子供のスキーデビューはいつから?教え方 持ち物とおすすめのゲレンデ



スキーに子供を連れていくタイミングはいつ

子供がいる家庭でも冬になるとウィンタースポーツへ出かけたいと思うもの。

私も小学生の娘がいるのですが、スキーやスノーボードへ連れていこうと思うのですが「まだ早いのか?」ほかにも「何をもっていかなければならないのか?」などいつ連れていくべきなのか?わからないことも多いのは正直なところ。

そこで、子供のスキーデビューのタイミングと持ち物、おすすめスキー場を紹介していきましょう。

スキーへ連れていくのはいつから

スキーやスノーボードへ連れていく際に気になることがいつから行くべきなのか?というタイミングのはなしになります。

冬のウィンタースポーツは楽しそうなのだけれども「けがをしたらどうしよう」「どうやって教えたらよいのかわからない」なんてことも多いです。

そんなときには子供向けのゲレンデもたくさんありますし、大人しか行かないような難関のコースではなく、初心者向けの簡単なコースから行けばよいですね。

あとは子どもの様子によっていつデビューをさせるのかという点は大きくことなってきます。

本当にいつも元気な子供ならば早くから連れて行けばよいですし、すごく慎重な子供ならば様子を見ても良いでしょう。

何よりも子供が「スキーやりたい」「スノーボードやりたい」というタイミングが最も最適といえますね。

スキーとスノーボードを始める時期

ここからは一般的に言われて炒ることなのですがスキーは3歳くらいから、スノーボードは6歳くらいから始めるのが適しているといわれています。

以外にも早い年齢なので、私も娘はすぐにでも連れて行こうかとおもいました。

スキーもスノーボードも雪の上でするスポーツのためついつい危険が多い、ケガが心配を思われがちなのですがきちんと技術を学んでいれば危険なスポーツではありませんし子供は適応力も大人と比較をすると圧倒的に高いです。

