幼稚園受験の面接と服装はどんなもの?保護者の適切な態度がポイント

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

入学テストがある幼稚園受験のポイントと対策

幼稚園受験と聞くとどんなイメージをもちますか?

実は私も保育士をしていますが幼少期は幼稚園へ通っていたので母親と幼稚園の面接へ行ってそのまま通うことになったと聞きました。

実はその時にことを今でも覚えているのですが(約35年前)面接中に砂場へ行って遊んでいた私に先生が優しく話しかけに来てくれたというかすかな記憶があります。

今考えるとよくそれで通ったな・・と。。。

もちろんこんな私のような幼稚園受験対策をしても本格的な受験をするとなると不合格になる可能性もありますので、幼児教育、小学校受験を担当。

幼稚園受験に関してももちろん担当してきたので、担当者目線で幼稚園受験について書いていきたいと思います。

幼稚園受験とは?

幼稚園受験について書いていく前に幼稚園受験とはなにか?という点についてまずが書いていきたいと思います。

幼稚園受験とはいわゆる有名な私立の幼稚園へ入園を希望する方が選考を受けるための方法となります。

有名私立幼稚園の中には小学校から大学まで併設をしているところもあります。

将来に渡ってそこの小学校、中学校、高校、大学と進学を考えているならば幼稚園から入学をしていると試験があったとしても「下駄をはかせてもらえる」。

つまり、最初から加点があるというメリットがあるため幼稚園から受験をしていくという選択肢をする方も多いです。

しかし、このような幼稚園受験を行っているところはとても少ないのが現状となっており首都圏にある付属の幼稚園や関西地方になると大学まで併設をしている幼稚園へ入学をするなどのケースがほとんどです。

例え、近所で有名な幼稚園であったとしても受験と行うことはあまりなく願書を出してきた順番や定員になった時点で締め切り、もしくは抽選となる場合が多いです。

しかし、人気の私立の幼稚園などでは入学志願者が増えているため受験を導入するケースも多くなっていますし、幼児教育無償化の影響で今後は有名私立幼稚園の学費も安くなっていく可能性もありますね。

では、どんなことが幼稚園受験で求められるのか大事なポイントと幼稚園受験のメリットデメリットについて書いていきましょう。

幼稚園受験のメリットとデメリット

もちろん有名な私立幼稚園へ行くことによりメリットは大きい反面、すべてがメリットというわけではなくデメリットがあるのも正直なところ。

そのため、これから幼稚園受験をしていこうと考えている方は参考にしてください。

メリット

・大学まで併設をしている幼稚園ならばそのまま進学が可能なので将来の負担が減る。

・環境が恵まれており、保護者関係もい一定のレベル以上の人が多い。

・上への受験が必要な場合でも外部者とは違い加点などメリットが大きい。

・誰もが入りたい幼稚園ならば近所でも自慢になる。

特に進学の面で幼稚園受験をして合格をするとメリットがありますし、環境が整っており恵まれていることや保護者関係に関しても旦那さんの仕事が一定のレベルになるなどのメリットは大きいです。

