産休に給料はもらえるの?手続きの方法と流れと取得の方法

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

妊娠をしたらまず考えたいことが「仕事を続けるのか?」「それとも退職をするのか?」という選択です。

もちろん家庭の事情にもよりますが、どうしても働かなければならないという状況になったら産休と育休を取得して仕事に戻ってくるというのが一般的な考え方になります。

しかし、妊娠を機に仕事を退職したいと考えているのならば退職をすべきですが産休を取得するメリットがあるのです。

そんな産休についてですが「お給料はもらえるの?」「どうやって手続きをするの?」「パートでも取得できるの?」などわからないことも多い制度なのでここでは産休について詳しく書いていきましょう。


スポンサードリンク

産休とは?

産休という言葉はしっていますが、具体的に「産休について説明をして」と言われると正直説明できないです。

そこで、まずは産休について書いていきましょう。

産休とは出産予定日から6週間前、出産後8週間の間取得ができる休暇のことを指しています。

ちなみに産休は「産前産後休暇」と呼ばれることもありますが法律上は「産前休業」「産後休業」と呼ばれています。

出産前と出産後の休暇を相称して産前産後休暇と呼ばれるもので、取得ができる休暇となっていますね。

出産前

出産前は出産予定日の6週間前から休暇を取得することができる制度となっています。

(双子を妊娠している場合は14週間前)

このことを「産前休暇」と呼んでいますね。

もちろん制度をして整えられているので6週間前から取得をしても良いのですが、産前休暇を取得するかは個人の自由なので妊婦さんの中でギリギリまで働きたいという方は産前休暇を取得せず仕事をしている人もいます。

ちなみに産前休暇は出産予定日を基準としていますので、多少のズレが生じることは当たり前となっていますので気にせずお休みをとりましょう。

多くの方は会社に迷惑をかけるとい理由から4週間前くらいから休暇に入る人が多く、中には2週間前から産前休暇に入ったという方もいます。

出産後

出産後は8週間は事業主は女性を働かせてはいけないという法律があります。

そのため、産後休暇は出産をして6週間後を経過した時点で医師が「仕事をしても問題がない」と判断をしたときのみ仕事に復帰をすることが可能になります。

そのため、女性の立場がどれだけ偉くても仕事をしてもらえないと困るからといっても母体の安全のために仕事をさせることは禁止をされており、最低でも6週間の経過をみてからしか判断はできません。

もちろん赤ちゃんに家にいる状態なので、そのまま復帰をするというのはまだまだ難しいものですし、立場が社長などの判断が必要な場合は別として多くの人はそのまま育休を取得しています。

産休は誰でも取れる制度

会社によっては小規模なため「産休はうちは無理だよ」「申し訳ないけど退職で」ということもありますがこれは法律違反です。

従業員に産休を取らせることは会社の義務であり、労働基準法の法律で定められています。

働いている女性ならば正社員はもちろんですが、契約社員、派遣社員、パートなどの雇用形態に関係なく誰でも産休は取得が可能となりますし雇用期間も関係ありません。

そのため、妊娠をしている状態で採用をされた場合には産休を取得できますので一定期間働いていないといけないという法律もありません。

そのため、会社が産休を許可しない、妊娠や出産を理由に女性を解雇するというのとは決まっていませんので今後も仕事を続けたいと思っている女性はきちんと伝えましょう。

もちろん退職させるように言葉をかけたり、退職を匂わせるすような言動違法となります。

産休中にお給料はもらえるの

出産をするとなるとどうしてもお金がかかるもの。

そんなときにもお金をもらうことができるのでしょうか?

産休中については原則無給にしている会社がほとんどで有給になる会社はかなりめずらしいので、もしもらえる会社に勤務をしているならラッキーとおもっておきましょう。

会社からのお給料は「なし」というのが基本となりますが、安心をしていただきたいのは会社で加入をしている健康保険から出産手当金が支給をされます。

出産時に加入をしている健康保険から出産手当金や出産育児一時金42万円も支給をされることになりますのでそれを活用しましょう。

また、産休中は社会保険料の免除もありますので以下の産休中のお金に関する情報をまとめておきます。

・出産手当金:産休期間の日数×給料の2/3

・出産育児一時金:42万円

・社会保険料免除:全額免除

ただし、すべての人が適用になるのかというと条件もありますので注意をしておきましょう。

(参考:厚生労働省「産休期間中の保険料負担免除について」)

(参考:全国健康保険協会「産前産後休業保険料免除制度」)

