一時保育の料金と利用方法とは?初めて利用する時の注意点



待機児童が利用をしたい一時保育

保育園でも行われているサービスの1つとして考えられていることがあります。

それは「一時保育」です。

この一時保育は非常にニーズにあるものとなっており利用者も多くなっています。

特にこれから仕事復帰をしようかと考えている方や、保活をしている方にとって使い勝手のよいものですので利用をしたいものです。

そこで、ここでは一時保育について書いていきたいと思います。

一時保育とは?

一時保育について書いていきましょう。

一時保育とはその名前の通り「子供を一時的に預かること」を指しています。

もちろん一時的なので継続的に利用をすることはできず基本的には単発で利用をすることを指していますね。

これは認可保育園といういわゆる公立の保育園や私立と呼ばれる社会福祉法人などが運営をしている保育園では行われているところが多く、無認可保育園でも積極的に受け入れています。

一時保育や「一時預かり」なんて呼ばれることが多いですね。

利用の用途は様々となっており、「就労」「産前産後」「リフレッシュ」などに私的な利用から緊急で両親が入院をしてしまったなどがありますね。

認可の場合はルールがそれなりにあるのに対して無認可保育園では飽きさえあれば誰でも利用ができる手軽さがあります。

一時保育を利用する理由

先ほども書きましたが無認可保育園ならば基本のスタイルは誰でもウェルカムとなっていますので、空きさえあればだれでも利用ができますのでその施設に聞いてみましょう。

当日でも受け入れてくれるところもありますので、実や利用の用途としては無認可保育園の方が自由度が高いといわれていますね。

それに対して認可には一定のルールがありますので書いていきます。

認可保育園で一時保育を利用する理由を分けると主に以下の3つになります。

1,非定型的保育就労や介護などが理由で継続的に預かってもらうこと。

2,緊急保育入院や冠婚葬祭などで一時的に預かってもらうもの。

3,リフレッシュ保育:育児による心身の負担を軽減するため一時的に預かってもらう。

このようなパターンになりますので詳細について書いていきましょう。

非定型的保育

就労が決まったので仕事に行かなければならない。

また、急に親に介護が必要になったなど継続して一時保育を利用しなければならないケースとなります。

これは毎週同じ日時を利用したりすることが可能な一時保育の利用の方法となっていますね。

私の勤務をしていた認可保育園では積極的に一時保育を利用しており、中でも利用者として多いのはフリーランスや在宅の仕事、司会業など単発で仕事が入る人が多かったです。

保育園へ入園するほどのことではないが、継続して利用がしたい人はこの理由が多いでしょう。

中には一か月に120日以上も預かってくれるところもありますので市役所など自治体に確認をしてみましょう。

また、介護とは急に訪れるものなのでそんなときにはこの非定型的保育を利用してください。

緊急保育

緊急の一時保育利用というものも多かったです。

突然の事故や病気により入院が必要になってしまったり、冠婚葬祭で遠方に出かけなければならないというときに摘要をされる保育方法です。

一回の利用で最長15日以内など単発の長期利用が可能な保育となっています。

リフレッシュ保育

これは私的な利用となるのですが、核家族化が進んでおりママが一人で育児をしていると精神的にも疲れてしまい一人になりたいという気持ちに寄り添った保育です。

中には育児でノイローゼになる人もいるのでノイローゼに発展をする前に上手に利用をすることとおすすめします。

またこれは心身が疲れてしまうという以外にも趣味やボランティアへの参加なえど外出が必要な場合にも適用される保育です。

一回だけ一日だけ単発で預かってもらえる保育園が多いですね。

一時保育の利用料金

では、次の保育園の一時保育を利用する場合に料金について書いていきましょう。

料金は預ける保育園の形態や時間によってもことなりますのであなたが利用をする自治体に聞く、もしくは一時保育をしている保育園へ直接聞いてみるというのが一番早いですが相場について書いていきましょう。

