家庭用脱毛器はケノンが効果的!失敗したくない女性に人気の脱毛方法

育児が始まると本当に忙しくて・・・。

ママはいつもきれいにしていたいとおもいますし、旦那さんのためにも美容にはきをつかいたいもの。

しかし、そんなに現実は甘くなく育児に追われてしまい、お風呂で髪の毛を洗う時間もないくらい大変なこともあります。

もちろん、ムダ毛処理もきちんとしたいですがそんなママの気持ちとは裏腹に子供は待ってはくれませんし、ママもことなんてお構いなし。

そんなママのために今回はきれいに脱毛ができる家庭用脱毛器を紹介したいと思います。

本来は脱毛サロンへ行けばよいのですが、定期的にいかなければなりませんし旦那さんが子どもを見てくれる休みの日は脱毛サロンも混雑していますので予約も取れません。

ならば、自宅できれいにしちゃいましょう。



家庭用脱毛器とは?ケノンがおすすめの理由

家庭用脱毛器とは自宅に居ながらもきれい脱毛ができるという便利なアイテムです。

脱毛サロンなどで行っている永久脱毛とは違う脱毛方法ですが、実際にはきれいにすることが可能なものとなっています。

女性にとってムダ毛は天敵ですし、多くの女性は処理にうんざりをしているでしょう。

実際に私も妻も娘たちが小さなときにはムダ毛処理を丁寧にする時間がなかったり、タイミングがなかったりして脱毛サロンへも通うヒマもなかったのです。

もちろん余裕ができれば脱毛サロンできれいにしてもらえばよいのですが、育児に用事に忙しいママのとっては「好きなタイミングで」「脱毛できる」「好みの場所を」という点が家庭用脱毛器にはあります。

家庭用脱毛器のおすすめはケノン

その中でも一番おすすめの家庭用脱毛器は「ケノン」です。

好きな時に好きな場所を脱毛できるという点で人気ですし、サロンへ通っていた人がケノンに乗り換えたという口コミもあるほどです。

ケノンは高品質で痛みがないということは指示をされている理由で販売台数は50万台を突破している家庭用脱毛器の王様的な存在です。

脱毛サロンも家庭用脱毛器も「痛い」と感じることもあるのですが、ケノンの良いところは10段階に調節できて、あなたのお肌に合わせて調節が可能であるということ。

そして、照射ができる範囲が広いため全身でもあっという間に脱毛が可能で2週間に1回程度当てるだけで脱毛サロンへ通ったかのようなつるつるのお肌になれます。

また、ケノンはパパのひげやすね毛などのムダ毛にも対応できますので夫婦できれいになるなんて方法もあります。

「もっと早く買えばよかった」「サロン通いをやめた」「シェーバーを使わなくなった」という口コミ評判も高いです。

家庭用脱毛器の3つの種類

家庭用脱毛器を選ぶ際に知っておきたいことについて次は書いていきましょう。

一言で家庭用脱毛器をいってもいろいろな種類がありますので3種類を紹介をしていきましょう。

フラッシュ(光)型

日本で一番スタンダードな脱毛手法になります。広い範囲をキレイに処理できる点が大きなメリットで連射によるフラッシュライトにより、肌と毛を判別して処理をします。

ムダ毛以外を痛めなくですむと言う点では肌の弱い日本人に一番適している方法と言えますね。家庭用脱毛器でも一番多い種類のフラッシュ(光型)といえます。

もちろんムダ毛処理には絶大な効果を発揮してくれますので一番おすすめの種類になります。

肌に優しく、痛みも小さいですね。また商品も豊富に取り揃っていますので価格や性能など選択肢が多いです。

レーザー型

仕組みはフラッシュ型と似ており、黒い組織に反応する特殊なレーザーを照射して毛根を破壊します。

1回の利用ではなかなか効果は得られませんが、長期にわたって照射することにより毛を細くして目立たなくしてくれます。

脱毛サロンなどで利用されているのはこのタイプが一番多いですね。

脱毛効果は一番高いですが、照射範囲が一番小さく若干痛みを伴い肌へのダメージもあります。

サーミコン(熱)型

熱を与えることにより、毛の根本から焼いていくという手法になります。産毛処理に向いており、スピードと効果は絶大ですがフラッシュ型、レーザー型と比較すると効果が薄くなります。

どちらかといえば細い毛に適しており、脱毛効果は弱く、肌への刺激はあります。

上記のように家庭用脱毛器の種類があります。

家庭用脱毛器を選ぶ基準

次の家庭用脱毛器を選ぶ基準も紹介していきます。

脱毛方法

これは上記の3つの方法になります。

レーザーは効果が高いですが、効果が高い分使うのは難しいと言われていますので、初めて購入をするなら、安全面も考慮してフラッシュ型がおすすめです。

照射範囲

一回に処理できる範囲を表すものです。

これでキレイに処理をすることができるかの「カギ」とも言えますね。

これが小さいとこまめに動かす必要がありますので大きい方が自分で利用する際には使いやすいです。

・照射範囲が狭い →指先、脇などこまかい部分をピンポイントに処理をする際に向いている。

・照射範囲が広い →脇以外にも足、腕、など広い範囲をキレイにする処理に向いており全身脱毛に向いている。

照射回数

家庭用脱毛器には寿命があり照射回数によって決まります。

この回数が脱毛出来る回数に繋がっており1,000ショット~100,000ショットと幅広くなっています。

1,000ショットの場合は全身をするとあっという間になくなってしまいますので新たにカートリッジに購入が必要になりますので、ある程度回数が多いものを購入しましょう。

