保育園の入園申込時期と方法!入園するための提出書類と点数一覧

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

保育園への入園方法

認可保育園への入園を決めたならば、さっそく申込をしたいところなのですが「いつ」「どんな方法で」というのはいまいちわかりにくですよね。

認可保育園は実際にそろえる書類もいろいろとありますし、申込の時期や提出をする書類に関しても自治体によっていろいろと異なります。

もちろん1枚でも書類がない場合には申し込みを受けてくれない場合もありますし、選考期間中へもっていかなければ相手にもしてもらえない可能性もあります。

認可保育園への申し込みの基本は「自治体へ相談をする」ですが、そんな認可保育園へ入るための時期や方法、点数の評価やつき方についてまとめていますので参考にしてください。

認可保育園は役所に一括申し込みをする

まず、知っておきたいポイントが認可保育園は役所と通して申し込みをすることとなります。

そのため入園を希望している複数のいろんな保育園へ一括で申し込みをすることが可能となります。

無認可保育園の場合は各保育園へ自分から申込をしに行くことになるので申し込みの方法が異なります。

それに対して認可保育園は点数によって入園が決まるためなかなか入れないというのが現状です。

そのため通うことが可能な保育園を全部記入する方もいるほど待機児童が多い地域もありますので自治体の各市役所へ行って保育園の状況についてしっかりと確認をしましょう。

認可保育園への申し込みの時期

認可保育園へは大きく分けた場合に3種類の書類を用意する必要があります。

小規模保育園も家庭的保育園(保育ママ)も含めて必要書類1セットを用意して市役所へ提出をすれば複数の保育園へ同時に申し込みをすることとなりますね。

4月の入園を希望している場合には各自治体が10月ごろから入園をするための書類を配布してくれますので窓口へ書類をもらいに行きましょう。

必要書類を記載して、12月の下旬が締め切りになるところがほとんどとなりますのでそこまでには希望の保育園3園を絞っておきたいですね。

準備をする書類

必要は書類は大きく分けて3つとなります。

1,保育利用申込書(保育時間や希望の保育園を記入する)

2,家庭や子どものことがわかる書類(子どもの生年月日や家族構成)

3,保育が必要なことが証明できる書類

(就労証明書や在学証明書、診断書や離職票など申込理由が証明をできるもの)

市町村によって枚数や書き方などには違いがありますし、3のように会社や病院に記載をしてもらわなければならないものもありますので書類に漏れがないか?また、ミスがないかなどを用意することが必要です。

認可保育園は点数で入園が決まる

基本的には3の記入状況によって書類の提出を見て指数化をした結果で入園が可能なのかが決まります。

指数とは、基準指数や調整指数と呼ばれており、定員以上の申し込みがあった場合には優先順位を点数化してきめることになります。

この点数が保育園へ入園できるかのキモといえる部分となりますね。

3に証明書類には、状況の応じて提出書類を追加することになります。

例えば、自営業の場合は働いていることを自分で証明するため1日のスケジュール表を作成したり、仕事の実績がわかる成果物や確定申告の書類を送付するなど、どのように仕事をしているのかを証明する書類が必要となります。

就労だけではなく、就職が内定をしている人は内定証明書、学校の通学をしている人は在学証明書を、病気や家族の介護のために申し込みをする人は診断書を医師に書いてもらうなど、保育が必要な理由を証明する書類をしっかりと作成することが大事です。

アピールのために自主的に書類を送付する方法もあり

他にも、必要だと思えば自主的に書類を提出しても良いです。

例えば、学校へ通うことになる人は学校の時間割りやスケジュール、介護の人は毎週に必要な日程表なども良いですし、制作物や仕事の実績をコピーをしたり、写真にしたりすることで添付をしても良いでしょう。

もちろん、書類が付いているからといって認可保育園への入園選考が有利になるかといえばそんなことはないのですが、同点の人がいる場合には市役所の人が参考に見てもらえる可能性もあります。

書類を提出すれば認可保育園への申し込みは完了するのですが、書類に不備があったり、不明点があると証明を出した会社や病院などの市役所から自分あてに問い合わせがくることもありますので、提出をした書類一式はコピーをして保管をしておきましょう。

また、書類を提出をしたあとでも状況が変わった場合には追加で必要な証明書類を提出すれば新しい書類で選考をしてもらえることもあります。

無認可保育園の通園は証明書が必要

認可保育園へ申し込みをしている場合に、すでに認可外保育園は通っている場合には認可外保育園に「在園証明書」を書いてもらいます。

「すでに働いている」「保育園へ預けている」というのが証明できれば、ほとんどの認可保育園が指数を加算できますのでメリットがあります。

待機児童が多いエリアでは「認可外保育園通っている方が認可保育園へ入りやすい」というメリットもありますので、認可外保育園へ先に預けておいてから認可保育園へ申し込みをするという方法はありだといえます。

(地域によりますが、無認可へ入園をしていると+1点などの加算がある場合もあります)

嘆願書を付けると有利になるって本当?

