ドイツクリスマスマーケット大阪の期間と屋台情報!服装には注意しよう!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

もうすぐクリスマス

肌寒くなってきたと思えば、もうあっという間に12月。

12月といえばたくさんの行事がありますが、その中でもクリスマスは外せない行事ですよね。

おうちで楽しむクリスマスももちろんステキですが、町にイルミネーションを見に行ったり、クリスマスのイベントを行っている場所に行ってみるのも楽しいですよね。

今回紹介したいのはクリスマスのイベントの中でもちょっぴり変わった、ドイツのクリスマスを楽しむことができる「ドイツ・クリスマスマーケット」についてです。

クリスマスのイベントといえばカップルが楽しめる場所が多いですが、ここは家族でいってもとっても楽しめるんですよ♪

イルミネーションは大阪のいろいろなところでも見ることが可能です。

関連記事大阪駅のイルミネーション 「Twilight Fantasy~光り輝く時空の祝宴~」はキレイ

関連記事大阪城公園でランチや花見や紅葉に周辺の施設の情報とアクセス方法

ここがすごい!ドイツ・クリスマスマーケット

ドイツクリスマスマーケットは、大阪梅田からすぐの「梅田スカイビル」の真下で開催されています。

ヨドバシ梅田、グランフロント大阪を抜け高架下をくぐりぬければすぐにスカイビルが見えてきます。

スカイビルの下のスペースを使っているので、範囲としてはそんなに大きくありませんが、さまざまな工夫がされてあり、大人だけではなく子供も十分楽しめるようになっているんです。

ここからはドイツ・クリスマスマーケットのここがいい!という点、子供も楽しめる点を紹介していきたいと思います。

入場料はなんとタダ!

クリスマスのイベントをしているとなると、入場料を気にしてしまいますがドイツクリスマスマーケットは入場料は一切必要ありません。

料金がかからずイベントの音楽をきいたり、ツリーを見たりすることができるんです。入場料は何人で行ってもかわらないので、ご家族たくさんで遊びに行ってくださいね!

クリスマスツリーは奥に入るまで見えない

ドイツクリスマスマーケットは、入口からクリスマス感満載でとってもわくわくします。

でも、入口からはクリスマスツリーは見えないのです。

とっても大きなクリスマスツリーなんですが、ビルに囲まれて設置されている為入口にいるときはクリスマスツリーの姿は一切見えません。

入口から進んで角を曲がった時に、ドイツのクリスマスマーケットの光景とクリスマスツリーが一気に視界に飛び込び、インパクト大!なんです。

急に違う世界に飛び込んだ気分を味わうことができますよ。

子供が飲めるホットドリンクも◎

クリスマスマーケットの醍醐味と言えばやっぱりホットワイン。

でも、子供がいる場合は特に魅力はありませんよね。

ドイツクリスマスマーケットでは、ホットのドリンクを提供しているコーナーでなんとココアが置いてあるんです◎

子供と甘くて暖かいココアの楽しみながら、雰囲気や景色、イベントを楽しむことができますよ。

最初の1杯はマグカップが付いてきて900円、お代わりからは600円で飲むことができます。お代わりができるのも、嬉しいですよね。

クリスマスマーケット大阪のグルメの値段

クリスマスマーケットではいろいろなグルメを楽しむことが可能です。

ドイツをいえばソーセージですよね。

ソーセージにはパンがついて600円で販売をしており、普通のソーセージとハーブの白いソーセージがあります。

実はソーセージはもう1つあり、クリスマスマーケットの奥の方へ行くとボイル(茹でてある)ソーセージがあり、こちらは2本のソーセージとパンで800円となっていますが個人的には焼いてあるほうが好きですね。

次にワッフルです。

こちらは縦にながいワッフルとなっており1本500円。

味はハニーに砂糖にチョコレートなど自由に選ばせてくれますのでお好きな味を選びましょう。

ジャーマンポテトはほっこりとした中にはコショウのスパイシーさもあります。

こちらは600円ですね。

ジャーマンポテトと一緒に購入をしたのですが、ザワークラフトと呼ばれるドイツでは定番のキャベツの酢漬けの入っているスープは最高でした。

スープも600円です。

他にもクリスマスに人気のパンであるシュトーレンやバーガー(800円)、ピザ(600円)など食べるものは豊富にそろっていますのでたべてください。

クリスマスマーケット大阪のマグカップ

クリスマスマーケットの中でも人気の商品がマグカップになります。

これ、毎年デザインも変わっておりこのマグカップを集めるために毎年クリスマスマーケットに訪れている方もいるほどの人気商品です。

今年(2017年)のデザインはこちら

購入をするにはクリスマス伝統の温かいグリューワインを購入することです。

私は飲めないので購入をしませんでしたが、スパイスの聞いた甘いホットワインでマグカップ付きで900円となっており、

来場者の方はほとんどの方がマグカップを手に入れるために飲んでいました。2杯目以降はワインだけで600円で楽しむことができます。

(2016年は500円でしたので値上げしていますね)

