、各地域のハローワークによって異なります。

ただし、数日で入金をされる、1週間で入金をされるというのは期間としては短い方です。

申し込みをするハローワークによっては審査に約15日程度かかる場合もあり支給決定から7日ほどかかるので申請をしてから約3週間かかる場合もありますね。

これは申し込みをする期間によって大きく異なりますので注意をしておきましょう。

育児休業給付金の申請方法【支給申請書と必要な書類】

こんな便利な育児休業給付金の制度なのですが、実際に利用をする際の申し込み方法について書いていきます。

このお金をもらうために申請をするのは基本は申請者が勤務をしている会社が基本となります。

もちろん自分で申請をしても良いのですが、会社を通すほうが簡単なのでそちらをオススメしますね。

会社でしてもらう場合には必要な書類を提出して、記入をすれば完了となりますが自分で申請を行う場合には会社の所在地を管轄しているハローワークへ行くことになります。

育児休業給付金に申請に必要な書類

まず、絶対に必要な書類は「育児休業給付金申請書」は絶対に必要となります。

それ以外にも以下の書類が必要となりますのでしっかりと準備をしておきましょう。

・待機児童:入所申出書、入所不承諾通知書、育児休業延長申出書、育児休業給付に係る延長事由申出書

・配偶者の死亡:世帯全体の情報が記載された住民票、母子手帳

・障害による育児困難:病院の診断書、母子手帳

・離婚等による別居:世帯全体の情報が記載された住民票、母子手帳

・6週間以内に出産予定、産後8週間を経過していない:母子手帳

・パパママ育児プラス制度:世帯全体の情報が記載された住民票

このような関係書類が必要となりますので、育児休暇を取得すると決まっている場合にはあらかじめ会社の経理などへ相談をしておくと話も早いでしょう。

育児休業給付金の申請の流れ

以下の申請から支給までの流れについて書いていきますので確認をしましょう。

ただでさえ支給までには時間のかかるお金となっていますので無駄なく申請ができるように進めておくべきですね。

1,妊娠がわかったら家族で育休をとるのか?退職するのかを決めます。

2,育休を取得すると決めたら、勤務先に育休期間と給付金をもらえるか確認しましょう。

3,勤務先もしくは勤務先の管轄にあるハローワークで育児休業給付金申請の必要書類をもらいましょう。

4,振込口座にする金融機関で確認印をもらっておきます。

※ただし、通帳のコピーでOKの場合もあるので、勤め先またはハローワークに確認をしてください。

5,書類に必要事項を記入すして抜けや漏れがないようにチェックをしましょう。。

6,必要書類を勤め先に提出します。郵送でOKか事前に確認をしておきましょう。

※自分でハローワークへ提出する場合もありますので勤務先と相談をしてください。

7,提出から約2〜5カ月後、育児休業給付金の初回分が振り込まれます。審査により時間も異なります。

8,約2カ月ごとに手続きし、指定した口座にお金が振り込まれます。

初回以降の手続き方法は、事前に勤め先に確認をしておきましょう。

育児休業給付金の計算と条件のまとめ!出産後は必ずもらおう

育児休業給付金は赤ちゃんを出産している間にも生活で困らないようにするための労働者のためのお金となっています。

そのためにも申請をしてもらえるものはすべてもらっておきましょう。

個人的には手続きが面倒なことが多く、会社がしてくれれば一番スムーズなのですが場合や状況によっては自分でしなければなりませんので育休を取るとなったら会社とすぐに相談をしてくださいね。

もらえるお金はしっかりともらいましょう。

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtaka

【経歴】

・現場の保育士から保育園の園長になった経験

・子供の教育関係の経験あり。幼稚園、小学校受験に関しては知識あります。

今は元保育士として普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はキャンプと筋トレ、フットサル。

今はサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る