育休中の上の子の対処法!保育園は退園になる?継続できる方法とは?

育休中に上の子は保育園を退園しなけばならないのか?

最近は待機児童の関係からなかなか保育園へ入れない家庭も多いです。

そのため、保育園へ通わせたのならばそのまま卒園まで問題なくママ達も仕事ができる環境手に入れたいと思うのですが「育休中は退園しなければならない」という噂もあります。

保育園の本来の役割は「保育に欠ける」子供を預かる施設です。

そのため、育休中は二人目の育児はあったとしても上の子供も自宅で見ることができますので子供を預ける必要がないという考えになりますので迷うママも多いです。

この記事では育休中の保育園での扱いについて書いています。

記事を読み終えることにより育休中に保育園を上の子は退園をしなければならないのか?継続利用はどうするのか?申請の方法という点がわかります。



育休中は上の子はどうなる?保育園を退園するの?

保育園は福祉施設です。

入園をする基本的な考えとして、保護者が何らかの理由により子供の育児ができない人が預けることが求められます。

親の就労や介護、学校へ通うなどいろいろな事情があり子供を日中見る人がいない人が預ける施設です。

今は待機児童問題もあり子供を預けたくても預けられない人が多いため、認可保育園への入園は困難を極めていますね。

育休中でも上の子は保育園に在園できる

そんな育休中の保育ですが、退園しなければならないと不安になります。

しかし、結論は「そのまま継続理由ができる」です。

これは「子ども・子育て支援新制度」という制度の中に書いてある「保育の必要性」が客観的に認められた場合、保育所の利用が可能になりますので上の子でも頬生園

そこは安心をして子供を預けていただれば良いと思いますが、これは市区町村により異なります。

市区町村などによっては育休中は保護者が家にいることから自宅でも育児ができるという考えになります。

そのため、待機児童解消のためにも一度退園となり、仕事復帰のタイミングで再度入園をするなどの措置をとっているケースもあります。

この条件に関しては、育休を取得する以前から子供は保育園へ入園をして通っていることが前提条件となります。

ここから下の記事は「市区町村の考えによって異なる」という点を理解して読んでください。

育休中に上の子の保育園の利用が認められる条件

預けている市区町村によっては一度退園、そのまま継続利用となります。

そこで、実際に育休中に保育園を利用に関しての体験談をいくつか参考にみていきましょう。

「育休中も条件を満たしていれば、下の子供が1歳になるまで上の子供を保育園へ預けることができた」

「保育園が激戦区のため育休中は一度退園をしました。その後育休が終わるタイミングで保育園へ一緒に入園をさせました」

「育休中も通常の保育時間内だけは利用が可能だったのでそのまま継続利用をして、下の子供も同じ保育園へ入園しました」

こんな風に住んでいる地域によって育休中の扱いも大きくちがいます。

そのため、保育園へ入園をする時点で2人目を作る予定があるのならば、市役所や保育園へあらかじめ確認をしてきましょう。

上の子が保育園の継続利用が認められる条件

継続利用が認められる条件としては以下のようなポイントがあります。

具体的なポイントは子供の事情、もしくは親の事情ですね。

子供の事情とは、以下の2点です。

・子どもの発達上環境の変化に留意する必要がある場合

・その子どもの発達上環境の変化が好ましくないと考えられる場合

親の事情としては「保護者の健康状態」や「新生児がいるため二人の育児が困難」などの場合は継続利用が認められます。

実はこの育休中の保育園利用に関しては「市町村が児童福祉の観点から必要と認める時」という条件が内閣府よりも提示をされています。

(参考:内閣府「保育の必要性の認定について」)