大人が数時間かかるようなことを子供はたったの2時間で習得をするなんてこともありますので子供の力を信じて一度いってみましょう。

しかし、運動能力には個人差があるのは正直なところなので無理強いをしないということは大事です。

スキーデビューの口コミ

口コミなどを見てみると、

「4歳になったのでスキーへ行ったが雪だるまを作っただけだった」

「スキーは怖いといってすぐにやめてしまった」

こんな風スキーデビューを狙ったけれども残念ながらスキーはできなかったということもあります。

ただし、雪に慣れるという点はクリアをしているので初めてのスキーにしては上出来だといえますね。

他にも

「スキーにいったらたくさんこけたけれど夕方には一人で滑っていた」

「スキー教室に入って数時間でボーゲンができていた」

「楽しかったので明日もいきたいと前向き」

こんな風にスキーデビューで子供が本当に楽しめたという意見もありますので、子供の性格や様子を見極めて連れていくと良いでしょう。

特に上の兄弟がいると下の子は上をまねてすぐにできるケースが多いようです。

子供のスキーの教え方

デビューが決まったら次は子どもへの指導の方法。つまり教え方になります。

この際に大事なことは、親が教えることは避けるほうが良いです。

その理由として、あなたのスキー歴にもよりますが親が子供に教えるというのはなかなか難しいものです。

これはスキーに限らず勉強でも何でもそうなのですが子供が親のいうことはなかなか聞こうとしませんし、甘えることもあります。

親もなかなかうまくいかないことからイライラしてしまいます。

何よりも初めてのスキーの場合は楽しめることが重要なので、熟練した指導員にスキーを教えてもらうほうが確実に良いでしょう。

スキー教室へ通うメリット

正直、スキー教室へ通うのはメリットしかありません。

・子供のことをほめて伸ばしてくれる。

・しっかりとしたスキーの基礎基本を教えてくれる。

・子供のレベルに合わせて、同年代の子供と楽しくスキーを学べる。

こんな風にメリットが多く、あくまでも先生と生徒という関係が成り立ちますので子供は素直に学んでくるものです。

もちろん運動神経などにも左右をされますがそこはきちんと対応をしてくれますし、その日のうちに上手に滑られるようになるでしょう。

スキー教室の相場

唯一のデメリットといえばお金がかかることくらいです。

スキー教室はあくまでもゲレンデのビジネスとなることから必要なものとなりますね。

相場としては2時間で5000円~9000円くらいとなっており、子供向けのスキー場にはほぼ用意がされていますので行く前にネットなどで確認をしておきましょう。

もちろん申込の中には万が一の時の保険にも加入をしていますし、中にはスキーウェア、板、スティックまでのすべてのレンタル料が含まれている場合もあります。

セットになっていると選ぶ手間も必要ありませんし、教室の指導料も入っていると思うと以外とリーズナブルに感じることもありますね。

スキー教室はレベル分けされている

スキー教室の多くは就学前の幼児クラスと就学後の小学生クラスや初心者コースと経験者コースにわかれているケースがほとんどです。

特に3歳や4歳の子供と小学生では理解度も集中力もまったく異なってきます。

そのため、教室によってはさらにこまかくレベル分けされているケースも多いです。

小さな子供だと個別に近い形の少人数のクラスで丁寧に教えてもらうほうが良いですし、小学生くらいになると集中力もつきますので集団のレッスンでも十分です。

小さな子供のキッズクラスだとなだらかなゲレンデを選ぶ傾向がありますし、小学生くらいになると斜面も少し角度が出てくるような場所で行うこともありますね。

子供のスキーデビューの持ち物と道具

スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツになるとどうしても持ち物が多くなるのが正直なところ。

もちろん最初に購入をしなければならないものも多いのでここでは持ち物や購入をすべき道具について書いていきましょう。

購入をするならばきちんとした道具を子供にも購入をしてあげると上達も早くなることは間違いありません。

安価な道具や正式なものでない場合にはケガや事故につながるケースもありますのでそこは気をつけましょう。

しかし、個人的には最初は必要最低限の道具で十分だと思います。

スキーに必要な道具一覧

スキーやスノーボードは基本的にレンタルが当たり前なので慣れるまで、繰り返し行くようになるまでは基本的にはレンタルで十分だと思います。

そこから毎年行くようになれば購入をしてもよいでしょう。

スキーへ行く際には最低限以下のものが必要となりますので、購入をするもの、自宅から持っていくものを考えましょう。

まずはスキーに必要な道具を紹介しますので参考にして下さい。

スキー板とストック

スキーをする際に必ず必要なものといえばスキー板とスティック。

これはセットにして使うことになりますので、しっかりと用意をしておきたいものですね。

特に気を付けておきたいものは長さです。

長さを間違えるとうまく回れなかったり、止まれなかったりとケガの原因にもつながりますので「スキーはおもしろくない」「いきたくない」となる原因になることも。

スキー板の基準の長さは以下の通り。

・身長110cm以上の子供の場合は-10cmを引いた長さのもの。

・身長110cm未満の子供の場合は-15cmを引いた長さのもの。

あとはできるだけしなる板を選んであげると子供も操作がしやすいといわれています。

ストックは床に着いたときにひじが軽く曲がることを目安にえらびましょう。

ブーツ

スキー板をセットで必要なものがこのブーツになります。

これはレンタルショップへ行くとスキー板と一緒に貸してくれることがほとんどです。

このスキーブーツがなかなか大変で普段履いている靴と違って固くて歩きずらいので子供は嫌がることもあります。

ただし、スキーをする中でもっとも重要な道具であることは間違いありませんので子供の体に合うものを選んであげましょう。

ブーツのサイズの基本ですが、普段履いている靴の1cmサイズが上のものを選ぶことが基本となります。

その理由はゲレンデは雪なのでもちろん寒いので履く靴下も厚手のものになりますのでサイズは大きめにしておくべきです。

購入をするならば、厚手の靴下をはいた上で試着をさせると間違いありませんし、レンタルの際にもそうすると良いでしょう。

スキーウェア

スキーウェアもレンタルが可能な道具の1つです。

子供のサイズに合わせて着せれば問題はありませんが、スキー場によっては雪と氷が混ざっているような状態になっているので防寒の意味も大事ですがそれよりも大事なことは防水性です。

