冠婚葬祭のマナーや金額に服装などママが知っておくべき意味

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

冠婚葬祭などのお付き合い

赤ちゃんが生まれたら色んな行事や冠婚葬祭など、親戚などの身内や例えば仕事先の目上の人とのお付き合いをする場面は必然的に多くなるかと思います。

そんな時に慌てない様に常識を纏めてみました。

かくいう自分自身も、金品の送り方やいただいた際の対応に自信があるかといえば都度ネットで検索して調べていたりします。

ネットで調べ物をしている方のお役に立てればと思います。

出産祝い

出産祝いをあげるとき、いただくときみなさん、どうされていますか?

ママになって最初に体験するお祝いは出産祝いですね。

いただいた時はもちろん、あげる際のマナーもしっかりと覚えておきましょう。

出産祝いを送る時

出産祝いを送る際は、双方の年齢やお付き合いの度合いによって変わってきます。

隣近所のお付き合いなら3000円、双方の年齢が若い友人ならば5000円、親戚は10000円~20000円といった金額が相場な様子です。

出産祝いは、誕生を祝うものなので生まれる前に渡すのは駄目です。

また、出産後7日以降、1ヶ月以内に渡すようにしましょう。

お祝いの贈物は持参するというのがマナーですが、出産祝いに限ってはママと赤ちゃんの負担を考えて送ってもよいとされています。

訪問する際には、必ず相手の都合を確認するのは言うまでもありませんね。

また、お祝いを送る際には、金品だけではなくお祝いの気持ちを伝えるカードや手紙を添えると良いでしょう。

出産祝いをいただいた時

出産祝いをいただいた際には、まずはお礼を3日以内に伝えるのがマナーです。

またお返しは3週間から1ヶ月を目処に、お返し(内祝い)の目安はいただいた金品の半額~3分の1が目安となります。

贈り物には赤白の蝶結びの水引をかけて「内祝い」と表書きをして、下には赤ちゃんの名前をいれます。

グループからの出産祝いへのお返し

会社などの組織全体からいただいた出産祝いにたいしては特に内祝いは不要なんだそうです。

しかし、同期一同や友人一同として複数の個人からいただいた際には全員にお菓子やハンカチなど全員に対してお礼状を添えてお返ししましょう。

お宮参り

お宮参りは赤ちゃんが生まれたことを氏神様に報告し、無事生まれたことを感謝、神殿の中で神主さんに祝詞をあげてもらいこれからの健康と幸福をお祈りする行事です。

お宮参りの際の初穂料(お礼)が定められていない場合は、遠慮なく「失礼ですがお幾らお包みすれば」と尋ねると良いです。

神社への謝礼は現金を赤白の蝶結びの水引きをかけた熨斗袋に入れます。

のし袋・白封筒の表書きは「御初穂料」「御礼」などと書き下段には赤ちゃんの名前を書きます。

節句祝のお返し

節句祝とは、子どもが生まれて初めて迎える節句のこと。

初節句などと呼びますね。

赤ちゃんの健やかな成長を祝うと共に厄除けを願う行事です。

女の子は桃の節句(3月3日)、男の子は端午の節句(5月5日)にお祝いします。

両親や親戚からお祝いをいただくことも多いでしょうが経済力の無い子供のお祝いに対してはお返しも不要だというのが一般的です。

ただし、食事会に招くなど感謝の気持ちを伝えることは大切です。

お中元とお歳暮

お中元は、お世話になっている人への夏のごあいさつお歳暮は冬のごあいさつですね。

お中元、お歳暮共に贈る時期というのが決まっています。

お中元は、7月初めから7月15日までに贈ります。

7月15日以降になってしまった場合には「暑中御見舞」目上の人に対しては「暑中御伺」とします。

更に立秋を過ぎた場合には「残暑御見舞」「残暑御伺」とします。

お歳暮は12月の初めから20日頃までに贈ります。

ただし、お正月用の生鮮品は30日頃に届くようにしても構いませんが、前もって予告しておくと重複することなく贈ることが出来るでしょう。

また、年内に間に合わない場合には「御年賀」として松の内となる1日~7日に贈るようにしましょう。

結婚祝い

結婚式への招待上が届いたら、1週間以内に返事をするのがマナーです。

結婚祝を現金で贈る場合にはのし付きの祝儀袋を用意し水引は結び切りの「あわじ結び」などを使いましょう。

今は、結婚式用の豪華な祝儀袋が売られているので難しく考えなくても大丈夫ですね。

ご祝儀の目安は、親族で3万円~10万円。

一般的には2万円~3万円が相場です。

結婚式を欠席する場合も結婚祝いを贈りますが、その際には出席する場合の3分の1から半額を包みます。

祝電などお祝いの気持ちを伝えるとなお喜ばれるかと思います。

結婚祝いは品物を贈っても現金と品物の両方を贈っても構いません。

お香典

訃報の知らせを貰った際には、親しい間柄であるほど、お通夜と葬儀に参列することは礼を尽くせます。

葬儀は故人との最後のお別れになるのでよほどのことが無い限り参列するべきです。

お香典は、親族で1万~10万、一般的には3000円~1万円というのが目安となります。

お香典を入れる袋を不祝儀袋と言いますが、

仏式では双銀の水引きのかかった不祝儀袋は1万円以上、白黒の水引きは5000円前後水引きが印刷されたものあ3000円以下、とされています。

また、相手の宗旨が判らない際には特に水引きは双銀で蓮の絵が入っていない袋を使って宗教を問わない「御霊前」と表書きしましょう。

まとめ

如何でしょうか?

ママさんの冠婚葬祭のお金とマナーのについて書いてきました。

日本にはこんないろいろな文化があるのですが、実際には知らないことも多いですし、特にお金にことになるとわからないことも多いですよね。

そんなときにはこの記事が参考になれば幸いです。

関連記事ポチ袋選びは心を掴めるものを選ぼう!書き方とマナーも紹介

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

kaoruライター

投稿者プロフィール

保育士ライフのライターをしているkaoruです。
1歳と5歳の男の子の二児の母で料理とダイソーをこよなく愛する30代!

子育てって大変なのですが、みんなやっぱり子供が好き!そんな好きのお役に立てるような記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る