妊娠線クリームおすすめ3選!マッサージで予防するケアの方法

妊娠線といえば、妊婦になった人が多く悩む問題となっています。

この妊娠線は妊婦になった人の50~80%以上の人に見られると言われており、実際に悩んでいる方も多いのです。

もちろん出産や胎児に問題があるわけではなく、妊娠線ができてもできなくても赤ちゃんが生まれてくるのですが一度できてしまうとその後はどんなケアをしても消えにくいです。

そこで、妊娠線を予防するための方法やクリームの効果やケアをするための方法について紹介をしていきましょう。



妊娠線とは?クリームで予防はおすすめ

そのまえに妊婦になったばかりの人、すでに出産間近の人など妊娠線について調べているとう言うことは妊娠線について聞いたことはあるということ。

そこで、妊娠線の詳細について書いていきましょう。

妊娠線とはいわゆるお腹に肉割れのことを指しており、ほかにも脂肪線やストレッチマークなんて言われることもあります。

妊娠線は「急激におなかが大きくなる際に、皮下組織がひびわれて肌にできる線」のことをさしておりできる人も量もバラバラで、おなかにたくさんの肉割れのように痛々しく残る妊婦さんもいれば、全くできなかったという人もいます。

もちろんできなければ良いのですが、妊婦さんのほとんどはできるものなので予防とケアがとても重要になってきますね。

妊娠線は血が出るようなことはないのですが、元々張っている皮膚が赤ちゃんの成長により伸びなければならない状況になった結果無理に広がることにより肉割れのように線が入ることが主な原因といえます。

色は最初は鮮やかな色となっているのですが次第に赤くなって赤紫色になって、出産後は白く残っていきます。

そうなるとケアをしても消えにくいというよりはほぼ消えないと覚悟をしておくべきでしょう。

妊娠線はいつからできる?

そんな妊娠線ですが、多くの妊婦さんはいつからできるものなのでしょうか?

これについて調べてみると「お腹が膨らんだタイミング」という人が最も多いです。

妊婦さんのお腹が大きくなる時期は16週目の5ヶ月に突入をした時期で外から見てもお腹が膨らんでいることが目立ち始めてきます。

すると、まだ赤ちゃんはとても小さいのですがついついお腹をさすってしまいたい気持ちになります。

この時期にように急激にお腹が膨らんでくることによりお腹に妊娠線ができる人は多いですが乳房にもできる人もいます。

また、この時期には全くできなかったからとケアをしなかった人が妊娠後期や臨月になり急にできることもあるようですので早めにクリームをぬってケアをしておくと良いです。

あとから「ケアを早くしておけばよかった」と後悔しないためにも妊娠をしたらお腹や胸のケアには十分に注意をしておくべきです。

妊娠線の原因

妊婦になると体も赤ちゃんを生むため、そして母親になる準備ができるため体の皮下組織も徐々に厚くなってくるのですが、その筋肉や脂肪の増える早さに皮下組織が追いつくことができないためにひび割れが起こります。

これは一概にはいえず、体質や体格(身長や体重)によって必ずできるというわけではないです。

また特に痛みやかゆみがあるわけではなく赤ちゃんへの影響も少ないことからあまり気にしないこともあります。

しかし、私も出産をしてわかったのですが母親と言ってもやはり女です。

お肌はキレイにしておきたいものなので、「妊娠線はママの証拠」「この子が生まれた証拠」と割り切ってしまう方もいますがあとから後悔をしないためにも予防をしておく方が得策でしょう。

ホルモンバランスの変化とうるおいの不足

他にもホルモンの分泌によって体には大きな変化が訪れる可能性もあります。

妊娠をするとコンチコステロイドというホルモンが増加をするのですが、このホルモンは肌のターンオーバーやコラーゲンの生成を抑える力を持っています。

するとホルモンバランスの変化によって肌の新陳代謝が悪くなったり、肌の弾力が減ってしまうことで肌の弾力が減り妊娠線ができやすくなります。

また妊娠をする時期にもよるのですが、例えば秋冬は基本的に感想をしている環境となるため肌が乾燥しがち。

そして夏はエアコンを使うために肌の乾燥が起こりがちです。

乾燥をするというとは皮膚の弾力性を失っていることになりますので妊娠線ができやすくなってしまいます。

妊娠線ができやすい人と部分について

妊娠線のできやすい部分は人によって異なりますが、以下の点にはできる人が多いです。

・お腹

・バスト

・ヒップ

・ふくらはぎ

・二の腕

・ふくらはぎ

もちろん個人差はありますが、お腹以外にも妊娠線ができる人はいろいろな部位にできやすいといわれていますのでお腹だけのケアにせず上記の部分のケアも怠らずにしておきましょう。

