学資保険のおすすめは返礼率が高いサービス!月々いくら払うのか?

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

子供の将来のためにも契約しておきたい学資保険

学資保険という言葉を聞いたことがあるでしょう。

これは子供向けの保険のことをさしており、月々継続をしてお金を支払い積み立てていくというものです。

もちろん積み立て金額によって将来もらえるお金も異なるのですが、一体どんなないようなのか?

そして本当に必要なのか?という点について書いていきたいと思います。

特に赤ちゃんが生まれたらすぐに検討をすべき保険といえますね。

学資保険とは?

私も娘2人とも学資保険は契約をしています。

将来高校や大学へ進学をしたいとなった場合にいきなり数十万、数百万を用意することはかなり難しいため二人とも0歳のころから継続をして支払っている保険ですね。

しかし、学資保険をきちんと説明をしろといわれるとなかなか難しいもの。

そこで学資保険について書いていきます。

学資保険とは、「子供の学資金(教育費)を準備するための貯蓄型の保険のこと」です。

いわゆる生命保険などは「万が一に備えて」という場合が多いですが、学資保険は積み立てていくこととなり将来的には積み立てたお金は手元に戻ってくるという点が他の保険と違う点です。

月々決まったが保険料を支払うことにより子供の成長に合わせた進学準備金や満期額資金を受け取ることが可能な保険です。

私は長女はゆうちょ、次女はJAで学資保険を契約していますがその際に「中学卒業時に一度もらう」もしくは「高校卒業時にもらう」のいずれかを考えておいてくださいと言われました。

学資保険を使っている方は進学のタイミングでお金をもらう方が非常に多く、私は大学への進学のタイミングで返礼をしてもらおうと検討をしています。

学資保険の目的

学資保険の目的は両親の思いにあります。

「将来行きたい進学先へいけるように」

「やりたいことができるように」

「大事な時期にお金にこまらないように」

こんな風ないろいろな考えがあるのは正直なところですが、保険会社の考えとしてはどうなるのでしょうか?

まぁ基本的には同じような考えとなっており

・子供の将来の教育費の積み立てのために

・親に万が一のことがあったときの保障

・子供に万が一のことがあったときの保障

おもにこの3つが学資保険を利用する際に目的となりますね。

もちろん下の2つに関してはオプションとなっており、親の死亡保険、子供の医療保障(死亡保障)を付けると返戻率が下がってしまう可能性も非常に高いです。

個人的には学資保険は「教育費用」にポイントを置いておき、親の死亡保障や子供の医療保障に関しては健康保険や乳児医療費助成制度がありますのでそちらで賄っても良いでしょう。

学資保険が最も効果を発揮するのは教育費用を用意するという点に関してになりますのであまり他のことは不随させずにシンプルにするほうが良いでしょう。

学資保険は必要か?

学資保険は必要ない?という意見もあります。

それは学資保険といっても基本は保険屋の商品と言うことがあり、メリットもあればデメリットもあります。

学資保険に関しては賛否両論がありますのでメリットデメリットについて書いていきましょう。

メリット

まず学資保険のメリットについて書いていきましょう。

もちろん保険屋の商品と言うことはわかっているのですが学資保険を使うメリットはとにかく多いです。

1,教育資金が確実に貯められる

2,親に万が一のことがあったら保険料が免除される

3,生命保険控除が受けられる

4,貯蓄型なので解約時でも解約返戻金がある

なんといっても1の「教育資金が確実に貯められる」という点は大きなメリットとなっています。

私も本来は保険会社に頼らず自分で毎月1万円でも貯蓄できていれば18歳になったときには12ヶ月×18年間なので約216万円が貯まるという計算になります。

これができれば良いのですが、簡単にはいかないのは正直なところでついつい使ってしまったり、今月はピンチだから貯めないなんてことになってしまっては本末転倒。

そんな風に管理ができないならば学資保険を契約して強制的にお金を引き落としてもらう方が良いでしょう。

また、貯蓄型の保険となっていますので途中解約をしてもお金はある程度返金をされますし、満期まで貯めれば約110%のお金が戻ってきますので最終的には大きなお金となって戻ってきます。

