子育て便利グッズを紹介!プレゼントにも最適な商品を紹介

子育てをしていくというのはなかなか大変。

特に一人目の子供だとどんな風に育てたらよいものかわからないことも多いですし、どんな風に育てたらよいのかわからないことも多いので悩んだりしてしまうことも多いです。

また、育児以外にも家事におわれてしまいバタバタとしてしまうこともありますのでどんな風にしていけばよいのか迷ってしまうことも多いのですが、そんな時こそ育児便利グッズをうまく使っていきたいものですね。

私も育児グッズというものはあまり使ったことがなかったのですが、育児をしていくときにとても便利なものなのでぜひ使っていきましょう。



子育ての便利グッズは育児や家事が大変な時に!使うメリット

便利グッズは実はいろいろとあるのですが、うまく使っていくといろいろなメリットがあります。

その一番のメリットは「心に余裕ができる」と言う点です。

便利グッズを使うことにより育児をしていく上で時間に余裕ができるようになります。

すると、育児や家事に追われる時間を少しでも減らすことができますので、その分子供に関わる時間が増えますね。

一緒に遊んでも良いですし、お昼寝をしても良いです。

また、時にはママの休憩タイムにしてテレビを見ても良いでしょう。

便利グッズを活用することにより時間に余裕ができるという点は大きなメリットといえますのでうまく使っていきたいものですね。

もちろん子供の年齢によっても異なると思いますので、子育ての時期別におすすめの子育てグッズを紹介していきましょう。

赤ちゃんの育児便利グッズ

まず、最初に育児でも一番手のかかる赤ちゃんの育児の際に使える便利グッズを紹介しましょう。

この時期は時間も関係なく泣くことが多くママも24時間子供から離れられない時期となっています。

そこで、赤ちゃんの便利グッズについて紹介をしていきますので参考にしてください。

授乳クッション


赤ちゃんにミルクをあげるとなった際に前かがみになり腰痛になってしまうママも多く、今までとったことのない姿勢となるためどうしても疲れてしまいます。

そんな授乳の疲れを取ってくれる便利なアイテムがこの授乳クッションです。

横にした赤ちゃんの下に入れることにより高さがでるため、ミルクをあげる姿勢が前かがみにならずママの授乳時間の短縮にもなります。

授乳期という短い期間でしか使えないと思っていたのですが、お座りの練習にも使えますし、使わなくなったらその後は普通のクッションとしての役割もありますので長く使えるグッズとなっています。

授乳ケープ


次に持っておきたいのは授乳ケープです。

これは赤ちゃんにおっぱいをあげるときに便利なアイテムとなっており、外でおっぱいを挙げたいけれども隠れる場所は何もない。

また授乳室がないのでミルクを挙げたいけれどもどこにもいけないというときに便利なアイテムです。

ママと赤ちゃんをしっかりとカバーをしてくれるアイテムとなっており、大きな布でガバっと隠してくれるアイテムとなっていますので人目を気にせず赤ちゃんにミルクを上げることができます。

授乳の時以外にも大きな布なので、簡易のブランケット、ベビーカーのカバーとしても使えるアイテムです。

ストーラーオーガナイザー


赤ちゃんを連れてお散歩となると、荷物がどうしても多くなってしまいがち。

そんなときに赤ちゃんを抱っこしながら荷物を持つのは難しいですし、大きなマザーズバッグをもつのも大変。

そんなときに便利なアイテムとして紹介をしたいのがストーラーオーガナイザーです。

ベビーカーにぶら下げる小物入れとなっており、飲み物もお菓子もすっぽりと入るので便利ですしママも身軽に動けるようになります。

バッグを出す手間も物を探す手間も必要ありませんので便利なアイテムといえますね。

ランドリーバスケットネット


赤ちゃんが生まれるとどうしても洗濯物が増えてしまいます。

もちろん家族の分はまとめて選択をしなければならないのでたくさんの量を洗濯していかなければなりません。

そんなときに役立つのがこちらのアイテムです。

ランドリーバスケットネットはしっかりした張りのある作りになっており、洗濯物を入れると自立します。

また、取っ手がついており、フックと組み合わせれば洗濯機の横にかけておけます。

中に仕切りがあり、1つのネットで3種類の洗濯物を分けて入れられるのもポイントとなりますしそのまま洗濯機へ入れれば洗濯が可能となりますのでラクですし便利なアイテムです。

お風呂で使える育児グッズ

続いてはこちらのお風呂で使える便利グッズになります。

赤ちゃんや子供がいるとお風呂は切っても切れないものとなっているので、お風呂にも子供が楽しく入っていけるアイテムを紹介していきましょう。

シャンプーハット


お風呂の便利グッズの定番といえばシャンプーハットになります。

顔に水がかかることを嫌がることも多いので、そんなときに活用をしやすいアイテムとなっていますね。

新生児や赤ちゃんの時期は寝たままお水をかけることになりますが、大きくなるに連れて座って水をあたまからかぶることになります。

そんなときにシャンプーハットがあれば顔に水がかかるのを防ぐことができますのでとても便利。

子供もお風呂を嫌がらず入ってくれるようになりますので便利なアイテムになるといえます。

収納ネット


子供ができるとお風呂に入ることになるのですが、そんなときに活用しやすい便利な方法は収納ネットです。

お風呂にたくさんのおもちゃを持ち込んでも網のおもちゃ入れに入れておくだけでカビを防ぐことができますし、お風呂の中でおもちゃが散乱せずにキレイに整理ができるという点も便利です。