できやすい人の特徴

先ほどから書いていますが、妊娠線が個人差が激しいものでできる人とできない人がもちろんいます。

まぁできない人の方が少なく、妊娠をした人の情報を見てみると6ヶ月ごろまでできなかったのに一本の妊娠線ができてからは急激に広がったという声もあります。

個人差がとにかく大きい妊娠線ですが、その中でも特に妊娠線ができやすい人の特徴をまとめていくと以下の4パターンになります。

・皮下組織が多い

・乾燥肌

・細身・小柄な体型の人

・双子や三つ子など多胎妊娠をしている人

皮下組織が多いのというのはぽっちゃりしている人のことを指しており皮下組織に柔軟性がないため亀裂が生じやすく皮膚が切れてしまいがち。

その逆に細身の人や小柄な人は赤ちゃんのサイズに対して体の余分な皮膚がすくないことからすぐに避けてしまう場合もあります。

他にも乾燥肌の人は肌がかさかさとしており、保湿がされていないため本来は伸びるはずの肌が伸びないためすぐに妊娠線ができて割れてしまいがちになります。

双子や三つ子など多胎児というお腹に1人ではない赤ちゃんがいる場合は、単純に倍のサイズにお腹を広げなければならないため1人の赤ちゃん以上に妊娠線が広がる可能性が高いので入念なケアが必要になるでしょう。

→ つわりはいつまで続く?症状と軽減をさせる方法と終わる時期

妊娠線予防のためのケア方法とは?クリームは効果があるの?

ここまでは妊娠線ができる仕組みと理由について書いてきました。

何度もお伝えしていますが、もちろん誰でもなるわけではないですがいつできるのかと言われると人によって異なるというのは正直なところ。

妊娠線はできてからだとケアもできないですし、消すことはかなり困難といえますので予防のためにもケアをしておくべきでしょう。

妊娠線が出来てしまったけれどもどうしても消したいという方はこちら。

美容外科なら肉割れを消せる可能性があるかもしれませんので一度相談をしてみて下さい。

妊娠線・肉割れ治療

ちょっと話はそれましたが、次に妊娠線の予防のケアの方法を紹介していきましょう。

妊娠線クリームやオイルで保湿ケア

まず一番簡単にできるケアの方法として挙げられるのは「保湿」です。

保湿をする方法としてクリームを塗ったり、オイルを塗ったりしてケアをする方法は妊娠線のケアの方法の基本です。

肌が乾燥をして固い状態になると柔軟性というものがなくなり皮膚が硬い状態となってしまうため皮膚に断裂が起こります。

これを防ぐためにも保湿をして肌の状態と守ってくれます。

もちろん好みのクリームやオイルを使えばよいのですが、できれば妊娠線専用のクリームやオイルも販売をされていますのでそれを利用するのが一番でしょう。

妊娠線クリームとオイルの役割の違いとは?

もちろん妊娠線と調べてみると実はいろいろなクリームやオイルが販売をされていますが正しく使わなければ効果も薄くなってしまいます。

そのためにもより効果が高い使い方をすべきですね。

一般的にオイルの方が油分が多く保湿に向いていると言われており、クリームは油分と水分でバランスよく肌になじみやすいという特徴をもっています。

このような違いがありますが、結論としては「どちらを使っても良い」ので好みのものを選びましょう。

注意点はオイルやクリームには独特に香りなどを付けてあるものも販売をされています。

しかし、妊娠をすると好きだった香りが嫌いになってしまったり時には苦手となってしまうこともありますので、習慣的に利用をするためにも自分に最適な商品を選ぶようにしましょう。

