150万の壁の注意点!いつからパートの働き方が103万円変わるのか?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。


スポンサードリンク

パートの人は知っておきたい150万円の壁

パートの勤務をする人ならば知っておきたいのは収入の壁ですよね。

よくいわれているのは103万円の壁、130万円の壁なんて言われることはありますが、実はここ最近話題になっているもう1つの壁があります。

それは「150万円の壁」ですね。

今まで聞いたことのない収入の壁ですが、法的に150万円まで引き上げるとニュースも流れたので150万円の壁について書いていきましょう。

150万円の壁とは?

平成30年から法の改定により「配偶者控除」および「配偶者特別控除」の制度が改正されることになりました。

目的は「配偶者控除」および「配偶者特別控除」とは、配偶者を養う納税者の税負担を軽くするという制度で、控除の対象となる配偶者がいる場合には所得から一定額を控除することが認められています。

これは女性の社会進出を後押しする法案となっており考えられたものです。

103万円の壁と150万円の壁の違い

今までの配偶者控除に関しては103万円の壁が適用となっていました。

これは扶養家族の妻の給与所得が103万円以下の場合には所得税は課税されず夫の所得には配偶者控除として38万円を受けられるというものでした。

また、配偶者の年収が103~141万円までは夫の年収が1000万円以下であれば配偶者特別控除を受けられていました。

これは平成30年(2018年)より配偶者の年収が103万円~150万円へ広げられると言うものです。

さらに、150万円を超えても201万円までは、夫の所得が一定の範囲内であれば、配偶者特別控除が受けられるように変わります。

これにより月収を約85,000円までに抑えていた人たちは12万5,000円までとなりえますが103万円の壁がなくなったわけではないので勘違いをしないようにしましょう。

しかし、150万円まで働けると思うと「もっと仕事をしよう」と考える方もいますがそこは大きな間違いですので注意点についても書いていきましょう。

150万円の壁による注意点

もちろんこの不景気の時代により妻が稼いでくれたならば旦那さんも家計の収入が増えるのでうれしいものです。

パートをしている扶養家族の人もそれならばもっと働こうかなと思った方もいるでしょうしこれで150万円まで働けるので家計にプラスに働くと思っている方もいますが、そこは大きな間違いです。

実は150万円には気をつけなければならない注意点もありますので紹介をしていきましょう。

103万円の壁も変わらない

もちろん103万円の壁も残っていますので、個人的には150万円まで広げるメリットはあまりないなというのが正直な感想。

配偶者控除や所得税、社会保険などが150万円までかからないのならばよいのですがそんなことはありませんので注意をしましょう。

130万円の壁を忘れないように

150万円の壁ができたからといっても130万円の壁があることは忘れてはいけません。

→ 130万円の壁を超えたら社会保険と所得税が必要!

このタイトルにも書いているように社会保険と所得税が必要となりますので、103万円の次には130万円を考えて150万円まで働くのかということを検討する必要があるのです。

130万円の壁は主婦がパートをする際に一番考えるもの。

なんといっても税金が必要になり、稼いでも結局は税金が差し引かれることになりますし扶養からも外れることになります。

130万円を超えると約20万近くの保険金が必要となりますので150万円を考える前に130万円の壁を意識しましょう。

もちろん税金を支払うことによりメリットもありますので上記の記事を参考にしてください。

夫の収入で検討しよう

大事なことは旦那さんの収入です。

一般のサラリーマンの場合には何も問題がないのですが、旦那さんの年収が900万円(年収1,120万円)を超えると3段階で控除金額が減額され最終的に1,000万円(年収1,220万円)を超えると、配偶者控除が受けられなくなり、夫の税金の負担が増えることになります。

そのため、旦那さんの年収次第では103万円に抑えておく方がよいでしょう。

保育料金や会社の手当てに影響がでる可能性

次に気をつけなければならないのは保育料金と会社の独自の手当です。

これは世帯の収入や配偶者の収入によって手当がでる場合と出ない場合があるものとなっています。

そのため、配偶者の収入が150万円を超えると大きな問題になってしまいますね。

保育料金は世帯収入となりますので、旦那さんの収入と奥さんの収入が合算とされますので目先のパートの費用を増やしてもトータルで損をしてしまう可能性もあります。

また、旦那さんがもらっている会社の家族手当なども130万円を超えると支給対象から外れる可能性がありますので注意をしましょう。

150万円の壁のまとめ

テレビやニュースを見ていると150万円まで広げられてパートはより働けるようになる。

女性の社会進出はより広がるなんて言われていますが、実際にところはそんなことはなく103万円の壁も130万円の壁もそのままとなっています。

より多く家計にお金をいれるつもりでアルバイトの数やパートの時間を増やして手取りも増えたけれども逆に圧迫をしてしまったなんてことにならないようによく計算してからパートとして働く時間や量をふやすようにしましょうね。

働き損にだけはならないことをよく考えてください。

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る