赤ちゃんの行事カレンダー!生まれてから1歳までの成長を祝おう

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。


スポンサードリンク

成長が著しい赤ちゃんの行事

赤ちゃんを出産するといろいろな行事があります。

誰もが知っている七五三やお宮参りなどがありますが、他にもいろいろな行事があるのは正直なところ。

特に生まれてから1歳になるまでの時期は特に行事が多いもの。

しかし、赤ちゃんの健やかな成長のためにもしっかりと行ってあげたいですし、成長をしていく赤ちゃんの記念にもなる大事なイベントなので赤ちゃんの行事についてまとめていきましょう。

赤ちゃんの行事にはどんなものがあるの?

赤ちゃんの行事は実は驚くほどいろいろとあります。

具体的に行う内容や行う年齢の目途について書いていきたいので紹介をしていきましょう。

これから出産予定の方はぜひ参考にしてくださいね。

お七夜(命名式)

この行事は生後7日目に行う行事となっています。

7日目となると多くの赤ちゃんと出産をしたママは自宅へ帰宅をしていることになりますので自宅で行うことがほとんどの行事となっていますね。

お七夜には何を行うのかというと、赤ちゃんの名前を親族にお披露目をして無病息災を祈願する行事となっています。

また土地の産神(うぶがみ)にお披露目・報告する日としても知られています。

別名は「命名式」「名づけの祝い」とも呼ばれており命名書と呼ばれる紙に赤ちゃんの名前を書き、その名前を神棚や床の間に飾ることもありますね。

7日目の数え方は?

そこで気になるのは生まれて7日目に行うお七夜なのですが、いつから数えるのかと言われると難しいもの。

そこで調べてみると、生まれた日を1日目として数えることになります。

そのため、生まれて7日目の夜の行うのが定番となっているのですが、赤ちゃんの状態や産後のママの状態によっては7日目に行うことは難しい場合もあります。

そんな時には無理をして7日目に行うのではなく、簡易に終われせても良いかもしれませんね。

お宮参り

赤ちゃんの行事としてお宮参りを聞いたことがある方は多いでしょう。

これは生後1ヶ月に行うものとなっており地元の氏神様に赤ちゃんの誕生の報告と無病息災を祈願するお祝いの行事として日本の風習をして残っている行事となっています。

行う日程は男の子と女の子によってことなっており、男の子は生後31日目、女の子は生後32日目というのが一般的となっていますが地域によって風習や考えはことなりますのでそこは見習っておきましょう。

昔は厳格に日程も決められていましたが、今はママの体調や親族関係の日程調整、天候の良い日、大安に行うなどいろいろなことを考慮して大体1ヶ月くらいに行うことが多いです。

本来、お宮参りは父方の祖母が赤ちゃんを抱っこして参拝をすることが正式なのですが、母型のおばあちゃんやパパが抱っこをしても大丈夫です。

実はお宮参りの本当の正式な考えとしてはママは体の休養のため参加をしないというのが決まりとなっているのですが、近年はママも出席をするのが定番となっています。

お宮参りは赤ちゃんの行事の中でも結構大きなものなので用意をしっかりとしていきましょう。

ただし、服装など用意をしなければならないものも多いのでしっかりと準備をしていきましょうね。

お食い初め

次はお食い初めになります。

お食い初めのを行う時期は生後100日目の行事となっており、赤ちゃんが一生食べ物の困らないようにということを祈願する行事となっています。

もちろんこのお食い初めも生後100日は目途となる時期となりますが、家庭の事情や両祖父母の参加ができる日程などにより日程は調整をしてもかまいません。

お食い初めはほかにも「食べはじめ」と呼ぶことがあれば、初めてお箸を使うことから「箸初め」「箸揃え」「箸立て」と言われることもありますし、初めて魚を食べさせることから「真魚(まな)始め」、歯が丈夫になるようにと石を歯に当てることから「歯固め。

祝う時期が生後100日目であることから「百日の祝い(ももかのいわい)「百日祝い(ももかいわい)」なんて呼ばれることもありますね。

「伊勢神宮奉納」お食い初め・お祝い膳の【お祝い膳.com】

お食い初めは家で行うことが一般的となっていますが、最近は準備に手間もかかることからレストランやホテルなどで行う方が多く、和食チェーン店の木曽路が実は人気だといわれています。

木曽路が人気の理由はリーズナブルにお食い初めのセットを用意してもらえる点ですので自宅でするのか?それとも外でするのかをうまく活用していきましょう。

初節句

赤ちゃんが生まれてから初めて迎える節句のことを初節句と呼びます。

この初節句は子供の健やかな成長を祈願するもので、女の子は3月3日のお雛祭り、男の子は5月5日の子供の日となります。

ただし、誕生日によってはあまりにも期間が短いため翌年に回す人もいる行事となっています。

一人目の出産となるとそもそも性別は最後までわかりませんので、ひな人形や兜を間違えて購入するわけにはいきませんね。

そのあたりも考慮して行う日を検討しましょう。

ちなみに行うものとして女の子の3月3日の桃の節句にはひな人形を飾るようにし、両家の祖父母や親族を招いてちらし寿司、ハマグリやお吸い物、白酒などでお祝いの膳を囲みます。

