子供の自転車のサイズと選び方!おすすめ商品と価格と保険の必要性

子供が三輪車から自転車に切り替わる時期が大体3歳です。

もちろん個人差はあるのですが、それぐらいの年齢になりますので自転車の購入を検討する必要がありますね。

しかし、私もいつも困っていたことが「子供の自転車のサイズ」がわからないという問題です。

最近は自転車の店舗も少なくなっておりネットで購入をしようと思う方も多いのですが、実際には乗ってみなければわからないですしサイズを間違えたら乗れない、もしくは小さいなんてことになってしまいます。

自転車には適正なサイズがあり、そこには子供の身長にも影響が出てきますのでここでは年齢別に子供の身長に合わせた適切なサイズを紹介していきます。

他にも自転車を購入するときのおすすめのポイントも参考にしてください。



子供の自転車のサイズと選び方とは?身長と年齢の目安

子供用の自転車を購入する際にしっておきたいことはサイズの表記の違いです。

普通は〇cmと書かれていることが多いのですが、自転車のサイズに関しては「インチ」という言葉を使います。

これはタイヤのサイズのことで、そのサイズが子どもに合っているのか?という点が大きなポイントになってきますので年齢とタイヤのサイズが合っているか?また身長があっているのかをチェックしましょう。

おさらいをすると「身長」「年齢」「タイヤのサイズ(インチ)」の3つから選ぶようにしてください。

下記の表を参考にするとわかりやすいです。

自転車のインチ適正身長目安の年齢
12インチ80~98cm2~3歳
14インチ92~107cm3~5歳
16インチ98~116cm3~6歳
18インチ103~125cm4~8歳
20インチ111~140cm5~9歳
22インチ116~145cm6~11歳
24インチ122~151cm7歳以上

(参考:BRIDGESTONE「子供自転車の選び方」)

以上が子どもの年齢と身長に合わせた適正サイズです。

年齢と身長に関しては個人差がありますが、目安として利用をしてください。

ついつい小さいサイズだともったいないと思ってしまうのですが、何よりも子供にあったサイズを購入してあげることが重要で、すぐに大きくなるからといって大きなサイズを購入すると転倒などのけがにつながります。

そのため、適切なサイズを購入することをおすすめします。

子供の自転車の選び方

子供の自転車の選び方は以下の5つのポイントになります。

1.サイズと身長があっているか。

2.ブレーキは握りやすく止まりやすいか。

3.ハンドルの高さとグリップの位置。

4.サドルの高さと大きさ。

5.車体の重さ。

特に大事なのは2のブレーキです。

自転車はこぐだけで動きスピードもでるとても便利なアイテムです。

しかし、止まれなければ人に衝突したり事故を招いたりする危険な乗り物でもあるのです。

子供の手の力は未熟で自分でコントロールができなければかなり危険な状態になってしまいます。そうならないためにもブレーキが子どもでも使えるかという点はしっかりとチェックをしておきましょう。

サイズとしては身長に合わせて購入をするのですが、またがったときに両足のつま先がつくのが適切なサイズだと言われています。

子供の体に合ったサイズを購入することにより怪我の防止や上達のスピードの向上につながりす。

安全基準を満たしているのかチェック

あと見ておきたいポイントは安全基準を満たしているか?です。

自転車には海外製の安価なものも販売をされていますがそれはよくありません。

基本的には安全基準を満たしている商品を購入すべきですので自転車協会の自転車安全基準を満たしている「BAAマーク」がついているものを購入しましょう。

また、その際にヘルメットやプロテクターも最初の乗りはじめの時には購入をしましょう。

自転車は思っている以上に危険な乗り物ですので、初めて自転車を購入する3~5歳のタイミングは十分注意をしたいものです。

保険には必ず加入しよう

あと、子供の自転車を購入したら保険にも必ず加入をするようにしましょう。

自転車事故により刑事責任と民事責任という責任がかかります。

その結果懲役や賠償となるケースがあり子供でも一人で自転車の乗っているとその責任がかかってしまいます。

自転車に乗り公道を走るだけで被害者にも加害者にもなる可能性がありますし、最近は子供が運転をする自転車は歩行者のぶつかったという事件もあります。

自分の身を守る以外にも相手の保証や入院、通院、手術などの治療費用も補償の対象となりますので、子供が自転車にのるタイミングで保険への加入は必須です。

万が一がありますので。

ちなみに保険の費用の相場は月350円くらいが相場で、年間で3,000~4,000円くらいです。

自分の子供のことだけではなく、相手の保証もあるので安いものではないでしょうか?