もちろん契約内容にもよりますがより大きなお金を手にすることも可能なので学資保険に契約をするメリットがありますね。

メリットの口コミ

学資保険に入ってよかったという口コミは多くあります。

そのいくつかをご紹介していきましょう。

・自動的にお金が引き落とされて貯蓄されていくので自分で管理をしなくてもよい。

・教育費目的で他の保証もついているのでお得。

・掛け捨てではなく貯蓄型なのでお金を貯金しているイメージ。

・内容の見直しや解約が簡単。

・途中解約をしてお金が戻ってくる。

こんな風なあたりが学資保険のメリットといえますので活用をしておきましょう。

なんといっても月々のお支払いは安く貯蓄型となっていますので保障と貯蓄の両面をサポートしてくれるという点は大きなメリットがあるといえます。

デメリット

しかし、保険というのは保障がある点は大きなメリットになるのですが、その反面デメリットもあるのは正直なところ。

そこで学資保険のデメリットについてもまとめてみました。

すべての人の適している保険というものはなく、ここのデメリットをみて当てはまる方は別の保険を検討するほうが良いケースもありますので注意をしましょう。

デメリットは、

1,保証型の学資保険となると元本割れをして損をする可能性がある。

2,受け取れる保険金額が契約時に決まっている。

3,自由にお金を引き出すことはできない。

4,途中解約をすると大きな損をする。

保障型の契約は注意

学資保険には貯蓄型と保障型と呼ばれる形態に分かれるのですが、医療保障や死亡保障などを付けた保障型の学資保険にすると返戻の際に元本を割れてしまう可能性があります。

元本割れというのは月々1万円と積み立てたのに返戻されるときには月々9000円分しか戻ってこないことです。

つまり月に1000円を保障に回しているというイメージになりますので総額でみると元本を割ってしまっているということになります。

もちろん何よりも「保証が重要」という方もいると思いますのでそのように考えるならば良いと思いますが、そうではなくあくまでも教育資金を貯めたいと思っている場合は保証はつけず他の保険でまかなうようにしましょう。

学資保険は契約時に祝い金や満期保険金の金額が確定をしていますので後から満期でもらうことができる金額を変更してほしいということはできません。

また、銀行の口座のように習い事をするために10万円を引き出すなど途中ではお金を触ることはできません。

強制的に積み立てができるのは学資保険のメリットなのですが、お金を少しだけ引き落としたいということはできませんし、途中解約をすると手数料なども引かれるため元本割れは避けられないでしょう。

解約をすると税金の対象になることもありますので学資保険を契約するならば満期まで一切触らないという覚悟も必要になるでしょう。

再加入は可能なのか?

学資保険を利用していたけれども一旦解約。

でもやっぱり将来のためにもう一度契約をしようかという方もいますが学資保険は加入ができない年齢になるケースもあります。

学資保険は子供が小さな時から少額を貯蓄していくことにより大きな教育資金を貯めるというものなのですが、ある程度大きくなってしまうとこのメリットもありません。

学資保険の加入年齢は0~3歳までと定めているところもありますし、12歳までと決まっているところもありますので再加入をしたいという場合にはあなたの子供に適した保険会社を利用しましょう。

学資保険の保険料はいくら?

ここまで学資保険について書いてきましたが、次はお金の話。

学資保険の相場はいくらなのか?そして多くの家庭ではどれくらいの学資保険の費用を支払っているのか?という点について書いていきましょう。

学資保険の費用の相場

学資保険の多くは最初に月額の費用を自分たちで決めることのなります。

これは最初に必ず決めなければならないことです。

多くの相場は1万円~1万5000円となっており家計に無理がなく、そして継続して貯蓄ができる金額を計算している家庭が多くなっています。

学資保険に入っている家庭は子育て世代の約60%と言われていますので、その家庭によって考えは様々ですね。

増額や減額は可能なのか?

基本的に最初に決めた金額から減額をすることは可能ですが、増額はできません

月々1万円を支払っていて5000円には変更はできますが仕事が順調にうまくいっているから2万円にしたいということはできないということです。

これは不測の自体で急に保険料が支払えないことになる可能性があるからです。

そうならないためにも減額は基本的に対応をしてくれるのですが最初に支払う金額を決める必要があります。

もちろんリストラや会社の倒産などでお金を支払えないというケースもなったらすぐに相談をして保険会社の対応に従うようにしましょう。

受け取り金額はいくら?

では、実際に貯蓄をして言った場合に満額でいくら貯蓄していくことが可能となるのでしょうか?

