130万円の壁を超えたら社会保険と所得税が必要!



配偶者控除が受けられない?130万円の壁

パートやアルバイトをしている主婦に人たちから収入でよく聞くのは103万円以内という話。

これについては103万円の壁とは?廃止になる理由と働き方についてに書いていますので参考にしていただくとわかります。

そして、パートやアルバイトとして働く主婦が次に気にするラインが130万円なのですが、そもそも130万円の壁とはいったい何なの消か?

詳しく説明をしてと言われると難しい内容なので、130万円の壁について書いていきましょう。

130万円の壁とは?

103万円の壁を超えると旦那さんに所得税の課税がいくということです。

旦那さんに税金の負担もかけないために扶養の範囲内で働くことができる103万円以内に働くようにしていましたが、103万円の次に目指す壁といえば130万円の壁ですので詳しく書いていきましょう。

ちなみに配偶者控除は103万円がマックスで受けられ141万円まで徐々に受けられる金額が減っていきますので控除される金額が減るというイメージをもっておきましょう。

超えるとどうなる?

収入が130万円を超えると親の健康保険の扶養から外れることを意味しています。

つまり、国民健康保険へ加入をして健康保険料を自分で支払う必要があるということです。

これは社会保険も同様でアルバイトやパートは社会保険へ加入をさせなくてよいと思っている事業主もいますがそれは大きな間違い。

働く時間や日数を満たしていればいずれも会社の社会保険(健康保険、年金保険)へ加入をすることが可能となっていますね。

少し話がそれましたが、健康保険と社会保険を支払うことになるラインが130万円の壁になりますので収入から結構な保険料は弾かれることになりますので手取りに影響をします。

130万円以上を稼ぐことにより扶養から外れることとなりますので、気をつけなければなりません。

簡潔にまとめると、

・年収が130万円未満 → 夫の扶養で社会保険に入れる、妻の負担はゼロ

・年収が130万円以上 → 妻が自分で社会保険料を払う、夫の負担も変わらず

このいずれかに代わるというだけです。

社会保険料の目安

130万円を超えたからそれ以上のお金を稼げばよいのでは?と思う方もいるかもしれませんので社会保険の目安について書いていきます。

社会保険へ加入をすると毎月給与から「社会保険料」を差し引かれることになります。

社会保険料は年齢や住んでいる地域、会社が加入をする健保組合によって異なってきますので一概に「○○円」という金額は言えないので一般的な金額について書いていきます。

例えば「30代の主婦・東京都内在住・国健康保険協会に加入している会・パートの年収が130万円(通勤交通費無し)」という条件の場合の金額は約189,000円となります。

一定の勤務日数や時間数等を満たしていれば、会社の社会保険(健康保険、厚生年金保険や雇用保険など)に加入する必要がありますので月に約15,750円のお金を支払うことになります。

パートとして働く場合に時給1,000円だと約15時間分は保険料となるので丸2日間はタダ働きと考えると結構な金額というのが印象ですね。

社会保険加入の目安の勤務日数と時間

先ほどから社会保険へパートやアルバイトとしての勤務をしている人が加入をする際に「一定の条件」という書き方をました。

しかし「一定の条件」ではわかりにくいこともありますので条件を紹介します。

条件は以下の2つです。

・1週間あたりのの勤務時間が正社員の4分の3以上

・1か月あたりの勤務日数が正社員の4分の3以上

ほとんどの正社員は週に40時間勤務となるため、一週間に30時間の勤務をする場合には社会保険への加入が必要になるということです。

もし、今アルバイトやパートでこの条件を満たしている場合には加入が可能なので会社へ申し出ましょう。

社会保険へ加入をするメリット

もちろん税金を支払いたくないという人は130万円以内に収入を抑えておくことが良い選択だといえますが、もちろん130万円を超えて働くことによりメリットもあります。

例えば、健康保険へ入ったり、社会保険へ入ったりすることは必須となり自己負担も出てきますが基本は会社と折半となりますので半分は会社がお金を持ってくれるようになります。

また厚生年金の保険料も支払うことにより将来受け取れる年金額がふえますので、こうしたメリットを考えると社会保険の負担と健康保険への負担は増えますが無駄にはなりません。

また、130万円を超えてしまえばそれ以上稼いでも同じなのでパートとしてもっと稼ぐという方法もありますし契約社員やパートになるという選択肢もあるでしょう。

他にも社会保険へ加入をしていればケガや病気で勤務をすることができなくなった時にも傷病手当と呼ばれる手当が受給可能です。

勤務ができなくなった4日目以降は対象となりますね。

130万円の壁のまとめ

103万円の壁よりも130万円の壁は非常に大きなものですし、働き方も大きく変わってしまいます。

そのため、いろいろなことを考えて130万円以上稼ぐのか?130万円以内に抑えるのかを検討しましょう。

130万円の壁については超えないメリットもあれば、超えるメリットもありますので以下の4つのパターンを自分に当てはめてみましょう。

1,年収130万円くらい稼げたら十分 → 年収130万円未満にしておきましょう。

2,手取りで損をしたくない → 年収130万円未満にしておき逆転現象を受けないようにしましょう。

3,手取りで損をしても将来得をしたい → 年収130万円以上働き社会保険へ加入をしましょう。

4,手取りを増やして将来も得をしたい → 年収170万円以上稼ぎましょう。

こんな風に自分に見合う働き方を選びましょう。

しかし、今働いている人たちが年金を本当にもらえるのか?そしていくらもらえるのかを考えると貯金をしておく方が賢いのかもしれませんがね・・・。

 

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る