併用が一番のおすすめ

オイルでもクリームでもどちらでも良いのですが、ケアのとって一番良い方法は「クリームとオイルの併用」になります。

使い方としては肌にクリームをなじませてからオイルで保湿をするというダブル攻撃です。

そうすることで肌のコンディションを最も最適の整えられます。

使い方はもちろん自由で最初からクリームをオイルの併用をしている人もいれば、妊娠初期はオイルだけ。

後期に入ってから併用をし始めたという人もいますし、乾燥をしがちな冬やお風呂上りはオイルを入念に塗って、日中はクリームを塗るという方法もありますのでうまくオイルとクリームを使い分ける方もいます。

ドラッグストアでニベアやワセリン、ベビーオイルなども販売をされていますは最近はネットで妊娠線を対象にしている商品もたくさん販売をされていますのでそちらの方がよいかもしれません。

体重を管理

妊娠線を出さないために注意をしたいのは「体重の管理」です。

体重を増やすと「妊娠腺ができやすい人」で紹介をしたように皮膚に弾力性がなくなりひび割れをしてくる可能性が高まります。

そのためにも体重増加と体重激減のいずれも気を付けたいポイントといえますね。

もちろん勝手に調整をするのはダメですのでかかりつけの先生に相談をしながら妊娠中に体重のをうまくコントロールしていきましょう。

特に「妊娠中だから良いか」と食べすぎてしまい一気に体重が増えてしまう妊婦さんも多く、それが最もダメですので十分注意をしましょう。

食事と栄養の見直し

食事と栄養に関しては一見をすると妊娠線にはあまり関係ないように感じますが、実は大きな影響があります。

食べる食事によって肌の状態は大きく異なってきます。

栄養が不足をしていたり、食べるものが偏ってしまうと悪影響をなる可能性もあるためも食べられる範囲で無理なく食べるようにしましょう。

とkに大事な栄養はコラーゲンです。

しかし、コラーゲンを食べるということはなかなかできないため、たんぱく質、ビタミンCや皮膚を健康に保つためのビタミンAを意識して摂るようにしてください。

妊娠線クリームおすすめ3選!特徴の紹介

妊娠線の予防のためにはクリームやオイルを塗ると良いとお伝えしましたがネットやドラッグストアなどでも販売をされています。

しかし、正直どれを購入すればよいのかを迷ってしまうこともあります。

そこで私のいろいろな情報をまとめて独断で紹介をしますので参考にしてください。

アロベビーフォーマム 妊娠線クリーム

初めてのたまごクラブ夏号とのタイアップ掲載で一躍話題になった妊娠線ケアクリームです。

さらに2018年の楽天での妊娠線ケアクリームリアルタイムランキング、妊娠線予防クリームランキング、妊娠線予防クリームのおすすめ部門で堂々の1位を獲得しています。

こちらの妊娠線クリームは九州の1部でしか取れない希少なサクランと呼ばれる改装を配合しており、妊娠線に大事な潤いの成分が約10倍となっており24時間持続保湿といわれているようにずっと潤いを閉じ込めてくれる商品となっています。

7つの保湿成分と12の添加物はすべて無添加のものを使用しておりお肌の敏感な妊婦さんのことを最も考えている商品といわれていますね。

こちらの商品は出産後のの赤ちゃんにも使うことができますので安心をしてください。

公式ページへアロマベビーフォーマム

ベルタ マザークリーム

ベルタのマザークリームはモンドセレクションも受賞をしている妊娠線のクリームとなります。

2016年度の最も売れている葉酸サプリの会社として人気を集めており、売り上げ、満足度、人気度すべてで1位を獲得した会社が満を持して販売をした商品となっています。

もちろん2018年もモンドセレクションを受賞しており3年連続での獲得となっています。

もちろん妊婦さんことを考えており「無添加・オーガニック」で妊娠中のママのお肌のケアはもちろん、産まれた赤ちゃんへ向けても使うことができる商品です。

たまごクラブ、妊活スタイル、母子手帳の副読本など多くの雑誌や

しかし、実際に購入をしても肌に合うのか?香りは大丈夫なのか不安な点も多いですのでこのサイトを通して購入をしていただけると初回は500円でお試しが可能です。

どの妊娠線クリームを使おうか迷っている方はまずこのベルタで良いですね。

公式ページへ ベルタマザークリーム

AFC(エーエフシー)mitete 女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

(画像引用:amazon.co.jp)

