派遣は産休や育休は取れるの?もらえる取得条件と復帰の方法

産休育休を取りたい。

けれども、自分の雇用形態は派遣社員だから無理。。。なんてあきらめていませんか?

産休と育休は一定の条件を満たしていれば正社員以外でも取得を取ることが可能です。

もちろん派遣社員なので契約の世界で働いてますので気になることといえば「産休育休は取得できるのか?」「正社員との違いは?」「復帰はできるのか?」「出産後に契約を切られたらどうなるのか?」などいろいろな疑問もあるでしょう。

そこで派遣社員の産休、育休の取得条件や復帰をする方法について書いていきます。



派遣社員とは

そもそも派遣社員とはどんな雇用形態の人と指しているのでしょうか?

派遣社員という雇用の状態についてまずは理解をしておきましょう。

派遣社員とはその会社と直接契約をしている人のことではなく、人材派遣会社と契約を結び他の会社に派遣をされている人のことを指しています。

正社員は個人と会社との契約になるのですが派遣社員は派遣会社と会社の契約になりますので派遣社員はその会社の社員ではありません。

また、派遣先がたとえ大手でもその会社で働く社員ではないという扱いです。

メリットデメリット

派遣社員のメリットは自分のキャリアを活かせる、自分のスタイルで働くことができる、時給が高いなどのメリットがあるのです。

ただし、雇用は契約期間があるため不安定、交通費は実費や時給換算となることが多く収入も不安定責任ある仕事は少ないといったデメリットもありますが最近は派遣社員として雇用をする会社はとても多いです。

経営が悪化したり不安定な状況となった場合にはすぐに解雇できる、そして良い人材ならば正社員としての雇用契約を結ぶ方向へもっていけるというメリットがあるからです。

そんな実際にはその会社と雇用契約を結んでいない派遣社員が産休や育休を取得することは可能なのでしょうか?

派遣社員の産休と育休

派遣というと「不安定」というイメージを持つ方も多いでしょう。

たしかに私も一緒に働いている人は派遣社員であったため「契約期間で契約解除」「仕事ができないからと契約期間前に解除」など会社からすると都合の良い使い方ができる社員といえます。

そんな不安定な雇用であるため産休育休なんて関係なく、あれは正社員だけの制度と思っている方もいます。

もちろん派遣先の会社に相談をすると「産休と育休は正社員だけ」と正しい知識を持たずに却下をされる可能性もあります。

しかし、それはあくまでの派遣差別であり実際に派遣社員でも産休と育休は取得を取ることができますので正しい知識をもって正当な意見を言えるようにしっておきましょう。

産休と育休を取得する条件

産休と育休を取得する条件について書いていきましょう。

まず、知っておきたいことは産休は「産前産後休暇」の略となってり、産前休暇は出産予定日の6週間前から、多胎児(双子以上)の場合は14週間前から取得が可能。

そして産後は労働基準法により出産の翌日から8週間は就業をしてはいけないこととされている休暇です。

(産後6週間を過ぎてからは本人が希望をし、医師が認めれば就業可能)となります。

この産休の条件は雇用形態に関係なく「労働をしている女性」と定められていますので妊娠を報告した会社の上で請求をすれば産前産後休暇を取得することは誰もが可能なのです。

産休については産休の条件とは?いつから取得ができるのか?に書いていますので参考にしてください。

派遣社員の育休の条件

育休に関しては有期雇用契約労働者の場合は条件がありますが、それを満たしていれば派遣社員でも取得が可能となっています。

有期雇用契約労働者という条件は以下のようになります。

・原則として1歳に満たない子供を養育する男女の労働者

・同じ会社に過去1年以上継続して雇用されていること。

・子供が1歳6ヶ月に達する日まで、労働契約の期間が満了することが明らかでないこと。

最後の条件は保育園へ入れないなど子供を預ける先がないため、復職が厳しい場合に関しては最大2年まで育休を延長することが可能で子供が2歳に達するまでに労働契約の期間が明らかでない場合などの条件となります。

ただし、上の条件を満たしていたとしても労働組合が運営をする労使協定で定められた一定の労働者は育休を取得することはできません。

・継続した雇用形態が1年に満たないもの。

・育休の申出日から1年以内に雇用関係が終了をする労働者。

・1週間の所定労働日数が2日以下の労働者。

会社側は条件を満たしている人が労働者の育休の条件を原則拒むことはできませんが、労使協定の条件を満たしていなければ取得はできない可能性は高いです。

これは男女ともに同じ条件となりますので、理解をして自分が育休を取得可能なのかチェックしておきましょう。

(参考:厚生労働省「あなたのとれる!産休&育休」)

育児休業給付金はもらえるの?