もちろん場合によっては不合格になる場合もありますが、合格後のメリットは非常に多いので魅力的です。

デメリット

・入学後の費用が高く、大学まで学年が上がるたびに利用料も上がる場合もある。

・人間関係はずっと同じなので、いじめられたり問題が起こっても簡単には辞められない。

・環境になじめなかったら行きたがらなくなる。

・大学までずっと同じ世界なので外の世界を知ることはあまりできない。

・幼稚園受験のために特訓が必要である。

小学校まで併設をされているなどの幼稚園ならばよいのですが、中には大学まで併設をされており一定のレベルを確保できている場合は人間関係がずっと同じになります。

すると、いつまでも同じ環境、人間関係なので外の世界を見ることはないというのが正直なところですね。

もちろんメリットもありますがデメリットもあるのは正直なところなのでメリット、デメリットについて理解をしてから幼稚園受験について理解をしましょう。

幼稚園受験の考査と面接のポイント

幼稚園受験を受ける時期は2歳児なので幼稚園へ入る年少クラスの前のクラス。

そして、受験をする時期は10月ごろが最も多くなっています。

受験の内容に関しては子供のことを見るための様々なテストである「考査」と「面接」の2つになります。

もちろん中には何の対策もせずに合格をしている人もいるのは正直なところなのですが、有名な私立の幼稚園へ行こうと思っているのならば簡単には受かりません。

そのため幼児教室へ通ったり、私は夏に幼稚園受験対策コースというコースを実施し多くの人に受講をしていただいていました。

では、どんな考査と面接があるのかを紹介していきましょう。

考査の内容とは?

考査とは子供のことを見極めるための方法です。

もちろん幼稚園もいじわるとして試験を行っているわけではなく子供のことを見極めるために行っていますので理解をしておきましょう。

考査の基本としては幼稚園の先生が子供を遊ばせたり、絵本を読んだり、お話をしたりして子供が幼稚園生活をしていくことに支障がないか?また、問題を起こさないだろうか?などをチェックするものです。

主な幼稚園受験に内容はこんな感じです。

・運動(マット運動・模倣体操など)

・知能(パズル・簡単な話の記憶・数を数えるゲームなど)

・絵画(自由画など)

・行動観察(自由遊び・先生と遊べるか、暴力は振るわないかなど)

・生活習慣(お片づけなど)

もちろん幼稚園によって考査の内容は異なりますが、産まれて3年程度の子供に行う試験となりますのでそこまで難しい内容はありません。

基本的な生活習慣ができていれば問題はないですし、お友達を仲良くできれば良いでしょう。

数は3つまでの概念が入っているか?また、生活の中で「大小」を知っているという点も大事ですしひも通しができる、上靴を一人で履ける、挨拶ができるなど2歳~3歳で無理なくできる当たり前のことができることが大事です。

関連記事2歳児の発達と特徴!保育のポイントはトイレトレーニングと生活習慣の自立

自由遊びの行動は大事

この中でも考査として大事なポイントは自由遊びの行動です。

自由遊びはその名前の通り大きなホールなどにいろいろなおもちゃがおいてあり、そのおもちゃを10名~20名くらいのグループになって遊ぶというものです。

その際に不合格になる可能性がある行動は「友達をたたくなどの暴力」「ずっと部屋の中を走り回っている」「両親を離れでずっと泣いている」「奇声を上げる」「片付けを一切しない」など明らかに目立つ行為。

また、幼稚園に入っても問題が出そうな子供を幼稚園側はイヤがる傾向にあります。

説明会などでは「泣いていても大丈夫」「友達をたたいたりしてもきちんと教えます」と言いますが本音と建前という言葉がある通り受験を実施するような人気の幼稚園は子供を選ぶ立場にあります。

問題のありそうな子供を選ばなくても良いので、申込者数が多いと一つのトラブルや問題行動により不合格になる可能性もあります。

面接の対策と内容について

面接はいろいろなスタイルがあります。

この辺りは小学校受験の面接と大きな替わりがあるわけではないのですが、面接をする場合にはしっかりと対策をしておきましょう。

面接のスタイルとしては「親だけの面接」「親子面接」「両親と子供の面接」などいろいろな形式がありますが、幼稚園で最も多いのは親子面接です。

親と子供が一緒に部屋に入り、園長室などで面接を受けることになりますので対策をしっかりとしておきましょう。

面接は親も子供も聞かれることになりますので、面接で聞かれる定番のものを用意しておきます。

聞かれ方としては、親子交互や園長先生が子どもの様子をみて聞いたり、親に話をしたりすることになります。

親への質問事項

・この幼稚園をお知りになったきっかけ

・どうしてたくさんある幼稚園の中で当園を選んだのか?

