認証保育園と認可保育園の違い【保育料と入園方法と保育士の仕事】

認証保育園と認可保育園の違いをしっていますか?

実は最近増えている保育園の形態で認可とよく似た形なのですが、少し違う印象となる保育園なのです。

このような保育園が増えている理由は待機児童問題。

保育園へ入りたくても入れない人が多く仕事復帰できない人が多い現状があるため認可保育園以外にも企業主導型保育園や、認証保育園という形態が増えています。

この記事では認証保育園について書いていきます。

記事を読み終えることで認証保育園と認可保育園の違いや入園の方法、保育料について知ることができます。



認証保育園と認可保育園の違い【保育料と入園方法と保育士の仕事】

認証と聞くと「認められている園」のような印象になります。

そのため、認可保育園と間違われるのですが実は認可保育園とが違います。

認証保育園は無認可保育園(認可外保育園)と同じ保育園です。

認可保育園は厳しい審査基準を潜り抜け自治体や国から補助金をもらって運営している形態となりますが、無認可保育園は補助金などは一切もらえない保育園の形態です。

運営は個人から民間企業など様々ですが、認可保育園と認証保育園はそもそも全く異なる形態の保育園であるといえます。

ただし、認証保育園を無認可保育園と言わないのには理由があり「認証保育園は東京都独自の制度の保育園」だからです。

認可保育園のように国の基準を満たしていなかったとしても、「自治体の基準を満たしていれば補助金を交付する」というものです。

これは待機児童問題の保育園に関するニーズの声からできた制度で、創設されたものです。

認証保育園の種類と開園時間【認可保育園と比較】

認証保育園には2種類の形態があり「A型の駅前に設置をする園」と「B型の小規模・家庭的保育」の2つがあり、原則13時間以上開園をしていて、0歳児から入園できるものです。

東京都は認証保育園と読んでいますが、大阪だと地域型保育事業所、横浜市だと横浜保育室という名前が付けられています・

認可保育園と認証保育園の違いを表にして比較してみましょう。

認可保育園認証保育園

(A型駅前基本型)

認証保育園

(B型小規模・家庭的)

定員

対象年齢

60人以上

(小規模は20人以上)

20~120名

(0歳児~2歳児を1/2以上)

6~29人

0~2歳

0歳児保育実施していない園あり必ず実施必ず実施
基準面積0歳児・1歳児

一人あたり3.3㎡

0歳児・1歳児

一人当たり2.5㎡

0歳児・1歳児

一人当たり2.5㎡

保育料市区町村が徴収

(世帯収入による)

認証保育園が徴収

(上限内で園が設定)

認証保育園が徴収

(上限内で園が設定)

申込方法市区町村へ申込園へ直接園へ直接
改修経費の補助なし駅の改札口から

徒歩5分以内は補助あり

なし
開園時間11時間~13時間以上の開園が義務13時間以上の開園が義務
サービス内容の説明説明義務なし説明義務あり※1説明義務あり※1
利用者に対する周知認可設置の交付あり

掲示は義務なし

義務あり※2義務あり※2

【説明義務あり※1】説明の義務と契約時の保護者へ「重要事項説明書」を渡す必要あり。

【義務あり※2】利用定員などのサービス内容を明示した認定書と基準に適している適合証の掲示義務があり。

認証保育園の保育料金は高い?

認証保育園は東京都独自の保育園で無認可保育園と同じだと書きました。

認可保育園はたくさんの補助金から成り立っており、世帯収入で保育料が決まるためそこまで高くない費用で入園が可能です。

無認可保育園は基本的に補助がないため高い印象ですが認証保育園はどうなのでしょうか?

認証保育園の料金は上限が定められている保育園です。

原則として月220時間以下の利用をした場合の月額は、3歳未満児80,000円、3歳以上児70,000円を超えない料金設定となっています。

そのため、高額な保育料を請求されるということはありませんので安心をしてください。

(参考:東京都福祉保健局「認証保育園」)

※保育料の月額は基本の保育料のほか、1食目の給食代及びおやつ代、保育に直接必要な保育材料費、光熱水費、年会費(12分の1の額)及びこれらにかかる消費税相当分が含まれます。

幼児教育無償化で認証保育園の保育料はどうなる?

幼児教育無償化の影響で2019年10月より、0~2歳児は月42,000円(住民税非課税世帯)、3~5歳児は月37,000円を上限に支援されます。

ただし、各自治体によって対応も異なるため一概に全員がもらえるとは限りません。

特に認証保育園や認可外保育園は幼児教育無償化の対象とならないケースもありますので十分確認をしましょう。

基本はあなたの住んでいる市区町村のルールに準じることとなります。

→ 幼児教育無償化はいつから?幼稚園や保育所の料金 給食費はどうなるのか?

認証保育園の入園方法は?働いていなくても申込できる?【認可との違い】

認証保育園は誰でも入れる保育園です。

そのため、認証保育園は働いていなくても入園が可能です。

認証保育園は無認可保育園(認可外保育園)の形態となるため、認可保育園のように自治体に申し込みをする入園方法ではなく、施設へ直接申込をして入園をするスタイル。

つまり、入園をしたいならばその施設へ申し込みをして空きがあれば入園できるのです。

認証保育園は無認可保育園と同じとなるため「誰でも」申込が可能であとは施設の判断に委ねられることとなります。

いつでも認証保育園は入園できる?選考基準とは?