しかし、この照射回数は出力レベルによって利用回数が異なります。100,000回でも一番効果の薄いものの場合で、最も効果を高くすると10,000回になることもあります。

出力レベルと回数の比較が重要ですね。

コスト

家庭用脱毛器の値段は安いもので5,000円。

高いものだと100,000円程度するものまであります。

基本は高いから良いというものではありませんのでショット回数と値段を割り算してみるとわかりやすいのではないでしょうか?

この4つのポイントも含めてみると、他にもある家庭用脱毛器のラビ、トリア、ブラウンなどの商品と比較をしてみてもケノンが最適です。

ケノンは初心者に扱いやすい

ケノンはフラッシュ式で、パワーやレベルも10段階に変更が可能なので自分に最適な強さにでき肌にも試せます。

また、1ショットあたりのコストパフォーマンスも高く、わずか0.04円です。

(ブラウン1.78円、トリア0.08円、ラヴィ0.24円)

キレイに脱毛ができるけれども痛みが少なく、ランニングコストも安く、長時間続けやすいという点で初心者にも扱いやすい商品です。

忙しいママは子供が昼寝の間、夜の落ち着いたときにサッとしたいものですが、そんな願いをケノンならかなえてくれるでしょう。

家庭用脱毛器ケノンのメリットデメリット

次に家庭用脱毛器を導入するメリットデメリットについて書いていきましょう。

上記で紹介をしたようにケノンがおすすめですとはお伝えしました。

手軽にできるという点はメリットですがその反面デメリットもありますのでまとめていきますね。

メリット

家庭用脱毛器を使うメリットについて書いていきましょう。

いつでも好きなタイミングで脱毛できる

家庭用脱毛器の最適なメリットはいつでも好きなタイミングで脱毛ができ、いつでも好きな箇所を脱毛できる点です。

好きな時間に好きな場所を脱毛できるというのは家庭用脱毛器しかできない方法ですね。

足をさわっていて急にムダ毛が気になることもありますが、思い立っても脱毛サロンはすぐにはいけませんし、カミソリは肌を傷つけるだけですので注意をしましょう。

デリケートゾーンも手軽に脱毛できる

女性だと恥ずかしいデリケートゾーンなども自分でできるメリットがあります。

デリケートゾーンだと恥ずかしくて誰かに見れるのはちょっと・・という方もいますよね。

もちろん誰も見られたいなんて思っていないと思いますが、家庭用脱毛器があれば自分のタイミングで人目を気にせずきれいにできますので最適です。

衛生面が安心

脱毛サロンなど気になるのは衛生面です。

消毒をしていたとしても潔癖な人は気になりますし、誰が使ったものかわからないものを使うのはちょっと気が引けます。

しかし、家庭用脱毛器ならば自分しか使わないですし、自分の好きなように消毒もできますのできれいにできますね。

美顔機能がついていれば一石二鳥

ケノンにはついていますが、脱毛機能だけではなく美顔機能がついているものもあります。

お肌もケアもできると一石二鳥できれいになれますし、お好きなタイミングでできるので活用しましょう。

デメリット

メリットもあればデメリットもありますので、家庭用脱毛器のデメリットについても書いていきましょう。

効果が得るまで時間はかかる

家庭用脱毛器は肌のケガや火傷などのトラブルをさけるために脱毛サロンと比較をすると光の出力は弱めです。

そのため、脱毛サロンと比較をすると効果を得られるまで時間はかかりますね。

特に産毛などの細い毛はなかなか反応をしてくれないので根気強く繰り返し脱毛をしましょう。

見えない部分の脱毛は難しい

背中やうなじなど見えない部分は思っているよりも大変です。

手の届かないところになると、照射がうまくいかずまばらになってしまったりしますので問題です。

慣れるまでは大変だったという意見が多いです。

肌のケアが面倒

家庭用脱毛器を使ったあとは肌のケアが重要です。

照射中の冷却、照射前後の保湿は欠かせませんので自分でケアをする面倒さはありますね。

家庭用脱毛器ケノンの使い方と導入方法

そんな家庭用脱毛器の導入方法について書いていきましょう。

もし、購入をしたらどうなるのか?どんな風に使っていけばよいのか?と迷ってしまうことも多いので、実際にどんな風に導入をしていくのか書いていきましょう。

なんといっても使い方を守ってこそ効果も得られますので、気を付けるべきポイントもまとめていきますね。

最初は最低レベルからはじめる

仕様前にムダ毛をカットするのですが、できれば1mmほど伸びた状態で使用をするのが効果的です。

そのため、脱毛をするならば前日くらいに処理をしておくとよいですが、除毛クリームや毛抜きなどは肌を痛めることになりますので避けておきましょう。