育休中の申請はどうする?上の子の継続利用の方法

育休中に保育園への継続利用をしたいという場合には正しくしなければ退園という扱いになってしまいます。

基本的には市区町村の保育課に保育園の継続利用に関する書類がありますのでそれに記載をする形です。

書類に記載をするものは主に以下の通りです。

・利用施設名

・児童指名

・出生児童指名

・育児休業取得期間

・職場復帰予定日

・継続希望理由

・出生児童の施設利用予定日

・育休を取得している申請書

このようになっていますので、しっかりと準備をしておきましょう。

中には会社から書類をもらわなければならないこともありますので、育休中も保育園を継続することを考えているならば二人目を妊娠した時点で各市区町村の保育課へ確認へいきましょう。

確実に必要な書類は「就業証明書」です。

これはあなたが就業をしていることを証明する書類で会社の人の筆跡と印鑑が必要ですので、申請をしなければならない時期の前にもらうようにしておきましょう。

育休中の上の子供の保育時間は短くなる

育休中の保育園の利用は通常保育の時間内となっています。

そのため、延長保育や土曜日保育は一切利用ができない決まりとなっています。

前述したとおり育休中は子育てをしていて忙しいとしても、自宅にずっとおり本来は見れる状態であると判断をされてもおかしくありません。

保育園の中には両親共働きで毎日忙しく必死に仕事をしている人もいますので保育園側としてもすべてのサービスの利用を受け入れるわけにはいかないのです。

そこは市区町村もバランスをとっていますし「育休中が退園すべきでは?」という厳しい意見もあります。

保育園との関係を崩さないためにも保育園を正しく利用をしてください。

→ 赤ちゃん返りの症状と原因と対処法!いつまでなのか元保育士3人に調査

育休中に上の子供を保育園へ預けるメリットデメリット

そんな上の子供を保育園へ預けることによるメリットとデメリットがあります。

ここでは過去もしくは現在実際に保育園へ上の子供を預けたことがある方も経験も踏まえて書いていきましょう。

これから上の子供を保育園へ預けるか迷っている方はぜひ参考にしてください。

上の子を保育園へ預けるメリット

もちろん今まで仕事などで保育園へ預けることが上の子供と一緒に入れる機会でもあります。

しかし、上の子供を預けることによるメリットがありますので紹介をしていきましょう。

下の子供をゆっくりと関われた

新生児が生まれるとミルクにオムツ交換など非常に忙しくバタバタとしてしまいます。

もちろん育児をしなからも家事をしなければなりません。

そんなときに上の子供がいると疲れてしまいますが、上の子供を預けられるだけでも下の子供の育児に集中ができますのでメリットは大きいです。

上の子供が家にいるとなかなか時間も取れませんが、上の子供が保育園へ行ってくれているとその間は赤ちゃんとゆっくりとかかわれるので上の子供がかえって来てからママもゆとりをもって関われますね。

ママもリフレッシュできた

ママも今までは仕事をしながら上の子供を育ててきましたが、上の子供が保育園へ行っているとママも気持ち的にリフレッシュできますね。

下の子供とゆっくりとかかわりながら、ママも気持ち的にリフレッシュできます。

出産後は体も疲れていますので、赤ちゃんが寝ている時間に一緒に寝る、赤ちゃんが寝ている間にすこしお茶をして気持ちを落ち着けるなどゆっくりとできるメリットがあります。

