インターナショナルスクールの学費と日本人の入学条件

インターナショナルスクールをご存知の子育て世代の方も多いのではないでしょうか?

特にこれから保育園を探している子育て世代の方の中には「将来英語を話せるようになってほしい」という思いから幼少期の英語教育を検討する方もいますよね。

しかし、実際にインターナショナルスクールってどうなの?

費用は?入学条件は?などわからないこともあると思いますので、今までにインターナショナルスクールに立ち上げから勤務をしてきた私がインターナショナルスクールについて詳しく解説をしていきます。

 
スポンサードリンク
 
   

インターナショナルスクールってなに?

そもそもインターナショナルスクールという言葉は聞いたことがあるけれど、どんな場所なのかも知らない方もいらっしゃると思いますので書いていきましょう。

インターナショナルスクールとは、日本に住む外国籍の児童のための教育施設となっており(幼稚園、小学校、中学校、高校)として設立、発展をしてきたと言われている施設です。

過去には日本に住んでいる外国の子どもがいく施設をいう認識でしたが、現在は教育の国際化、文化の多様化などの理由により日本人が英語を話せるようになる施設として人気で、簡単に説明をすると「一日中英語の保育園」がインターナショナルスクールと思っておきましょう。

日本人がインターナショナルスクールへ進学をする背景には、今後海外に住む予定がある。欧米や教育文化が国際的な英語力を求めており日本の教育に関しては不安や不信などがることからインターナショナルスクールの人気は高まっているのかもしれません。

ちなみに小学校以降のインターナショナルスクールに行くと英語力は抜群の伸びますので世界でも通用をする英語力が付きますが、日本の学校教育法に定められている施設ではない。

つまり、日本の義務教育をすべて学んだという資格がもらえないため日本の中学校の公立へは進学が可能ですが、高校、大学となると大検を受けなければ大学受験ができなくなるなどのデメリットもあります。

インターナショナルスクールの学校認可に関してはは下記のような国際評価団体の評価を受けているかが重要となりますので小学校以降もインターナショナルスクールに進学を考えているならば確認をしておきましょう。

■WASC(Western Association of Schools and Colleges)
■CIS(Council of International Schools)
■ECIS(European Council of International Schools)
■ACSI(Association of Christian Schools International)

また、国際的な修業(卒業)資格としては、国際バカロレア資格(International Baccalaureate = IB)があり、同プログラムに参加しているスクールであれば卒業資格(diploma /一定の成績で入学試験免除の大学もある)を得ることが出来ます。

そのあたりは進学を検討しているインターナショナルスクールに問い合わせてみましょう。

小学校から入学をさせる場合には入学試験が実施される場合もあります。

注意をしなければならないのは、日本と違って学期制ではないということ。

新学期は8月の中旬から開始となり、終業式は6月の中旬となりますので日本の入学システムとはことなります。

もちろん通年では受け付けてはくれていますが、定員になると入学もできないため気を付けましょう。

入試の難易度はそこまで難しくはないですが、「英語力は必須」となりますし、小学校でもオールイングリッシュとなりますので幼少期からある程度の英語力は身につけておく必要がありますね。

インターナショナルプリスクールとは?

インターナショナルスクールを探していると、必ず出てくる名前が「インターナショナルプリスクール」です。

インターナショナルプリスクールとインターナショナルプリスクールの違いはなんでしょうか?

プリスクールは英語で幼稚園という意味があります。

そのため、0歳から就学前の6歳までを預かる施設をインターナショナルプリスクールと呼んでいますね。

インターナショナルプリスクールはそのまま小学校、中学校、高校と上までつながっている場合が多いですが、インターナショナルプリスクールは就学前で終わりになりそこから普通の小学校へ行く方もいらっしゃいます。

基本的にインターナショナルプリスクールは日本の認可を取得することができないため、認可外保育園の施設という考えになりますね。

インターナショナルスクールへいきたいと思っている方の大半はこちらのようなインターナショナルプリスクールになります。

アメリカンスクールとは?

インターナショナルスクールと並んで英語の幼稚園や学校となるとアメリカンスクールをあたまに思い浮かべる方も多いでしょう。

アメリカンスクールはそもそも日本の学校ではなく、アメリカの学校という認識になっています。

そのため、アメリカの学校が日本の国内に存在をしているというイメージを持っていただけるとわかります。

日本国内にたくさんアメリカンスクールはありますが、学校の敷地面積も「ここはアメリカ?日本だよね・・。」と思うほど広く、アメリカの学校をそのまま移築したかのようなつくりです

東京や大阪など首都圏に多数ありますが、海外へ急に来たような感じになりますね。

アメリカスクールという選択肢もあるのですが、入学条件は厳しく「アメリカ国籍を持っていること」という条件があるスクールもありますし、普通の日本人でも受け入れてくれる施設もあります。

他にも「イギリス人学校」「ドイツ人学校」「中華学校」「韓国人学校」などもありますね。

インターナショナルスクールには、国籍に関係なく自由に入ることができますがアメリカンスクールとなると条件はかなり厳しく費用もかなり高いので、よほどの理由がない限りはインターナショナルスクールで良いと思います。

インターナショナルスクールの学費が高い理由

ここまでインターナショナルスクールとプリスクール、アメリカンスクールの違いについて書いてきました。

では、本題にもどってインターナショナルスクールの学費が高い理由はインターナショナルスクールへ通わせるメリット、デメリットについて書いていきましょう。

まず、インターナショナルスクールのプリスクールの話になります。

近年すごい勢いでインターナショナルスクールは増加をしており、日本人の子どもに対するニーズが英語教育になってきているのだと実感をしています。

私も立ち上げをしたのは約5年ほど前ですがその時でも「インターナショナルができます」というだけで説明会に50名も来ていましたのでそれだけニーズがあるのでしょう。

 
スポンサードリンク
 
   

