入園式の服装にママに迷ったらスーツがおすすめ?【幼稚園・保育園】

入園式の服装はママが迷いますよね。

スーツ?ドレス?着物?といろいろな服装がありますが、どれにするか迷ってしまいます。

入園式は子供達にとって1度しかない、大事なイベントですのでママもちゃんとした服装をしたいもの。

この記事では入園式の服装について書いています。

記事を読むことでママの入園式の服装のおすすめやマナー、購入をしている人の相場がわかります。

※こちらはニッセンのPR記事です。



入園式の服装にママに迷ったらスーツがおすすめ?【幼稚園・保育園】

入園式や卒園式など幼稚園や保育園では格式ある式典に位置付けされます。

そのため、ママ達もあまりにもカジュアルな服装で参加をするのはちょっと場違いとなってしまいます。

せっかくのお祝いの日なので、セレモニーな服装にしたいものです。

あくまでも常識的な範囲で意識をすることになりますが、見た目の印象は大事ですね。

入園式の服装の色は何をきる?生地もチェック

入園式の服装ですが、何色を着るのでしょうか?

入園式はパステルカラーの服を着る人が多いです。

ピンクやブルー、ほかにもベージュやホワイトなど明るめの服装の色の方がですね。

春に行われる明るい季節なので、それに合わせてパステルカラーを選択します。

しかし、入園式一度のために購入をするのはもったいないです。

そこで、卒園式でも入園式でも着られる黒やグレーのスーツを着まわしている賢いママもたくさんいます。

生地はツイード生地やポリエステルなどさらっと着られる素材が人気となっていますし、ジャケットだけ春に合わせる人もいます。

入園式の服装にママが着るのはなに?おすすめの服装の種類3選

入園式の服装には主に3つのパターンがあります。

いずれを選んでも問題はありませんので、好みにしましょう。

スーツ【ジャケット・パンツ】

スーツは定番のママも入園式スタイルですね。

黒やグレー、紺など比較的暗めの色のスーツを着ているママが多いです。

もちろん ベージュなどでも問題はなく、子供のお世話をすることもあるためパンツスタイルにするママもいます。

スーツにはカチッとしてものから、フェミニンなものまで幅広くあります。

カラフルなもののありますので、選択肢も多いのは魅力です。

セレモニードレス【スカートでおしゃれに】

次にセレモニードレスという部類です。

その名前の通り、式典などに参加をするときに切るドレスで、ワンピースもこの種類に入ります。

女性らしさを出すならば、セレモニードレスがおすすめ。

おしゃれにみえますが、派手で目立ちすぎないように気を付けてください。

着物【日本の伝統的な服装】

次に着物です。

日本の伝統的な服装で着物で参列するのは全く問題ありません。

一般的に入園式には「訪問着」「色無地」「付下げ」をまとうのが一般的です。

私も今までに入園式は10数回参加をしてきましたが、スーツとワンピース、セレモニードレスで90%、着物は5~10%程度といった割合ですね。

卒園式でも使えるものを購入しよう

賢いママは卒園式でも使える服を購入するケースがあります。

特に、兄弟や姉妹がいると、連続になることや1年おきに入園式と卒園式があったりします。

そのたびに購入をしていたらもったいないので、卒園式を兼用をできるものを購入するママは多いです。

→ 保育園の入園式はいつにどんな感じ?子供と母親の服装と父親の参加率

入園式の服装の相場はいくら?安いおすすめはニッセン

入園式など、幼稚園や保育園では式典がありますが、そんなにたくさん行われるものではありません。

子供の人数によっては1回しか出ないという方も多いことでしょう。

そんなママ達がどれくらいの予算をかけているのか気になったので、妻のママ友に聞いてもらいました。

結論からすると平均はトータルで1万円~3万円くらいです。

入園式の服装にもよりますが、ジャケットやスカート、パンツ、ブラウスに1万円~2万円くらいをかけます。

そこに追加で足りない小物に5000円~1万円程度ですが、家にあるもので代用をするので0円と言う方もいます。

子供の晴れ舞台ですが、めったに着ることがない服に高いお金を出せないというママが多いです。

そのため、可能な限り安くおしゃれにしたいというママも思いがあるようです。

安くておしゃれな服が豊富カタログ通販「ニッセンオンライン」】

小物を上手に使うママはおしゃれ!入園式の服装

また、服を購入するだけではなく、小物を上手に使うママも多いです。

真珠のネックレスのようなものやバッグ、ブローチなどを購入することで変わってきます。

イヤリング(ネックレス)をつけるだけでも一気に華やかさがでます。

幼稚園や保育園の入園式は子供が主役!ママの服装の注意点5選

次に入園式の注意点について書いていきます。

入園式はあくまでも子供が主役であり、ママやパパが子供達よりも目立ってしまうのは問題があります。

特に以下の5つは注意をしておきましょう。

1.奇抜な服装で出席する【ストッキングに注意】

服装の問題です。

私服でもダメージジーンズ、ジャージなどは避けておくべきです。

また、奇抜な色や服装で参加をするのも良くありません。

入園式はあくまでも子供たち主役の式典なので、定番の色や形の服装で参加をしましょう。

特にストッキングはベージュが基本です。

式典に黒やカラフルなものは合いませんので、注意をしましょう。

2.父親の服装に清潔感がない【スーツが基本】

入園式に最近はパパも参加をするケースが多いです。

しかし、参加をするならばパパもきちんとした服装をしておきたいものです。

スーツもしくはジャケパンなど会社に行く服装と同じでよいので、整えましょう。

パパも同じで、子供が主役の式典で目立ちすぎないように注意をして下さいね。

→ 入学式の父親のジャケパンはあり?ネクタイはいるの?

3.安くても良い!おしゃれにしてみよう【日常使いできないアイテム】

入園式や卒園式で着る服は日常的に着ることはありません。

そのため、無理をして高い服を購入する必要もないでしょう。

安価に購入ができるのならば、それに越したことhはありませんね。

トレンドも抑えているしもむらは人気ですし、【ニッセン】も安価でおしゃれなものがたくさんそろっています。

4.時代遅れのスーツ【新しいものを購入しよう】

昔に購入をした服装で参加をしようと思う方もいるでしょう。

しかし、時代遅れのスーツは型も崩れていますし、どうしても古臭い感じがします。

子供達の入園式となるとママの年齢も様々で、若い方から年配の方までたくさん参加をしてきます。

時代の流れにそった服装をしたいものですね。

5.スカートの丈に注意!ひざ丈が基本【ミニはダメ】

ママがスカートを履く際には丈に注意をしましょう。

基本はひざ丈が基本となっており、座ったときに膝が見えない程度が本来は良いとされています。

あまりにも短いスカートは式典の雰囲気にはあいません。

購入をするときにスカートの丈には注意をしておきましょう。

入園式の服装のまとめ!ママはマナーを守って素敵な服装をしよう

入園式の服装について書いてきました。

パパはスーツで参加をすれば何も問題がありませんのでラクですが、ママは色々と迷ってしまいます。

かわいい服装やおしゃれな服装など最近はたくさん売っていますので、好みもものを選べば問題ないでしょう。

ただし、最低限のマナーを守ることは大事です。

あくまでも入園式や卒園式の主役は子供ですので、ママやパパが目立ってしまうことはよくありません。

マナーを守って、子供の晴れの日を祝ってほしいと思います。

Taka代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る