保育園の入園式はいつにどんな感じ?子供と母親の服装と父親の参加率

保育園の入園式はいつ、どんな感じで行われるのでしょうか?

保育園は子供たちが通う施設ですが、4月に一番多くの子供が入園することになります。

幼稚園のように同じ年齢の子供が一斉に入園するわけではないため、4月に入る人数や年齢もバラバラですがね。

そんな保育園の入園式ですがmあまり知られていないことも多いです。

この記事では保育園の入園式について書いています。

記事を読み終えることで保育園の入園式はいつ、どんな感じなのかの内容、服装がわかります。

※保育士と管理職として15年、娘を通わせた保育園の入園式経験を含めて書いています。



保育園の入園式はいつにどんな感じ?子供と母親の服装と父親の参加率

保育園がそもそも入園式を行っていることも知らない人も多いでしょう。

保育園ではどこでも入園式を行っています。

4月の学期初めの行事として行われることが多く、行っていない保育園は少ないですね。

特に仕事復帰の人にとっては「子供を預ける」という気持ちの切り替えの時期になりますし、幼児期の子供にとっては新しい環境へ行くという節目の行事にもなります。

保育園の先生たちも担任としてスタートする時期になりますのでみんなの「スタート」という意味で入園式を開催しています。

保育園の入園式はいつ?4月の始めの時期【仕事に配慮する?】

保育園の入園式はいつ開催をされるのでしょうか?

開催時期は大きく分けて2つあります。

1つ目は4月1日と決めている園があります。

日曜日の場合のみ翌日にしますが、学期の切り替えの日ということで4月1日にスタートするケースがあり、特に公立の保育園は自治体で一律に行います。

2つ目は4月の最初の週の土曜日もしくは日曜日に開催をするケースです。

私が今までに勤務をした園、娘を通わせた保育園はこのパターンでした。

理由は「仕事をしている人が多い」ため、できるだけたくさんの人に参加をしてもらい、祝ってもらいたいという気持ちからです。

特に最近はお父さんの育児への参加率も上がっていますので、入園式に参加を促して園の理解を得る機会にもなります。

保育園の入園式は入園児のみ?在園時はどうするの?

入園式は入園児のみ行うのでしょうか?

実は多くの園は「入園・進級式」として行います。

入園児おめでとう、進級おめでとうという意味で開催をされることが主で、在園時も進級式として参加をします。

途中入園の子供達はすでに通っているけれども、入園式に参加をするというイメージです。

→ 保育園に途中入園で入りやすい時期はいつ?申し込み方法の注意点3選

保育園の入園式はどんな感じ?流れと内容を解説【園長挨拶が必須】

保育園の入園式ですが、いまひとつイメージがつかないことも多いでしょう。

実際に保育園に入園をしなければ入園式を見ることも、参加をすることもありませんので当たり前のことです。

保育園の入園式は主に2つのパターンに分かれます。

アットホームな入園式と式典的な入園式です。

いずれも良さがありますが、公立はアットホームな手作り感、私立は式典的な入園式を行うことが多いです。

保育園の入園式の流れを解説!どんな感じかイメージしよう

保育園の入園式に私はたくさん参加をしてきましたので流れやイメージを紹介します。

はじめてだと流れやどんな感じなのかイメージもわかないと思います。

以下は私が勤務をし、園長として開催をするときにも行っていたパターンです。

どちらかと言えば式典的な感じになりますので、参考にしてください。

1,多目的室などの大きな部屋で全員が集まる

2.園長挨拶

3.担任紹介

4.新入園児の名前紹介【新入園児がいるクラス】

5.年長児よりお祝いの歌と言葉

6.保育士による手遊びなどの出し物【安心感を持たせる】

7.閉会の言葉

詳細を簡単に書いていきます。

司会は主任やベテランの先生が行うことがほとんどですね。

1,多目的室などの大きな部屋で全員が集まる

保育園で開催をされることがほとんどです。

その場合には多目的室やホールなど広い部屋で、保護者は床に座ることがほとんどですね。

入園児のみ椅子、在園時は床と使い分ける場合もあります。

中には、自治体にあるホールなどを借りて開催をする園もありますが、園内で開催をするケースがほとんどです。

2.園長挨拶

園長先生の挨拶は必須です。

私も実際に入園式で挨拶をしてきましたが、内容は「入園おめでとう。これから保育園生活をがんばりましょう。お友達を仲良く」といった内容です。

ここで初めて園長先生を知るということも多いでしょう。

3.担任紹介

次に担任紹介があります。

各クラスの先生たちの顔を見る機会となり、4月からの先生たちをみることになります。

一言ずつ挨拶をして、顔をしる機会にもなりますね。

4.新入園児の名前紹介【新入園児がいるクラス】

次に入園児の名前を呼びます

在園時も経験してきており、入園児はみんな名前を呼ばれます。

「その場ではーい」としてくださいとして下さいといわれますので、子供にはーいとさせましょう。

恥ずかしい場合はママやパパが一緒にしてあげてください。

5.年長児よりお祝いの歌と言葉

次に保育園の年長児よりお祝いの言葉や歌の披露があります。

保育園の代表として出てきてくれます。

保育園によっては挨拶と歌以外にも、合奏をしたり、園歌をうたったりしてくれることもあります。

6.保育士による手遊びなどの出し物【安心感を持たせる】

子供達の出し物が終わったら、先生たちからの出し物もあります。

寸劇のように「保育園はたのしいところだよ」と伝えるものがあれが、大型絵本を読んだり、先生たちが歌をうたったり、その園によって異なりますが、先生たちがしてくれることは多いです。