・幼稚園の説明会にはきたか?またその印象や感想

・当園の望むことはどんなことか?

・宗教教育についてどのようにお考えか?(宗教教育をしている幼稚園に限る)

・家庭での教育方針について

・子供の長所と短所

・子供が今一番興味を持っていることは何か?

・男の子(女の子)を育てるために気を付けていること

・子供は健康か?また健康を保つために気を付けていることは?

・食事面で意識をしていること

・最近読んだ本はなにか?

・最近のニュースで気になることとその理由

・休みの日はどのようにして過ごしているのか

・お父さんは日ごろ子供とどのようにかかわっているのか?

・子供は将来どのように育ってほしいのか?

・寄付金をいただくが大丈夫か?

・保護者会の手伝いなどがあるが協力をしてもらうことは可能か?

・通うとなった場合の通園方法と通園時間

・子供のしつけについてどのように考えているのか?

・お父さんのお仕事は何か?

両親の面接は多岐にわたっており、子供よりもどちらかといえば両親に聞かれることが多く重きを置いているというイメージになります。

特に志望動機幼稚園への説明会の参加と感想、宗教教育については間違いなく聞かれますので幼稚園のホームページなどをしっかりと確認して事前に準備をしておきましょう。

また、お父さんも比較的聞かれることが多いのでしっかりと準備をしておくべきですね。

特に家庭の育児方針は両親ともに同じ考えであることが望ましいのでしっかりと準備を対応をしていきましょう。

子供への質問事項

・お名前を教えてください

・何歳ですか?

・今日は誰ときましたか?

・何で幼稚園まできましたか?

・好きな遊びはなんですか?

・好きな色は何ですか?

・ご飯を食べる時のあいさつは何ですか?

・朝起きたときの挨拶は?

子供は小学校の受験のように突っ込まれることもあまりないので簡単な質問となります。

聞かれている質問に対してしっかりと答えることは大事となっており、元気に答えることはもちろんなのですが質問と答えが合っていることが重要です。

支離滅裂な答えではなかなか難しいでしょう。

お名前、年齢は必須ですしこの2つは間違いなく聞かれますので事前に練習をしておくべきです。

座っていることも大事

また、親子面接の場合は親の間に子どもが座ることになるため子ども自身も面接時間の目安である約10分程度はキチンと座っておくことが重要となります。

そのため、日ごろから座ることの習慣化を身に着けさせることは大事です。

もちろん3歳程度の子供なのでうろうろとすることもあるでしょう。

そんなことで不合格になることはないのですが、その時に両親が「座ろうね」「こっちおいで」など優しく座るように諭しているかという点はとても重要です。

放置はダメですし、好き勝手させたり、両親が何も言わないという場合には不合格となる可能性が高いでしょう。

幼稚園受験合格のポイントは保護者

ここからは幼稚園受験の担当をしてきて実際に私立の幼稚園の先生を話をすることで手にいれた情報を紹介します。

幼稚園受験の合格、不合格に関して一番重要なのは「保護者」です。

小学校受験ならば子供にペーパー試験などがありますので総合的な評価となるのですが幼稚園受験の場合には子供の考査はそこまで複雑なものは用意をされていません。

そのため、両親がいかに子供と関係をつくって幼稚園受験に臨むことができるのか?という点はとても重要だといえます。

幼稚園受験の当日は幼稚園の中で行われるのですがこまかなルールや説明があります。

例えば、「今からホールで遊びます。保護者の方は子供をホールまで連れていっていただき赤のラインの前までで子供と別れてください」という指示があったとします。

この場合は保護者はどんなことがあっても「赤のライン」を超えてはならないのです。

また泣いていても、暴れていても先生にあずけて見守る姿勢を貫くことは大事といえます。

ここで指示を守れないとほぼ間違いなく不合格です。

多くのチェックをしている先生たちは子供を見ているように見せかけて実は親の行動や対応、関り方などとこまかくチェックしていますのでよく注意を聞いて自分自身が気を付けましょう。

