引越しの挨拶のいつどこまで?範囲とおすすめの手土産5選

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

引越しをするというのはあまり人生でも経験をすることはありませんが、旦那さんの急な転勤や結婚を機に、赤ちゃんが生まれたタイミングで家を引っ越しするケースもあるでしょう。

また旦那さんの転勤などで急に引っ越しが決まるケースもありますがそんな時に大事にしたいことが「引っ越しの挨拶」です。

もちろん新興住宅など周りも人も同じ時期に引越しをしてきたのならばそこまで挨拶へ行かなくてもよいかもしれませんが、基本的は先に住んでいる人がいる家や部屋に引越しをすることになりますので丁寧にしたいもの。

そこでここでは引っ越しの挨拶の範囲や喜ばれる手土産について書いていきます。

引越しが決まったらぜひ読んでください。



引越しの挨拶へ行く意味

引越しといえば挨拶をしに行くことは定番となっているのですが、そもそもなぜ引っ越しをしたら挨拶に行くのでしょうか?

これはマナーであり人間関係を円滑にしていくための方法だといえます。

もちろん挨拶と言っても実は2つの意味があり、1つ目は今まで住んでいたところ挨拶へ行くというもの。

そして2つ目はこれから新しく住む場所へ挨拶へ行くことになります。

住んでいたところで挨拶をするのは「これまで住んでいたところでお世話になった方々に感謝の気持ちを表す。」

これから住む場所では、「これから住むご近所に「よろしくお願いします」という気持ちを込めて自己紹介の挨拶をする。」

こんな風な意味が込められています。

地域に受け入れてもらう

また、挨拶をすることで地域に受け入れてもらうということはとても大事なことで、挨拶をして受け入れてもらうことが大事です。

最近は引っ越しをしても挨拶をしない世代もいるようですが、そこに住むとなった場合にはいろいろな人と顔を合わせるということになりますのできちんと挨拶をしておきましょう。

ご近所の人間関係はとても大事で、時にはトラブルになり大変なことになってしまうこともありますので最初は面倒でも手間でも挨拶はしておくべきですね。

今まで住んでいた家の近隣に引っ越しをするのならばよいのですが、転勤などで家族の誰も知らない地域へ引っ越しとなるとわからないことも多くありますし、ローカルルール、地域のルールなどいろいろとあるでしょう。

わからないことがあったらご近所の誰かに聞けるようにしておくためにも挨拶はしっかりとしておくべきですね。

引越しの挨拶の範囲

引っ越しへ挨拶に行くことは大事なことがお分かりいただけたと思いますが、次に大事なことは「挨拶へ行く範囲」です。

いったいどこまで挨拶へ行けばよいものなのか?失礼に当たらないのか?というのは住む地域によっても異なりますし、難しいものっですので引っ越しの挨拶を紹介していきましょう。

挨拶は人によって異なる

引っ越しといってもいろいろなタイプの引っ越しがあります。

例えば、

・進学や就職のために一人暮らしを始める。

・家族で家を購入したので引っ越しをする。

・仕事の転勤が決まったため引っ越しをする。

こんな風に引っ越しをする事情もあるので挨拶へ行くということだけでも人によって様々というのは正直なところです。

そこで気になったことが、最近の方たちは引っ越しをした際に挨拶へ行っているのかという点ですので調べてみました。

すると、単身赴任の方は自分から挨拶へ行くということはあまりないという意見は多いですが、家族が住むファミリータイプのマンションや一軒家になると挨拶をしているという意見が多いです。

しかし、引っ越しをしてきたのは周りの人も雰囲気として感じているのですがそのままにされているとなんとなく気持ちが悪いものなので単身赴任でも挨拶をしておく方が無難と言えるでしょう。

ただし、女性の一人暮らしに関しては一人で挨拶へ行かない方がよいケースもありますので書いておきます。

女性の一人暮らしの挨拶は危険

一人暮らしの女性の場合は挨拶へ行かない方がよいといわれる場合もあります。

もちろん引っ越しをしてきたので隣人との関係は大事なのですが、一人暮らしとわかると悪いことをしようと考える男性もいることから避ける人も多く考えられます。

物騒な時代なので後からストーカーや盗撮などの防犯のリスクが高まる可能性が高くなることから一人暮らしの女性専用のマンションではない限りは避けておく方がよいでしょう。