出産手当金

出産手当金とは、出産のために会社を休んだ被保険者が支給をしてもらえるお金になります。

被保険者が対象となるためパートや派遣社員など雇用形態に関係なく支給をしてもらえるお金になりますね。

基本的に休んだ期間は無給になる人への制度となっていますが、もし有給の場合には差額が支給をされることになります。

支給の期間は出産予定日以前の産前42日間、出産後の翌日以降の56日間の合わせた98日間が支給の対象となりますし、出産予定日から遅れた場合でも支給をされます。

ただし、予定日よりも早く産まれた場合にはその分が支給をされませんので損をすることになりますね。

支給額の計算方法は以下の通り。

「給与の支給開始日以前12ヶ月間の各標準報酬月額を平均した額÷30)×2/3=1日当たりの金額」となります。

ただし、給与を12ヶ月もらっていない人は先ほどの平均額と28万円を比べて少ない方で計算されることになりますので注意をしましょう。

28万円とは、当該年度の全被保険者の標準報酬月額を平均した額となりますので適用をされることになります。

また、出産手当金は、被扶養者や国保加入している方は対象外となりますので個人事業主の自営業の人などは不適用となりますのでご注意を。

→ 出産手当金とは?出産でもらえるお金の一覧と計算方法について

出産育児一時金

出産育児一時金とは出産時に子供一人につき加入をしている健康保険から支給をされるお金で健康保険から一律42万円が支給をされます。

これについては国保の場合でも被扶養者の場合でも同額支給されますので、パートや派遣社員などの雇用形態は関係ありませんので安心をしてください。

このお金は分娩時に支給をされるお金となっており、子供の数によってことなりますので双子の場合は2人×42万円となります。

出産費用としてかかる場合に支払うお金となりますので、病院へそのまま支払う方法もありますし、病院へは自分から支払いをしておき、あとから自分の口座で調整をするという方法もありそこは自由です。

もちろん42万円よりも安くなった場合でも差額は自分のものなので赤ちゃんの用品などを購入してあげましょう。

→ 出産費用の平均相場はいくら?自己負担が心配な妊娠の入院について

社会保険の免除

産休中は社会保険が免除となりますので日本年金機構へ手続きを行うことになります。

この制度は産休期間中に給与支払いの有無に関係ありませんので、申請を忘れずに行うようにしてください。

お金は国の制度を活用すべき

産休を取得したとしても、基本的に会社からお金はでるということはほとんどありません、

その分、国からの補償やバックアップがありますのでそれを活用しましょう。

妊婦になり気を付けておきたいことは申請を1つずつ自分でもきちんと確認をすることです。

会社の担当者が慣れていない場合もありますので、自分自身もきちんを把握をしておき、会社の担当者、社会保険事務所などへ問い合わせをしておきチェックリストをつくっておきましょう。

産休の手続き方法と流れ

仕事は出産後も続けたいという女性は手続きをもちろんしなければなりませんので、産休の手続きの方法について書いていきましょう。

その前にしっておきたいことがあります。

それは、産前休業と産後休業の違いについてです。

産前休業は産前の休暇は本人の請求(請求のしかたは会社の定めによる)により与えられます。

それにたいして産後休業の休暇は本人の請求の有無に関係なく与えられなければなりません。

つまり、産後休業は本人が就業を希望しても、与えられなければならない強制休暇となっています。

産前と産後には自分の意思なのか?強制に取得をさせるのかに大きな差がありますので理解をしておきましょう。

産休取得の流れ手続き

もちろん会社によって申請の方法や産休取得の方法は異なりますので、それに従いましょう。

しかし、おおよその流れは大きな差がないので順番に書いていきます。

妊娠をしたことを会社に申し出る

まずは妊娠をしたことを上司の報告をしましょう。

伝える時期は難しいのですが、流産の可能性が低くなる妊娠3ヶ月のころまでに伝えておくと上司も今後の仕事の引継ぎや残業、外回りの調整などをすることもできます。

その際に出産予定日や産休を取る予定なども伝えておくと話もスムーズになりますし、会社によってはその情報経理に回してくれ書類などももらうことができます。

妊娠がわかると会社としても無理をさせられないという決まりができますので、残業が多い会社、外回りが多い会社などになると調整をかけることになりますし挨拶周りへ上司も一緒に行かなければなりません。