インターナショナルプリスクールの料金

インターナショナルプリスクールに関しては日本語の保育を行っていないという理由から認可外保育施設という扱いになります。

そのため、国からの補助金は一切もらっていませんのでビジネスとしての要素が高いです。

また、最近は塾や体操教室などが幼少期からの顧客も獲得のためにインターナショナルプリスクールを作っている経緯もありますので価格競争も始まりつつあります。

東京、大阪、名古屋、横浜、京都、福岡など外国人観光客が多い場所ではよりインターナショナルプリスクールに開校は多くなっていますね。

インターナショナルプリスクールの場合は通う週数にもよりますが、週5回で通うとなると月に70,000~100,000円程度が相場なので年間にすると約120万円は最低でもかかります。

しかもインターナショナルプリスクールは休みが多いというデメリットもありますので注意をしておきましょう。

認可保育園と比較をしてみると、

インターナショナルプリスクール 認可保育園
入園条件 定員に空きがあれば入園可能 市役所が募集をして点数化をして決める
入園の方法 気になるインターナショナルプリスクールへ行きそこで直接契約をする。 市役所は入園を決めた保育園を保護者へ案内を送付して完了
入園金 相場は10,000~50,000円程度 無料
月額費用 70,000~100,000円 前年度の保護者の収入によりますが、年収500万円の人で3~5万円程度
休日 土日祝日はほぼ休み

春休み2週間程度、

夏休み2週間から1か月程度

年末1か月程度

カレンダー通りで日祝のみ。

お盆は開園しており、年末が1週間程度の休み

このように認可保育園と比較をすると大きな差があるように感じますが、英語の環境があるというのがインターナショナルの一番のメリットになります。

インターナショナルスクールの学費が高い理由

インターナショナルスクールの学費が高い理由は、

1,少人数制

2,教員のコスト

3,探究的なカリキュラム

4,多国籍な生徒の獲得

5,税制面での優遇や補助金

この5つの項目があるため学費も高くなっています。

インターナショナルスクールも先ほどのインターナショナルプリスクール同様に民間が行っていますのでビジネスの要素も入っていますね。

そのため、国内のインターナショナルスクールの授業料は、年間約200万前後

少人数でみているということもありますので、1人当たりも生徒の単価を上げなければ経営は立ち行かないため毎月の学費が高いという点は仕方ないのかもしれません。

メリットは手厚く見てもらうことができますし、少人数でのグループ授業などより高度な英語教育にも触れられるという点は大きなメリットになります。

インターナショナルスクールへ通わせるメリット

ここまでインターナショナルスクールとは?また費用や条件などを書いてきましたので、最後にインターナショナルスクールへ通わせるメリットとデメリットについて書いていきましょう。

インターナショナルスクールへは芸能人などの著名人が多く通わせている印象が強いですね。

では、本題のメリットについて書いていきましょう。

・英語ば勉強できるため、英語力は抜群につよくなる

・世界中の人とクラスメイトになれる

・夏休みが長いため、いろいろな経験を深めることはできる

・卒業をした時点でバイリンガル

・海外でも働ける英語力や表現力が身につく

このあたりはインターナショナルスクールへ通わせるメリットになります。

日本人の致命的な弱点は英語です。

私も一緒に働ていたアメリカ人に「日本はなんで英語がここまで通じないだ」と言われたことがあります。

海外から見た場合にここまで英語の通じない国はないらしく、ある意味新鮮だけれども、観光にきた外国人は大変だと言っていました。

しかし、そのような日本の弱点をインターナショナルスクールを卒業していれば世界でも活躍をする人材が育つ可能性がありますね。

プリスクールの場合はそのまま日本の学校へ進学をする場合が多いですが、高校までインターナショナルスクールへ言った場合には英語力がありますので、そのまま海外の大学へ進学をすることもできます。

国際バカロレア(IB)に参加している高校も多く、「IB高校を卒業」した場合は、通常の入試が認められていますので、バカロレアは抑えておきたいポイントといえますね。

インターナショナルスクールへ通わせるデメリット

英語力に関しては身につくのですが、もちろんデメリットも存在をしますので見ていきましょう。

・日本語に関しては致命的なくらいできなくなる。

(特に小学校以降の国語は大変)

・学費が高い

・マナーは身につかない

・国内の義務教育とは別物な為、国内大学受験資格がないところが多い

この辺りはインターナショナルスクールへ通わせるデメリットいえます。

そのままインターナショナルスクールへ進学をするのなら良いと思いますが、小学校から受験をしたり、普通の公立小学校へ行くとなると日本語とマナーの点は大問題です。

これは私も運営をしていた時に反省をした部分なのですが、保護者の方の中には普段はインターナショナルスクールへ通わせて習い事として日本語教育のできる塾や幼児教室へ通わせている方もいましたね。

インターナショナルスクールのまとめ

インターナショナルスクールは通わせることによるメリットは大きく、英語力に関しては間違いないです。

ただし、メリットばかりではなくデメリットもあることは正直なところです。

これは内緒の話ですが、幼少期から英語をすれば英語を聞く耳や発音を身に着けられますが極論大人になってから1年間海外留学をすれば英語は話せるようになる。

私が一緒に働いていたバイリンガルの衝撃的な言葉だったのですが、本人いわくそうらしいです。

しかし、苦労もしますし発音はできないので幼少期にインターナショナルスクールへ通うメリットは大きいかもしれないですね。

 

 

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 11月 14日

運営者情報

「保育ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

ページ上部へ戻る