幼稚園と保育園の違いは費用と無償化、学力に差がでるって本当?

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

幼稚園と保育園

保育園と幼稚園はどちらも子どもが通うための施設となっていますが、大きな違いがあるのでしょうか?

名前を聞いてもどちらがどんな風に違うのか?

また、どちらへ行くべきなのか?

今後子どもの成長のためにどこへ行くのか?

また、どんな幼稚園や保育園を選べば最も良いのか?

子供が通う時期が近くなるにつれていろいろと迷うことも多いと思いますので、ここでは保育園と幼稚園の違いについて書いていきたいと思います。

幼稚園と保育園の違いは目的が異なる

保育園も幼稚園も小学校に入学をする前の子どもたちが通う保育の場です。

これらも違いは一見分かりにくいものとなっていますがそれぞれ異なる性格を持っていますので紹介をしていきましょう。

保育所幼稚園
管轄厚生労働省文部科学省
基づく法律児童福祉法学校教育法
法律上の目的保育を必要とする乳児・幼児を

日々保護者の下から通わせて保育を行うこと

幼児を保育士、幼児の健やかな成長のために

適当な環境を与えて、その心身の発達を助長すること

対象児0歳~小学校の就学前の乳幼児満3歳から小学校の就学前の幼児
資格・免許証保育士資格幼稚園教諭免許状(1種・2種)
保育時間原則として8時間

(開所時間は原則11時間でそれを超えた

「延長保育」を実施する園も増えている)

4時間を標準をしている。

(「預かり保育」を実施している園も

増えている)

費用

(月額)

前年度の収入により異なる

0円~100,000円程度

公立だと8,000円程度~

私立だと20,000円程度~

(※各家庭一律料金)

保育園と幼稚園の性格と目的

保育園は法律上「保育所」と呼ばれており、児童福祉法に基づく「児童福祉施設」という扱いになります。

厚生労働省が管轄をしていますね。

児童福祉法では、保育所の目的は「保育を必要とする乳児・幼児を日々保護者の下から通わせて保育を行うこと」と定められています。

それに対して幼稚園は学校教育法に基づく「学校」という扱いになります。

(参考:厚生労働省「保育とは」)

文部科学省が管轄をしていますね。

学校教育法では、幼稚園は「幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長すること」と定められています。

(参考:文部科学省「幼稚園とは」)

児童福祉施設としての保育所と、学校としての幼稚園という性格や性質の違いがあるため、通園をする子どもの年齢や保育時間は異なります。

預かる年齢の違い

保育所は0歳~小学校の就学前の乳幼児が通所し、幼稚園は満3歳から小学校の就学前の幼児が通園をしています。

また、保育所の保育時間は原則8時間、幼稚園の保育時間は4時間を標準とすると定められています。

保育を担当する職員の資格も異なり、保育所では「保育士資格」が、幼稚園では「幼稚園教諭免許」が必要です。

このような法律上の違いがある保育所と幼稚園ですが、昨今は少子化による園児の減少と、働く女性が増えていることによる保育所の待機児童問題により、保育時間の延長をして預かり保育をする幼稚園も増えています。

幼稚園での預かり保育

幼稚園での預かり保育とは、教育時間(教育課程にかかわる教育時間)の開始前と終了後に行う教育活動および休園中の教育活動です。

預かり保育は地域の実態や保護者の要請により希望者を対象として実際されます。

幼稚園でも共働き家庭や核家族家庭の増加により預け先のない家庭が増えている現状があるため地域や保護者の要請に合わせて預かり保育を実施する保育園も増えている傾向にありますね。

幼稚園の預かり保育の条件

・会社や自宅を問わず、1日4時間以上、月に12日以上働いているとき。

(認定後、1か月以内に終了する勤務先の決定、または内定している時も含まれます)

・出産準備であったり、出産後に休養が必要なとき。

(出産(予定日)の前後各8週間。育児休業中は原則対象になりません)

・病気や障害のため保育な困難であるとき。

・病気で1か月以上入院、または自宅療養(週1回以上の通院が条件)しているとき。

・病人や障がい者を介護しているとき。

・自宅や近所の火災などの災害復旧に当たっているとき。

・その他の上記の条件に類するとき。

幼稚園の預かり保育の例

保育日預かり保育時間料金(1時間)月極め料金(1か月)
月曜日~金曜日(朝)7:00~8:30200円8,000円
月曜日~金曜日(夕方)14:00~20:00200円8,000円
土曜日7:00~18:00200円8,000円
春・夏・冬の休園中7:00~18:00200円なし

最近は幼稚園も保育園と同様に長い時間子どもを預かってほしいというニーズもあります。

幼稚園も少子化により経営が大変

幼稚園も少子化の影響を受けており、園児不足のために閉園を余儀なくされるケースも地方では出てきていますし、首都圏でも多様なニーズも出てきている現状がありますね。

保育所は厚生労働省が定めている「保育所保育指針」にそって保育を進めていくことになります。

その中には「養護及び教育を一体的に行うこと」が保育所保育の特性と明記をされいます。

この文言における教育とは、幼稚園教育を指していますね。

幼稚園も保育所も保育時間や内容においては過去に比べると明らかに差はなくなってきています。

平成27年からは、新たに「幼保連携型認定こども園」という学校と児童福祉施設の両方の性格を併せ持つ施設もどんどんできています。

幼稚園と保育園のどちらへ入園をするか迷う

「幼稚園と保育園はどちらに就職をすればよいの?」という質問をよく受けます。

この意見をいただくことも多いのですが、ある意味分けやすい方法を書いていきます。

仕事をしているなら保育園

就労をしており、OLなりサラリーマンなり仕事を週5日間働いている人はは間違いなく保育園になります。

幼稚園で預かり保育を実施するところが増えているといっても保育所と比較をした場合には預かり時間に差があるため、仕事をしている人にとっては幼稚園の保育時間は壁となります。