しかし、当日両親はそこに気を付けていけば合格をする可能性も高まりますので幼稚園受験では幼稚園の先生の指示は絶対なので十分注意をしましょう。

保護者の面接を態度次第で合否が決まる

保護者の面接が幼稚園受験をする場合にはとても大事です。

その理由としては、幼稚園の場合は子供も大事なのですが生まれて間もない子供の考査することになりますのでそこまで詳しく見ることもできないのは正直なところ。

そのため、基本的な考えとしては両親のことをとてもよくみています。

態度や子供へのかかわり方、対応の方法や面接での受け答えなど細かくチェックをしてますし両親の育児方針にズレがないか?なども細かく見ているのは正直なところ。

そのためにも保護者の態度や幼稚園での子供のかかわり方は重要になりますので日ごろから子供との関わり方を大事にしておくべきですね。

幼稚園の選び方

幼稚園受験をする際に幼稚園の選び方はとても重要となります。

その理由としては、幼稚園受験がない幼稚園もありますが受験が必要な幼稚園がある場合には合格をすると最低でも3年間は通うことになります。

その際に子供がストレスなく通うことができるか?また、小学校がつながっていく場合には保護者との関係の構築していかなければならないというメリットもあります。

そのため「教育方針は家庭の考えと合うのか?」「この幼稚園は子供にあっているのか?」「幼稚園へ入園をすれば小学校へも入学できるのか?」など細かなポイントにもチェックをしていきましょう。

一番よくない幼稚園の選び方としては「近いから」「お友達がいっているから」という安易な理由です。

その理由は親の都合であって子供のためにならないです。

これを見失って、有名な幼稚園だから、倍率が高いから、人気だからなどの理由で安易に幼稚園を決めることは辞めておきましょう。

自分の子供の向いているのか?

自分の子供に向いているのか?という点はとても大事です。

例えば、日ごろからあまり活発に動かない子供がずっと外遊びを基本としている幼稚園へ行く。

その反面ずっと外にいることが大好きでずっと走っていたいと思っている子供に規律の厳しい幼稚園へ行かす。

どちらも両極端ですが、子供にとってはなかなか辛い状況になることが目に見えていますので避けておくべき問題といえるでしょう。

受験先の幼稚園を調査しよう

受験先の幼稚園を調査することはとても重要になります。

もちろん噂で良い幼稚園と言うことは知っていても実際に見学へ行ってみると合わない。

口コミは良いけれども希望の教育はしてもらえないなどいろいろな事情があると思います。

そうならないためにもネットなどで情報を仕入れることはもちろんなのですが、実際に幼稚園へ足を運んで見て選んでも良いですし、子供を体験保育などへ連れて行って様子を観察するという方法もありといえるでしょう。

中には希望をしていた幼稚園と全く考えていなかった幼稚園に体験に行き、あまり考えていなかった幼稚園での子供の姿をみてそちらを選んだという事例もありますので、体験は幼稚園を選ぶ際に重要なポイントです。

費用は支払えるのか?

あと、幼稚園はもちろん無料ではありませんので基本的な考えとしてお金を支払います。

その費用を3年間間違いなく継続して支払うことができるのか?という点に関しても検討をすべき部分です。

子供は教育費がかかるものですので子育て費用のシミュレーションをして幼稚園からお金をかけるべきかという点も検討をすべきことです。

また、幼児教育無償化も始まりますので適用となると教育費が高くても通える可能性もあったりしますので自分で見極めることが重要といえますね。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka管理者 taka

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの管理者をしているtakaです。
認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げや集客、営業などをやってきた異色の男性保育士。

保育園の主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャーなどを歴任して今は保育コンサル、保育組織改善、子育て相談に子供関係の仕事と、WEB関係でホームぺージ作成などの仕事をやっています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る