これについて調べてみると満額まで貯蓄をしても保険会社によって手にできるお金は大きく異なることがわかります。

満期まで貯蓄をしている方の金額をみていると「200万円~250万円」という意見が最も多くなっており、0歳の生まれたてから18年間のあいだ月に1万円だと216万円貯蓄される計算なので間違いはありません。

主にこの資金を18歳の時にもらい大学の入学費用などに充てる方が最も多いです。

ちなみに大学の学費は私立の場合は4年間で約500万円以上はかかると言われていますので学資保険は1年生から2年生くらいの間に底をついてしまうということになってしまいますので他にも貯蓄はしておきましょう。

この満額で手にできる金額ですが、正直契約をする保険会社の金利や祝い金によっても大きくことなりますのでその当たりについても書いていきましょう。

返戻金はいくら?

先ほども書いたように契約をする保険会社によって大きく異なることは間違いありません。

そのため、一番重要なのは学資保険を選ぶ際に「どの会社にするのか?」という点です。

選ぶ会社によって返戻金も大きくかわってきますのでどうせ同じお金を支払うのならば少しでも多いほうが良いに決まっています。

学資保険の契約の際には返戻率をよくみて契約をすべきですね。

返戻率とは?

返戻率とは、支払った金額に対していくら受け取る金額があるのか?というパーセンテージを表しているものです。

学資保険は月々の支払い金額を決めてそのお金を毎月貯蓄していくことにより満期になった際にお金を受け取ることになるのですが、その支払ったお金だけを受け取るのかといわれるとそうではありません。

その支払った金額のプラスの金額がついてくることにより月々支払いをする側にはメリットが生まれ契約をするという形になります。

今、販売をされている学資保険を見てみると「105%~110%」というものは多くありますが2017年4月の改定により今では一番高くても108%です。

何度も出てきている0歳から18年間のあいだに月々1万円を貯蓄すると216万円が貯まるという計算になります。

すると満額時には「216万円×105%=約226万円」が戻ってくるということになりますので+10万円でも大きなメリットがあります。

利子のようなイメージといえますかね。

元本割れの理由

しかし、返戻率に関しては会社によってもことなっており保障を増やすと元本割れをするケースもあります。

保険会社からすると同じ学資保険の商品で月々1万円と積み立ててもらっているものに対して保障を付ける代わりに費用をもらうということをしています。

例えば、満期の時点で返戻率が95%と設定をされたとします。

すると「216万円×95%=約205万円」となるので本来ならば216万円をもらえるはずのお金から11万円も少ないということになってしまいます。

もし先ほどの105%で本来もらえているはずの資金から比較をすると約20万円以上も損をしていることになりますので返戻率というのはとても大事な項目です。

祝い金もある?

また学資保険の中には「祝い金付」として販売をされているものもあります。

これを見ると保険会社から祝い金はあるのかと思ってしまう方もいるのですがそれは大きな間違い。

保険を支払ったお金の中から小学校、中学校、高校などの進学のタイミングでもらえるだけです。

例えば満額300万円もらえる学資保険が中学生のタイミングで30万円もらっていたら単純に270万円になるだけなので結局は変わらないということですので「祝い金」という言葉に注意をしましょう。

学資保険の選び方

ここまでは学資保険のことについていろいろと書いてきましたが、次に学資保険の選び方について書いていきましょう。

学資保険を選ぶとなった場合にどこの会社にすべきか?という点は大きなポイントとなってきます。

私も上の娘はゆうちょ銀行にしましたが、下の子供は返戻金が高いことからJA(農協)にしています。

上の子供の時は学資保険といえば「ゆうちょ」というイメージがあったのでゆうちょで契約をしたのですがあとから「しまった!」

と後悔をしたことを覚えていますね。

一度契約をしてしまうと約18年間は支払う保険となりますので損もしたくないですし、失敗もしたくないので選ぶ方についてしっておきましょう。

貯蓄型と保証型の選択について

まず大事なことは学資保険の種類になります。

基本は貯蓄型になるのですがそこに死亡や医療関係の保険を付けるか?というポイントになります。

これについてはいろいろな意見があるのですが、保障をつけると場合によってが元本割れをする可能性も高く場合によっては損をしますのでそれでは意味がありません。

学資保険の目的はあくまでも「学資のため」のお金となっていますのでできれば最も返礼率の高い状態で契約すべきです。

損をしないためにも学資保険は学資のみにしておき、死亡保障や医療保障、事故補償などは他の保険で賄いましょう。

払い込み免除特約は選ぶべき?

払い込み免除特約は親が死亡をしたときなどに支払いがストップをしても子供には契約上の学資が提供をされるというものです。

これは付けておくべきです。

目的は学費を用意することですが、例えば旦那さんが急な事故などで亡くなってしまった場合には学資が用意できない可能性も生まれます。

親が万一の場合も、子どもの学資準備が途切れることなく準備できるというのが、そもそもの学資保険の目的なのでこれは万が一のためにもつけておきましょう。

保険料の払い込みは何歳で完了するプランにする?