中には学資保険に加入が含まれているものもありますので、そちらも確認してみましょう。

子供におすすめ自転車とサイズと商品【年齢別】

自転車を購入しようというタイミングは各家庭や住んでいる地域でいろいろとあると思います。

私はちょうど娘が3歳になるタイミングに誕生日と三輪車に飽きていたという2つのポイントから購入をすることに決まりました。

そんな風にタイミングや購入をする年齢によっておすすめの自転車も変わっていきますのでここでは年齢別におすすめの自転車を紹介していきます。

子供の自転車の価格相場

子供の自転車の相場になります。

正直、自転車屋へ行ってもピンからキリまで価格帯があるものとなっており、どれを購入するか迷うことも多いですね。

値段の違いは3つのポイントがあり「車体の素材」「装備の充実度」「生産国」となります。

中にはそのお店独自の製品もあり、娘はサイクルあさひの自転車に乗っていたりします。

ネットの通販やイオンやカインズなどの自転車価格を見てみると相場は20,000円です。

中には安価な1万円のものがありますが、海外で生産をされており重たい、装備が不十分などのデメリットがあったりしますし、中古はきちんとメンテナンスされているかわかりませんので危険です。

自転車は新品を適正な価格で購入をすることを忘れないようにしましょう。

2歳におすすめの自転車のサイズと選び方


2歳の子供に最適なサイズは12インチです。

2歳ではまだ上手にこげず、動かすことすら困難なので補助輪は必須です。

他にもママやパパが後ろからコントロールできるように手押し棒がついているものを購入することをおすすめします。

あくまでも自転車の乗る前段階の練習というイメージになりますが、この時期は自転車よりもキックバイクと言われるストライダーなどを購入する方も多いですので自転車をどちらを購入するか検討しましょう。

上記の自転車はコーダーブルームと呼ばれている自転車でで補助輪と手押し棒がついているので自転車デビューにはぴったりの商品です。

ただし、キックバイクは道路などの公道を走ることが禁止をされているので注意をしましょう。

キックバイクに乗っていると補助輪なしの練習をしなくても乗れるという点が大きなメリットですし、バランス感覚も養えます。

下の娘はストライダーに乗るだけで勝手に補助輪なしの自転車にも乗ることができていました。

3歳におすすめの自転車のサイズと選び方

3歳の時期は子供の身長によって異なりますが、12~16インチが適正なサイズです。

補助輪はまだ必要な時期ですし、手押し棒もないと不安な時期なので2歳と変わりませんが、サイズだけは一度試乗をしてから購入することをおすすめします。

もちろん手押し棒がついていないタイプのものもありますし、後付けするタイプのものもありますので子供に合わせて購入をしましょう。

3歳を自転車に乗せてみるとブレーキで止まるという感覚はあまりなく足で止まろうとすることが多いので足がしっかりとつくタイプの自転車のサイズを購入してあげてください。

この時期になると体の成長に著しい時期ですので、こちらのピープル自転車がおすすめです。

ピープル自転車は2歳ごろから小学生まで乗れる自転車でハンドルとサドルを調節すると感覚は広がりますので大きくなっても窮屈にならないという特徴を持っている自転車です。

もちろん手押し棒もすぐにはずせますので成長に合わせて長く乗ることができる自転車です。

→ 3歳の自転車は何インチ?選び方のコツと子供に人気の自転車3選

4歳におすすめの自転車のサイズと選び方

4歳の子供の自転車のサイズは14インチから16インチとなります。

この時期になると子供の身長もかなり大きくなり中には18インチの自転車を乗れる子供もいますが、大きいとコントロールがしにくく危険もあるので最適なサイズを購入しましょう。

