初節句は男の子と女の子で異なる行事!いつお祝いと食事をするのか?



赤ちゃんのお祝い事 初節句

赤ちゃんが生まれるといろいろな行事があります。

お七夜から始まり、お宮参り、お食い初めなど赤ちゃんが生まれてから1歳までにする行事はいろいろとあり本当に多いなというのが正直な印象ですね。

私も娘が小学生に2人ともなっているので正直どんなことをしたのか覚えておらず、写真や妻にも聞きながら思い出しているのですがこれは絶対にしておきたい行事があります。

それは「初節句」です。

初節句とは男の子と女の子でお祝いをする日もことなりますし、お祝いの方法や飾るものもことなりますので初節句について書いていきたいと思います。

初節句とは?いつやるの?

そもそも初節句を説明できますか?

実はこの行事はとても説明が簡単で男の子は男の子は端午の節句の日(5月5日)女の子は桃の節句の日(3月3日)が初節句の日にちになっています。

(※男の子は子供の日、女の子はおひな祭りと言われることもあります)

この節句の日を生まれて初めて迎えることを「初節句」と呼んでいますね。

ただし、出産日時はあまりにも近い、ママの体調や赤ちゃんの体調が思わしくないなど家庭の事情によっては翌年に繰り越すこともあるようです。

これはパパママはもちろんのこと祖父母もよく知っている行事なのですが、なぜこの日にお祝いをするのかをしっていますか?

初節句をしなければならないことは知っている人も多いのですが、「なぜ?」「どんな理由で?」といわれると難しいので由来や節句を祝う理由について書いていきましょう。

節句とは?歴史と由来について

実はこの節句といういい方になります。

節句について知っておくと、初節句の意味や目的がわかるようになりますので紹介をしていきましょう。

節句とは「季節の節目に邪気をはらう行事」です。

これは中国の陰陽五行説に由来して定着をした日本の暦における伝統的な年中行事となっており季節の節目という日から「節句(せっく)」と呼ばれています。

古くは「節日(せつにち)」なんて呼ばれることもありました。

古くの日本では宮廷で節句のたびに宴会が行われており、節句を迎えられたこと。

つまり季節の代わりを喜んだとされています。

そこから江戸時代に幕府が公的な行事の人して祝日にしたことが始まりとされていますね。

五節句の概要

そんな節句に日に食事をするのですが、その料理のことを節句料理と言っておりその名残から今でも初節句に限らず節句の日には食事を楽しもうという風習が残っているをされています。

そんな中国からきた五節句についてまとめておきますので参考にして下さい。

漢名日付和名節句料理
人日(じんじつ)1月7日七草の節句七草粥。
上巳(じょうし)3月3日桃の節句・雛祭菱餅や白酒など
端午(たんご)5月5日菖蒲の節句菖蒲酒や菖蒲湯の習俗あり。

関東では柏餅、中国や関西ではちまき

七夕(しちせき)7月7日七夕(たなばた)裁縫の上達を願い素麺が食される。
重陽(ちょうよう)9月9日菊の節句菊を浮かべた酒など)。

ちなみに新暦では3月3日、5月5日、7月7日は同じ曜日とされています。

初節句をお祝いする理由と意味

そんな初節句ですが、季節の変わり目を祝うということはお分かりいただけたと思いますね。

では、次にさらに的に端午の節句と、桃の節句を祝う理由や意味についても書いていきましょう。

端午の節句をお祝いする理由

まずは男の子の初節句である端午の節句について書いていきましょう。

端午とはもともと5月のはじめの「午(うし)」の日のことでした。

それを「午」の音が同じことから「五」の音が同じことから5月5日が端午の日となったのです。

節句は中国から来たと先ほど書きましたが、5月の節句は厄払いの行事とされていたことから5月5日が厄払いを行う日として定着を下とされています。

5月5日といえば菖蒲(しょうぶ)ですね。

菖蒲は古来から薬草としてとらえられているのですが、「邪気をはらう」と考えられていることから菖蒲が「武士を尊ぶ」という意味の尚武(しょうぶ)と言葉の意味が同じであったことから鎌倉時代の武家では5月5日に尚武の節句としして祝うようになりました。