他にも書類をしては「嘆願書」を付けると有利になると言われていますが、認可保育園の場合は選考基準となるのは基本的に指数がすべてとなります。

そのため、「ぜひこの園へ入園をしたい」という熱意を伝えるためにも文書と付けたり、毎日のように役所へ行ってお願いをしても入園が有利になることはあまりありません。

認可保育園の場合は、保育課の窓口の人は入園を決めているわけでもないです。

これは不平等を招くことになりますので、指数で判断をするという基準を認可保育園への入園基準としていますね。

しかし、競争率の高い保育園となると入園が可能なのか?不可なのかのライン上にたくさんの人がいることになります。

選考会議では同店の家庭や子どもの状況をみて入園を「総合的に決める」ことになりますので、手紙で保育園へ入りたいという気持ちを伝えることが功を奏する可能性もゼロではないです。

認可保育園へ入れなかったら「困る」という保育の必要性を伝えて見てくださいね。

保育園の申込書類

認可保育園の入園を希望する書類を紹介します。

提出をする書類は各市町村によって異なり、呼び方も違いますが内容はほぼ一緒となります。

全員が提出をするものと人によって提出をするものも異なりますので自分が提出をする際に必要な書類を確認しておきましょう。

全員が提出をするもの

【認定証明書と保育利用申込書】

保育の必要性を1号~3号まで認定する申請書とどの保育園にどのくらいの時間を預けたいのかを確認するための書類です。

市町村によっては保育利用申込書のみ先に提出を求める場合もあります。

【家庭状況や子どもの現状がわかる書類】

子どもの生年月日や健康状況、現在の保育状況、アレルギーの有無、父母や兄弟がいるかなどがわかる書類。

保育の必要性を証明する書類

※自治体によ利異なりますので注意をしましょう。

保育料金の平均額と算出方法は年収によって異なる

理由説明用意をする書類
就労のため就労中のほか、内定の場合も勤務先に書いてもらう。

通勤時間や経路などを別紙で提出させる市町村もあります。

・就労(勤務)証明書

・通勤時間などの記載書類

・勤務実績がわかる書類(自営の場合)

就学のため通学先に在学証明書を書いてもらうことが基本。

加えて、学生証や合格通知のコピーなどを添付させる市町村もある。

・在学証明書

・学生証

・合格通知書のコピー

介護介護をしている家族の診断書を医師に書いてもらう。

訪問看護ステーションやリハビリの通院先を書いてもらってもOK。

介護保険被保険者証など送付をさせる市町村もあります。

・診断書

・介護保険被保険者証のコピーなど

求職活動離職や退職を証明する書類のほか、本気で求職をする気があることを

誓約書などで示させる市町村がある。

・離職票

・退職証明書

・ハローワークの登録証

・紹介状のコピー

・誓約書など

保護者が病気保育ができないような病気であることを証明する診断書が必要。

通院先や診断先で証明書を書いてもらう。

・診断書

・医療所のコピー

・身体障がい者手帳のコピー

出産通院履歴がわかるページのコピーなどを追加して添付をする方法。・母子手帳や分娩予定日がわかるページのコピーなど

保育園に入園をするためには条件をクリアすること

保育園への入園をクリアするためにはいろいろな条件をクリアすることが必要になります。

もちろんお父さんの収入だけで働かなくても大丈夫な主婦の子供が保育園へ入園できるほど余裕があるわけではありません。

認可保育園へ入園をするためには「保育に欠ける」という部分を満たさなければならない決まりとなっていますしその条件は満たしていなければ入園をすることは難しくなりますね。

認可保育園は幼稚園のようなイメージで預けたいと思う方も多いのですが、実は福祉施設という扱いになりますので基本的には日中誰も家にいない時間に父親、母親代わりとなってみてくれる施設であると理解をしておきましょう。

保育園へ入園を申し込む時期

ここまでは認可保育園へ入園をするために用意をする書類について書いてきました。

では、次に大事なことは入園申し込みをする時期です。

もちろん申し込みをする市区町村によって異なるのですが、ある程度は決まっていますね。

実はこの申し込みの時期を間違えるとせっかく認可保育園へ入園できる点数を持っていたとしても入園できない可能性もありますので申し込みをする時期についてはきちんと理解をしておきましょう。

時期はいつになるの?

