女性の働き方!子育てと仕事との両立の難しさと現実

女性の働き方多様化

最近は世の中の流れが変わり、働く女性がどんどんと増えています。

むしろ、増えるように仕向けられているのでは?と思うくらい現実は厳しいもの。

もちろんまだまだ日本の世の中は男性が主体の世の中となっていますが、政治の世界でも女性が官僚になっていますし、東京都知事の小池百合子さんなんて現役ですごく成果を残している人物です。

そんな女性の働き方が変わってきていますが、もちろん子育てなどの育児も一緒にしているのでなかなか大変なようですね。

仕事復帰を望む女性が増えている

この、たった十数年の間で、本当に残念なことに民間企業で働く人の平均給与は大きく下がってしまいました。

それとともに専業主婦の世帯の率は大きく下がり共働き世帯の数字が大きく伸びて来ています。

私などは信じられないのですが、一昔前、昭和の時代には、サラーリーマンの嫁は「三食昼寝付き」などと言われ、サラリーマンと結婚するのはある種ステータスだった時もあったそうです。

かなり美化、デフォルメされた話だとは思いますが、今の時代、とんでも無い話だと思います。

「家計を助けるため、子供のため、働かないと」と思っているのがママの本音なんです。

パパの収入増加を望めないどころか、終身雇用はすっかり崩壊してしまいました。

常にリストラとは無縁ではなく、転職などした場合には大きく年収は下がってしまう可能性もあるのです。

まったく、先行きの見えない不安だらけの世の中になってしまったとぼやいていても始まりませんが、やっぱりぼやかずにはいられません。

税金や保険料は増えていくばかり、、、子育てにかかるお金も増えていくばかり、、、

結婚したら子育てと家事に専念したいと思ってきた女性も、人生計画を見直さなければ駄目。

そんな時代になってきた現実を見なければいけません。

結婚後も、夫婦で家計を支えていくのが当たり前の時代を迎えているといえそうです。

女性が働くためには家族の理解と支えが必要

女性は身をもってご存知だと思いますが、ママが働くには、ハードルが沢山あります。

何をさておき、子育て中のママには、育児という大切な仕事があります。

特に、手のかかる3歳ぐらいまでの子供がいるママが働く就業率は、未だ5割に満たないそうです。

最近の若い夫婦の場合は、ようやく「子育ては夫婦一緒に」みたいな夫婦が多くなってきたようですがまだまだ子育ては女性の仕事、と思っている男性は多いのでは無いでしょうか。

子育てに家事、更に仕事まで加わるとどれだけ毎日が大変になるか?

男性がのんびり過ごしているとは言いません。

ママも同じように、とにかく忙しく大変なのです。

私達女性を身をもってよく知っていますが、男性の方も考えて見ると判るんじゃないかと思います。

ママが育児と家事をこなしながら働くためには、家族の理解と支えが絶対に必要なのです。

仕事を続ける為のポイント3つ

これまで書いた通り、ママが仕事を続けるためには家族の理解と支えが必要なのは当然ですが、気持ちよく働く為のポイントを纏めて置きたいと思います。

3つのポイントとして纏めてみました。

働く条件 目的を明確にしましょう

育児と仕事を両立させる必要のあるママは、

たとえば、子供の行事

たとえば、子供にトラブルが発生した時

そんな時に対応のしやすさ、融通がきくなど重視する必要があることは言うまでもありません。

だからこそ、働く目的や条件はしっかりと明確にする必要があるのです。

どれぐらいの収入が欲しいのか?そんなこともしっかりと考えておきましょう。

働き損にならない様に、税金や保険の知識が必要

家事や子育てをどうするのか?

ということは一旦置いて、何が何でもとにかく稼ぐ。

そう決めてがむしゃらに働いて収入を得たとしましょう。

ところが、働いて得たお金が全部貴方の物になるかというとそうでは無いということ、これは物凄く大事なことです。

日本では働いたお金が全部自分の物になるということはありません。

ママの収入とパパの収入を合わせた世帯収入が幾らになるのか?

そんなことまで考えないと、配偶者控除が受けられなくなりさらには社会保険料までがアップしてしまい苦労して働いた分まで税金を支払うことになり一体なんのために子供との時間を我慢してまで働いたのかわからなくなってしまうと言ったことになってしまいます。

税金や保険の話は、またじっくりとさせて貰いたいと思います。

稼いだお金は一部を必ず貯蓄しましょう

せっかく苦労して働いて得たお金です。

家族で一緒に旅行へ行きたい、家族で美味しいものを食べに行きたい、子供に習い事をさせてあげたいお金って色んな楽しいことに使えるのは本当ですしそもそも、家族が笑顔になるために働いているんです。

それでも、得たお金の一部は、貯蓄する。

そんなことに使うと、貴方の苦労した時間はこれからの人生、必ず何倍にもなって返って来ます。

そんなことをすると、働くモチベーションもアップ、楽しんで働くことも出来るというものです。

例えば、教育資金や旅行の積立、今は沢山の商品がありますからね。

目先の楽しみや必要に迫られて、得たお金を全部使ってしまうのではなく、始末して、5000円、10000円のお金を貯蓄する。

ずっと先の楽しみにまで今の時間を使うということ、夢のあるお話だと思いますね。

女性の働き方のまとめ

お金のこともあるし、将来的なことも考えたときには女性は働く必要があります。

しかし、子育てや保育園へ入園できない待機児童問題、小一の壁などいろいろな問題を政府は解決できない状態となっており、子育て世代の女性にとっては大変な世の中になっているという印象です。

もっと世の中の理解が広がり、女性も気軽に働ける世の中になればと思いますね。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

他にも子育ての悩み役立つ情報、おでかけ情報など楽しい情報もアップしていきます。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る