公園デビューはいつから?親子で遊べる遊具もチェックしよう

そろそろかな?公園デビュー

子供が生まれて少し大きくなると暮らしていると頭にちらつくのが「公園デビュー」。

公園デビューとは子供を連れて公園に行く初めての日という意味です。

この公園デビューなのですが、この公園デビューのタイミングってすごく難しいのが正直なところ。

タイミングを逃してしまうといつまでも行けず中には知らない間に大きくなってしまい「公園デビューできなかった」なんて人も居るくらいだそうです。

公園へ行こう

でも、自分たちが小さいころ公園で遊ぶのが楽しかったように子供も公園で遊ぶのは楽しいはず。

やっぱり自分たちと同じように公園デビューはさせてあげたいですよね。

中には公園に行きたがるけど、まだ公園デビューには早いんじゃない?と思っている人も居るでしょうし、逆に公園デビューのタイミングを逃しちゃったかも・・・?と思っている人も居ると思います。

ここではそんな人のために、公園デビューするタイミングはいつなのか?

また、公園デビューするにあたっての注意点を紹介したいと思います。

もちろん子供によって個人差はあると思いますが、参考にしてみてくださいね。

公園デビューはママ友を作るチャンス

公園デビューはママ友を作るきっかけにもなります。

この公園へ行くということはとても大事で、近くの公園へ遊びに行くということは近くに住んでいる人だということ。

そこで同じくらいの年齢の子供もママと話しをすると知らない間に意気統合してお互いに家に遊びにいくようになったというパターンは最も多いでしょう。

もちろん知らない人と話をしなければなりませんが、一言話すと同じ育児をしている仲間。

悩みやパパのこと、仕事復帰のこと、幼稚園ことなど気が合えばすごく長い友達になれる可能性もありますので公園デビューはお母さんもママになるための大事な時期といえます。

ママ友の作り方

ママ友と作りたいけれどもなかなか作れない、「どうしてつくったらよいの?」と思います。

世の中のママはどんなふうにママ友をつくっているのでしょうか?

色々と話をしてみると、大事なことは「勇気をもって話かける」ことです。

子供が傍にいるのなら「何か月ですか?」「何歳ですか?」など子供の年齢を聞いたり、服装のことで「かわいい靴ですね」「かわいい服ですね」など些細なことから話かけてみましょう。

そうすると相手も話をしてくれLINEやメールの交換をしてママ友になれるなんてこともあります。

妊婦さんなら「何か月ですか?」「いつ出産日?」「男の子ですか?女の子ですか?」こんな風に話かけてみましょう。

合わないママ友とは距離を取ろう

ただし、注意をしたいのはママ友でも合う人と合わない人がいるということ。

これは普通に友達関係と一緒で友達になって頻繁に連絡を取る人と、連絡を取らない人の2パターンにわかれます。

その際に価値観が合わない、なんかこのママは苦手、良い人なんだけど・・・という場合には無理をして付き合う必要はなく適度な距離をとっておきましょう。

無理をして合わない人と合わせる必要はありません。

ただし、ママ友というのは近所の人が多いので関係を悪化させたり、付き合いを悪くすると変な噂がでて面倒になることもありますので問題が起こらないように距離をとりましょう。

関連記事人間関係に疲れた!相手とうまくいかない時の対処法5選

公園デビューのタイミング

公園デビューというと子供だけのことと思いがちなのですが、実はママにとってもメリットのあるものです。

ママ友作り、近所のお得な情報、幼稚園や保育園の情報を手に入れるなどいろいろな地域のことを知れるチャンスですし、外に出ることで気分転換にもなります。

そのため、タイミングをみて公園へ積極的に出かけましょう。

公園デビューは1歳前後が多いよう

公園デビューは一人歩けるようになる一歳前後が多いそうです。

歩けるようになってきたら、ファーストシューズで歩いてみるために公園に行く!という人が最も多いみたいですよ。

確かに、ある程度自分で歩けるような年齢であれば横についていれば遊んでくれますし、お母さんやお父さんと一緒に遊ぶということが出来る年齢ですから、楽しいのではないでしょうか。

また、2歳くらいになるとブランコなどの遊具にも興味を持つようになるのでより公園を楽しむことができるようになりますよ。

丁度そのころになるとその年齢のお母さんも公園デビューをしていることがおおいので、ママ友もできやすいのではないでしょうか。

デビュー前に公園の下調べをしよう

ほとんどお外に出たことが無いのにいきなり「遊びに行こう!」と公園に連れて行くよりは、あらかじめ公園の下調べも兼ねてお散歩や、ピクニックをしておくといいでしょう。

まだ公園で遊べる年齢ではなくても、お外の雰囲気を味わうことは刺激になりますし、いつも遊んでいるおもちゃや離乳食を公園で楽しむのも悪くありません。

ただし首が座る前、三か月未満の赤ちゃんを連れて行く場合はデメリットが多いので、三ヶ月を過ぎてからお散歩や下調べをするようにしてくださいね。

人によっては、このころに同じ年代のお母さんを見つけてママ友を作っておくなんてパターンもあるそうです。

もちろんまだ歩けない抱っこの状態ならば気持ちの良い気候の時にゆっくりと散歩をする程度でも良いでしょう。

公園デビューの注意点!

