幼稚園の預かり保育とは?一時保育との違いと料金と夏休みの利用方法

幼稚園の預かり保育を知っていますか?

実は保護者のニーズとして長い時間預かってほしいという声が多いため、最近は幼稚園でも預かり保育を実施する園が増えてきています。

預かり保育は幼稚園の保育後に預かってくれるサービスで、幼稚園へ通わせたいけれども仕事をしていて通えないなどの理由の方へ向けて幼稚園が行っているサービスです。

なぜ増えているのかというと、幼稚園は通わせながらも長い時間働く人が増えたからです。

幼稚園もいつまでも14時に全員帰るというのは難しく、今は長い時間預かることが求められているからですね。

この記事では幼稚園の預かり保育について書いていきます。

読み終えること幼稚園の預かり保育や保育園が実施をしている一時保育との違いや料金を知ることができます。



幼稚園の預かり保育とは?一時預かりとは違うの?

幼稚園は文部科学省が管轄をしている教育施設です。

そのため、子供を長い時間預かるということはあまりしておらず、小学校と同じように朝の9:00~14:00まで預かるというのが一般的です。

他にも春休み、夏休み、冬休みなど長い休みもあるので休みも多く、保育園のように両親が就労や病気、介護などによって長い時間子供を預ける必要がない人向けの施設となっています。

また幼稚園が預かる年齢は基本的に3歳児と呼ばれる3年保育、4歳児から通う2年保育となっており保育に関しても年数はそこまで長くないというのが大きな特徴です。

保育園の場合は0歳児から就学前までの6年間入園できる施設に対して、幼稚園は長くても3年。最近は3歳児からの受け入れもしていますので少し長めになっているというのが傾向としてあります。

預かり保育とは?

幼稚園の預かり時間は先ほどもお伝えしたとおり9:00~14:00までとなっています。

しかし、そのような短時間だと仕事をしている人はもちろん子供を通わせることもできませんし、急な用事で子供を迎えに行けなかったとしても問題がでてしまいます。

そのような方へ向けて幼稚園で預かる基本時間である9:00~14:00にプラスをして長い時間預かることを「預かり保育」と言うのです。

預かり保育に関しては幼稚園によって異なるのですが夕方の18:00まで預かるケースや朝の預かりを8:00からしている。

他にも夏休みや春休みなど長期の休みの期間預かってくれるなど多岐にわたっており一概に時間が文部科学省より定められているわけではありません。

つまり、幼稚園の基本時間は短いから幼稚園へ入園をするという選択肢をあきらめている人も入園をすることが化膿なのです。

幼稚園の預かり保育ができた背景

幼稚園は集団活動や友達関係、交友関係を学べる場、教育機関として人気になっています。

しかし、昨今の世の中は多くの両親が共働きをしているため保育園へ通って子供を長い時間預かってもらうというのが一般的です。

そうなると幼稚園という選択肢が減り、結果的には保育園に入園が殺到をしている待機児童問題が起こり幼稚園は子どもが集まらないという問題が起こっているのです。

幼稚園は認可外保育園と似ており、入園をしたい幼稚園へ保護者が申し込みをして契約をする直接契約という形になりますので園児数が集まらないことは死活問題なのです。

そのような弱点を補い、両親共働きでも子供を通わせられるようにということから預かり保育が定番化しており、最近の幼稚園はほぼ実施をしています。

もちろん預かり時間は幼稚園によって異なるので、両親が共働きをしているけれども子供を幼稚園へ通わせたいという場合には預かり時間を確認して入園を希望する幼稚園を選んでみましょう。

幼稚園の預かり保育は補助金がでる

また、預かり保育を幼稚園が実施をすることにより「補助金」をもらうことができます。

補助金をもらうことができる条件は以下の通りです。

・幼稚園教諭もしくは保育士資格を所持しているものが配置をしていること。

・年間を通じて1日2時間以上を継続的に預かり保育を実施していること。

・教育要領による「教育活動の一環」としての「預かり保育」として実施していること。

(自由に遊ばせているだけは不可)