4歳におすすめはこちらのブリジストンのハッチという自転車です。

見た目もおしゃれな自転車で、ファッション性も高く、安全性を保障するBBAもクリアをしているブルジストンは最適です。

カラーもレッド、アイボリー、ピンク、グリーンなど豊富にそろっていますので子供に選ばせても良いです。

ブレーキも子供の小さな手でも握り込めるように作られているアイテムですので、機能性とデザイン性を兼ね備えている商品です。

5歳以降におすすめの自転車のサイズと選び方

5歳以降になると子供の身長や体格は個人差が開く時期ですのでサイズも16~20インチくらいが適切になりますが、必ず試乗をしてから購入をしましょう。

5歳や6歳になると補助輪なしでも乗れる子供がほとんどですので、補助輪なしを購入し7~8歳の小学校3年生くらいまでを見据えて購入しましょう。

多少は大きめでも構いませんが、サイズを大きくするとコントロールがしにくくなりますので足がしっかりとつくものを購入してください。

また習い事などに一人で行かせる場合には注意をしておきましょう。

男の子におすすめの自転車になりますが、このクロスファイアーキッズが大人気です。

価格ドットコムでも上位を占めるほど人気の自転車ですね。

こちらのブリジストンの商品ですがBBAマークももちろん取得していますので安全性も高い点も魅力です。

カラーもブラックとブルーがあるのでお好みの方を購入しましょう。

子供の自転車の買い替えの時期とタイミング

子供の自転車ですが、年齢とともに子供の成長をします。

買い替えを検討すべき時期があるのですが、その時期をタイミングについて書いていきましょう。

ちなみに私は娘が自転車に乗っているのをみて明らかに見た目よりも小さいと感じたときにはすぐに買い替えるようにしていましたが今思うと可哀そうなことしていましたね。

一般的な流れとしては3~4歳くらいで足でこぐことのできるストライダーを購入し、4歳以降に初めての自転車を購入するというケースです。

あとは小学校に入り1~3年生と4~6年生のタイミングで買い替えるという方法が一般的ですね。

具体的な買い替え時期は以下を参考にしてください。

子供が成長をしたとき

一番自転車の買い替え理由として多いのは子供が成長をしたタイミングです。

身長が伸びた、自転車のサイズが合わなくなった、遠方まで自転車で出かけられるようになったなど自転車を購入したときよりも子供が成長をしたときには購入をすべきです。

サイズの合わない、身体にあっていない自転車を乗ると子供の怪我や事故につながる可能性がありますので注意をしましょう。

古くなったり壊れたとき

自転車も購入をするとどんどん劣化をしていきます。

自転車は基本的に外に置いていることが多いので、日が経過することに劣化をしていくのは仕方ないといえますし、見た目は大丈夫でも内部が老朽化しているなんてこともあります。

古くなった自転車は結果的には子供の怪我や事故にもつながりますので修理をする、もしくは購入をするほうが良いです。

私も何度か自分で修理をしたり、時には自転車屋へもっていって修理をしてもらいましたが、最終的には買い替えをしました。

修理をしてもあまり持たなかった記憶がありますので買い替えも検討すべきタイミングかもしれません。

誕生日やクリスマス

誕生日やクリスマスというのは祖父母や親からプレゼントを購入してもらいやすい時期になります。

特にまわりのお友達が自転車を購入したりすると子供もほしがりますし、自転車を購入して期間がある程度経過しているならば購入のタイミングかもしれません。

上の子の趣味が下の子に合わないとき

下の子供の自転車はいつも上の子供のおさがり。

これが通用するのも小学生になるまでかなと思います。

上の子供の趣味が合わない、新しい自転車を欲しがるということがあるのである意味自転車の買い替えのタイミングかもしれません。

もったいないと思ってしまいますが下の子供の気持ちも尊重してあげましょう。

子供の自転車のサイズと選び方のまとめ

子供の自転車を購入する際に一番悩むサイズについて書いてきました。

私もいつも子供にとって良いサイズは何なのかを迷うことがあったのですが、一番良い方法は自転車の店舗へいって実際に試乗をしてみることです。

実際に乗ってプロに見てもらうことにより子供に適切なサイズがわかります。

通販でしか手に入らない自転車を購入する際には試乗をさせてもらったサイズの自転車と同じサイズや大きさのものを購入すればズレもすくなくなるでしょう。

ついつい大きなサイズを購入しがちですが、自転車は危険も伴うので適切なサイズを購入してあげてください。

あと保険は必ず加入しましょうね。

Taka代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る