こけたりするとすぐに濡れてしまいますし、防水性が低いとそのまま濡れてしまい「もうやりたくない」なんてことになりかねません。

しかし、子供の成長に合わせて購入をするため目安としては2~3年程度で買い替える傾向にあります。

レンタルがありますが、デザインが古いなどもケースも考えられますので問い合わせて確認をしましょう。

手袋

手袋は肌に触れるものなので、ゲレンデによってはレンタルをしていないこともあります。

基本は自分で用意をしていくことが多いですね。

スキー用の手袋は五本指タイプと三トンタイプがありますので好みのものを使うと良いでしょう。

ただし、手袋もスキーウェアと一緒で寒いスキー場で唯一の防寒具となりますので防水性はもちろんなのですが、防寒性もほしいところなのでしっかりと綿が入っているものを選ぶと良いでしょう。

間違っても布の手袋は論外です。

手袋は防水性でも濡れてしまうことが多いので、一日ゲレンデで遊ぶ予定ならば予備の手袋も用意しておけば万全です。

ゴーグル

ゴーグルのレンタルに関してもゲレンデによって様々。

レンタルがあるのならば利用すればよいですがそこまで高額なものではないことから購入をする人が多いです。

ゴーグルをする意味は目の保護です。

雪は太陽の反射で紫外線も多いため眼へのダメージがありますので必須のアイテムですね。

サングラスはこけたときに危険ですのでやめておきましょう。

ゴーグルは子供の顔にフィットをしていることが大事でズレることがないかをチェックしましょう。

また、メガネをかけている子供はメガネの上からかけられるゴーグルがあるのでそちらを購入しましょう。

同時に曇り止めを購入しておくと便利です。

ヘルメット

こちらもゲレンデによってレンタルをしてくれるところとしてくれないところがあります。

しかし、子供向けのゲレンデの場合は用意がされていますのでレンタルをするとよいですね。

大人だとニット帽子で行く人が多いですが、子供の場合は大人と衝突などすると危険です。

スキー客同士の衝突事故はよく起こっていますので安全のためにも子供にはヘルメットをかぶせておきましょう

購入の際には通気性が確保されているものを選び、後頭部をしっかりと保護してくれるものを用意しておくと間違いありませんね。

中にはスキー用で販売をされているものがありますのでそれを選べば間違いないでしょう。

帽子とマフラー

防寒対策のためにも帽子とマフラーは必須のアイテムとなっています。

これはレンタルはしていることはなく、ゲレンデに用意をされていたとしても購入をすることが基本となります。

防寒対策の一環なので自宅にあるものでも十分ですが、帽子はヘルメットと併用することも考えてもっていきましょう。

温かさとこけたときの痛さ対策のためにも厚手の毛糸のものが最適ですね。

マフラーは結ぶタイプは途中でほどけて落ちてしまう可能性もあるためできればネックウォーマーのように上からスポッとかぶれるタイプのものをえらびましょう。

インナーウェアとソックス

インナーとソックスも防寒対策に一環で必要なものとなっています。

もちろんこれはレンタルをしていませんので持参していくことになります。

ゲレンデは寒いのですが、スキーやスノーボードをすると驚くほど汗をかいたりすることになりますので吸水性のある服がおすすめ。

