幼稚園の求人は保育園と同じ経験者が集まらない

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

幼稚園教諭の求人は厳しい現実

幼稚園の現状は保育士と同じように求人はかなり厳しい現状があるといわれています。

その理由としては、人がいない

つまり、保育園と同じように求人に苦労をしているということがいわれています。

これは保育士と同じように低賃金、労働時間の多さなどの原因があるのかと思っていたのですが、保育園と幼稚園では退職理由や働いている世代に違いもあることから保育園とはちがった悩みがあるようです。

そこで、幼稚園の求人の状況と退職理由について書いていきましょう。

保育士と幼稚園教諭との違い

保育士は保育園で働くてための資格となっており、主に0歳~就学前の子どもを見ることができますし、保育園以外にもいろいろな現場で働くことができるマルチな資格となっています。

それに対して幼稚園教諭は働くことができる現場が限られており、主な仕事の場は幼稚園になっています。

そもそも管轄が異なっており、保育士は厚生労働省ですが幼稚園教諭は文部科学省となっており子どもを見る資格という点では同じですが、保育士は「保育所・児童養護施設などの児童福祉施設で、保護者に代わって子どもの保育をする子育ての専門家」という認識を持ってもらうとわかりやすいです。

関連記事保育士と幼稚園教諭の違いは給料?どちらに就職をするか迷う

保育士は福祉従事者

保育園の基本的な考えは学校ではなく児童福祉施設ですので、そこで働いている保育士は正確には福祉の従事者であるということです家庭に代わり子どもを保育することが目的であり、子どもの対象年齢は0歳~就学前となりますが他にも知的障がい者施設、児童養護施設、重症心身障碍者施設など年齢層も幅広い職場環境が用意をされています。

幼稚園教諭は幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする「学校」です。

管轄を働くことができる現場に違いがあるため、個人的には両方と持っておくほうが良いとおもいますし、子ども園化をされるとどちらも資格を持っておかなければ働けないという可能性もありますね。

幼稚園教諭は学びの専門家と言われている

幼稚園教諭は専門的な知識だけではなく、「人としてどのようにしていきるのか?」と姿勢に磨きをかけていくことが求められています。

自分を磨くためにはいろいろな経験をすることが大事だということです。

そのためには本を読むこと、よい芸術作品を鑑賞することなど様々な土地へいって学ぶこと、新しいことにチャレンジするなど「教える専門家」以上に学びの専門家であることが求められると言えるでしょう。

保育士だけ持っている人が取得は可能なの?

もちろん幼稚園、保育園で働いている人の中にはどちらかの資格しか持っていないという人もいます。

特に幼稚園教諭だけという人はあまりいないですが、保育の専門学校を卒業した先生の場合は幼稚園教諭を持っていない場合もあります。

しかし、最近は認定子ども園化も進んでいることから保育士だけでは働けないために幼稚園教諭の資格を持っておくことが重要とされており、保育士を持っている人が幼稚園教諭の資格を取得するための特例措置として対応がされています。

幼稚園教諭取得のための特例措置

平成27年度から施行予定の子ども・子育て支援新制度における『認定こども園制度』への円滑な移行・促進のため、平成31年度末(予定)までは、幼稚園教諭免許の取得条件に特例が設けられます。この特例制度を利用できるのは、下記条件の両方に該当される方です。

保育士資格をお持ちの方
該当施設にて保育士として【3年かつ4320時間以上の勤務経験】がある方
※該当施設…認定こども園・保育所・幼稚園(特別支援学校幼稚部含む)・公立の認可外保育施設・へき地保育所・幼稚園併設型認可外保育施設・認可外指導監督基準を満たす認可外保育施設(一部対象外)
上記条件を満たされる方は、大学にて下記の合計8単位を修得し、各都道府県教育委員会における教職員検定を経て、都道府県教育委員会から幼稚園教諭免許状が授与されます。

※必要単位は、教職の意義及び教員の役割、教員の職務内容(2単位)、教育に関する社会的、制度的又は経営的事項(2単位)、教育課程の意義及び編成の方法(1単位)、保育内容の指導法、教育の方法及び技術(2単位)、幼児理解の理論及び方法(1単位)
※現行実施されている幼稚園教員資格認定とは異なります。必要書類を提出する書面審査にて実施予定です。
※学士の学位を有する場合は一種、短期大学士・専門学校卒等の場合は二種免許状
つまり、現在、保育士資格をお持ちでない方は、この特例制度終了まで(平成31年末予定)に、保育士試験で保育士資格を取得し、3年かつ4320時間以上の勤務経験を積み、指定単位を取得すれば、幼稚園教員資格認定試験を受験せずに幼稚園教諭免許を取得して頂けます!