楽天ランキングリアルタイムで1位を獲得しており、商品の名前にも入っているように本当に100人の女性の声から生まれた商品となっています。

2017年の初めてのたまごクラブでは妊娠線ケアのオススメケア19選に選ばれており、ママ読者が選ぶボディケアクリーム&オイルでもベスト10に選ばれている商品です。

肌のめぐりを助ける葉酸成分配合で香料、着色料、鉱物湯などはすべて無添加。

保湿力が長く続く商品といて口コミでも話題の商品となっています。

公式ページへ女性100人の声から生まれた【マタニティクリーム】

妊娠線クリームの使い方

次に妊娠クリームの使い方や塗り方について紹介をしていきたいと思います。

お腹の肉割れを防ぐためには日ごろのケアが大事なので、正しいケアをしたいものですので紹介をしていきましょう。

コツは以下の3つになりますので参考にしてください。

妊娠線クリームはお腹だけではなく全身に塗ろう

まずお腹だけではなく全身に塗り込むことが大事になります。

妊娠線と聞くとついついお腹をイメージしがちなのですが、お腹以外にもバスト、二の腕、おしり、脇、股などいろいろなところに急激な負担がかかっているため肉割れを起こす可能性もあります。

妊娠による肉割れは極力避けたいというのが正直な気持ちになりますので全身に塗りましょう、

妊娠線を防ぐためにクリームを塗っておくと妊娠をしている80%以上の人が感じる乾燥や敏感肌のケアにもつながりますので保湿にもなります。

お腹以外にも全身に塗り込むことを意識しましょう。

こすらずに一方方向に伸ばす

クリームはごしごしと塗り込むのではなく、優しく肌に浸透をさせるイメージでゆっくりと塗り込むようにしましょう。

ごしごしと塗ってしまいたい気持ちはわかるのですが、実がそれは逆効果となってしまいます。

ゴシゴシ塗り込みをすると刺激になってしまうことから肌荒れの原因になってしますので一定方向にスーと塗り込むようにしましょう。

クリームの量はたっぷり

クリームの量はケチらずたっぷりと塗り込みをするようにしましょう。

塗る量が足りないとクリームの効果は十分に発揮をされないためあまり意味がありません。

また、少ない量を塗り込もうとすると肌に刺激を与えてしまうことにもなりますのでクリームはたっぷりと使うようにしましょう。

マッサージ方法

塗り込んでマッサージをすることになりますが、体の部位によって塗り込み方は異なってきます。

そのため、クリームをたっぷりめにして以下のことを意識していきましょう。

お腹

お腹は最もケアに気を使わなければならない場所となっていますので注意をしましょう。

下腹部の中心に両手をあてて弧を描くようのいお腹の上まで持っていくと良いです。

おへそを中心にして弧を描くようにゆっくりと塗り込むと良いです。

胸の外側に両手をおいて外から内に何度か塗り込みをするようにしましょう。

胸の下から鎖骨、デコルテまわりまでしっかりとケアをしましょう。

腰とおしり

腰の外側に手を置き、円をえがくように腰からお尻全体にかけてクリームを延ばしていきましょう。

コツとしてはゆっくりと丁寧にたっぷりクリームをつかって塗り込むとよいですよ。

塗る頻度

そんな妊娠線のケアになりますが、塗る頻度はどれくらいにすればよいものでしょうか?