防寒対策としていても首元は特に冷えることが多いのでタートルネックのものが最適でしょう。

ソックスは足が冷えるので厚手のものを用意しておくとよいでしょう。

スキー以外に必要なもの

スキーに行く際に大事なものはスキー用品以外も持っていっておくということです。

スキーにはいろいろなものを持っていっておく必要がありますので、次にスキー用品以外に持っていくべきものを紹介していきます。

汗拭きタオル

スキーは見た目だけだと滑っているだけのような印象になりますが、実は運動量はとても多いスポーツとなります。

また、子供は新陳代謝も良いことから非常に汗をかきやすくなっていますね。

ゲレンデはとても寒いため汗をかいたままにしておくと一気に体が冷えてしまい風邪をひく原因にもなってしまいますのでタオルは多めに持っていくとよいでしょう。

背中に入れておき午前中が終わってからすっと抜くと背中の汗はすっきりをします。

他にもお尻に入れておくと、こけたときのクッションをしても使えます。

日焼け止め

ゲレンデは寒いので日焼けはしないだろうと思っている方もいるのですが、それは大きな間違いです。

一面雪のゲレンデは紫外線が非常に強く、晴れた日に紫外線にさらされてしまうと皮膚にも影響が出ることになります。

そのため、ゲレンデでもこまめに日焼け止めを塗り直しをして日焼けや紫外線から皮膚をまもりましょう。

また、意外と唇には注意が必要です。

唇は日焼けや乾燥に弱く、紫外線はもちろんなのですが滑っている最中は意外と風邪を受けやすいもの。

そのため、リップクリームも日焼け止めと一緒に繰り返し塗り込むことが大事ですね。

宿泊ならば旅館などで夜には肌のケアもすべきなので、クリームは保湿剤ももっていきましょう。

着替え

スキーへ出かけると濡れたり汚れたりすることも多く、午前中でぬれてしまったりすることもあります。

そのため、最低でも一日に2セットくらいは服を多めに持っていく方がよいですね。

特に濡れやすい靴下や手袋、帽子などは濡れる可能性が非常に高いので準備をしてもっていきましょう。

宿泊の場合はその日に洗濯もしくは手洗いをして乾かして使うなど上手に使いまわせるようにしましょう。

救急用品

ゲレンデは雪といってもスキーやスノーボードなどで固く踏みしめられていますのでころんだりしただけでも擦り傷や切り傷をする可能性が高いです。

そのため、いざというときに応急処置ができるように気をつけておきましょう。

また、スキー靴は非常に硬く普段履いている靴とは違うため靴擦れを起こしたりすることもありますのでばんそうこうは必須。

そして、スキー場で万が一のことも考えておくべきです。

どんなことで衝突をさせられたり、時には危険なところに落ちてしまって骨折をしてしまったりなど危険も伴うスポーツなので保険証や子供の母子手帳、日ごろ服用をしている薬があるなら常備薬なども持参しておきましょう。

カイロ

スキーをしていれば体を動かしているので結構温かいのですが、天候が変わってしまったり、雪がふぶく、雨が降るなど急な天気のへかもあるのは正直なところ。

また、リフトにのっていると体も冷えることになりますので携帯用のカイロを持っていっておきましょう。

体に張り付けるタイプでも良いのですが、張り付けるタイプだと滑っている最中はあつく感じられる可能性もあるためその都度ポケットから出せるようにしておくなど常備をしておくとよいですね。