子供も退屈をしなくてすむ

上の子供が家にいたとしても正直退屈です。

だって、下の子供は外に出ることもできませんし、遊ぶことも自宅に中でしかできず友達の家にお世話になるわけにもいきませんし。

しかし、保育園へ預かってもらっていれば子供は保育園で散歩や園庭にでて遊べますので退屈をしなくて済みます。

もちろん朝起きて保育園へいくため生活リズムを整えられるという点も魅力です。

親も新生児をゆっくりと見れて、体調も整えられるのですが、その反面上の子供にもメリットがあるのです。

バランスの良い食事が食べてくる

家にいてもママは新生児のお世話に追われてしまうことからしっかりと丁寧な食事をいつも出すというのは難しいです。

しかし、上の子供が保育園へ通っていれば栄養バランスのとれた食事を食べて着てくれますしおやつもしっかりとたべてかえって来てくれます。

親としても保育園ならば安心をして食べられるというメリットがありますので食べていけるというメリットがあるでしょう。

行事などに参加ができる

育休中にももちろん行事には参加が可能となります。

運動会や発表会など子供を預かっている保育士からする保護者の状態というものは関係ありません。

もちろん遠足や課外活動のある保育園ならばそれにも参加ができますね。

デメリットも多い?上の子を保育園へ預ける問題点

上記のようにメリットが多いのは正直なところですが、上の子供を預けることによるデメリットもありますので紹介をしていきましょう。

下の子供が寝ていても送迎しなければならない

保育園へ送迎をするとなると、どうしても時間が決まっています。

そのため、下の子供が寝ていても起こして連れて行かなければなりませんし、時には対応を考えなければなりません。

送迎時だけは下の子供の状況にあわせて動くことができないので、授乳や睡眠の時間を考えてあげる必要があります。

延長保育もできないためそのあたりは気を付ける必要がありますね。

忙しそうにしているママから白い目で見られた

育休中に子供を預けていると時間には余裕があります。

もちろん育休中でも権利で休んでいるのですが、下の赤ちゃんを連れているとどうしても暇そうに見えるという勝手な意見もあります。

そうなると悩んでしまうこともありますのであまり気にしない方がよいでしょう。

保育料がかかり家計の負担は大きい

育休中に子供を預けるとなった場合でも保育料は今まで通りかかります。

育児休業給付金はもらっていますが、今までの給与通りに全額をもらっているわけではないので家計の負担は大きくなります。

これは家計のバランスと子供を保育園へ預けているメリットデメリットについて考えてみると良いですがママも体的な負担なども考えると預けるほうが良いかもしれません。

お金の負担がかかるという点はデメリットといえます。

保育園へ上の子供が行きたがらない

上の子供は下の子供とママが家にいるということがわかると保育園へいきたがらないと悩むこともあります。

そんなときに苦労をしているママも多いようです。

保育園へ行ってほしいけれども毎朝泣かれるし、保育園へ連れて行っても不機嫌で困るという声も多いのでママたちも疲れるという声は多いですね。

育休中に上の子を保育園へ預けるまとめ

そもそも預けられるのか?という疑問は生じていますが、それは市区町村によって異なりますし、申請が認められるのかという2つ問題があります。

そこをクリアすれば上の子供を保育園へ預けることは可能です。

まずは、あなたの住んでいる市区町村の市役所へ行って保育園の継続利用が可能なのかを確認しましょうい。

中には退園をしなければならないケースもあります。

そのときには育休の復帰と同時に二人の子供を保育園へ入れられるように対応をしていたママもいますので育休明けの対応をもしっかりと考えましょう。

子供のことも良くみて、パパと話し合いをしてくださいね。

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

takaです。

園長経験もある異色の元保育士。

子供はもちろんめっちゃ好き!!

今は副業サラリーマンとして、子供関係の仕事とWEB関係の仕事をしています。

保育経験と子育て経験を活かし、皆様のお悩みを解決できる記事を書いていきます♪

気になることや、書いてほしい記事があればお気軽にこちらへ連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtakaです。

【経歴】

・認可保育園で現場の8年、分園の責任者2年

・認可外保育園の立ち上げ2園

・インターナショナルスクールの園長経験あり

・幼児教室の教室長経験あり

現場の保育士から、管理職になり営業や運営、マネジメントに従事した異色の経歴があります。

【簡単な紹介】

現在38歳で奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!

趣味はキャンプと筋トレ、ランニングです。

今は副業サラリーマンをしており本業は子供関係の仕事。

副業はWEB関係でコンサルや個別相談、WEBマーケ。

それと保育コンサル、育児相談の2つの仕事をしています。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る