サンタクロースから手紙をもらう方法を紹介!住所はどこなの?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

クリスマスといえばサンタクロース

クリスマスの時期になると町は華やかになり、ツリーが登場をして年末へ向けた楽しいひと時が訪れます。

もちろん仕事で忙しくなりますのでバタバタとしてしまいますが、個人的にもこの時期は好きです。

そんなクリスマスのマスコットといえばサンタクロースですよね。

昔から子供たちに愛されており、トナカイにのって子供たちにおもちゃを与えてくれるやさしいおじいさん。

本名はサンタクロースニコラウスというのですが、特徴は赤い服に白いひげがトレードマークです。

そんなサンタクロースから実は手紙をもらうことができるのをご存知でしょうか?

私も娘たちにサプライズで何かできないかと思っていたところたまたま見つけた情報になります。

そこで夢のサンタクロースから手紙をもらう方法について書いていきましょう。

サンタクロースから手紙をもらう方法

サンタクロースといえばプレゼントをくれる優しいサンタさんというイメージなのですが、ほしいものを手紙にして子供が贈るというのも考えられています。

そんなサンタクロースからの手紙について紹介をしていきますので、今年はサプライズで用意をしてみてはいかがでしょうか?

サンタレター協会

サンタレター協会は手紙を兄弟や姉妹に合わせて別々の文章で手紙を出してくれるとても配慮をされている協会です。

受け取る子供の名前もこちらからお願いをすると親密な感じで呼びかけるような内容にしてくれるのでまるでサンタが本当に書いてくれたかのような内容で手紙をおくってくれます。

世界に1枚しかない手紙の書き方となるのもうれしい点ですね。

そんな手紙になりますが、日本語がもちろん英文も可能となっておりリアルなやり取りができますし、サンタクロースにちなんだシールも入っているが楽しみになります。

実際にサンタクロースが住んでいるフィンランドから配達をしてくれるのでそれも楽しみの1つといえますね。

郵送は12月11日ころにはするため早めに申し込みをしなければ自宅へ届く日は遅くなってしまうかもしれませんのでご注意を。

文章は子供向けには年令別に25個、大人向け8個が用意をされており幼稚園児以下の子供にはかなもつけてくれます。

費用は1100円~1400円になりますの気軽に申し込みをしてみましょう。

サンタレター協会(公式ページへ)

サンタクロース大使館

次のこちらのサンタクロース大使館になります。

サンタクロース大使館は「サンタクロースからの手紙」という内容でおこなっており、毎年封筒と便せんのデザインが異なるという点でがとても待ち遠しいサービスとなっています。

幼児用、子供用、一般用と3種類の文章を日本語と英語の表記から選ぶことが可能となっていますのでサンタクロースからのリアリティを求めるならば英語表記の方がよいでしょう。

サンタクロースの手紙とは、

・フィンランド・旧ラップランド州公認で、クリスマスまでに、メッセージが届きます。

・大切な方のお名前が手紙に表記されます。

・人気作家によるサンタクロースの温かいイラストが描かれてます。

・手紙の内容は、幼児向け(ひらがな)、子供向け(簡単な漢字)、一般向けと選べます。

・送り主から「60文字以内のメッセージ」も記載できます。

・フィンランド郵政発行のクリスマス切手には、サンタクロースポステージオフィースコルヴァトゥントゥリ の特別な消印が押されます。

・毎年楽しみの「おまけ」もついてきます。

(引用:サンタクロース大使館「サンタクロースの手紙とは?」)

ちなみに自由なメッセージも60文字までは対応可能となっていますし、10月中に申し込みをすると早割制度というものもあります。

手紙にはサンタからの手紙も入っていますので届くのが楽しみです。

費用は1500円(税込)となります。

サンタクロース大使館(公式ページへ)

サンタクロース村

続いてはこちらのサンタクロース村になります。

サンタクロース村はフィンランドのサンタクロース村から送られてくる手紙です。

注文は12月3日までとなっておりサンタクロース村郵便局から郵送をされるものとなっていますね。

またEMS便ならばメール便にて発送となりますので12月18日までならば対応可能です。

手紙にはいろいろな種類があり、スタンダードタイプ、動画カード付タイプ、サマーカード付タイプから選ぶことが可能です。

どのカードでもひらがなのみ、漢字かなまじり、英語など書かれる文字を選択できるので小さな子供から大人までサンタクロースの手紙を楽しむことができます。

手紙の他にもグッズも販売をしていますし、サンタさんからの贈り物セットというものがあったりといろいろなものがそろっていますので大人も楽しいサンタクロース村のサイトといえます。

手紙の費用は1550円~2950円となっていますのでお値段は高めとなっています。

サンタクロース村(公式ページへ)

サンタクロース協会

こちらもサンタクロースの住んでいる世界的にも有名なフィンランド郵便局から届くと人気です。

このサンタクロース協会は例年デザインも変わっており、手紙を受け取る人の名前で文章が始まり、30文字以内でオリジナルメッセージが送れる点も魅力です。

手紙は受取人の名前の呼びかけから始まりますし、メッセージを自由に入れられますので子供や恋人などに伝えたいメッセージを入れると良いでしょう。

サンタクロースの手紙の中にはサンタクロースへ返信可能なハガキが同封をされており、そのハガキを送ると夏にサンタから返事がくるという手紙のやりとりも楽しめる内容になっていますね。

ここはサンタクロース中央郵便局の消印付きで郵送をされてくるという点でも魅力なので本場のクリスマス気分を味わいたいならば最適ですね。

費用は1600円(税込み)です。

サンタクロース協会(公式ページへ)

まとめ

クリスマスの時期になると本当に楽しい雰囲気になるので子供と大人もついつい浮かれてしまいます。

プレゼント交換はもちろん、家族、恋人、子供達と一緒にと大切な人たちと過ごせるとても大事な時期です。

そんなクリスマスに花を添える意味でこちらのサンタクロースの手紙はかなり人気となっていますのでおすすめですよ。

プレゼントも大事ですが、本当のサンタクロースから手紙が来たら子供は喜ぶこと間違いなしなのでサプライズの意味も込めて手紙のやり取りをしてみましょう。

サンタクロースの追跡

追跡をしっていますか?

「サンタクロースを追跡するの?」と私も驚いたのですが、実はクリスマスの時期になるとGoogleが提供をしているとてもかわいいサンタクロースのためのサイトがあるのです。

これの名前がサンタクロースの追跡という名前ですね。

私もクリスマスの時期になるとついつい見てしまうのですがなんかこの時期にだけ楽しめるサイトなのでせっかくなので子供と楽しんでみてください。

→https://santatracker.google.com/intl/ja/village.html

Googleが提供をしている可愛いサンタのイラストがありますのでぜひ楽しんでみましょう。

他にもサンタの道順がわかるNORAD(ノーラッド)というものがあります。

これはアメリカ軍・カナダ軍が共同運営する、「北アメリカ航空宇宙防衛司令部」のことで、実は60年以上も毎年サンタクロースの追跡を行っているので結構楽しますので一度ご覧ください。

→http://www.noradsanta.org/

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る