認可保育園へ申し込みをするとなった場合に大事なことは、いつの時期に申し込みをするかということになります。

まず知っておきたいのは認可保育園には申し込みをしてから入園が決まる際に1次選考と2次選考という2回の申し込み時期があります。

この違いについてですが1次選考については認可保育園への申し込み時期に申し込みをした人すべてを対象に点数化をすることとしそのまま保育園へ入園することになります。

ここで認可保育園へ入園をしたいと希望をしている人の80%~90%が入れるということになりますので1次選考で入園できなかった人は2次選考でも入園することはかなり難しいということになります。

2次選考は1次選考で決まったが場所が遠い、通えない、希望の保育園ではなかったなどの理由で空きがでた分に次に待っている人への入園案内をするということになりますがほとんど空きはないと思っておきましょう。

入園申し込みの時期について

入園申し込みの時期になりますが、基本的には自治体への申し込みが10~12月ごろとなります。

これは先着順などではなく申し込みをした人すべてが対象となる申し込みになりますね。

申し込みを締め切った1~2月で選考が開始をして1次審査の選考結果が自宅へ郵送をされてくるのが大体2月の上旬から中旬あたりになります。

1次選考が終わるとすぐに2次選考の募集が開始となりますが、これはすごく短期間で終わる傾向にあり3月の上旬から中旬には2次選考の結果も発表をされることになります。

この時点で次の年度の募集は終了となり2月から入園が決まった人は入園のための健康診断、面談、物品の購入として4月から入園という形になります。

無認可保育園の申し込み時期

認可保育園へ申し込みをするということは日中子供を見てくれる人はいるわけではなく、職場にも復帰をしなければならないなどの事情もあります。

そのため、保険として持っておきたいのは無認可保育園の入園申し込みや確定ということです。

認可保育園と無認可保育園の大きな違いは申し込み方法です。

認可保育園は直接申し込みをすることはできず市役所などを通すことになりますが、無認可保育園の場合は直接申し込み。

つまり、その保育園と保護者が契約をかわすということになりますので全く異なります。

私も無認可保育園の運営をしていた時には次年度の4月に入園をしたいという人は4月の時点で入園金を入金することで次年度の入園確定という形でとっていました。

これは認可保育園と違って大幅に早いことお分かりいただけますが、無認可保育園としても次年度にきちんと通ってくれる人を確保したいという思いからは非常に早い時点での申し込みとなっています。

認可保育園の指数一覧

東京都のある区の認可保育園の指数になりますので参考にしてください。

あくまでも基準なので市町村などの自治体によって異なる場合もありますがあくまでも参考程度に見てください。

保育の実施に伴う選考基準指数

保護者(父母)の状況(同居の親族その他の者が児童の保育に当たれない場合)
番号種類細目基本指数実施期間
居宅外労働(外勤・居宅外自営)月20日以上勤務し、日中7時間以上の勤務を常態50最長就学前まで
月20日以上勤務し、日中4時間以上7時間未満の勤務を常態45
月16日以上勤務し、日中7時間以上の勤務を常態40
月16日以上勤務し、日中4時間以上7時間未満の勤務を常態35
月12日以上勤務し、日中7時間以上の勤務を常態30
月12日以上勤務し、日中4時間以上7時間未満の勤務を常態25
上記以外の勤務20
居宅内労働(居宅内自営)月20日以上勤務し、日中7時間以上の勤務を常態50最長就学前まで
月20日以上勤務し、日中4時間以上7時間未満の勤務を常態45
月16日以上勤務し、日中7時間以上の勤務を常態40
月16日以上勤務し、日中4時間以上7時間未満の勤務を常態35
月12日以上勤務し、日中7時間以上の勤務を常態30
月12日以上勤務し、日中4時間以上7時間未満の勤務を常態25
上記以外の勤務20
内職月12日以上勤務し、日中4時間以上7時間未満の勤務を常態25
上記以外の勤務15
出産出産前後の休養のため保育にあたることが できない場合15出産予定月をはさんで前後2ヶ月
育児休業育児休業取得中で育児休業該当児以外の申込みの場合10最長就学前まで
疾病入院1ヶ月以上(予定を含む)50最長就学前まで
居宅内療養常時病臥50
精神性手帳3級程度以上50
上記以外の程度35
一般療養安静を要する状態30
通院加療を要する状態20
障害身体障害者手帳1・2級、 聴覚障害者3級以上
精神障害保健福祉手帳、愛の手帳3度以上所持
50
身体障害者手帳3級、聴覚障害者4級以下
愛の手帳4度を所持
30
身体障害者手帳4級以下所持20
看護・介護(病院・施設付添)月20日以上、日中6時間以上の付添い50最長就学前まで
月20日以上、日中4時間以上の付添い45
月16日以上、日中6時間以上の付添い40
月16日以上、日中4時間以上の付添い35
月12日以上、日中6時間以上の付添い30
月12日以上、日中4時間以上の付添い25
自宅看護・介護重度障害者等の全介護50
常時観察と介護(食事・排泄・入浴の介護)が必要40
上記以外の介護(自宅外介護を含む)が必要20
送迎病院、心身通園施設等の送迎15
災害災害等により家屋の損傷、その他災害復旧のため 保育にあたれない場合506ヶ月以内
求職中求職のため、日中外出を常態103ヶ月以内
就学等日中、就学・技術習得等のため保育にあたることができない場合※1最長就学前まで
不存在等死亡、離婚、未婚、行方不明、拘禁、離婚調停中の別居等50
10前各号挙げるものほか、明らかに保育にあたることができないと 認められる場合※2
備考
1保護者のそれぞれについて、基準指数を求め、合算して当該世帯の指数とする。
2※1は、番号1の居宅外労働を準用する。
3※2は、番号1~7を準用する。
41日の勤務及び介護時間は、最低日中4時間(休憩時間を除く) 週3日の勤務及び介護を常態とする。

