公立保育園と私立保育園の違い!給料の他にメリットデメリットがある

公立保育園が良いという噂

保活をしていく中で保育園を選ぶためにいろいろと足を運んでいる人も多いと思います。

その中で気になることは「保育園の運営母体」です。

保育園には公立保育園と私立保育園の2種類が認可保育園の基本となっているのですが、この違いとは?

また、公立よりも私立の方がメリットがあったりデメリットがあったりするのでしょうか?

保活動をしていく際に選ぶ基準となりますし保育業界を知らない方はわかりにくいと思いますので公立も私立も働いた経験がある私が公立と私立について紹介をしていきたいと思います。

公立と私立の保育料金 幼稚園とは異なる

幼稚園の場合は公立と私立で月額に支払う費用が異なります。

幼稚園の場合は公立は自治体が運営をしていますので基本的には補助金で成り立っている事業のためですし、幼稚園の先生は公務員となっているからです。

そのため、費用も安価となっており地域によっては誰でも入園できますが人によっては入園できないケースもあります。

しかし、私立の場合は学校法人などが運営をしていますので基本的にはビジネスとしての扱いとなります。

料金は私立の公立を比較をした場合に2~4倍程度の価格となっていますね。

私の住んでいる地域の幼稚園では公立は収入によって異なりますが、相場は8,000~10,000円程度となっていますが、私立になると30,000~40,000円程度になってくることが多いのが現状です。

保育園の費用は公立も私立も同じ

では、保育園はどうなのでしょうか?

基本的には保育料というのは保護者の前年度収入によって大きくことなります。

そのため、夫婦が共働きで収入が多い人は保育料も高いですが、共働きでも収入が低い人の場合は保育料は安くなっていますね。

関連記事→保育園の料金は共働きの場合いくら?無償化はいつから適用なのか

保育料の価格は0円~約10万円程度までとなっており、シングルマザーやシングルファザーなどのひとり親の場合は完全に0円となっています。

そのため、公立保育園へ通わせても、私立の保育園は通わせても基本的に保育料は同じとなっていますので料金に関しては気にしなくてもよいでしょう。

保育料以外が私立の場合はかかる

しかし、雑費に関しては公立はほぼないですが私立の場合だと多いです。

例えば、遠足に行くために5,000円や味覚狩りに行くので800円、保育園で出欠を確認するためのシステムに毎月500円など雑費を取られれますし、公立はずっと私服で通うことになりますが、私立の場合は3歳児(年少)からは制服がありますのでそれを購入するために3万円程度はかかることもあります。

保育料は同じですが、雑費に差があるといえますね。

他にも延長保育代金や、保護者会を持ってる保育園の場合は保護者会費なども支払うことになります。

公立の場合は保育料以外に支払うお金はほぼないと思っておきましょうね。

公立保育園と私立保育園は運営母体が違う

公立保育園を私立の保育園は運営母体は異なります。

公立保育園は各地域の自治体となっており、働いている先生も正社員は公務員の採用試験を受けて通過をした公務員でそれ以外の先生はパートとなっています。

そこに大きな違いがありますので理解をしておきましょう。

それに対して、私立の場合はいろいろな運営母体があります。

社会福祉法人が一般的となっていますが、ほかにも宗教法人(お寺、教会など)、株式会社など母体は様々となっていますが公立保育園も私立保育園も運営母体に関しては継続的に運営ができるかを判断されていますのでつぶれるということはありませんので安心をしてください。

公立と私立の施設数と園児数

公立は最近経営不振により公立保育園は民営化の一途をたどっています。

その理由はそもそも保育園を運営していくには人件費がかかりすぎているからです。

私立の場合はその保育園の給与計算によってきますが相場としては260万円~300万円程度となっているのに対して、公立保育園の保育士のお給料は約500万円となっています。

これは一般企業に勤める人よりも高水準のお給料となっていますので正直驚きますね。

しかも公務員の場合は福利厚生もしっかりとしており育休、産休制度もしっかりとありますし長く勤務をしていればお給料はどんどん上がっていきます。

つまり、離職率が低くなるため公立保育園の保育士のお給料は高くなります

その結果保育園の経営が立ち行かなくなるため民間移管をしている経緯があります。

そのため現在はより私立の保育園の数がどんどんを増えており、公立保育園は減少傾向にあるといえます。

公立保育園と私立保育園の数の推移

【平成18年度】

公立:11,848ヵ所(園児数:967,451人)

私立:10,851ヵ所(園児数:1,036,159人)

【平成22年度】

公立:10,766ヵ所(園児数:890,484人)

私立:12,302ヵ所(園児数:1,189,630人)

比率は公立が48%で私立が52%(平成24年調べ)となっており、最近は調査をされていませんが私立の開園が多くなっていますのでさらに民間の私立の保育園の方が多い傾向にあります。

園児数も施設数と比例をしており、私立の保育園の方が多いため園児数も多くなっていますね。

私立保育園の特徴とメリット

ここまでは公立保育園と私立の保育園の比較をしてきましたので 各保育園の特徴について書いていきましょう。

私立は認可を受ける際の基準をクリアしていればどんな保育でも自由しても良いことになっています。

そのため独自性を持っている保育園が多いのが特徴ですね。

運営母体は先ほども紹介をしましたが社会福祉法人・NPO法人・学校法人・企業など様々な母体が運営を行っているという経緯があります。

宗教関係に特化をしている保育園もある

また、運営は自由となっていますので保育園によっては宗教色が出ることも多いですね。

お寺などが運営をしてる保育園の場合だとお祈りがありその際に念仏を唱えたり、キリスト教の教会が母体となっている場合には「アーメン」というお祈りをしたりと保育園によって全く異なります。