また、育休を取得できるかできないかによって大きく変わるのが「お金」の問題です。

育休を取得すれば「給付金」を受給できるとは限りませんのでそこは注意をしましょう。

育児休業給付金については育児休業給付金の支給日はいつ?条件と申請の方法に詳しくかいているのですが以下の条件を参考にしてみましょう。

・育休を開始日の過去2年間に被保険者期間が賃金支払日数が11日以上かつその月が1年以上の労働者。

・同じ会社で継続して1年以上の雇用があること。

・子供が1歳6ヶ月まで労働契約が更新されないことが明らかでないこと。

被保険者期間とは社会保険へ加入をしている期間っです。

この上記の条件を満たしていれば派遣社員でも育休を取得して、かつ育児休業給付金を受給することが可能となりますので、理解をしておきましょう。

(参考:厚生労働省「育児休業の対象となる労働者」)

会社と産休育休トラブルに注意

このように派遣社員でも条件を満たしていれば産休と育休を取得することは可能です。

しかし、多くの会社や経理人事担当なども派遣社員が育休や産休を取得することができるという知識をもっていない。

また、自社の社員ではないことから「前例がない」「契約打ち切り」など派遣社員であるという理由から勝手な理由で契約を解除されることもあります。

他にも法律なので取得を取らさざる負えないため取得はさせてもらえたけれども復帰後はあからさまに態度が変貌するというハラスメントのあります。

しかし、妊娠や出産による理由を解雇にすることは法律によって禁止をされていますし会社の事業主にはハラスメントに対する防止措置が義務化されています。

派遣社員の復職

派遣社員として働いてきて、実際に産休育休を取得できたあとのはなしについても書いていきましょう。

もちろん産休育休を取得したということは、出産前まで働いていた職場の雰囲気が良かったということでしょう。

そのため、子供を出産して、預ける先の保育園も見つけたらまた同じ職場に戻りたいと思う方もいます。

そんな復職について書いていきましょう。

復職は同じ職場にできるの?

まず、復職は休みを取る前までいた職場で戻れるのか?という答えになりますがこれは「不可」です。

不可という書き方というよりは「限りなく難しい」というのが答えとなります。

その理由は派遣社員として働いていたということは会社と派遣会社との契約であるためあなたと会社の契約ではありません。

そのため、産休前に働いていた会社からするとあなたを受け入れる義理もありませんので産休になる際に「待っているよ」と言われていたとしても難しいです。

おそらくあなたが産休に入っている間に他の人が派遣会社から派遣をされているのでポストに空きがないといえます。

よほどあなたに専門的な知識や技術などがあれば別ですが、そうでなければ難しいといえるでしょう。

派遣社員の復職は難しい

派遣社員のメリットに「自分のスタイルで働ける」と紹介をしました。

これは子育てをしておらず、自分の体が動ける時ならばとても融通がききやすくフットワークが軽く仕事ができたといえますが、その反面子供が保育園へ入ると融通が利きにくくなります。

正直、企業としては安定して仕事に来てくれる人を求めることになります。

そうなると子持ちで急に休みなどをされる、急に早退をしなければならないとなると派遣会社の信用も失うことになりかねませんので派遣先を紹介してもらえない、給与の安い仕事しか紹介をしてもらえないなど現実は難しいようです。

つまり、安定をして仕事ができる人に仕事が回っていくので子供がいるという理由だけで仕事が回ってこないこともあるようです。

日本の社会は育休や子育て世代の女性の勤務形態については整備が行き届いていないというのが正直な現状でしょう。

パートから探す

派遣会社はあくまでもビジネス。

派遣をするならば重荷となりえる子持ちの人よりも独身で動ける人を紹介するほうへ動きます。

それならば派遣会社に頼らず、自分で自宅から近い場所でパートや契約社員など会社と自分の契約でできる働き方を模索したほうが賢いかもしれません。

最初は急な休みでも対応がしやすいパートやそれを認めてくれる契約社員などで探してみると良いでしょう。

子供が大きくなってくれば体調を崩すことも少なくなりますので正社員へと移行をしていくという方法もありだといえます。

派遣社員の産休育休のまとめ

ここまで派遣社員の産休と育休について書いてきました。

派遣社員では産休と育休は取れないと言われていますが、「一定の条件を満たして」いれば誰もが取得が可能となります。

実はこれを知らない人事部や経理や派遣会社の社員などたくさんいますのできちんと正しい知識をもっておきましょう。

あと、復職に関してはかなり厳しい現実もあります。

そこをどのようにクリアするのかを産休中によく考えましょう。

派遣会社に依頼をしても良いですが、自分で探すという選択肢ももっておきましょうね。

 

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る