これもいろいろな年齢があり、10歳が一番短い期間で支払うものとなっており最大でも18歳までに支払いをすることになります。

これについてはこんな意見があり「返戻率を重視するなら短期払が有利」という声が多いですので可能ならば短期で支払いをしてしまうものがおすすめです。

その理由はほかにもあり、義務教育の間はそれほどお金がかからないため、それまでに保険料を払い込んでおいた方がラクになるというものです。

その反面18歳のしておくと無理なく支払えるという意見もあるため家計と支払いの期間は相談をすべきですね。

学資保険比較ランキング

では、次に学資保険の比較ランキングを書いていきましょう。

もちろんいろいろな学資保険があるので、その中から各ご家庭に合わせて契約を結べばよいと思います。

しかし、学資保険は一度契約を指定してしまうと解約損をしますのでなかなか難しいもの。

そのためにも赤ちゃんが生まれる前から慎重に選びたいものですね。

そこで返戻率は高いと言われている順にランキングにしていきたいと思います。

ソニー生命 学資保険スクエア

ソニー生命の学資保険はいろいろなサイトは実際に学資保険を契約した人の口コミをみても圧倒的に1番が多い学資保険となっています。

その理由は返戻率が高いことと言われており、2017年の11月に少し下がってしまいましたがそれでも107~108%となっていますので高めな印象です。

口コミ評判で高い理由はもう1つあり、実はソニー生命はネットでは契約ができない仕組みとなっています。

そこにソニー生命はこだわっており、専属プランナーとの面談が必須となっており一人ひとりの家族と実際に面談をして、加入の際に最適なプランで入会をしてもらうということを徹底しているのです。

返礼率だけではなく、お客様のことも徹底して考えている姿勢が評価をされている理由となっていますので面談をして最適な学資保険のプランへ申し込みをしましょう。

日本生命 ニッセイ学資保険

こちらは学資保険の中でも貯蓄型に特化をしている方に最適な学資保険です。

医療保険などのオプション選択はなく、保険料の払い込み免除も契約者の死亡のみとなっている最低限に絞られているシンプルな学資保険といえます。

返戻率はこちらも高めで普通に全期払いでも104%となっており、最高は108.9%と異例の高さとなっています。

ただし、この返礼率の高さにはからくりもあり、学資年金が300万円を切る場合には大きく返礼率を下げることになりますので注意が必要です。

保障がいらないから、貯蓄型でしっかりと返礼もしてほしいという方には最適なので、300万円を超える契約を検討してみると良い学資保険といえます。

明治生命 つみたて学資

こちらも驚くほどの返戻率を誇っている学資保険で払い込み期間を5年にした場合に121%という驚愕の返戻率を誇っている学資保険です。

ただし、5年払い込みプランとなっていますが今は売り止めにしている現状があります。

(日本銀行のマイナス金利の影響をうけて販売停止に)

通常の15歳でも104%を超える返戻率の高さ、10年払い込みにしても105.7%なので基本の返戻率は高いです。

積み立て学資は基準保険金額を高く設定している代わりに返戻率を高くしているためお金に余裕がない人には不向き。

コツコツとお金を貯めていきたいと考えているならばあまりおすすめをしない学資保険です。

短期は払いで返戻率が良い学資保険を探している方にはおすすめだと言えるでしょう。

まとめ

学資保険を選ぶ際に私もしていたのですが比較をしていないということです。

実は学資保険を扱っている保険会社が多く、一度契約をしてしまうと15~20年間支払いをしてくれる保険なので保険会社からしてもありがたいものなのです。

そんな学資保険ですが、実際に比較をしていないのでこれから学資保険を契約しようと考えている方はここに紹介をしたランキング以外にも比較をしてみましょう。

最近はアヒルがキャラクターのアフラックも行っていますし、定番のゆうちょ、JA共済などもやっていますので比較対象となる保険会社は多いと思います。

気になるところは資料請求をして、電話や実際にライフプランナーと話しをして決めると納得した形で契約が可能となるのでメリットも高いです。

子供の将来のためにお金だからこそきちんと選んで損をしないものを選択してくださいね。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表 管理者

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの管理者をしているtakaです。
1981年生まれの37歳で保育士からWEBの世界へ飛び込みました。

経歴は認可保育園で8年保育士をして、認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきている異色感じです。

保育園では主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルスクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきています。

今は保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの仕事をやっています。
https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る