そのため、子どもを成長させるための理念も異なりますので独自の考えで運営をしています。

これはある意味メリットでもありデメリットでもあります。

ただ近いだけで選ぶとあとで後悔をすることになりますのでその保育園の理念やどんな保育をしているかを確認しておきましょう。

関連記事保育園の失敗しない選び方のポイントは距離と場所と保育園の理念

また、公立保育園と大きな違いは課外活動を取り入れている保育園が多いということです。

例えば、英会話、体操、スイミング、サッカー、音楽などの専門講師を保育園へ呼んで保育園内で指導をしてもらい、夕方には保護者が会費を支払って習い事感覚で学ぶことができます。

他にもサービスが充実をしており通園バスや延長保育の時間が長い、夜間保育を取り入れているなど公立の保育園と比較をするといろいろなサービスが充実をしています。

公立保育園の特徴とメリット

公立保育園は私立の保育園のようにいろいろな特色があるわけではなく、どちらかといえば各自治体の考えが公立保育園へ反映をされることになりますので、どこの公立保育園を選んでも基本的な考えは同じといえます。

私立の保育園とちがって無駄な出費がかからないという点は大きなメリットですね。

(課外授業などもないため、雑費を請求されることはほとんどない)

園庭が広く園舎も大きい

また、公立保育園は古い保育園が多いのですが、その分広い園庭や園舎を持っていることがおおいため子どもをのびのびと成長させるためにはもってこいの環境だと思います。

先生たちも公務員のため退職などでいなくなることはほとんどないです。

人事異動などはありますが、いろいろな公立の保育園で経験をしている方が多いのでベテランで安心感が私立の保育園と比べると大きなメリットといえますね。

公立保育園と私立保育園の先生の質と本音

ここからは実際に私の経験をもとに正直に感じたことを書いていきます。

まずは、気になる保育園の先生の質に関して書いていきましょう。

個人的な結論からすると私立の保育園の先生の方が保育の質やレベルは高いです。

その理由は私立の場合は独自の保育を行っていますが、保育以外にも雑務からカリキュラムの作成に至るまですべて1人でこなしています

公立保育園の先生は保育が制限をされる

また、私立は独自の保育となっていますのでいろいろと自分で学んでアイデアを出してと自分で考えていろいろと取り組むことができる先生が多いためいろいろなことをしているために保育の関する能力は高いです。

しかし、公立保育園の保育士は基本的に分業制となっており掃除をする人、夕方子どもを見る人など分かれていますので保育に集中ができるのですが、独自性を出せないため画一的な保育になります。

また、保育園の先生たちは公務員という立場のため守られています。

将来にわたって安定をしていますので危機感がないため惰性的に仕事をしている人もいますので、公立でも先生によってはやる気のない先生もいたりするので残念です。

私立保育園の先生の意識は高い

私立の先生はサービス残業も当たり前ですが、公立の先生はあくまでも仕事として割り切っている方が多いので研鑽を積んで保育をしていこうと熱意を持っている方が少ないです。

(もちろん中には保育に熱い思いを持っている方もいますが少数です)

私立の保育園の先生は保育園の指導も厳しいところが増えており、サービス業という考えを取り入れている保育園も多く独自の研修制度を取り入れているため指導も行き届いていますが、公立の場合は全くと言ってよいほどサービス業的な部分は欠けています。

ただし、公立の保育園の先生の方が圧倒的経験年数は長くなるので、ベテランらしい保育という点では公立の先生の方に軍配はあがります。

行事にも差がある

運動会や発表会などの行事を見るとわかるのですが、公立の運動会は子どものあるがままの姿を見せるような感じになります。

それに対して私立の保育園の行事を見ると親に見せるという部分で非常にクオリティも高いものとなっています。

発表会の衣装などに関しても私立の保育園の方が力も入っています。

私の経験上ですが公立は「のびのびと子どもらしく」という古き良き日本という考えが今でも強いように思いますが、

私立の場合は「現代の親のニーズに沿って行こうとする」という視点があります。

実は私も公立で勤務をしていた時に50代近い先生がいました。

保育歴は30年のベテラン中のベテランです。

しかし、驚くほど仕事ができずケガや事故をよく起こしていました。

また他の先生ですが夏期になると社員の先生は有給で一か月来ないということもありました。

普通に有休消化として一か月取れてしまう現実にも驚きますし世の中正社員で簡単にそれが叶ってしまう現実は難しいですね。

個人的な感想ですが私立の先生は本当に泥臭く毎日働いてくれているという印象になりますね。

関連記事→サービス残業は当たり前!保育士は平均2時間して持ち帰りもある仕事

これって子ども資本ではないと感じたので私は自分の子どもを入園させるならば私立しか選ばないですね。

(保護者の中には絶対に公立に行きたいという方もいます・・・。)

採用試験で保育力は全く関係なく保育士資格を持っていて公務員試験に合格をすれば誰でもなれるのは公立保育園の先生です。

私立保育園の採用試験はいろいろな試験をクリアして採用されますのでそこにも差があるのかなと思います。

公立保育園と私立保育園の違いとまとめ

個人的には私立へ絶対に行かせるべきだとは思いますが、私立でも質の低い保育園もあればとても一生懸命子供のことを考えて取り組んでいる保育園もあるのは正直なところです。

もちろんその逆もあって公立の保育園でも園長先生に力量でとても良い保育園もあります。

そのため、保育園を選ぶのならば公立と私立と関係なくまずは見学へ行ってから行きたい保育園を選ぶほうが良いでしょう。

実際にお母さん、お父さんが目でみた保育園をしっかりと選ぶほうが間違いないと思いますのでしっかりとみて確認をしてくださいね。

保育園の選び方については「保育園の選び方!失敗しないポイントは距離と場所と保育園の理念」を参考にしてください。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る