保育現場での勤務経験を積んだ上で幼稚園教諭免許を取得できると、さらに活躍の場が広がります

(引用:「文部科学省の幼稚園教諭資格の特例制度」)

ただし、保育士の資格を取得後はそのままですが幼稚園教諭の場合は更新制となっていますので取得後も忘れないようにして下さいね。

幼稚園教諭の退職理由

幼稚園教諭の仕事は基本的には保育士と同じようになっていますが、労働環境に関しては大きな違いがあります。

特に労働時間に関しては保育士と比較をすると雑務的な要素や行事に追われることが多いことから、子どもを見ている時間よりも他のことに追われていることが多い現実がありますね。

どちらかといえば幼稚園は学校の近いためにそのようなことになっているのかもしれません。

関連記事保育園の求人は地域で格差がある!運営をしている園長が大変な実態

保育士と幼稚園教諭の比較

保育園幼稚園
施設区分児童福祉施設教育施設(学校の扱い)
管轄厚生労働省文部科学省
保育対象年齢0歳児~小学校就学前3歳児(年少)~小学校就学前
保育時間7時~20時まで開園

(保護者の勤務時間により利用時間は異なる)

9時~14時までの基本は5時間程度

(近年は8時~、14時~18時まで延長保育)

給食義務任意
保育料収入により自治体が決定をする公立:自治体が決定

私立:設置母体が決定をする

先生の資格保育士幼稚園教諭

保育園の退職理由で多いのは「低賃金」「労働時間(持ち帰りが多い)」「人間関係」という部分が多かったのですが、幼稚園の場合はどうなのでしょうか?

関連記事退職の伝え方と保育士が辞める理由ランキングトップ3

まず、保育士の場合は比較的ベテランの先生も多く30代、40代の先生の多くいますが、幼稚園になると平均年齢は一気に下がる傾向にあります。

幼稚園教諭の平均年齢

幼稚園教諭の平均年齢33歳、保育士は34.8歳となっていますがこの中には公務員の先生も含まれているため正直あまり参考にならないのは正直なところです。

特に私立の幼稚園の先生は若い方が多い印象がありますね。

では、本題に入り幼稚園教諭の退職理由について書いていきましょう。

人間関係

幼稚園でも退職理由に挙げられるのは、人間関係となっています。

人間関係の中では保育園と同じような理由で上司と合わない、園長の考えが合わないといった理由が多く子どもにかかわる仕事がしたいと思ってきたのに・・・。

結局は幼稚園の先生にばかり気を遣わなければならず、自分がやりたいこともさせてもらえない、上司の先生よりも良いものを作ってはいけないなどたった1つの制作物に至るまでなぜかわからない理由が多くなっています。

うつ病で退職をする先生もいる

もちろん、いじめや陰湿なことも女性の職場の特有なのか多いことから中には精神的な病である「うつ病」などになってしまい退職を余儀なくされるケースが多いです。

これは女性の職場の特有の問題なのですが、実際に働くとなった場合に非常に多くなっており女性同士だからこそ起こる問題となっていますね。

なんかミスマッチが起こっており、せっかく幼稚園の先生になったのに人間関係で退職をしなければならない状態はもったいないなと思います。

持ち帰りの仕事が多い

幼稚園は預かる子どもが大きいことから基本は一人担任となります。

また、預かる人数も多いことから先生のやることが保育士の先生よりも多いという印象ですし、1年目だろうが、10年目だろうが受け持っている仕事の量は同じということになりますね。

幼稚園は制作をすることも多いですし、とにかく保護者満足度を上げて入園児を増やさなければならないということからいろいろな行事をしたりイベントをしたりするケースが多いです。