それが江戸時代以降は庶民に広がり男の子の成長を祝う日と家は「5月5日の子供の日」となっていったのです。

鎧や兜を飾る意味

子供の日といえば菖蒲湯ですが、ほかにも鎧や兜を飾るというのが定番となっています。

これは武家の社会から生まれた風習となっており、身の安全を願って神社にお参りをするときに鎧や兜を奉納するしきたりがあったことから由来をされています。

鎧や兜は「戦の道具」と思われがちなのですが、武士にとっては自分の身を護る大切な道具であります。

そんな武士にとってはシンボルであった鎧や兜ですが、身を護るということから連想をされており現在では「交通事故や病気から子供の身を護る」という願いを込めて飾っているのです。

こいのぼりを飾る意味

端午の節句といえば鯉のぼりになるのですが、鯉のぼりは江戸時代に町人階層から生まれた節句の祝い方だといわれています。

鯉は清流はもちろんなのですが、池でも沼でも生息することができる非常に生命力の強い魚なのです。

その鯉が急流をさかのぼり、竜門と呼ばれる滝を登るという中国の伝説にちなんで子供がどんな環境にも負けない、耐えて立派な人になるようにという意味を込めて飾っています。

柏餅と粽を食べる意味

そしてもう一つの定番と言えば「柏餅」や「粽(ちまき)」になります。

これはどちらでも良いのかといわれると実が違い、地域によって異なっています。

関東では柏餅で、関西では粽を食べるのが主流となっていますので覚えておきましょう。

柏餅を食べる理由は柏の葉は枯れ葉になっても新芽が吹くまでは落ちずにとどまることから木の神様に守られているといわれています。

そのことから「子が生まれるまで子は生きる」「子孫繁栄」「家系が途絶えず続く」と言われている縁起の良いものなので柏餅を食べる風習が広がったのです。

桃の節句をお祝いする理由

男の子の端午の節句に続いては女の子の桃の節句についても書いていきましょう。

3月3日を桃の節句と呼ぶのは旧暦の3月3日は桃の咲く季節であったことからだと言われています。

元々は桃の節句は上巳(じょうし)の節句と呼ばれていました。

上巳とは3月のはじめのことで巳の日とされており、邪気に見舞われやすい日だとされていたそうです。

そのため平安時代の人々はこの日に薬草をつんで厄払いをしていました。

貴族は厄が自分に降りかかることを避けるために災いを人形(ひとがた)や形代(かたしろ)とよぶ草木や紙、わらでつくった素朴な人形に自分の災厄をうつして海や川に流す流し雛を行っていたとされています。

そこから平安時代にはじまるお人形遊びであるひいな遊びなどから結びつき、ひな人形になりました。

さらに室町時代には3月3日に定まり人形も紙人形からひな人形へと変わり、今のような女の子の厄除けと成長を祈る行事になったと考えられています。

ひな人形を飾るのはどうして?

ひな人形には生まれた子供は健やかで優しい子供に育つようにという親の願いが込められています。

ひな人形は歴史の中で災いをかぶってくれる形代と同じような役割を持っており、娘に災いがふりかかりませんようにしてください。

また、美しく成長してよい結婚に恵まれ、人生の幸福を得られますようにという願いを込めて飾るといわれていますね。

菱餅を食べる意味

桃の節句と言えばひな人形はもちろんなのですが、他にも菱餅を食べるというのも定番となっていますね。

菱餅を食べる理由もいろいろとあります。

菱餅は主に3つの色からできているお餅のことで、上から桃色、白色、緑色に積み重ねたお餅のことを言いますね。

実はこの色に意味がありますので紹介をしていきましょう。

・桃色・・・魔よけの色、神様が喜ぶ色

・白色・・・子孫繁栄。子沢山に恵まれますように。

・緑色・・・健康に育ちますように。元気に立派な大人になってくれますように。

このような意味をもっていることからひな人形の横に飾るのです。

白酒を飲む意味

白酒ではなく甘酒では?なんていわれるのですが、昔は本当にアルコールの入っているお酒だったといわれています。

しかし、子供の健やかな成長を祝う桃の節句にどうして白酒を飲むのでしょうか?