また、幼稚園はとにかく休みが多いことから夏休み、冬休み、春休みなど休みの多い時期になると結構大変なことになります。

仕事をしていないならば幼稚園か無認可保育園

そのため、共働きをしているのならば間違いなく保育園を選択してください。

その逆で仕事や介護をしていない場合には認可保育園への入園は不可となりますので、認可外保育園もしくは幼稚園へ入れるという選択になります。

保育園は「日中の保育の欠ける子ども」という扱いが入りますので、幼稚園と保育園を迷っていてもそもそも保育園へ入れない可能性もありますので確認をしましょう。

仕事をしていない専業主婦の人や短時間での仕事ならば、幼稚園で十分だと思いますので幼稚園と保育園で迷っているならば「就労時間」を基準に考えてみてくださいね。

無認可保育園の料金とメリットデメリット!みんなが認可へ行きたい理由

行かないという選択肢はありか?

中にはどちらも小学校まで「行かない」という選択肢を持つ方もいると思いますが、年少もしくは年中からは何らかの集団生活へは子どもをいれてあげましょう。

子どもは親と一緒にいるだけでは成長をすることはできませんので、行かないという選択肢よりも「どこがよいのか」を基準に選んであげてください。

過去に幼稚園に行かさないで家庭で育てようと思っているのだがプロとしてどう思う?と聞かれたことがあります。

もちろん家庭の考えなので否定をするつもりはないのですが子どもはこれから先の小学生になってからも子供との関係性の中で成長をしていくことになるので遅くても年中では入れてあげるべきと伝えました。

そこは親のエゴではなく、子どもを中心に考えてあげてほしいなというのが正直な意見です。

転園は可能なのか?

転園も定員に空きがあればどこでも可能となります。

保育園と幼稚園に通っている割合を調査してみると、0歳児~2歳児は保育所しかありませんが、3歳児(年少)の場合は保育園が45%、幼稚園が42%となっています。

4歳児(年中)になると保育園は45%、幼稚園は52%、5歳児(年長)は保育園は44%、幼稚園が54%という割合になっています。

幼稚園でも最近は2歳児の受け入れを始めているところも多くなっていますので今後はこの割合もどんどん変わってくる可能性もありますね。

今後は幼稚園、保育園、幼児教育などの無償化と言われていますのでその補助金によっても割合や入園を希望する保育園は異なってくるのではないでしょうか?

保育園と幼稚園で学力に差がでる

保育園は親が共働きをしなければならないため、子どもの学力が低いのでは?と思っている方もいますし、幼稚園は学力が基本だから学力は高くなるのでは?

そんな風に思っている方もいるのですが、幼稚園でも自由にのびのびとあまり勉強をしないところもありますし、保育園でも勉強が課外授業などをバリバリ取り入れているところもあります。

そのため、どちらに通わせることにより学力に差がでるというのは一概には言えず「通わせる園」によっては多少の差が出るのでは?と感じています。

ただし、学力は幼少期にお金をかけるとメリットも高いと言われています。

そのため、幼稚園と保育園で迷うのではなく幼少期にいかに投資をできるか?という点で選択肢を考えてみると良いですね。

幼稚園か保育園を迷っているまとめ

幼稚園と保育園のどちらに通うべきか?

いろいろと悩むこともあると思いますが、まずは両親の状態や状況によっても大きくことなってきます。

お父さんだけではなく、お母さんも働いているとなった場合には幼稚園へ通ったとしても預かってもらえなければだめですので難しくなるでしょう。

両親が就労をしているという時点で保育園へ預けて長い時間預かってもらうということが基本となります。

それに対して、お母さんが専業主婦で仕事もしておらず病気などもなくて健康となると保育園へ預けるということ自体が不可となりますので結果としては幼稚園へ預けるしか選択肢がありません。

通わせる先を検討する場合に大事なことはまず両親の「就労状態」がどうなのか?というところが大事なポイントとなりますのでそこをまずは検討してから通う先を決めましょう。

無償化の影響

2019年の10月より幼児教育の無償化による影響が出るといわれています。

これについては無償化へ向けて0歳児から年長までの幼児期の教育に差が出ないようにするという方針で始まる法案なのですが、来年と言うこともあり今年からは一斉に幼稚園の倍率もあがっています。

保育園でも補助が出るとなった場合には待機児童もどんどんと増えていく可能性も高くなります。

幼稚園も保育園も幼児教育無償化の影響はどんどんと大きくなっていますが、幼児期の子供がいる方にとっては選択肢が増えていますのでメリットも高い法案なのかもしれません。

幼児期の子どもがいない人はただ増税されるだけですがね・・・。

そんな幼児教育無償化についても書いています。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る