認可保育園

まず、一番一時保育の利用が多い認可保育園を紹介していきます。

認可保育園の場合は利用をする場合は相場として2000円~5000円くらいとなっています。

そのほかのお弁当と持参すればお金はかかりませんが、食事に300円、おやつに100円と別途お金がかかる場合があります。

私が勤務をしていた保育園の一時保育料金は2000円にしていましたので自治体によっても異なります。

無認可保育園

無認可保育園は形態やその地区や自治体によっても異なります。

相場としては3000円~1万円くらいとなっていますね。

無認可保育園の場合は形態によっても本当に異なり、各施設で利用料金を設定できるという点がありますので自治体が決めているわけではありません。

例えば、英語で保育としている、教育が中心の保育園であるとなったらそれなりにお金は高くなります。

ただし、自由度は高いので空いているならば利用が可能となりますね。

また、無認可の場合だと24時間運営をしている保育園もありますので夜中や宿泊利用も可能な保育園もあります。

夜間になると料金は高くなりますが、子供にとってはメリットも高い利用方法となりますね。

料金に差が生まれる理由

一時保育と言っても認可保育園と無認可保育園があります。

認可と無認可を比較してみると自由度や時間の融通に関しては間違いなく無認可保育園の方がメリットがありますが料金に関しては圧倒的に認可です。

しかし、なぜこんなに料金に差がでるのでしょうか?

これについては「認可保育園は基準が厳しい?認証と認可 無認可保育園の違いはなに?」にも書いているのですが補助金の差です。

認可保育園は補助金が出ている反面、無認可保育園は補助金が出ていませんので料金差が生まれます。

実は認可保育園には「一時保育事業の助成金」があるためそこの利益を見越して運営をしている認可保育園もあるのです。

それに対して無認可保育園は認可保育園のように決まりや厳しい監査はない反面補助金などは一切ないため料金は高めになっているというのは印象ですね。

どちらを利用すべき?

料金と環境を考えると間違いなく認可保育園です。

昔は一時保育と言っても同じ年齢のクラスの中で一緒に保育をするというのが一般的だったのですが、最近は保育園でも一時保育の部屋を作っており、そこで一時保育担当の先生が見てくれるのでかなり手厚いです。

それに対して無認可はそこまでの環境は整えられないことから子供の中へ入れるケースが多いです。

無認可保育園が英語で保育をしてくれるインターナショナルプリスクールである、特殊な教育をしているという場合にはメリットがあるので認可ではできない体験をさせるならば無認可で良いと思います。

あとはママが夜の仕事をしているなどの理由で預ける場合には無認可しか無理なので生活スタイルや一時保育の利用の目的や理由で使い分けると良いですね。

一時保育の利用方法

次に一時保育の利用方法について書いていきましょう。

これについても保育園によってことなるので書いていきます。

予約は直接保育園で申し込む

認可保育園へ入園をしたいという場合にはあなたの住んでいる各自治体へ連絡をすることになりますが一時保育は違います。

一時保育は利用をしたいとなったら直接保育園へ申し込みをすることがほとんどになります。

申し込み方法は初回に書類を書いて予約。

その後は利用をした後に次の予約を入れていくというのがスタンダードな使い方となっていますね。

無認可に関しても同様となりますので、一時保育を利用したい場合には利用をしたい保育園へ一度電話をしてみましょう。

利用時間

一時保育の利用時間に関しては施設によって異なります。

料金に関しても基本料金があり、そこから追加で料金が発生をするというのが通常の条件となりますね。

一時保育の利用時間として基本で多いのは9:00~17:00という時間帯になっており、そのほかの時間は園長料金という形にしています。

無認可だと時間帯はある程度融通を聞いてくれたり短時間で良い場合には1時間1000円など時間利用もできたり、夜間は3000円など一律で決めているケースもあります。

一時保育の場合は基本時間が定められており、追加で料金がかかるというケースがほとんどですので各保育園へ一度問い合わせてみましょう。

何歳から預かってくれるの?