子どもはほとんど一斉に14時には帰りますが、そこからの事務仕事は多くて大変。

結局終わらないため持ち帰りの仕事が多くなりいつまで経っても寝られない状態となり体を壊してしまうケースもあります。

特に運動会や発表会などの行事前になると仕事の量は増大することから毎日子どもを見るよりも他の仕事に追われるケースが多くなります。

そこから不満が出てくる結果退職へとなってしまうケースがあります。

結婚

幼稚園の先生は若い先生も多いことから結婚という理由で退職をする人が多いです。

保育士のように結婚をしてからも続けようとする人は少ない傾向にあり、結婚を機に退職をしてもう少し時間に融通の利く仕事へ行く先生も多いです。

そのため、幼稚園に就職をしても早い先生ならば3年くらいで結婚を決めて辞めるということも多いですね。

結婚で退職をするのは幼稚園の先生の独特の理由になりがちです。

保育園の先生はあまり結婚で退職をするようなことはなく、どちらかといえば結婚をしてもそのまま続けて妊娠と同時に退職をするというケースが多いですのでこれは保育士と幼稚園教諭は異なります。

大変な保護者対応

幼稚園は保育園の保護者のように仕事をしながら育児をしているわけではなく、育児に専念をしている(専業主婦)の人が多いことから子どもが中心の生活をなっています。

そのため。「お弁当は誰がすごい?」「先生に気に入られて行事で良い配役に」などしたたかに保護者もいろいろな方法でアピールをしてきますし、もちろんモンスターペアレントもすごく多いといわれています。

特に運動会と発表会は幼稚園の先生たちにとっても苦痛になっていると言われており精神的に疲れてしまう先生も多いです。

保護者対応に疲れきってしまい退職をする先生もいるのは正直なところです。

幼稚園も求人には苦労している

労働の環境に関しては幼稚園教諭の方が保育士と比較をするとすごく恵まれている感じがします。

特に休暇に関しては幼稚園の先生は非常に多くなっており、夏休みは7月の20日~30日の間に次の学期の用意をしてしまえば8月はすべて休みにしている職場も多いです。

中にはローテーションで子どもを保育園のようにしてみなければならないこともあるため、1週間ずつ交代で勤務をすることにもなりますが、土日も基本は閉園をしていることから保育士よりも年間の休日は多く、平均年収も保育士より20万円ほど高いというデータもでています。

労働環境は保育士より良い

このような労働環境なので保育士よりは恵まれているのですが、なかなか求人には苦労をしているようですね。

幼稚園が求人に苦労をする理由は2つあります。

1,幼稚園の場合は正社員という形、もしくはパートだと朝の9時~14時までの勤務という形でしか基本は採用をすることができないため、そもそも労働時間の関係上働くことができる人が限られているということ点。

2,保育士は持っているけれども幼稚園教諭の免許は持っていないという人が多くそもそも求人に引っかかってこないということがあります。

保育士は待機児童問題と保育園が増えていることにより不足をしていますが、幼稚園の場合は労働時間が限られてしまうという点とそもそも幼稚園免許をもっている人が少ないという流れになります。

幼稚園教諭は違う職場がある

幼稚園教諭の仕事は幼稚園だけなのですが、最近は幼稚園教諭で英語ができる人はインターナショナルプリスクールでもすごく重宝をされる人材として採用をされます。

関連記事保育士の英語求人はどこ?英語力と発音は採用基準で重要

また、保育士と幼稚園教諭の資格を持っている人も結婚後や出産後になると休みやすい環境のある保育園へ就職をする傾向が強いため幼稚園の園長先生は採用に苦労をすることになります。

しかし、どうせならばある程度経験をしてきた人がほしいというのが本音だとは思うのですが、シビアになかなか来てくれないというのが難しいところのようです。

幼稚園教諭も保育士ももっと社会的地位が上がれば目指す方も多いのかもしれないのですが、世の中に重労働、低賃金ということがでてしまっていますので就職を希望する人は少ないことも求人に集まらない要因といえますね。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表 管理者

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの管理者をしているtakaです。
1981年生まれの37歳で保育士からWEBの世界へ飛び込みました。

経歴は認可保育園で8年保育士をして、認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきている異色感じです。

保育園では主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルスクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきています。

今は保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの仕事をやっています。
https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る