ただし、住民にも悪い人ばかりではなく親切な人もいますし、お互い挨拶をしておくことで何かあった時にも助け合いができるという利点があったり時にはものすごく仲良くなるケースも考えられます。

挨拶をするか?しないか?迷ったら以下の点を確認しておきましょう。

挨拶の前に調査をすべき

女性の一人暮らしとは悟られないようにしながらまずは調査をしてから挨拶へいきましょう。

調査といっても自分で住んでいる人を調べることはできないので「大家に確認をする」「不動産会社に確認をする」という管理をしている人へ確認をすると良いでしょう。

ただし、それでも不安はつきものですので挨拶へいくのならば「家族に誰かと一緒に挨拶へいく」「ポストへ手紙や簡単な品物を入れて挨拶をすます」という方法が無難かもしれません。

女性の一人暮らしの場合はどうしてもリスクが高まりますので自らが防犯の意識を持たなければなりません。

引っ越しをする先の選択肢として安全面を意識しておき「オートロックのマンションへ入居をする」「洗濯ものに男性の下着などを混ぜておく」など女性ならではの防犯対策を取っておく方が安全でしょう。

挨拶の範囲

でも、やはり近所づきあいは大事にしておきたいので挨拶へ行こうと思っている方もいると思います。

そこで、どこまで挨拶へ行きべきなのかを紹介したいと思います。

ただし挨拶は住む家によってもことなりますのでここでは一軒家とマンションの2つのケースについて書いていきましょう。

一軒家の場合

一軒家の場合は昔から「向こう三軒両隣」といわれています。

そのため、自分の自宅と接している家には挨拶へ行くとおもっておくとわかりやすいです。

こちらに表をつかって挨拶へ行く範囲を書いていますので参考にしてください。

【一軒家を上から見た場合】

×
挨拶挨拶挨拶
挨拶あなたの家挨拶
挨拶挨拶挨拶

こんな感じで一軒家の場合はあなたの家と接している(道路を挟んでいても)家にはすべて挨拶へいき、できれば家族全員で挨拶へ行くと良いでしょう。

また、その際には町内会関係のことも聞いておき自治会長さんやその地域の班長さんなどへは離れていても挨拶へ行っておくほうが良いです。

一軒家の場合は自治会への加入や挨拶が当たり前という風習が残っている地域も多いためその場合は自治会へも挨拶へいき加入の方法も確認をしておきましょう。

私も一軒家ですが、基本的に自治会で行動をすることが多く地域のつながりは災害時にも必要なことになりえます。

また、その際に話しやすそうな人は「ごみの捨て方のルール」など生活をしていく中で大事なポイントについては確認をしておくとよいでしょう。

マンションの場合

マンションの場合は自分の部屋から見て上下左右の部屋へ挨拶に行くことになります。

同じ階の隣の人は行くべきですが、もう1つ隣は挨拶はどちらでも構いません。基本は「上下左右」となっています。

【正面からマンションをみた状態】

上へ挨拶
どちらでも挨拶あなたの家挨拶どちらでも
下へ挨拶
×

左右の隣は、顔を普段から合わすことも多くなるため挨拶をしておきますし、上の人には「下の階へ引っ越しをしてきましたので生活音に気を付けてお願いします」という意味をこめています。

その反対に下の住民の人へはその逆となり「生活音は配慮をしますが迷惑をかけたらごめんなさい」とい意味をこめて挨拶へ行きます。

挨拶をしたい相手がいない場合

挨拶をする際に難しいことがあります。

それは挨拶をする相手を捕まえることです。

ファミリーならば日中は奥さんを捕まえることができますが、夫婦だけだと仕事へ行ってて帰りが遅い、学生なのでアルバイトで夜中まで帰ってこない、夜のお仕事をしているので日中はいないなど人によって生活サイクルはバラバラです。

しかし、第一印象は重要な要素となっていることから、服装や時間にも気をつけなければなりませんし気を使いますよね。

どうしても相手がつかまらない場合には手紙と手土産をポストやドアノブにかけておき、お会いしたときに挨拶をしておけば問題はないでしょう。

大家へ挨拶にはいくの?