7.閉会の言葉

閉会の言葉が最後にあります。

「本日の入園式はおわりです」という言葉をきいて終わりです。

入園式は乳児もいることからそこまで長い時間ではなく、30分~1時間程度でおわる行事です。

保育園の入園式の服装は?母親と父親と子供の服装【パパの参加率は?】

次に保育園の入園式の服装について書いていきましょう。

保育園の入園式は子供もパパママも服装に迷います。

先生たちはスーツがほとんどで、女性の先生は春らしくピンクや水色などのスーツで参加をします。

(※制服がある場合は制服で統一する場合もあります)

保護者はどうすべきか、難しいところですので、入園式の子供とパパママの服装をかいていきます。

保育園によっては入園児と、保護者にコサージュを付けてくれるところもありますので、その場合には正装にしておきたいですよね。

保育園の入園式【男の子と女の子の服装】

保育園の入園式は年齢によってもことなります。

年少(3歳児)以降に入園をしている場合、私立の保育園は制服が用意をされている場合が多いです。

私服の場合はそこまでかしこまった服装はあまり着ていません。

どちらかと言えば私服をおしゃれにした程度の子供がおおかった印象です。

女の子はワンピースが多く、男の子はポロシャツとパンツやシャツなどが多く、ジャケットは少数派です。

しかし、式典のような入園式を行う際には子供の少しフォーマルにしているケースもあります。

おすすめは入園説明会など、入園前にある説明会でベテランの先生に聞いてみると、だいたいの服装のイメージがわかります。

制服が正直なやむ必要もないのでラクです。

乳児は動きやすい服装を【0歳1歳は泣いてしまう】

乳児の服装は要注意です。

おしゃれをしても入園式といういつもとは違った雰囲気、慣れない環境でぐずることが多いです。

・泣いてしまう。

・式中もずっとぐずってしまう。

・抱っこをしてとねだる。

・うろうろとしてじっとしていられない。

入園式は1時間ていどで終わりますが、ママ達からすると長く感じます。

そのため、おしゃれは適度にしておき「動きやすい服」にしておくとよいでしょう。

母親の保育園の入園式での服装は?私服で良いの?

母親の保育園の入園式の服装はどんなものが良いのでしょうか?

ママも保育園の入園式の格式によって異なります。

例えば、式典形式の場合には保護者もかしこまった服装をしている方が多いですし、行事の1つのようにしているところは私服のママ達もいます。

特に服装に決まりはありませんが、最低限の節度ある服装にしておきたいですね。

例えば

・ビジネススーツ。

・ジャケット+ワンピース。

・アンサンブルニット+スカート(パンツ)

・襟付きシャツ+スカート(パンツ)

乳児の子供の場合はママも動きやすいようにパンツにしておく方がよいかもしれませんね。

父親の入園式の服装は?スーツが基本

パパの多くはスーツが基本です。

お父さんが参加をするケースも増えていますが、これも式典に近い入園式なのか、行事の1部としての入園式なのかによって異なります。

しかし、基本はシャツとジャケットであれば問題ないと思いますね。

・ビジネススーツ。

・ジャケット+シャツ+チノパン

・ジャケット+カジュアルパンツ

・襟付きシャツ+チノパン

入園式なのでキレイめの服装をしている方が多いです。

しかし、カジュアルな方も多いので保育園の雰囲気によってつかいわけましょう。

→ 入学式の父親のジャケパンはあり?ネクタイはいるの?

パパの参加率は低い?入園式の日により異なる

最近は父親の育児参加も増えており、子供の行事にも参加をする人が増えています。

ただし、ママよりもパパの方が仕事を休みにくい印象があり平日の場合は全体の30%~50%程度、土日祝日の休みになると70~90%程度の人が参加をしている印象です。

パパも子供の行事が気になる時期ですね。

保育園の入園式は先生に聞いてみよう【雰囲気の確認を】

正直、入園をする保育園によって入園式の雰囲気は異なります。

公立はアットホームに近く、私立は式典に近い印象ですが各自治体によっても異なります。

特に一人目だとわからないことも多いので、一番良い方法は「先生に聞いてみる」というのが一番です。

「入園式って親や子供はどんな服ですか?」と単刀直入に聞いてみるときちんと教えてくれますので、それに合わせれば問題はないでしょう。

先輩のママ友に聞いてみてもよいですね。

保育園の入園式は4月!服装は迷ったら聞いてみよう

保育園の入園式は4月に行われます。

行われる時期は場所によって異なっており、4月の1日に必ず開催する園もあれば仕事をしているママ達のことを考えて土日祝日に開催をするケースもあります。

入園をする園によって異なりますね。

参加をするママ達からすると、服装に迷ってしまうことも多いです。

もちろん違和感がなければよいのですが「張り切りすぎて浮いてしまった」「カジュアルすぎた」など失敗談も多いので、入園式の前に「保育園に確認」をしてみるとよいでしょう。

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る