男の子の5月5日は端午の節句も同様となっており、鯉のぼりや武者人形を飾りチマキや柏餅をたべてお祝いをします。

初節句はお祝いをするために飾りや食事などいろいろなものを準備しなければならないことから手間もかかりますが、今後も同じ節句の日には使うことができます。

初誕生

これはその名前の通り、赤ちゃんが生まれた最初の誕生日です。

昔は栄養事情や生活環境が劣悪であったため1歳を迎えことさえ実は難しい時代であったのです。

そのため赤ちゃんが1歳を迎えれるというのはすごいことだったので、1歳のお誕生日に盛大にお祝いをする風習が今でも残っているのです。

1歳になるろ離乳食も終わりを迎えることからいろいろなものが食べられるようになるため赤ちゃんの好きなメニューを用意してあげましょう。

この1歳の誕生日に多くの地域で赤ちゃんに一生餅と呼ばれる約1.8kgのものを背負わせて歩かせる風習があります。

まだ、うまく歩けない赤ちゃんにわざと重いものを背負わせることにより「一生背負いきれないほどの食べ物に恵まれる」という願いを込めているとされています。

赤ちゃんの他の行事

ここまでは定番の行事となっており、日本の風習としても残っています。

そのため、日程はある程度ズレたとしてもきちんと行っておきたい行事といえますね。

しかし、最近はほかにも赤ちゃんの時期に行う行事が増えてきていますので他の赤ちゃんの時の行事についても紹介をしていきましょう。

セレモニードレス

これは赤ちゃんが生まれて間もない退院になると思います。

その時に着るドレスのことで別名セレモニードレスと言いますね。

病院からはじめて外に世界にでるという赤ちゃんを祝うための行うものですが、別に何かをするというわけではなく出産後に赤ちゃんにドレスを着せるだけのイベント。

服を着るだけのイベントとなっているのですが、一番最初のイベントと言うこともありセレモニードレスを着る方は多いです。

このセレモニードレスを着てお宮参りに参加をする人もいますのでこの日だけのドレスをいうわけではありません。

ハーフバースデー

これは赤ちゃんが生まれてから6ヶ月のときに行うイベントです。

赤ちゃんが生まれて1歳になる前の6ヶ月を祝いましょうという行事になっており、まるで誕生日のように祝うイベントですね。

しかし、この時期の赤ちゃんは何かを食べられるわけではないので主にアメリカやイギリスなどの海外から入ってきたお祝いの風習です。

親族だけでお誕生日会を開いたり、時にはみんなで食事をしたり。

赤ちゃんが無事に6ヶ月を迎えられたことを祝い行事です。

行事のカレンダー

1歳を過ぎるともう少し大きくなりますので行事も減ってくるのですが、生まれてから1歳になるまではいろいろな行事があるもの。

そこで忘れないためにもここでは赤ちゃんが生まれてから1歳になるまでの時期に行わなければならない行事についてまとめておきましょう。

参考までに赤ちゃんが1月1日に生まれたと仮定した場合のお祝いをする日程ですので参考にしてください。

行事名お祝い日参考日
お七夜生後7日目1月7日
お宮参り生後1ヶ月目2月1日
お食い初め数えで
生後100日目
4月10日
初節句
(女の子)
生後最初の
3月3日
3月3日
初節句
(男の子)
生後最初の
5月5日
5月5日
初誕生生後満1年翌1月1日

昔は日程については厳格に定められており、その日程に行うのが当たり前だという風習があったですが、最近は赤ちゃんの体調、家族のや親族の予定に合わせて柔軟に対応をしているのが一般的です。

そのため絶対にこの日に行わなければならないという考えではなく、みんなで楽しく赤ちゃんを祝いましょうという流れになってきていますね。

赤ちゃんの行事は計画的にしよう

こんな風にいろいろな行事があると難しいのはいろんなことの準備をしなければなりません。

例えば、神社の予約、参加をする人の日程調整や食事の用意。

赤ちゃんの体調管理や自分たちの服など目には見えない用意をしなければならないものは実はたくさんありますので出産前にある程度予定を立てているママもいるほどです。

また、ママが生まれた土地ならばよいのですが自分が嫁いだ先となると地域によって、義父母の考えによっては本来のやり方とは異なるケースもあります。

お祝いをするためにはいろいろなところからの連絡や情報を仕入れることも大事ですね。

赤ちゃんの行事のまとめ

せっかくの赤ちゃんのお祝いなので盛大に祝いたい気持ちはわかるのですが、気合をいれすぎてしまうとママもパパも疲れてしまうことになります。

盛大に祝いたいのにその日に疲れてしまっては本末転倒なので、適度にしておきましょう。

何よりも主役の赤ちゃんの成長をみんなで喜び、愛情を込めてお祝いをしてあげること大事ですね。

みんなに愛されてすくすくと育てていけきましょう。

赤ちゃんを育てる時に大事なことは「楽しむ」ことなので笑顔を忘れずに楽しんでくださいね。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

スポンサードリンク

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る