いろいろな項目はありますがそれをクリアすることにより幼稚園へ補助金が入ってくることになりますので最近の幼稚園の多くは預かり保育を実施しています。

預かり保育の遊び方と過ごし方

幼稚園の預かり保育を利用するとなるところと何か特別感を感じることになりますが、幼稚園の延長線上なので大きく変わりません。

預かり保育の代わりの先生が来るのではなく基本的には幼稚園の先生が交代で延長保育の子供を見てくれるという流れになります。

ただし、人数は通常の保育時と比べて少ない人数となることから他のクラスの子供と一緒になることが多く異年齢保育ということになりますね。

普段かかわりのない年齢の子供と関りを持つことができるので普段とは違った楽しみ方があります。

基本はおもちゃで遊んだり、園庭に出かけたりとケガが起こらないように遊ぶことが基本ですが、英語や体操、ピアノなどの課外授業を行うこともあります。

自由に遊ばせるだけでは補助金の対象外となるため教育要録にそった保育を実施してくれますので預かり保育は楽しいという子供も多いですね。

幼稚園の預かり保育と保育園の一時保育の違い

幼稚園の預かり保育について書いてきました。

しかし、よく似た言葉で保育園の一時保育というものがあります。

これはいったいどんな保育なのでしょうか?紹介をしてきましょう。

保育園の一時保育とは

幼稚園の預かり保育は幼稚園へ通っている子供が通常の保育よりも長い時間預かってもらうことを言います。

それに対して保育園の一時保育は誰でも利用できる一時的な保育のことで登録をしたり、利用申し込みをすることで一時預かりをしてもらうことができます。

その保育園へ通っていない子供を対象としている子育て支援の1つです。

週に2回利用や単発利用なども実施をしており、認可保育園はもちろんですが、認可外保育園でも実施をしていますので子供を預かってほしいという人へ向けたサービスです。

預ける理由に差がある

幼稚園の預かり保育は通う幼稚園によって異なりますが預かり保育を利用できるのは基本は就労などの理由が必要になる場合もあります。

基本は申し込みが必要となっており書類に理由と預かってもらう時間を書くことにより対応してもらえますね。

もちろん急な用事などでも対応が可能な園も多いのですが、預かり時間に制約があったり、幼稚園が休園日に場合には利用ができないなど幼稚園によっていろいろなケースがあります。

幼稚園によって異なる点もあるので「急な用事でも預かってもらえるのか?」という点は確認をしてみましょう。

それに対して保育園の預かり保育は理由はあまり関係なく利用をしたい人が利用可能。

主に就労やフリーランスで単発で仕事をしている人が利用するケースがありますが、ママの病院通院のため、介護のためなどの理由で利用をする人もいます。

環境が異なる

幼稚園の預かり保育は子供が通っている幼稚園で子供を預かってもらうことになります。

そのため、子供達はいつも通っている環境で見てもらえますし、先生も顔見知りなのでストレスなどもなく預かってもらえるという点は魅力ですね。

それに対して保育園の一時保育は保育園に預かってもらうことになりますので先生も知らない人、環境も違うということから子供にとってはストレスの多いものになります。

保護者にとっても子供にとってもいる通っている幼稚園で預かってもらえるとなると安心感はとても高いのでおすすめです。

料金形態の違い

料金形態も異なります。

幼稚園の預かり保育は通う幼稚園によって異なるのですが、数百円程度で終わるケースが多く一回の料金と月額利用料金との差があります。

他にも16:00までは申請をすれば無料でそれ以降だけ料金が発生をするという場合もありますので通う幼稚園に確認をしておきましょう。

保育園の一時保育の場合は一日料金が大半です。

認可保育園だと2000円~3000円程度が一般的となっており時間での預かりはほとんど行っていません。

認可外保育園の場合は一時保育を時間単位でも行っていますし、一日預かるでもおこなっていますが基本が高いです。

認可外保育園だと預ける保育園によって本当に差があるのですが30分200円~500円くらいが一般的。

一日預かりだと5000円~8000円というのが定番の費用となっていますね。

夏休みなどの長期休業期間中はどうなる

幼稚園の預かり保育は夏休みなどの長期休みの期間でも預かりが可能です。

お盆期間は少し長めに幼稚園の場合は取りますが、それ以外の期間は預かり保育をしてくれます。

ただし、その際には「就労」「病院への通院」「介護」など明確な理由が必要になるケースがあるようです。

冬休むと春休みは預かり保育を実施しない幼稚園は多いです。

もちろんバス送迎などはないため自分で連れていくことになります。

保育園の一時保育も夏休み期間は行っていますが、保育園の行事やイベント、お盆期間は預かり不可など保育園に状況により預かりは左右をされます。

土曜日や祝日、日曜日は幼稚園の預かり保育も保育園の一時保育も行っていないところがほとんどです。

給食やおやつの有無

幼稚園は自園調理をしているかによりますが、預かり保育の場合はお菓子も簡易なものが多く、長期休業中に給食が出ることはあまりないです。

それに対して保育園では自園調理が基本となるため給食やおやつはすべて園で作られたものがでてきます。

もちろん料金は発生しますが、あたたかいものを食べられるメリットは大きいですね。

→ 幼稚園選びはいつから?失敗しない後悔しない決め手は5つのポイント

幼稚園の預かり保育のまとめ

幼稚園の預かり保育の内容と保育園の一時預かりとの違いについてかいてきました。

預かり保育の内容や料金などは入園をする幼稚園によってことなりますので一概は言えないので参考にしてください。

最近は仕事をしている人も幼稚園へ入園をする時代で、長時間預かってほしいというニーズもありますので預かり保育は人気です。

幼稚園へ通う際には預かり保育がどのように実施をされているのかチェックをしてみてはいかがでしょうか?

特に幼稚園の夏休みなど仕事をしている人にとっては必須の項目となります。

Taka代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 10月 12日

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る