これには諸説があるのでいくつか紹介をしていきましょう。

・大蛇をお腹の中に宿ってしまった女性が3月3日に白酒を飲んだら流産できて助かった。

・そこから女性が厄払いの意味をこめて白酒を飲むようになった。

・桃の節句にだけ白酒が売りに出されるようになった。

こんな風に元々は子供むけではなく、大人の女性も桃の節句に儀式として参加をしていたことから白酒を飲むのが始まったといわれています。

お祝いの方法と作法

そんなお祝いの方法と作法について書いていきましょう。

お祝いの方法は主に3つに分かれており、「飾る」「料理」「写真・お参り」となりますので紹介をしていきましょう。

飾りと選び方 相場

まず、初節句を迎えられたことを喜ぶという意味と、子供の健やかな成長を祝うという意味も込めて以下のものを飾りましょう。

男の子:兜もしくは鎧、鯉のぼり

女の子:ひな人形

意味が込めれた大事なものなので必ず飾るようにしたいものですね。

五月人形の選び方と相場

五月人形と呼ばれる鎧もしくは兜なのですが、ケースに入っているタイプ、台に乗せて飾るタイプなどざまざまです。

女の子のお雛飾りのように7段など大きなものはありませんので、男の子方が値段も安め。

それでも1万円~30万円程度のものがありますので予算と家に飾れる大きさをみて比較をするようにしましょう。

ただし、男の子はこの飾り以外にも鯉のぼりも必要となります。

鯉のぼりの選び方と相場

鯉のぼりも最近は各家庭によってことなることからサイズは豊富にそろっており、お値段もリーズナブルなものから高いものまで様々です。

もし購入となったら飾る場所と大きさには注意をする必要がありますね。

外に飾るとなったらしばらくは飾ることになるので耐久性なども考慮しなければなりません。

最近はマンションが多いため小さめのサイズが人気で相場は2万円~100万円と料金は非常に幅広いといわれています。

ひな人形の選び方と相場

最近はさすがに何段飾りを飾る家は少なくなっており、多くの家庭ではお雛様とお内裏様の2体だけ。

もしくは3段飾り程度にする方が多いですね。

昔の日本の家は大きく7段飾りも飾っていたのですが、今はそこまで広い家はすくないためコンパクトさが人気となっていますね。

御雛人形の相場は1万円~100万円と人形の材質や見た目などによって大きく異なりますので予算を決めてそれに見合うものを購入すればよいです。

見た目とサイズで選ぶ方が多いようですね。

料理と食べるもの

初節句だけは両親だけではなく、両の祖父母も集まるケースが多くそこでみんなで赤ちゃんの健やかな成長を祝うことが多いですね。

初節句以降は各家庭でママとパパだけ。

大きくなってくると友達と一緒にパーティーをしたりするようです。

家族で集まった際にはみんなでお寿司やちょっと豪華な食事。

また、お店に食べに行ったりすることもあるので各家庭の考えと祖父母と相談をしてきめましょう。

中には初節句を食事会と合わせてホテルやレストランで行う人も多いですが、赤ちゃんがまだまだ小さいことから自宅で食事をする人が多いです。

端午の節句の料理と食べ物

柏餅、もしくは粽(ちまき)はもちろんです。

他にも願いを込めて出世魚であるブリ、勝つ男とかけて「カツオ」、まっすぐと伸びてほしいといういみから「たけのこ」などをたべます。

祝いの席ということもありますので赤飯やケーキ、子供の好きな食べ物を食べる風習があるようですね。

桃の節句の料理と食べ物

桃の節句の食べ物といえばひなあられ。

カラフルでかわいいおかきなのですが、最近はチョコレートでコーティングをされたものもありますのでそちらも人気。