次に紹介するのは、公園デビューをするにあたっての注意点。

子供が初めてが詰まっていますので、楽しい事も多いですが注意してほしい点もいくつかあります。

遊べるのも持って行く

公園に遊びに行っても、滑り台はまだ怖い、ブランコもまだ怖い・・・。

なんてことがあるかもしれません。

そうなってくると公園は「悪いイメージ」で終わってしまいますよね。それはとっても困ります。

なので、公園に持って行く手持ちのおもちゃを忘れないようにしましょう。お家で遊べるものではなく外でのみ遊べるものがベスト。水風船やシャボン玉などですかね。

これがあれば、公園の遊具がまだ早くても楽しい公園で終わることができますよ。

デビューする日の体調・気候

公園デビューをする日のお子さんの体調はどうでしょう?体調が良くない日に公園デビューをさせてしまうと、公園はしんどいものという認識を持ってしまいます。

楽しい公園デビューは、お子さんの体調が万全で、お天気も良く気持ちのいい日に行いたいですね。熱中症や風邪を避けるために、暑すぎる日、寒すぎる日も避けた方がいいでしょう。

少し暑い日は、水分補給も忘れずに。

特に暑い夏に1歳くらいの子供だと日焼けなどにも注意をしたいものですので日焼け止めを塗ることもわすれないようにしてくださいんね。

関連記事日焼け止めは子供にも効果がある!紫外線を避ける塗り方と予防法

子どもから目を離さないで!

当たり前ですが、お子さんが公園で遊んでいるうちにふとスマホを見てしまったり、ぼーっとしてしまったりするのは絶対にやめましょう。

お砂場でお砂を口に入れてしまうかもしれません。公園にいるお友達に怪我をさせてしまうかもしれません。遊具から落ちてしまうかもしれません。

なれていない場所、初めての公園だからこその危険がたくさんありますので、お子さんからは絶対に目を離さないようにしてくださいね。

そのお洋服、公園デビュー用?

公園デビューする際のお洋服は、どんなものを予定していますか?

せっかくの公園デビュー。かわいいお洋服を着て公園に行くところの写真をとってインスタグラムに上げたいところですが・・・。

公園デビューはお子さんにとって大切な日。動きにくい服装や、暑くなってしまう服装は避けてあげましょう。また、公園なので汚すのは当たり前。

「汚れるからやめて~!」なんて声が出てしまうような洋服を着せていくのはやめましょう。

ママ友を探そう。公園の変更OK

最初にも書きましたが、公園デビューはママ友作りにも最適。

話しかけてみたり、話しかけられるのを待ってみたり、そんな場所でもあります。

でも公園によっては、ママ友の輪ができてしまっていたり、ほかのお子さんがほとんどいない公園だってあります。

その場合は公園を変えちゃってみましょう。近所の公園にとらわれる必要はありません。少し歩いて別の公園へ行ってみたりするのもいいかもしれませんね。

楽しい公園デビュー

色々な不安も出てくるかもしれませんが、あくまでも公園デビューはお子さんの為の楽しい行事。

せっかくなのでお母さんやお父さんも一緒に楽しんじゃってください。

そこでママとしてパパとしてもいろいろなことを学べる機会も豊富にありますし、大きな子供をみて成長が楽しみになります。

いろいろなメリットも多い公園デビューを思い切りたのしみましょう。

お弁当を持っていこう

公園デビューはもちろんですが、その後も公園へ行くことも多いでしょう。

そんな時に気候が良い時期ならばお昼ご飯にお弁当をもってきましょう。

家にいるとどうしてもイライラとしていまったり、子供もストレスが溜まってしまったり「もっと遊びたかった」とかんしゃくを起こされることもあります。

もちろんいつもは大変ですが、気分転換にもっていっても良いですし休みの日ならばパパもつれて公園デビューとピクニックを兼ねてもよいですね。

そんな時に持ち運びも便利で簡単なレシピをこちらに紹介しておきますので参考にしてください。

関連記事サンドイッチのレシピと作り方!ポケットサンドは簡単にできる!

実は家で食べないものでも、外にでると急に食べたりすることもあります。

公園に慣れてきたらわざと苦手なおかずも持っていてみましょう。

お友達がいたり、パパはいたりといつもと違う環境になると子供たちの一番嫌いなおかずであるピーマンも食べたりするものですよ。

実際に私の娘はピーマンが苦手でしたが公園へ遊びに行った際に食べられるようになりました。

これでもかというくらいほめて、隣のおじさんとおばさんまで拍手をしてくれ克服ができたので苦手なものを食べてくれないというときには公園でチャレンジしてみましょう。

嫌いなものを食べさせるコツは無理強いしないことです。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

kaoruライター

投稿者プロフィール

保育士ライフのライターをしているkaoruです。
1歳と5歳の男の子の二児の母で料理とダイソーをこよなく愛する30代!

子育てって大変なのですが、みんなやっぱり子供が好き!そんな好きのお役に立てるような記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る