アメやチョコレートなどのお菓子

スキーは思っている以上に体力を消費するスポーツです。

しかも、日ごろから雪に慣れていないならばなおさらですので想像以上に体力を消費しますし、疲労もたまりますのでこまめにエネルギーの補充や重要です。

携帯がしやすく簡単にエネルギー補充ができるアイテムなのでちょっとした休憩に口にいれましょう。

アメやチョコレートを食べるだけでもすごく気分も切り替わりますので絶対にもっていっておきたいアイテムですね。

雪遊びのおもちゃ

ゲレンデといってもスキーばかりでは子供も飽きてしまうかもしれません。

そんなときのためにスキー以外でも雪遊びが楽しめるためのおもちゃを持っていっておきましょう。

例えば、そりがあれば少しの斜面でもすべって遊ぶことができますし、スコップやバケツがあればそのまま雪だるまを作ったりすることもできます。

特に小さな子供だとスキーよりも雪遊びをしているほうが楽しいので持参は必須。

スキー場によってはレンタルもあるので事前に確認をしておくとよいでしょう。

ゲレンデの選び方

子供をスキーに連れていくとなった場合に迷うことはどこのゲレンデを選んだらよいのか基準がなかなかわからないという声が多いです。

そこで、ここからはゲレンデの選び方について書いていきますのでスキーデビューへ向けてしっかりとチェックをしましょう。

ちなみに私も幼少期にスキーへ連れていってもらったのですがその際には2泊くらい宿泊をして一気に滑れるようになりました。

しかし今思うと初心者コースで滑っていたような印象なので以下に紹介をするゲレンデの選び方についてチェックをしてください。

子供向けの傾斜が緩やかなゲレンデ

まず、大事なことはゲレンデの斜面です。

もちろん斜面がなければスキーもスノーボードも滑ることができないのですが、あまりにも急だとなかなか滑れなくなるのは正直なところ。

そのため斜面の角度についてはネットでチェックをしておくとよいでしょう。

初心者の場合には10℃程度のゆるやかな斜面にしておくとかなり緩いですし、幅広いゲレンデを選ぶと安全面も高いです。

また、できればあまり人が来ないようなゲレンデを選ぶとベストですね。

人があまりにも多いと子供はゆったりを滑ることができませんがあまりにも広いとママやパパの目が行き届かなくなる可能性もありますのでそこは注意をしておきましょう。

キッズパークがあるゲレンデ

次にチェックをしておきたいポイントはキッズパークなど子供は滑れるスポットがあるのかという点です。

あえてファミリー向け、子供向けをうたっているゲレンデもありそのような場所の場合はほとんどの場合大人とは区別をされている子ども向けのゲレンデが用意をされています。

周りも子供しか滑っていませんので万が一衝突事故を起こしても子供同士なので大きなけがになりにくくなります。

スキーデビューだと安心して遊べるという点はとても大事なのでチェックをしてあげましょう。

託児所が設置されている

最近はスキー場に託児所が設置をされているケースもあります。

これは子供が小さいけれどもスキーやスノーボードをしたいというママパパのためでもあるのですが、上の子供にスキーを教えるために預かってほしいなどのニーズもあるからです。

託児所があるゲレンデはまだまだ少ないですが、ある所にはありますのでしっかりとチェックをしておきましょうね。

アクセスが良い

スキーへ行くとなったら上に紹介をしたように驚くほどたくさんの荷物を持っていかなければなりません。

そのため、アクセスが良いゲレンデは必須といえます。

もちろん雪山へ行かなければならないので多少は時間がかかるのは仕方ないのですが、移動で疲れてしまうと子供のスキーデビューも楽しさも半減してしまいます。

交通手段は車がおすすめで、小学生くらいでも片道2時間~3時間程度が限界ですので自宅からその距離くらいで行ける場所を目指してみましょう。

電車はあまりにも荷物が多く駅から直結のゲレンデは稀なので公共交通機関よりも車がおすすめですし、電車ならば駅からはレンタカーをするとよいでしょう。

もちろん良い雪を触らせてあげたいという気持ちがあっても遠出をして疲れてしまうというよりは近場のゲレンデへ行く方がよいですね。

また宿泊をするよりも日帰りで何度か遊びに行ってから宿泊へ行く方が子どもも慣れていくので良いでしょう。

休憩所と駐車場のアクセス

また、もっとこまかなアクセスになりますがゲレンデから駐車場や休憩所までの距離のついてもチェックをしておきましょう。

スキーやスノーボードとなるとたくさんの荷物を持っていかなければならないので近いことは必須です。

ゲレンデで滑る前に疲れてしまったというのは最悪なので駐車場からゲレンデまでの距離、ゲレンデから休憩所までの距離なども要チェックですよ。

レンタル品が豊富

ゲレンデによってはレンタルがないなんてところもありますし、レンタルしてもらえる品物が少ない、種類が少ないなどのケースもあります。

しかし、スキーデビューとなるとほとんどの場合は現地でレンタルをすることになりますので遊びにいくゲレンデのレンタル品についてはホームページや電話でしっかりとチェックをしましょう。

ゲレンデによってはゲレンデだけではなく、近所のお店やホテルでもレンタルをしているケースもありますのでそこもしっかりとチェックをしておきましょう。

レンタルをするなら支払いの金額も事前にチェックをしておくとより良いですね。

必要なものがあるのか?予約が必要なのかについてもしっかりとチェックをしておきましょう。

雪遊びスペースが独立している

スキーを目的にしていてもすぐに飽きてしまったり、午前中に思い切りスキーをしたとは雪で遊びたいなんてことになることもあります。

そのため、雪遊びができるゾーンがあるのか?そり遊びや子供だけが入ることができる雪山があるのかもチェックをしておきましょう。

理想はスキー客などほかの人は入れないように区切られているキッズゾーンなどがあると良いですね。

雪だるまやかまくら、そりもスキー場で楽しめる醍醐味です。

リフト券の料金

あとはリフト券の料金をチェックしておきましょう。

実はリフト券の料金はゲレンデによって異なっており、中には小学生以下の子供はリフト券を無料にしているゲレンデも多いです。

しかし、中には2000円など大人と変わらない料金が取られることもありますのでチェックをしておきましょうね。

また、リフト券は無料でも子供を無理に生かせるような強要は避けておきましょう。

子供の様子をみてリフトへのるのか?それともしばらくは足で斜面を登って楽しむのかを決めると良いでしょう。

関西のお出かけスポット!子供と日帰りで行くならどこがおすすめ?

関西のおすすめスキー場

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る