これについてはいろいろな意見がありますが、基本は「一日1~3回程度」と言われていますので肌の状態を見ながら進めていくようにしましょう。

回数よりも毎日欠かさずケアをすることが何よりも大事になりますね。

そのため、一度にたっぷりのクリームを使って何度もケアをするよりも繰り返しゆっくりとケアをするほうが肌のためにも良いので日ごろから意識をしてケアを怠らないようにしましょう。

妊娠線は出産後は消えないのでクリームでケアしよう

妊娠中にケアをしていたけれども、それでも妊娠線が残念ながら残ってしまい中には太い妊娠線が残ってしまったり、ひどい肉割れをしてしまったというケースももちろんあります。

そんなときに「しっかりケアをしたはずなのに・・・」「なんで妊娠線が残ってしまったの」「肉割れのあとがすごい」と赤ちゃんが生まれてうれしい反面女性としてはショックですよね。

そこで、出産後の妊娠線のケアについても書いていきましょう。

妊娠線を消す方法

希望は妊娠線をきれいに消したい。

しかし、妊娠線を「消す」ということは無理です。

その理由としては、妊娠線は皮膚がひび割れのように起こることから傷のように残ってしまうことになります。

そのため、出産後はみみずばれのように残り、その後は赤みが少しずつ減っていき3ヶ月くらいでピンクがかってきます。

半年ほどで白く目立たなくなってきて遠くから見ているだけではわからないけれども、近くで見るとわかる程度になるのが一般的です。

しかし、中にはひどい妊娠線が残ってしまう人もいますので妊娠中のケアはしっかりとしたいもの。

そして、出産後に妊娠線を消すというよりは薄くする方法について書いていきましょう。

手術で消す

妊娠線が残ってしまっている人に関しては、手術でできる限り目立たなくするという方法が最も一般的です。

美容整形外科などでレーザー治療をして伸びてしまった皮膚を収縮させて妊娠線を目立たなくします。

ただし、治療費は10万円ほどになりますので費用の負担も考慮をしなければなりません。

ダーマローラー

こちらは皮膚に無数の小さな穴をあけることで肌の再生能力を高める方法です。

細胞の入れ替えやコラーゲンの生産を促すドイツ初の補法です。

これは一回当たり5万円程度の費用がかかることになりますし、手術後のケアが重要となり日焼け対策などの手間も術後はかかりますので面倒な部分も多いです。

成長ホルモンの分泌促進

軽い運動をして成長ホルモンの分泌を促す方法で、運動をしたり、食事に工夫をしたりすることで肌や髪の毛の代謝を促す方法になります。

食事法や運動法などいろいろなことをすることで自然治癒的に妊娠線を薄くする方法です。

自力で行うことになりますので費用はそこまでかかりませんが、やり方について病院へ相談に行ってみると良いでしょう。

病院で塗り薬を処方してもらう

次に病院へいき、妊娠線を改善するために使える医療用の薬を処方してもらう方法があります。

病院へ行くと、一般では販売をされていないような成分が含まれているものがあり有効性も高いものもあります。

ただし、薬に関しては医療保険のきかないものもあり全額自己負担となることもあります。

妊娠後のケア

正直、妊娠後に消すことはかなり困難であり、薄くするという程度になります。

そのため、妊娠中のケアが出産後の妊娠線に大きく影響をしますので十分注意をしたいものですね。

妊娠線クリームとケアの方法のまとめ

妊娠線は赤ちゃんがお腹に宿ったら間違いなくケアの用品として使わなければならない商品です。

妊娠はとてもうれしいことなのですが、女性にとってお腹に赤ちゃんを宿ると言うことは体に負担がかかることです。

その影響としてお腹やバストなどに妊娠線の影響が出てくることになりますのでしっかりとケアをしておきましょう。

私は妊娠線についていろいろとママ友から教えてもらっていたのでケアを定期的にしていたため特に妊娠線は出産後も残らなかったのですが、友人はケアをちゃんとしなかったため今でも(子供は3歳)残っているとケアをしなかったことを公開しています。

そうならないためにも妊娠をしたとわかったときから妊娠線クリームを使ってしっかりとケアをしたいものですね。

コツは毎日継続して丁寧にケアをすることですよ。

 

kaoruライター

投稿者プロフィール

保育士ライフのライターをしているkaoruです。
1歳と5歳の男の子の二児の母で料理とダイソーをこよなく愛する30代!

子育てって大変なのですが、みんなやっぱり子供が好き!そんな好きのお役に立てるような記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る