出来れば、上司に妊娠を報告するまでには今後のことを旦那さんとも話し合いをしておきましょう。

仕事を退職するならばそれも構いませんし、産休を取得して仕事へ復帰をしたいという場合にはそれも決めておくとよいですので上司の理解を得るために対応をしましょう。

長期のプロジェクトなどを行う会社や仕事の場合は特に早めに伝えるようにしておきたいですね。

妊婦健康診断を受ける

妊娠中は定期的に検診を受ける必要があります。

そのため、検診にために仕事を休まなければならない場合には申し出をするようにしましょう。

また、妊婦が検診を受けらえるように休暇を確保しなければならないと決まりがありますので上司は理解をしておきましょう。

・妊娠23週まで → 4週間に1回

・妊娠24週から35週まで → 2週間に1回

・妊娠36週から出産まで → 1週間に1回

もちろんこのほかにも医師が必要と判断をした分も含むことになりますが、有給なのか?無給なのかは会社に規定によって異なります。

ちなみに私が勤務をしていた会社は休暇は取らせるけれども無給というあつかいでしたね。

また、検診などで医師より働き方について指導があった場合にはその内容を上司にきちんとつたえ上司に理解を得るようにしましょう。

医師に「母性健康管理指導事項連絡カード」を記入してもらうと、指導内容を正確に会社に伝えると一番理解をしてもらいやすいでしょう。

今はネットもあるので簡単に調べられますのでうまく活用をしてください。

産前産後休暇を申し出る

次に産前産後休暇を取得する場合には会社に申請をするようにしましょう。

原則は出産予定日の6週間前(双子の場合は14週間前)ということを自由に決められますが本人の申請がなければ取得をすることはできませんのできちんと意思を伝え申請をしましょう。

産後は6週間は仕事をすることは不可となっており、8週間後は医師が認めていれば復職も可能ですが産休に入る前に育休を取得するのか?仕事へ復帰をするのかも決めておくとよいでしょう。

育休を申し出る

産休を取得した人はそのまま育休も取得することになります。

育児休業を取得するためには休業を開始する一か月前までに申請をするということが法律で決められていますので期限が過ぎる前に手続きを行うようにしましょう。

期限を過ぎると育休が取得できませんので注意が必要です。

→ 育児休業給付金の支給日はいつ?条件と申請の方法

産休中の過ごし方

産休に入ると赤ちゃんの出産に備えて体を第一に過ごすことになります。

すると、今まで仕事をしてバタバタをしていたことが急になくなるので「何をしたらよいのか?」迷ってしまうこともあるでしょう。

そんな産休中の過ごし方について書いてきましょう。

時間を有効活用しよう

産休というのは誰にでも許されている時間ですが、ゆっくりとしており「ずっと寝て過ごしていた」「暇で仕方がない」なんて意見も多いです。

もちろん出産を控えているので無理はできませんが、とにかく時間が余っていて仕方がないという意見もありますね。

そんなときにプレママたちは時間を有効に使っているようです。

赤ちゃんが生まれると暇なんて言っている時間はありませんので、今のうちに自分の時間を大事にしましょう。

映画鑑賞

さすがに映画館に長時間座っているのはしんどいので、家でDVDや動画配信サービスを契約して家で映画鑑賞をしているママは多いです。

動画配信サービスを契約すると過去のドラマなどもみれますので朝から見ていたら知らない間に夕方になっていたという意見もあるほど集中をして見れます。

赤ちゃんが生まれるとテレビを10分もゆっくりとみることができませんので、この機会を大事にしてゆっくりとみてください。

マンガ喫茶で漫画を読み漁る

仕事で忙しくてなかなか漫画も読めなかった。というママも多いです。

そんなときには漫画喫茶のソファの部屋を借りて一人でゆっくりと漫画を読み続けるなんて人もいますね。

平日に昼間だと誰もいませんのでゆっくりとできますし、飲み物も飲み放題なので自由気ままに過ごせます。

散歩

赤ちゃんが生まれるまでに自分のことを見直したり、近所の公園へ行ったりしてゆっくりと過ごす方も多いでしょう。

そんな自由な時間を過ごせるのも今のうち。

ゆっくりと近所を散歩して公園でゆっくりとご飯を食べたりして出産に備えている妊婦さんもいます。

カフェでゆっくりと

久しぶりに平日の空いている時間のカフェへいってゆっくりとお茶を飲んでいるママもいます。

赤ちゃんが生まれるとカフェなんて絶対にいけませんし、そんな時間もありません。

そのため、妊婦のうちに近くのカフェへ行ってまったりをすごしましょう。

お友達をランチ

赤ちゃんが生まれるとランチへ行く時間ももちろんありません。

そのため、この機会になかなか会えいなかったお友達とランチへ行ったりしておしゃべりを楽しみましょう。

こうやってゆっくりできているときは時間に心余裕がありますが出産をするとそんな時間は到底ありませんので産休中にママとゆっくりすごしましょう。

赤ちゃんのものを手作り

生まれてくる赤ちゃんのためにスタイや三トンなどを手作りして出産を迎えるママも多いです。

これから生まれてくる赤ちゃんのためにもしっかりと用意をしてあげると良いですね。

パパはシューズを作って、ママはスタイや防止を作って赤ちゃんの出産を迎えるという夫婦も多いです。

職場復帰の確認

tps://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1402

まとめ

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る