妊娠検査薬の反応時期・使い方・値段 妊娠したらすぐに反応するの?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

とっても便利な妊娠検査薬

「妊娠したかも?」と思った時。

夫婦になってほしい子供ができた瞬間かもしれないので本当にうれしいものです。

ほとんど確定なら病院に行くのも手ですが、

「もしかして・・・」という程度だったり、

「ちょっと気になるな」

こんな風な程度の場合でわざわざ病院に行くほどでもない場合の時、病院へ行くワンクッションとして妊娠検査薬はかなり役に立ちます。

薬局で簡単に購入することができますし、最近ではAmazonなどのインターネット通販でも購入することができます。

そんな妊娠検査薬について書いていきましょう。

使い方は?

妊娠検査薬の使い方はとっても簡単。

使いたい人の尿を採取する部分に浸したり、つけたりするだけです。

つまり尿検査を自宅で行う、というわけです。

妊娠する事によって発生するホルモンhCGホルモンが出ているかどうかを調べる物で、出ていると結果を表示する場所に縦線が表示されます。

逆に妊娠をしていなかった場合は何も表示されません。

3分いう短時間で結果がわかるのも嬉しいポイントです。

値段と使用回数

妊娠検査薬は、使用回数は基本的には使い捨ての物がほとんどです。

高いイメージがあるかもしれませんが、安いものだと500円程度で購入する事ができるんですよ。

高いものだと2000円程度で性能が高かったりします。

妊活中で毎月使いたい!という人のために試験紙部分を変えるだけのものも販売されています。

陽性反応が出たら間違いなく妊娠しているの?

次に気になるのは、妊娠検査薬の信ぴょう性について。

タイミングさえ間違えなければほぼ間違いなく妊娠しているかどうかを調べることが出来るので、反応が出たら妊娠している確率はかなり高いと言っていいでしょう。

ですが、反応しなかった場合については「妊娠検査薬を使うタイミング」次第で妊娠しているのに反応しないこともあります。

妊娠しているのに妊娠検査薬を使って反応が無かったら病院へ行かないなんてことがあると大変ですので、妊娠検査薬を使う場合はしっかりと使う日程を見定めるようにしてください。

生理予定日の1週間後から1週間

詳しい使用時期に関しては、購入された妊娠検査薬にも記載されていますが、基本的には妊娠検査薬の反応するタイミングは生理の予定から1週間後以降とされています。

以降1週間は妊娠検査薬を使ってしっかり反応がある期間になります。

生理が来なくて、どうしても早く調べたいと思った場合でも、1週間を越えなければ反応しないことが多いそうです。

時期を誤ると反応してもかなり薄い線だったり、尿が蒸発した際に出来る線で勘違いしたりなどがあるので時期はしっかりと見定めましょう。

生理不順でどうしようもない・・・という人は諦めてレディースクリニックへ行くか、どうしても先に妊娠検査薬を使って調べておきたいという場合は前回の生理と前々回の生理がどのくらいの期間開いたのかを調べ、それに+1週間で調べるといいそうです。

それより前は病院でも難しい

妊娠を待ち望んでいる人にとっては、生理が1日でも遅れた時点で「妊娠しているかも!」と自分が妊娠しているかどうかが気になるはずです。

まだ自分は妊娠検査薬を使って反応する時期でもないし、病院へ行けば・・・と思うかもしれませんが、実際の所そうではありません。

妊娠しているかどうかは、病院へ行ったとしてもこれと同じ時期でないと判断が難しいのです。

なので、どれだけ早く妊娠しているかどうかを知りたい場合でも、生理の1週間後までは調べるのは待っておいた方がよさそうです。

体の具合を確認してみよう

検査薬では反応が出ない段階でも、人によっては体に妊娠しているかどうかの症状が出ることがあります。

着床出血

妊娠した際に、人によっては出血を起こす場合があります。この出血を生理と勘違いしてしまう人もいるそうなんですが、普段の生理とは違った生理なので「今回の生理、ちょっと変だな?」と思った場合は着床出血の場合があります。

体温が上がる

妊娠をしていると、ホルモンの関係で体温が上がってきます。

通常生理前でも体温は上がりますが、それより長い時期体温が上がっているのであれば妊娠の可能性があります。

毎日自分の体温を記録に付けている人であればこの変化には気が付くと思うので、体温の記録をしてみてはいかがでしょう。

なんだかずっと眠いなんて場合も、体温が上がっているからの可能性があります。

胸やお腹が張る感覚がある

なんだか胸やお腹が張ってるような気がする・・・。

これも妊娠の初期症状の1つです。

妊娠をすることによるホルモンで、既に体が変わり始めるのです。

ただ胸やお腹が張るだけではなく頭痛や腹痛などを感じる人もいますが、妊娠の可能性があるなら市販の鎮痛剤などは飲まないようにしてくださいね。

時期を知って検査薬を正しく使おう

妊娠検査薬は手軽で妊娠しているかどうかがはっきりと分かる優れもの。

でも、検査をするタイミングを間違ってしまったら使い物になりません。安いものではないので無駄になってしまいます。

きっちりと自分の生理の周期を調べ、タイミングを見て検査薬を使ってくださいね。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

kaoruライター

投稿者プロフィール

保育士ライフのライターをしているkaoruです。
1歳と5歳の男の子の二児の母で料理とダイソーをこよなく愛する30代!

子育てって大変なのですが、みんなやっぱり子供が好き!そんな好きのお役に立てるような記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る