これも保育園よってざまざまなのですが、一時保育でも保育士の職員配置というものは守らなければなりません。

そのため、認可保育園でも0歳児はほとんどしていないのが現状です。

認可保育園では1歳児くらいから。

無認可保育園では2歳児くらいからが基本となります。

もし小さな年齢の子供を預けたいとなったら問い合わせをしてみないとわからないこともあるので聞いてみましょう。

一時保育の持ち物

一時保育はその日に必要なものさえあればよく基本的にはロッカーなどは用意をされていないことからその場で必要なものだけでよくなります。

基本は以下のものです。

・オムツ

・保険証のコピー

・着替え一式

・食事のセット

そのほかは保育園から指定があったものを持参することになりますねので事前に確認をしておきましょう。

持ち物を持っていくコツは「名前はすべて書いておく」「一つのバッグにまとめておく」と保育士の視点からするとものすごく助かりますので準備しておきましょう。

一日の過ごし方

子供の過ごし方は他の入園児と差はありません。

外遊び、食事、昼寝など放置をされることなくちゃんと見てくれます。

無認可で特殊なことをしている(英語、教育、体操など)の場合は一度確認をしておくと良いでしょう。

一時保育の問題点

一時保育を利用をしたい人、これから利用をする人もいると思いますがメリットデメリットがあるのは正直なところなので一時保育の裏側まで知っている元保育士が体験談も併せて書いていきましょう。

利用できない日がある

これは認可でも無認可でも同じなのですが、預かっている子供が最優先となっており預かってもらえる日もあれば預かってもらえない日もあります。

あくまでも入園をしている子供が優先となりますので、職員の中に有休が入っていて一時保育を見れない、園の行事がある、一時保育の予約が埋まっているなどの理由で利用ができないケースもあります。

もちろん、お盆、春休み、年末年始などの長期休暇時も利用ができないことが多いのでその都度確認が必要になりますのでたとえ仕事で利用をしたいと思っても断られるケースがあります。

一時保育は予約が殺到

実は一時保育は予約が殺到をしている事業となっています。

特に仕事の人は多く、認可保育園へ入園したかったけれども入園できなかった待機児童の人が預けにくるというケースもあります。

認可の場合は特に緊急性の高い人から受け入れますし、人気の園だと定員も限られてしまうことから予約が取れないというケースもあります。

中には予約を開始する日というのが定められておりその日には電話が殺到をしてつながらないなんてこともありますので認可保育園の一時保育は特に人気です。

泣いて預けるどころではない

もちろん子供からしたらママやパパと一緒にいたいに決まっています。

そのため、預けるたびに泣いてしまうというのは一時保育でも最も多いです。

保育士の意見からすると知らない人に急に預けられて泣かない方が危険だと思うのですが、泣いてしまうと預けるママからするとなかなか辛いですね。

慣れない

一時保育になると毎日保育園へ行くということはないため慣れないという意見は多いです。

これについても仕方ない部分でもありますね。

定期的に一時保育を利用している人ならばわかるのですがそうでない場合にはなかなか慣れないで泣いてしまうといことを繰り返すことになります。

結局いつまでも泣いてしまい落ち着かないというケースが多いようです。

先生が固定ではない

あとは保育園によっては一時保育はパートの先生でやっているケースもあります。

すると子供からすると定期的に先生がかわってしまうので慣れるまで時間がかかるということもありますね。

もちろん認可だと固定にしていることは多いのですが、これも円によっては固定にしていないこともありますので慣れないということはあります。

一時保育のまとめ

一時保育について書いてきました。

最近は待機児童も多いこと、また多様な働き方が増えてきていることから一時保育の人気は高まってきている一方です。

認可でも無認可でも一時保育をしているところは多いので各保育園へ聞いて利用をしてみましょう。

単発利用やリフレッシュをしたいという場合には最適な保育方法だといえますね

東京、大阪、名古屋、福岡などの首都圏では一時保育が殺到をしていたり、人材不足から一時保育が運営できないというケースもありますのでまずは利用したい保育園へ確認をしてみてください。

保活のやり方と保育園の見学のポイント!入園するためには点数が大事

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る