子供が楽しめるちょっとしたアトラクション

クリスマスマーケットでは、小さなクリスマス柄の電車に乗ることができるミニトレインや、ボールを投げたり、釣りをしたりして点数で景品が変わるアトラクションなども出店しています。

これらはもちろん大人用ではなく子供用。

お子さんが楽しめるようにこういったお店も用意してくれるのが家族連れにとっては嬉しいポイントですよね。

たくさんのお友達と一緒に乗るトレインは、思い出に残ることでしょう。

お写真におさめてもぜったいにすてきです。

子供もおいしいフードがたくさん

大人が楽しめる食べ物だけではなく、お子さんも楽しむことができる食べ物もたくさん販売されています。

甘くておいしいおやつだったり、ボリュームたっぷりのソーセージやハンバーガーなど、子供もきっと喜んでもらえる品物ばかりです。

調理している方や店番をしている方もドイツ人が多いので、注文をさせてあげてもきっと雰囲気を味わえますよ。

木製アンティークメリーゴーランド

ドイツマーケットの中でも一際目を引くのがこのメリーゴーランド。

なんと木製で、115年以上の歴史がある“アンティークメリーゴーランド”なんです。

もちろん乗ることも出来ますし、写真を撮るだけでも十分。

見れて感動しちゃうほどキレイな作りで、とっても魅力的です。

せっかく来たのであれば、乗ってみることをおススメします。こんな機会、あまりありませんよ!

イベントごとも楽しい

ドイツクリスマスマーケットはイベントもたっぷりで期間中何度言っても楽しめるスポット。

ツリーの下にステージのようになっている部分があり、時間時間でその日のアーティストが歌やダンスなどを披露してくれたり、写真撮影を行うコーナーがあったりすることも。

たくさんのイベントをするからこそファンも多く、お父さんだって飽きずに楽しめちゃいます。

ドイツ・クリスマスマーケットの注意点

ここまではクリスマスマーケットの良いポイントばかり紹介してきましたが、注意点もいくつかあります。

注意点を知っていくのと、知っていかないのでは楽しめ方にかなり差が出ますよ!

防寒対策は必須

ビルとビルの間にあるマーケットですから、風も強くかなり冷え込んでしまいます。防寒をしっかりと行っていくようにしましょう

特に子供はテンションが上がってしまってついつい寒さを忘れてしまうことが多いので、注意してあげてくださいね。

子どもたちを一緒に行ったのですが、クリスマスの雰囲気も味わうこともできますしいろいろとおいしい食事も楽しめます。

すべてのお店が木の家(ヒュッテ)と呼ばれる小屋なのもかわいいですし、イルミネーションは素敵ですが寒さだけはどうにもなりmせんでした。

人ごみに注意

ドイツクリスマスマーケットは、土日や夜はとてもたくさんの人が集まります。

そのため、ベビーカーなどを持って行ってしまうと動かす隙が無く、立ち往生してしまいます。

なので基本的にはベビーカー無しで行動した方がいいでしょう。

もしベビーカーを使って回りたいのであれば、平日の昼間など比較的人が少なそうなタイミングを狙いましょう。

しかもビルの間で開催をされているので、風も結構吹いていますので防寒は必須かなと思いますね。

あと、男性には朗報ですがお店のお姉さんはかわいい人が多いので商品を購入する際に彼女のバレないようにおしゃべりを楽しんでみてはいかがでしょうか(笑)

これは冗談ですが、とにかく寒いです。

クリスマスマーケット大阪に遊びに行ってみよう!

ドイツクリスマスマーケットは。

2017年は11月17日(金)~12月25日(月)のクリスマス当日まで。

ツリーが点灯されているのは毎日22:30までです。

12月22~25日は24:00までとかなり遅くまで点灯されているそうですよ。

子供を連れて、ぜひ遊びに行ってみましょう。きっとステキな思い出になりますよ。

ドイツクリスマスマーケット大阪へのアクセス

大阪府大阪市北区大淀中 新梅田シティ・ワンダースクエア、梅田スカイビル・空中庭園展望台

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka管理者 taka

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの管理者をしているtakaです。
認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げや集客、営業などをやってきた異色の男性保育士。

保育園の主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャーなどを歴任して今は保育コンサル、保育組織改善、子育て相談に子供関係の仕事と、WEB関係でホームぺージ作成などの仕事をやっています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る