基本は挨拶にはいきません。

しかし、賃貸物件などで大家が近隣に住んでいる場合には一言挨拶へ行っても良いですし、引っ越し日にごみの収集日や集荷場所の用紙を持ってきてくれる場合もありますのでその際に挨拶をしておきましょう。

他にも自治会の人もいます。

挨拶はいつ?タイミングと時間帯

引っ越しのあいさつのタイミングですが、基本的には当日の引っ越しがひと段落した段階で行くのが一番よいです。

引っ越しの当日に荷物で道をふさいだり、荷物で通路を防ぐ可能性が高い場合には近所に迷惑をかけることとなりますので、迷惑をかける前に行く方がベターでしょう。

引っ越しの挨拶としては簡潔に以下の3点を抑えましょう。

・名前

・いつ、どこに(引っ越す日と住所)

・引っ越しで迷惑をかけたことの一言とこれからよろしくお願いしますの挨拶

あとは雑談になれば相手に良い印象が伝わるようにしておくとよいですね。

→ コミュニケーション能力を高めると職場の人間関係もうまくいく

時間帯はいつがよい

時間帯の基本は常識的な範囲といわれてます。

ただし、引っ越しに時間がかかってしまう場合などもありますのでその際には途中で「ご迷惑おかけしています」と謝罪の意味と自己紹介の意味をこめて挨拶へ行ってもよいです。

おすすめの時間帯は平日の10時~16時くらいでご飯時は避けておく方がよいでしょう。

特に気を付けたいのは夜の時間帯で20時を超える場合には別日にしておくなどの対応も必要です。

一人暮らしだと急にインターホンが鳴ると不安になり出てきてくれない可能性もあることから明るい時間帯に挨拶へいきましょう。

新築する場合は先に挨拶

ただし、引っ越しの挨拶へいくタイミングでも先に言っておきたいケースがあります。

それは、新築をして家を建てる場合です。

新築となると土地から家を建てることになることから工事で騒音があったりとかなりのストレスになることが予想をされます。

そのため挨拶へいき「ご迷惑をおかけします」と声をかけておくと後々のトラブルもさけられるでしょう。

家が建ったらそこへ引っ越しをすることになりますので、建てる前からキチンを挨拶をしておくとよいでしょう。

引越しの挨拶の手土産5選とのしの付け方

引っ越しの挨拶の際に必ず必要なのはご挨拶の手土産になります。

手土産といっても「名前を覚えてもらう」ためのものでそこまで高価なものを渡す必要はありません。

値段も安価なもので大丈夫で、引越しの挨拶の品物の相場は500~1000円程度といわれていますのでその範囲で渡しましょう。

「安いものでは失礼」と高い品物を渡す方もいるのですが、初対面の人に高い品物を渡すのは気を使わせてしまう可能性もありますので逆に失礼になります。

そのため、相場程度で喜ばれる手土産を渡すと良いでしょう。

挨拶におすすめの手土産5選

挨拶へ行く際に手土産ですが、価格帯もそこまで高くないことから品物を選ぶのはなかなか難しいです。

しかし、相手に喜ばれる手土産はいろいろとありますので紹介をしていきましょう。

おすすめの手土産は以下の通り。

1,お菓子

2,洗剤(好みがわかれる)

3,タオル

4,食べ物

5,お茶

この辺りは挨拶で渡しても無難といえますし、生活用品であるサランラップやティッシュなどを渡している方も多くすぐに使えるものが喜ばれます。

のしの付け方

のしは必ずつける必要があるのですが、引っ越しの場合は外のしになります。

のしには内のしと外のしの2種類がありますが品物を包装紙で包み、その上からのしをかけることで引っ越しをしてきた人の名前がわかります。

旧家の場合には表書きで名前と「御礼」もしくは「粗品」と入れましょう。

新居のあいさつの場合は名前と「御挨拶」と入れるようにしてください。

引越しの挨拶の品物はどこで買う?

