七五三のお参りはいつ?服装やお参りにかかるお金などの豆知識

七五三の行事はいつ?

子供の成長をお祝いする七五三、皆さんもご存知の通り、成長の節目となる歳にこれまでの成長を感謝し、これからの健康を氏神様に願う行事、お祝いが七五三です。

そんな七五三ですがいつの時期にするのか?

男の子と女の子で大きく異なりますのでそこも併せて紹介をしていきましょう。

七五三とは

男の子は数え年で3歳(満2歳)と5歳(満4歳)

女の子は数え年で3歳(満2歳)と7歳(満6歳)にお祝いをします。

話がちょっと横道にそれますが、日本の古来からの行事は、数え年を使うことが多いです。

数え年とは、生まれた歳を一歳とする年齢の数え方で12月31日に生まれた子は、その日に1歳で、歳が開けると2歳になるのです。

混乱するかもしれませんが、自分の子供の数え年は覚えて置くと何かの際に役にたつことがあるかもしれませんね。

また、男の子は3歳と5歳女の子は3歳と7歳に七五三のお参り、お祝いをする家庭も多い様です。

更に、最近では、満年齢の3歳、5歳、7歳でお祝いをする家庭が増えたそうです。

お参りは何時するの?

もともと、七五三は11月15日にお参りするものでした。

ところが、今の世の中では少しアバウトになって10月か11月というのが一般的な七五三のシーズンとなっています。

とはいえ、11月15日の前後の週末は、特に有名な神社では沢山の七五三参りの方で賑わいます。

なぜ七五三が、11月15日なのか?

それは、秋の収穫に感謝する秋祭りで子供の成長を祈るのにふさわしいとされた説と江戸時代の5代将軍綱吉の子どものお祝いが11月15日だったという説もあるようですね。

お参りの仕方

では実際にお参りの仕方を紹介していきたいと思います。

幼い頃に、自分が祝ってもらったことなど覚えてるはずもなく、案外知らないことだらけ、だったりするのではないのでしょうか?

お参り自体は、いつもの神社への参拝と代わりはありません。

神前でお賽銭を入れて手を合わせ礼拝します。

あと、七五三のお参りの場合はお祓いを受けて祝詞を奏上してもらう方が多いと思います。

お祓いや祝詞をお願いする際は、事前に神社に申し込み問い合わせをしておきましょう。

どこの神社にお参りに行くの?

子供さんが生まれ育った土地の神様に無事に成長できたことをご報告して感謝しまた、これからの先もとお願いするのが七五三です。基本は氏神様にお参りに行くのが基本となります。

氏神様とは?

と私もよくわからなかったのですが、皆さんが暮らす地域をお守りする神様で、ご近所の、夏祭りや秋祭りなどが行われている神社があるのでは無いかと思います。

とはいえ、はっきりと氏神様が判らないと心配なら、神社庁に問い合わせれば教えていただけます。

最近は、氏神様とか関係なしに、せっかくのお祝いだからと大きな有名な神社へとお参りする方も多い様です。

お宮参りや七五三は代々地域の一宮でやってきた、など、形式に拘らず自由に七五三のお参りをする方が増えたと聞きます。

お父さん、お母さんの服装は?

七五三の季節の神社へ行くと、着物姿のお母さん、フォーマルな格好の音尾さん、子供が主役とはいえ、両親も祖父や祖母もきっちりとした格好でお参りする様子が見られます。

お母さんは、着物、フォーマル・セミフォーマルな洋装のどちらもありです。

実際に、七五三のお母さんの服装のデータがあって6:4ぐらいの割合で洋装の方がおおいんだそう。

確かに、スーツを比べると着物は動きにくく着付などの面倒もありますが、お子さんが着物を着るのであれば七五三という祝いの場で、お母さんと一緒に着物姿になるのはとっても良い記念になるのでは?とは思います。

お父さんの服装の基本は言うまでもなく、スーツですね。

初穂料について

初穂料と書いて「はつほりょう」と読みます。

初穂というのは、字の通り、始めて採れた稲穂のことです。

神仏へのお供えは初穂をお供えしていたわけで、その初穂の代わりとして、金銭のこともそう呼ぶのです。祝詞をあげてもらう謝礼も初穂料です。

初穂料の相場は、だいたい5000円~10000円と決まりはなく今は、あらかじめ決められている神社が多い様です。

お気持ちでお収めください、としている神社はともかく、判らない際は、遠慮なく尋ねれば、丁寧に教えてくださります。

皆さん、尋ねることは同じみたいですよ。

前撮りの写真撮影

特に三歳の子供さんなど、着物を着て一日中じっとしていることなど出来るはずも無いのが当然じゃないでしょうか。

最近良く行われるのが七五三の写真の前撮りですね。

前撮りのメリットは、先に書いた様に写真だけに集中出来るので、思い出に残る、良い写真が撮れたりするでしょう。

また、料金面でも混雑するハイシーズンを避ければお得な料金で撮影出来るスタジオなどもあったりします。

早いところでは4月から受け付けているところもあります。大きな神社だと、併設するスタジオがあったりもするので尋ねてみればよいでしょう。

中には七五三はこの写真の前撮りだけで済ませる方もおられるようですね。

レンタルの着物や着付にヘアメイク、どこまでするかで料金は変わってくるので一概にはいえませんが、2万円~5万円ぐらいで済ませるのが平均なようですね。

七五三のレンタル衣装の相場

私自身も実際に利用するまではまったく想像もつかなかったのが七五三の子供の着物のレンタル料です。

1.ネットでレンタル

2.撮影スタジオでレンタル

大まかにこの二つを検討すれば良いのではないかと思います。

流石にインターネットの時代です、「七五三 レンタル」と検索すれば、色んな条件のレンタル衣装があります。

送料やレンタル期間など、ショップによってサービス内容がまったく違うので、条件にあったショップをチェックしましょう。

レンタル衣装の相場ですが3歳女児で7千円~1万円男児は9千円~1万円7歳の女児で9千円~1万2千円ぐらいが相場でしょう。

上記はあくまでレンタル衣装を借りてお参りに行く場合で、写真撮影だけのレンタルだとか色んなパターンも考えられます。

プロのカメラマンに依頼して写真撮影を考えているのであれば撮影スタジオの衣装をレンタルする方が手間暇以上にお得なこともありますからそのあたりのチェックも重要ですね。

七五三のまとめ

日本には、七五三以外にも沢山の通過儀礼と呼ばれるお祝いごとがあります。

着付や写真撮影など、イベントばかりに目が向いて七五三の意味などはついつい見過ごしがちになってしまいます。

それぞれの通過儀礼の意味を深く考えればもっと深く七五三のことも子供のことも考えることが出来るのじゃないかと思います。

素敵な七五三のお参りが出来ればと思います。

合わせて読みたい記事赤ちゃんのお祝いの時期と一覧表!金額はどれくらいかかるのか?

 

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

kaoruライター

投稿者プロフィール

保育士ライフのライターをしているkaoruです。
1歳と5歳の男の子の二児の母で料理とダイソーをこよなく愛する30代!

子育てって大変なのですが、みんなやっぱり子供が好き!そんな好きのお役に立てるような記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る