他にはちらし寿司やハマグリのお吸い物、ケーキや子供の好きなものが多いですね。

写真撮影とお参り

最近は初節句を記念に写真スタジオへ行く方も多いです。

写真スタジオも節句の時期には写真の飾りとしてお雛様や鎧、兜を用意しているケースも多いです。

記念という意味で家族写真をする方も多いですね。

また、地方によっては神社へお参りにいったり、子供だけ集まる会などが開かれることもあります。

初節句のマナー

初節句についてはだいぶとわかっていただけたと思います。

最後に初節句のマナーについてもしっておきましょう。

飾る時期や片付ける時期など実はこまかなルールもいろいろとありますので知っておきたいですよね。

もちろんマナーについては地域によっても異なりますので、最初は祖父母にも確認をしておきましょう。

飾りは誰が用意をするのか?

気になることは初節句なので、もちろん鎧や兜、ひな人形などの飾りは家にはありません。

そのため、購入をする必要があるのですがこれは誰が購入をするのでしょうか?

これは地域によっても異なるのですが、初節句の飾りは母方の祖父母が贈るのが基本的な習わしとなっています。

あくまでも習わしであり、最近はママやパパが自分で購入をすることもありますし祖父母が折半をして購入をするケースも多いですね。

男の子だと父方は鎧や兜、母方はこいのぼりと分けることもありますのできちんと相談をしておきましょう。

いつからいつまで飾るのか?

飾りを出す時期に関してはいろいろな意見があるのですが、厳密には決まっていません。

しかし、目安はありますので書いていきましょう。

男の子の飾る時期

男の子の飾りはメインが5月5日となっています。

そのため、女の子の桃の節句と同様に少し早めに飾ると良いでしょう。

鎧兜や鯉のぼりは春のお彼岸(3月20日ごろ)を過ぎれば飾っても良いとされています。

最近は4月の上旬から中旬くらいには鯉のぼりを飾っている家も多いので時期としてはそれくらいになりますね。

片付ける時期も女の子ほど急ぐことはないので5月の中旬くらいを目安にしておきましょう。

女の子の飾る時期

女の子の初節句はひな人形ですが、早く飾ってしまうほうが良いといわれています。

しかしあまりにも早すぎるのもどうかと思いますので2月4日の立春から桃の節句の1週間前くらいの2月24日ごろを目安に飾りましょう。

ただし、片付ける日は早くしましょう

ひな人形がいつまでもあると嫁にいけないなんて言い伝えもありますので3月3日を過ぎたらすぐに片づけることをおすすめします。

初節句のまとめ

初節句についていろいろと書いてきました。

赤ちゃんは生まれて最初に迎える日なのでしっかりと用意をしたいものですが、誕生日が節句の日とあまりにも近いと正直なかなか難しいと思います。

そんなときは無理をせず翌年に回しても良いでしょう。

初節句は用意をするものも多いですし、高額なものなので急いで準備をして失敗をしないための意味も込めていますね。

赤ちゃんの健やかな成長を祝う初節句をしっかりと祝ってあげてくださいね。

初節句のお返しはどうする

初節句のお祝いに対してお返しは本来は必要ないとされています。

そのため、お祝いのために鎧兜などを購入してもらったら初節句のお祝いの席に招待をして一緒に祝ってもらえば十分です。

しかし、知人や友人などは初節句に呼ぶことはありません。

そのため内祝いなどをもらったらその金額の1/2~1/3程度の金額で品物を贈ると良いでしょう。

女の子は3月、男の子は5月にはお返しができることが理想ですね。

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る