また、最初に使う場合には照射レベルは最低からいき、慣れてきてから照射レベルを上げると良いです。

その際に同じ場所ばかり照射をしないように気をつけておきましょう。

照射部位を冷やしておくことで痛みを緩和できますで冷やしておき、処理が終わったら10日から2週間くらいは期間をあけて肌をいたわりながらケアをしましょう。

照射時間と回数は守る

家庭用脱毛器は安全性の高い商品です。

しかし、それは説明書通り使った場合のみとなりますので照射時間や回数は書いてある通りに守りましょう。

また。フラッシュ脱毛器の場合は光を直接目で見ると危険ですのでサングラスが付属している場合もありますので目で直接光を見ないようにしてください。

ケアは重要

終わったあとは肌のケアを怠らないようにしましょう。

使用後は肌が熱を持っている状態であるため、クールダウンは忘れないようにしておきます。

また、肌が乾燥をしますので保湿をして肌を保護してあげることも忘れないように気を付けてくださいね。

保湿クリームで保湿する、冷水でのシャワーで熱を取り除くなどのケアが大事。

また「照射後24時間以内に日光にさらさない」「48時間以内に塩素処理したプールに入らない」「24時間以内の温水でのお風呂やサウナを避ける」という点も気を付けるべきですので、予定をみてケノンを使う日を決めておきましょう。

2週間に1回繰り返す

あとは約2週間に一度ケノンをつかって脱毛をしていきましょう。

徐々に毛も減っていきますのでつるつるを実感できるはず。

脱毛の効果を得られたら期間を2週間ではなく4週間など少しずつ期間をあけて継続して使っていきましょう。

家庭脱毛器ケノンのよくある質問と口コミ

ここまで家庭用脱毛器ケノンについて書いてきました。

メリットもデメリットについても書いてきたのですが、実際に購入をするとなったら気になるポイントも多いはず。

それは誰もが思っていることなので、家庭用脱毛器ケノンのよくある質問や口コミついて書いていきます。

家庭用脱毛器ケノンの質問

ではよくある質問について書いていきましょう。

そもそも家庭用脱毛器というものを知らない方も多いので、参考になればと思います。

ケノンで脱毛をすれば永久ですか?

家庭用脱毛器ケノンは永久脱毛ではありません。

そのため、定期的に使用をして脱毛をすることが必要となります。

個人差もありますが、数回照射をすると毛は少しずつ薄くなっていきますのでその後は1週間に一回程度でも十分ですし、かみそりとの併用もありです。

男性のひげにも使えますか?

男性の髭脱毛にも使えます。

最初は髭が濃いままとなりますが、徐々に薄くなっていき照射回数も減っていきます。

効果は本当のあるの?

ケノンは繰り返し使うことができる商品です。

中には夫婦で使っているご家庭もありますが大きなカートリッジが2つあれば十分だと実際に使った人の声があります。

早い方で3か月くらいから明らかに毛が薄くなり処理をする回数が減っていき、男性の髭や胸毛は約半年くらいが目安です。

エステとどちらがよい?

エステと比較をしてみましたが、エステよりも早かったという声は多いです。

また、エステへ行く手間や予約を考えるとケノンを購入して良かったという口コミがあります。

ケノンを使い始めて約6か月が効果を実感しやすい時期だといえますね。

どれくらいの感覚で使うのですか?

ケノンは大体2週間に1回照射をして使うというイメージです。

徐々に毛も生えにくくなりますので、生えにくくなったらあとは3~4週間に1回と使う頻度が減っていきます。

ケノンを3回使ったのですが効果がありません

3回程度では脱毛の効果はまだまだ得られません。

これはエステでも同じで継続して使っていくことで効果を得ることができますので焦らず2週間に1回使っていきましょう。

体質にもよりますが5回から6回くらい使うと効果を実感している人も多いようです。

家庭用脱毛器ケノンのまとめ

家庭用脱毛器は「好きなタイミングで」「好きな場所を」「きれいに脱毛できる」という3拍子がそろっているものとなっていますので非常にメリットがあります。

また、ケノンは初心者でも扱いやすく効果も得られますので忙しいママ、育児でムダ毛処理をしている時間もない方には最適です。

キレイにムダ毛を処理したいけれども、なかなか時間がない。

脱毛サロンへ行きたいけれども、好きな時にいけないのでムダ毛が増える。

そんな悩みを持っている方には家庭用脱毛器は最適です。

ケノン詳細ページへ脱毛と美顔が両方できる!読モ絶賛☆「ケノン」

※期間限定で定価から28%OFF!さらにお得なセットが盛りだくさんとなっています。

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る