これがあれば、お風呂上がりに全部のおもちゃをきれいにするという手間もいらないので便利。

収納とカビを防ぐという2つの効果が期待できるものなのでうまく活用していきましょう。

使い方は簡単で吸盤でお風呂に張り付けれるだけで簡単にお風呂におもちゃの収納ができます。

バスソファ


お風呂で困ることの中にあるのが、子供の体をどうやって洗っていくかという点です。

特に体に石鹸がつくときれいに洗えないことになったり、すべりやすくなったりすることもあるため危険もありますし視線が低くなるため横になることを嫌がる子どももいます。

そんな時にはこのバスソファをつかってみましょう。

バスソファはとても便利なアイテムとなっており、座ったまま赤ちゃんの体をきれいに洗えるというメリットもあります。

もちろん安全面には配慮をされており、下には滑り止めがついていて滑りにくくなっていますし5箇所に穴が開いているので水はけもよく、空気をいれるだけで使えるので場所もとりません。

片付けも簡単なのでお風呂で活用をしたいアイテムといえますね。

フード付きポンチョ


お風呂上りになんとなく着せたいグッズといえばポンチョ。

大人で言うガウンなのですが、このアイテムを活用していくととても便利なアイテムとなっており、使いやすさは間違いありません。

大きなバスタオルで拭くのも良いですが、ママも一緒にお風呂へ入っていると着替えに追われることになります。

そんなときにバスタオルだとはだけてしまう可能性もありますが、ポンチョだとはだけにくいですし、見た目も可愛い。

そして吸収力も高いのでありがたいです。

パッと簡単に着せられるという点も便利ですし、子供が成長をしても使えるサイズのものが多いの便利です。

離乳食作りに便利なアイテム

離乳食は赤ちゃんにとって初めての食事となるのでちゃんとしたものを作ってあげたいというのは親心。

しかし、裏ごしなど作るためにはたくさんの工程があることから時間もかかりますし面倒なことも多いです。

そこで離乳食を作っていくための便利グッズを紹介していきましょう。

少しでも時短をして子供と遊ぶ時間を確保していきましょう。

→ 離乳食の進め方のスケジュール!いつから初期を始めればよいの?

大望野菜フレーク


離乳食の赤ちゃんの食事は手間もかかるし時間もかかります。

野菜の裏ごしからすりこぎでつぶしたりしなければならないため用意が大変です。

そんな時に便利なアイテムがこちらの野菜フレーク。

水やお湯でとかすだけであっという間に使えるフレークとなっておりペースト状になっているのでうらごしの野菜が使えるといわれています。

でも、加工品はちょっと不安という方もいると思いますがこちらの商品の原材料は北海道の野菜のみとなっていることから離乳食には最適なアイテムです。

もちろん子供が少し大きくなっても離乳食以外でじゃがいもならばポテトサラダ、とうもろこしならばコーンスープ、ほかにもクッキーなどいろいろなメニューに活用できるアイテムです。

ブレンダー


離乳食を作るとなると、どうしても最初はペースト状にしていく必要があります。

つまり細かく潰していく必要がありますが何回も裏ごしをしなければならないため結構大変です。

そこで活用できるアイテムがこのブレンダーですね。

ブレンダーには食材をすべて小さくするための機能が備わっており裏ごしをしなくてもブレンダーを使えば固い氷も砕いてくれますのでとても早く離乳食がつくれます。

もちろんお菓子の生クリームを作ったりもできるので長い時間使えるのもブレンダーの魅力。

離乳食が終わってからも使えるアイテムとし一台は家に置いておきたいアイテムといえますね。

離乳食小分けタッパー


先ほど紹介をしたブレンダーで細かくすることはできるのですがそれを毎日するとなるとかなり面倒。

そのため、ブレンダーで大量に細かくした食材のこのキューピーズで保存をしてしまいましょう。

キューピーズとは器に入れてフタをしてしきりによって簡単に仕分けをすることができます。

離乳食だけではなく、果汁なども簡単に冷凍をしておけばあとはレンジで解凍できるのでうまく使っていきましょう。

蓋つきなので冷凍庫でも衛生面は保つことができます。

離乳食はさみ


離乳食に限らず子供が小さな時期には必ず必要なものがこの離乳食ハサミ。

もちろんキッチンハサミでも良いのですが、このハサミはちょっと違います。

何が違うのかというと、着るだけではなく、つぶす、すくうの動作もできる便利なアイテムです。

ハサミ一つでこれだけのことができると便利なもので洗い物を増やすことなく時短になりますし、ママの負担も減らすことができるので便利なアイテムです。

コンパクトでキャップもついているので外出時にも便利。

娘が小さな時はいつもキッチンハサミを持っていたのですが、大きくて重いという欠点がありましたね。

妻にこの離乳食ハサミを教えたら「昔にあったらほしかった」という声もあるので離乳食を食べる時期の子供がいるからはぜひ活用しましょう。

まとめ

ここまでいろいろな育児の便利グッズについて紹介をしてきました。

知っているものもあれば知らなかったというものもあったでしょう。

育児をしているとどうしても家事と子供の世話に追われてしまいなかなか子供をゆっくりと遊んだり、自分が休憩をするという時間はとれないものです。

しかし、育児便利グッズを使うことで少しでも時間短縮になって余裕が生まれると子育てに対しても好循環が生まれますのでうまく活用をしていきましょう。

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る