選考にあたっては、上記実施基準を基本として、児童の状況、家族構成などを考慮して、総合的に審査し決定します。

調整指数

番号条件調整指数
生活保護世帯+10
ひとり親世帯で同居親族がいない場合+10
申込児(転園申込児を含む)の兄弟姉妹が在園中又は 同時申込で、兄弟姉妹のいずれかが内定の場合+6
申込児(学齢1歳児)を保育ママに預けている 場合(4月1日入園選考時に適用)+1
未就学児が3人以上いる+1
同居の祖父母(60歳未満)が無職又は休職中の場合-2
勤務実績が1年以上の場合+3
勤務実績が6ヶ月以上1年未満の場合+2
勤務実績が3ヶ月以上6ヶ月未満の場合+1
10保護者が身体障害者手帳4級以上、愛の手帳4度、 障害者保健福祉手帳を所持し勤務を常態+1
11保護者が聴覚・言語障害者3級以上の場合+1
12保護者が求職中で既に外勤が確定している(勤務証明書提出者)場合+1
13自営で危険な職種の場合(薬品、刃物、火気等の取扱いがある+1
14兄弟姉妹が在園児又は卒園児で、正当な理由なく保育料滞納があり、 選考会議において入金確認ができない場合-1
15児童福祉等の観点から特に調整が必要とされた場合+1~10

保育の実施に伴う選考基準指数と調整指数の合計があなたの点数となります。

この点数が多い人ほど認可保育園へは入園がしやすいということになりますので計算をしてみましょう。

もちろん認可保育園へ入園できれば一番良いとは思いますが、地域によっては全く入れないため無認可保育園も検討をせざる負えない地域もありますので保活についてしっかりと理解して進めましょう。

AIの導入で保育園への入園が決まる

このような点数制をなっており、今まではすべての情報をもとに各市町村の職員がチェックをして入園をできる人と選別していました。

しかし、あまりにも膨大な数となっており時にはミスも起こっていたのかもしれません。

実はこの点数の選考だけで各市町村で約50時間以上もの時間を費やしていたのですが、今後はAIの参入によりあっという間に点数での選考が終わることになります。

(参考記事:佐賀新聞「保育園の選考にAIの導入」)

これの導入によりスムーズに保育園への選考を進めることができますので全国で導入をされる日も近いかもしれません。

まとめ

ここでは認可保育園への入園をするための点数や申込時期などについて書いてきました。

認可保育園は環境が恵まれている、人材的にも恵まれている、料金も両親の収入によって異なりますが安いなど無認可保育園と比較をするとかなりメリットが高い施設となっています。

ただし、誰もが入園をできるわけではなく就労をしている、学校へ通っている、介護をしているなど日中に子供を見る人がいないことにより子供の「保育に欠ける」という点は非常に重要になってきますね。

認可保育園が選ばれている理由はなんと言っても料金になります。

認可保育園の料金については「保育園の料金は共働きの場合いくら?無償化はいつから適用なのか」こちらに詳しく書いていますので参考にしてもらえればと思いますが無認可保育園の相場は地域によってことなりますが週5日通うとなると5~10万円程度は保育料だけでかかります。

料金などのメリットが大きいことから認可保育園は人気なので入園をするためには入念な準備をして臨むようにしたいですね。

もちろん点数を満たしていてもあまりにも多い待機児童がいると入りたくても入れない保育園入園難民になってしまう可能性もありますので職場近くを探す、無認可保育園を探すなど保険的な部分も考えて保活をしていきましょう。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る