くるりんカッターはダイソーで人気!簡単にトルネードポテトができる

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

お祭りの定番といえばトルネードポテト

よく、お祭りの夜店なんかで売られている、トルネードポテト?スパイラルポテト?ツイストポテト?

そう呼ばれるあのクルクルポテトがとても簡単にできてしまう優れものが、この100円ショップで売っている、くるりんカッターなのです。

人気のプチプラキッチングッズを本日も紹介します!

くるりんカッターの使い方

さらに、「くるりんカッター」は、じゃがいもだけではなく、きゅうりやニンジン、要は細長い野菜類はなんでも、螺旋状に簡単にカットすることの出来る、便利なグッズなんです。

どんなものかというと、ネジ山が切ってあって(画像の左側の部分)、ここをを野菜に刺してハンドル(右側のつまみ)を回すと、あら不思議。

素材が螺旋状にカット出来るというわけです。

私のところの子供(おんなの子)は夜店で覚えた、このくるりんポテトが大好きで、このポテトが家でも作ることが出来ると知ってからは、一緒に作るためにお手伝いまでしてくれるようになりました。

なぜこれで「くるりん」と切れてしまうのか?

まったく理解は出来て居ない風ですが、とにかく、楽しくてしょうがない様子。

みなさんも、是非子供と一緒に作ってみてください。

トルネードポテトの作り方

それでは実際に、見た目も楽しくて美味しい、トルネードポテトを作る手順を紹介します。

用意するものはこれだけ

当たり前ですが、フライドポテトですから、まずはじゃがいもを用意。

ジャガイモをくるりんする場合には小ぶりの縦に長いじゃがいもがおすすめです。

細長いじゃがいもの方が、螺旋カットがキレイに出来上がりますし、後でフライドしやすいと思います。後は油と竹串、味付け用の調味料があれば準備OKです。

作り方はこんなにも簡単

用意したじゃがいもは皮を剥いても皮付きでも構いません。

わが家では、金たわしでゴシゴシこすって汚れを落として、皮付きのまま調理しています。

しっかりと洗ったら くるりんカッター を慎重に、じゃがいもの中心に真っ直ぐ突き刺して、ハンドルをクルクルと回してカットしていきます。

斜めに突き刺したりすると、最後までクルクル出来ずに、途中で螺旋がちぎれてしまって、残念となったりするのです。

私も初めて使った時には「わーすごい!」と、思わず声を上げてしまったぐらいに楽しい作業ですよ。

上手に螺旋状にカットしたら今度は竹串を刺して形を整えます。

こうすることで、クルクルの間まで、全体的にこんがり揚げることが出来るし、味付けも均一に出来るのです。

途中でちぎれてしまったものも、一応これでつなぐことも出来ます。

後は好みで、ガーリックパウダーや、から揚げ粉をまぶして下味を付けても良いし、水で溶いた小麦粉を付けて衣付きのフライドポテトにするのも良いでしょう。

面倒だからという話もありますが、わが家では素揚げにして、揚げたてにクレージーソルトや岩塩を振りかけてシンプルに食べるというのが定番です。

くるりんカッターのレシピ

くるりんカッターは、トルネードポテトを作るだけじゃなく、サラダに使える野菜をカットするのが得意な道具です。

きゅうりや人参などをカットして何を作るのか?わが家のくるりんカットのレシピを幾つか紹介したいと思います。

きゅうりのサラダ

トルネードしたきゅうりを丸くして、端と端を引っ掛けて合わせて丸い輪っかを作ります。

太めの真っ直ぐなきゅうりを選ぶのがきれいなトルネードきゅうりを作るコツです。

この輪っかの真ん中にポテトサラダやプチトマトを入れたり、キャベツの千切りなど好きな野菜を合わせて完成です。見た目もかわいいですね♪

その他のレシピ

人参のトルネードで、きゅうりと同じようにサラダにしたり、あるいは、トルネードポテトの様に、フライド人参にしても美味しくいただけますね。

じゃがいもの代わりにサツマイモのトルネード。

サツマイモのトルネードにバターを塗ったら、それはそれは素敵なスイーツです。

砂糖と味醂(みりん)と醤油を煮詰めて、大学芋のタレを作って、仕上げにゴマを振ってというトルネードも美味しいですよし、シンプルにバターも良いです。

太めのウインナーをトルネードウィンナーにして焼いたり、揚げたりするだけで、普通のソーセージがちょっと豪勢なおかずや旦那さまのおつまみになるのです。

おつまみと言えば、きゅうりのトルネードを浅漬けの素に漬けると、見た目も美しいひと品になるので試して見てください。

くるりんカッターのまとめと注意点

子供さんと一緒にぜひやってみてください。

もの凄く喜んでお手伝いしてくれるはずです。

しかし、注意点もあります。

あるものすべてをくるりんカットしてくれるので注意、と言うのは冗談で、プラスチックとはいえ、ついつい楽しすぎて、夢中になってしまって、手を切ってしまわない様に気をつけてあげましょうね。

他にも大根を試した見たのですが、なかなか良いです。

大根はくるりんカッターできれいに切れますし、ポテトと同じように切ってあげることによりほくほくの低カロリーなスイーツが出来上がりますので揚げたてをぜひ食べてみてくださいね!

これからもくるりんカッターでいろいろなものをくるくると切っていこうと思います。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

kaoruライター

投稿者プロフィール

保育士ライフのライターをしているkaoruです。
1歳と5歳の男の子の二児の母で料理とダイソーをこよなく愛する30代!

子育てって大変なのですが、みんなやっぱり子供が好き!そんな好きのお役に立てるような記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る