誰でもその施設へ申し込みをすれば入園できるならば申し込みをすればいつでも入園できると思うのは大きな間違いです。

認証保育園は誰でも申し込みが可能ですが、いつでもだれでも入園できるわけではありません。

定員やその時期の受け入れ状況などを比較する必要がありますし、人気の認証保育園だと抽選や先着順、予約を確保するなど様々な申込方法があります。

中には2年先まで入園児童が決まっているという現状があり入園が難しいというケースもあります。

入園に関しては認証保育園の園長次第という点も大きなポイントとなっており、面接で入園を断るケースもあります。

背景には首都圏で増えている待機児童問題があり仕事復帰のために認可保育園へ申し込みをしているけれども入園できなかった時のことも含めて保険のために抑えるという人もいます。

そのため、保活は妊娠中からしている人も多く見学者は認証保育園は早い段階から来る人が多いようです。

 保活のやり方と保育園の見学のポイント!入園するためには点数が大事

入園するなら認可?認証?無認可?

入園をすると考えたときに開園時間や料金、保育士の人数などを総合的に判断をすると認可が一番恵まれています。

しかし、認可でもレベルの高い保育園から低い保育園まで様々ですので一概に認可が良いとは言えません。

認証も認可保育園よりは認可外保育園へ近い形となるため認可保育園へ入るか?認可外保育園へ入るのかという選択肢になります。

認可外保育園は託児所から制限なく自由な保育をしたいという思いを持って保育をしている人も多いです。

個人的には一番は認可を選ぶべきです。

環境や保育士の配置、給食など仕事をしているママ達にとっては強い味方になってくれます。

ただし、中にはとても良い保育を実践している認可外保育園もありますのでよく考えて入園をする先を考えましょう。

認証保育園の求人と給料は認可外保育園と同じ?【認可と比較】

認可保育園と認証保育園のどちらに就職をするのかと考える保育士さんもいるでしょう。

認証保育園は基本的に無認可の保育園と同じになります。

そのため、独自の保育を実践している園も多く中には保育園が実践をしている園もありますね。

求人や就職に関してはあなたのやりたい保育ができる環境が最も良いと思いますので認可や認証に限らず見学や実習をして就職先を決めましょう。

認証保育園の給料と待遇

お給料を求めるならば間違いなく認可保育園です。

認証保育園は無認可保育園と同じなので、預かる子供の人数の月謝がお給料につながることになります。

そのため子供が多くみても収入が増えることもなく、先生が子供の人数を法的にギリギリで見ることが多いため余裕もあまりありません。

認可外保育園と同じで補助金があるといっても認可保育園ほどもらえるわけではないため給料は保育園の中でも低い部類に入るでしょう。

認可の場合は補助金があり保育士の処遇改善手当なども入るため給料が安定しており賞与もあります。

もちろん他にも社会保険などの福利厚生や退職金などもきちんとされていますので給料や待遇、正社員でも雇用が良いというならば認可の方がよいです。

また、新卒ならば認可の方が手厚い教育制度も整っているため成長ができる環境も整えられていますね。

認証保育園の仕事内容は【認可保育園と同じ】

仕事内容は認証保育園がどのような保育をしているかによって異なります。

ただし、保育士として子供を見ることはもちろんですが他にも書類などもあります。

認可だとイメージがわきやすいですが認証や認可外保育園はその園によって異なります。

 保育士向け求人転職サイトをおすすめ3つに厳選【退職前に読むべき】

認証保育園と認可の違いは【保育士の仕事内容と給料】

認証保育園は基本は認可外保育園です。

しかし、自治体から一定の基準を満たしているため補助金をもらっている園であるということがわかりました。

イメージとしては認可ではないけれども認可外保育園でもないという間に入るような園ですね。

東京都の独自の保育園ですが、待機児童問題を解消するための一つの保育園として最近は増加傾向にあります。

保育園へ入りたい、仕事復帰をしたいという方も多いですがすぐには入園できないので認可以外にも認証保育園という選択肢を持ってみてはいかがですか。

ただし、適当に入園できるからと決めるのではなくきちんと見学へ行って自分の子供に合うのかもチェックしておきましょう。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士派遣会社ランキングの口コミ評判とは?給料と求人依頼の方法を解説

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

takaです。

園長経験もある異色の元保育士。

子供はもちろんめっちゃ好き!!

今は副業サラリーマンとして、子供関係の仕事とWEB関係の仕事をしています。

保育経験と子育て経験を活かし、皆様のお悩みを解決できる記事を書いていきます♪

気になることや、書いてほしい記事があればお気軽にこちらへ連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtakaです。

【経歴】

・認可保育園で現場の8年、分園の責任者2年

・認可外保育園の立ち上げ2園

・インターナショナルスクールの園長経験あり

・幼児教室の教室長経験あり

現場の保育士から、管理職になり営業や運営、マネジメントに従事した異色の経歴があります。

【簡単な紹介】

現在38歳で奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!

趣味はキャンプと筋トレ、ランニングです。

今は副業サラリーマンをしており本業は子供関係の仕事。

副業はWEB関係でコンサルや個別相談、WEBマーケ。

それと保育コンサル、育児相談の2つの仕事をしています。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る