引っ越しの挨拶の品物はいろいろな場所で購入ができますが、多くの人が購入をしているのは以下の場所。

・百貨店

・大型スーパー

・ドラッグストア

・ネットの通販サイト

購入をするものによっても異なりますが、ネットの場合だけは購入にまで時間がかかりますので百貨店や大型のショッピングモールであるイオンやエキスポシティへ行った際に最適なものを選んではいかがでしょうか?

※品物について詳しくかく

引越し料金を安くする方法

ここまで挨拶について書いてきましたが、挨拶のことをいろいろと調べているうちに引っ越しを安く済ませる方法があったので紹介をします。

引っ越し料金を安く済ませる基本は複数の見積もりをとることです。

中には見積もりが面倒くさくてすぐに決めてしまう人もいるのですが安くするコツは最初の1件で引っ越しを決めないことです。

その理由は最初の一件目というのは一番高い料金の引っ越しになるからですね。

引っ越し会社できるだけ引っ越しの数をとりたいと思っていますし、できるだけ高い金額でやりたいと思っているのは正直なところです。

そのため、単身パックや家族のパックなどで複数社で見積もりをとってみましょう。

大手の引越し業者で相見積もりをしよう

絶対にすべきは相見積もりです。

例えばアート引越センター、サカイ引越センター、日通の引越しなど3社程度比較をするとその時期の相場とだいたいの概算がわかってきますので一番安いところにお願いをすると一番安い業者がわかります。

しかし、時間がなくて3件の面倒と思う方もいるでしょう。

そんなときには引っ越しの一括査定サイトを使って10件くらいのあなたの地域にある引っ越し業者の見積もりをすぐにとることができる便利な方法もあります。

簡単な入力で引越しの見積りが最大10社から届きます!!

他にも引っ越し侍などもありますが、こちらの引っ越し価格ガイドの方が割引が付いているのでお得ですしもちろん利用は無料です。

安くなる時期をねらう

あとは、引越しをする時期を繁忙期からズラすことで安くなります。

引っ越しの最も混雑をする時期は3~4月にかけてとなっており、進学や就職により新生活のため引っ越しをする方も多くなっていることから料金は最も高い時期です。

しかしその反面、閑散期を呼ばれる時期もあり2月、8月などは引っ越しをする人も少ないことから料金も安くなります。

そのため、引っ越し時期が忙しい繁忙期ならばすこしズラすと安く、早くしてもらえるメリットがありますのでおすすめです。

特に進学や就職などで4月には絶対にいなければならないという場合には、2月の末くらいから家を借りておき荷物だけでも運んでしまうと良いでしょう。

また、私も引っ越しをする際に日程を平日、時間が引っ越し業者のお任せなど引越し業者にメリットのあるように交渉をすることで一気に価格が下がりましたので時間や日程に余裕がある人は引っ越し業者主導で決めさせるというのも一つの方法です。

相場はいくら?

引っ越し料金の相場ですが、通常期だと以下の料金が相場です。

・単身(一人暮らし)の場合は「約27,000円

・家族の場合は「約54,000円

時期と引っ越しをする人数に伴う荷物の量でだいたいの費用が決まるのですが、あともう1つ料金に上乗せをされるものがあります。

それは距離です。

引っ越しをする際に同都道府県内なのか?それとも遠方の地方なのかによって引っ越しの料金は大きく異なりますので距離も含めて複数の業者で見積もりを依頼してみましょう。

引越しの挨拶のまとめ

引越しの挨拶から手土産、安くする方法について書いてきました。

春になると引越しをする方も多くなり、新たな出会いと別れが訪れますが新しい土地へ行くときに大事なことは挨拶をキチンをすること。

それも範囲も守って、失礼のないタイミングでうかがうことです。

最初の挨拶はとても重要となりますので丁寧にきちんと挨拶へ行き地域に受け入れてもらうようにしてくださいね。

スポンサードリンク

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る