103万円の壁とは?廃止になる理由と働き方について

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。


スポンサードリンク

扶養を外れないで働く103万円の壁

女性が仕事をしていく中で103万円と呼ばれるところが一つの境になっています。

私の妻も103万円以内で働くといって仕事をしていますし、仕事で採用をする人の多くも103万円以内の収入にしてほしいとパートの勤務ならば希望を出す方もいるでしょう。

そもそも103万円の壁と呼ばれる理由や、越えたらどうなるのか?という点について書いていきます。

今後社会復帰へ向けてお仕事をしていくママにぜひ読んで確認をしておいてほしい内容といえますね。

103万円の壁とは?

そもそも103万円の壁と言われますが、どんな意味なのでしょうか?

簡潔に書くとパートやアルバイトとして働いている人が年収103万円以内の収入を得る場合には税金面で優遇をします」という意味になっています。

つまり、この103万円が大きな境目となっておりここを超えるか超えないかによって大きな差が生まれるのです。

所得税を支払わなくてもよくなり、同時に夫や親などの家族の所得税も負担が重くならないギリギリのラインになってくると言われていますので十分注意をしましょう。

どうして103万円なの?

この103万円という数字の意味は、基礎控除の38万円と給与所得控除の最低金額の65万円を足した合計の金額です。

ただし、これは普通に会社などでパートやアルバイトとして働いている人を対象にしているものとなっており仕事内容によっては異なってきます。

例えば、最近はインターネットも普及をしているため在宅ワークをしている方もいるでしょう。ブログや動画投稿など、ネットビジネスだけで生計を立てている方の収入は給与ではないため、「103万円の壁」ではなく、65万円を加えない「38万円の壁」になります。

このような基礎控除も含まれていることから103万円の壁といわれています。

103万円の計算方法

そんな103万円ですが、実際に計算をする場合にはどこまで含まれるのでしょうか?

これを計算する際には交通費は含まれませんが、給与と手当てに関してはすべて含まれることになります。

年収とは給与の総支給額になるので、その中には交通費も含まれることになりますがそれは103万円の中には含まれません。

あくまでも収入としてもらっている給与と手当てに関してのみだと思っておきましょう。

→ ママの仕事と育児を両立するため情報まとめ!お金で損をしない方法

103万円を超えるとどうなる

ただし、仕事をしていて計算を間違えたために103万円を超えてしまったというケースもあるでしょう。

しかし、そうなると103万円の壁と呼ばれている部分に問題が生じる可能性がありますので注意をしなければなりません。

103万円を超えると所得税がかかることは間違いありませんが、ほかにも旦那さんの所得税も増えますし、親などの家族の扶養家族となっている人の税金もあがり、扶養から外れるのでみんなの税金が同時にあがってしまうということになってしまいます。

しかし、103万円以上収入を得たことにより税金はたしかにあがってしまいますが、実はそれよりも収入が増えるというメリットもあるのです。

103万円を超えると損をするはウソ

これについてはものすごく複雑な計算をした話になります。

ここに書くと読むのも嫌になりますし、書くのも大変なので割愛しますが結論を書いていきます。

実は旦那さんのお給料が1300万円を超えると奥さんが103万円以上を稼ぐと大きな損をすることになります。

その理由は旦那さんの課税対象額が一気に増大をしてしまい世帯で見た場合に大きなマイナスになってしまうためです。

そのため旦那さんのお給料が500万円の程度ならば問題はないのですが、もし1000万円を超えるならば奥さんは103万円以内と徹底しましょう。

ママだけの収入でみるのではなく、世帯での収入をチェックすると良いでしょう。

103万の壁は撤廃

そんな風にパートやアルバイトをするなら103万円の壁があるのでそれ以上は働けないなんて思っているママも多いです。

しかし中にはもっと働きたいのに働けない。

旦那さんに「税金が増えるから絶対に103万円を超えるなよ」と言われていたのも過去のはなし。

実はこの103万円の壁は2018年に撤廃をされ新たに150万円の壁ということで税制改正がなされることになりました。

そのためこれからは150万円の壁ということを理解して仕事をしていかなければなりません。

150万円の壁とは?

これは国の方針で女性の社会進出をより進めていこうという考えから103万円の壁をなくして150万円の壁にしようということが2018年に新たにすることが決まりました。

150万円になることにより、2018年からは扶養控除を受けられるようになるということです。

今までは103万円~141万円まで適用をされていたのですが、今後は150万円~201万円までは夫の所得が一定の範囲内であれば配偶者控除を受けられるということです。

これは単純に月に8万5,000円がパートとして働くことが限界だったのですが、12万5,000円まで増やせるのでパートやアルバイトとしてももっと稼いでも問題がなくなるということです。

ただし、130万円の壁問題がありますので詳しくは130万円壁について書いていますので参考にしてください。

103万円の壁のまとめ

103万円というのはパートやアルバイトをする主婦にとってはとても重要な金額の範囲内となっていました。

しかし、国の方針としても働く人材はどんどんと減ってきており労働人口となれる年齢の女性も社会進出を歓迎したい思惑もあるため150万円までの引き上げを行っているのです。

旦那さんの所得にもよりますが仕事をしたいママにとっては朗報だといえますのでよく考えて働く日数や時間を考えましょう。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

スポンサードリンク

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る