保活はいつから?失敗しないための裏ワザと計画を紹介

保活とは?

保活(ほかつ)という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

ここ最近でてきた言葉で「保育所を探す」「活動」と総称して「保活」と呼んでいます。

数年でこの言葉が一気に浸透をしてきたのですが、それには保育園へ入園できないという背景があるためです。

都市部の関東、関西では認可保育園への入園が定員よりも上回っており、入園できない待機児童が多くなっています。

そのため、早く行動を起こしていかなければならない時代なので、保活の情報についてまとめていきます。

関連記事待機児童問題の原因の対策は保育士不足と共働き世帯の解消

待機児童と保活の問題点

なぜここまで保活という言葉は浸透としてきたのかというと、待機児童問題が影響しています。

待機児童とは「保育園に入りたくても入れない人たちのこと」を指しており、この人数が年々増加傾向にあります。

この人たちが入りたいと思っているのは認可保育園と呼ばれる国の定めている厳しい設置基準とクリアしている施設で開園時間なども恵まれている環境の整った保育園のことを言いますね。

費用に関して両親の収入によって異なるのですが、無認可保育園と呼ばれる保育園とは違って安価に預けることが可能となっていますので人気です。

関連記事認可保育園の料金は無認可と違う!預けるなら認可が良い理由

認可保育園へ入るには?

認可保育園に入園をするためには一定の条件を満たして市役所へ申し込みをすることになります。

認可保育園は申し込みをした子どもの両親の仕事の時間や家庭環境(祖父母が近くにいるか?)などをすべて点数化して「保育に欠ける」と判断をされたお子さんが入園できるという仕組みです。

しかし、実際には「そのままの点数では保育園へ入れない」と役所から言われると就業形態を変更したり、入園がしやすい保育園の近くに引っ越しをしたりするなど本当の疲れてしまうほどか動いている方もいるのです。

関連記事→保育園の入園申込時期と方法!入園するための提出書類と点数一覧

そのため、長時間労働に変更して点数を上げたり、育児休暇の切り上げや待機児童の少ない地域への引っ越しによって広い入所枠を狙ったりして、認可保育園へ入園という狭き門を頑張って狙っているということになりますね。

保育園へ入園できなくなっために行われる保活ですが、背景には出産後も働く女性が増えたということが考えられます。

育児休暇を取得してそのまま復帰をする。

昔ならば何の問題もなくスムーズのその流れができていたのですが、今は現実的にかなり大変な状況です。

2009年4月の時点で25,000人が待機児童となっており、2016年も待機児童数は変わらず25,000人ほどの推移を保ったままとなっています。

待機児童ランキング

特に東京は深刻で待機児童数のワースト1位~10位を紹介すると、

1位:世田谷区…861人

2位:目黒区…617人

3位:大田区…572人

4位:江戸川区…420人

5位:府中市…383人

6位:中野区…375人

7位:足立区…374人

8位:中央区…324人

9位:江東区…322人

10位:調布市…312人

このようになっています。

1位の世田谷区に関しては、100名規模の保育園が9園なければ解消をされないという現実がありますので日本でも大変大きな問題となっていますね。

待機児童はあくまでも認可保育園への入園を希望しているけれども入園できていない人にのことを指しています。

実は認可保育園へ入園をしたいけれどもどう頑張っても難しいということで申し込みをしていない潜在的な待機児童も入れると5万人規模になるのではと言われています。

先ほどの調査のランキング1位の世田谷区で見てみると、実際に認可保育園へ申請をしているけれども入園できていない人が861人いますが潜在的な待機児童も入れると約1777人になります。

つまり、実際にはもっと多くの保育園が必要となっているということです。

保育園へ入園できない街ランキング

ちなみに全国で認可保育園へ入園できない街ランキングを紹介しましょう。

1.東京都:世田谷区

2.岡山県:岡山市

3.東京都:目黒区

4.千葉県:市川市

5.東京都:大田区

6.兵庫県:明石市

7.大分県:大分市

8.沖縄県:沖縄市

9.東京都:江戸川区

10.東京都:府中市

この辺りはすべて1000人規模で保育園へ入園できていない現実があります。

保活はいつから?

保活で認可保育園への入園を勝ち取るためには、妊娠をする時期を計画した時、もしくは妊娠中をまずは考えていきましょう。

その理由はお子さんの出産時期によって申請ができる時期も異なるからです。

また、子どもが生まれてから探すと手遅れですし、子育てをしながらだと疲れますのでおすすめしません。

認可保育園へ入園をするためには、入園をする4月の時期に3か月を経過していなければなりません。

しかし、4月の時点での生後3か月では他のライバルたちもみんな申請をしていることになりますので注意をしましょう。

出産時期によっては希望通り施設に入れなかったりしますね。

認可保育園への申請時期から逆算しよう

認可保育園への申請時期に関しては自治体によっても大きく異なるのですが、

・申請期間:10月~1月くらいまで
・入園発表:1月~2月くらい
・二次募集:2~3月

こんな風になっており、申請期間中に申し込みをしなければ二次募集への応募もできませんので注意をしましょう。

出産前の認可保育園への申請は自治体によってことなります。

出産をしていなければダメという自治体と、妊娠をしており出産予定でも受付を行ってくれるところもあります。

特に出産をしていなければ申請を受け付けてくれない自治体の方は出産時期を4月にするなどの対応も必要となってきます。

二次募集がなぜ行われるのかというと、認可保育園への入園を許可しても断る人が出てくるからです。

認可保育園への入園が決まって約2週間程度で入園をするのか?キャンセルをするのかを決める必要があります。

そのキャンセルが出た分が次待っている方へ回すということです。

保活で失敗をした人

保活に失敗をしている方の多くは、保活を開始した時期が遅かったというものです。

本来ならば妊娠をして出産日が決まればそこから逆算をして保育活動をしていかなければならないのですが、子どもが生まれてから保活動をしているようではすでに遅いです。

そのため、保活を開始する時期は間違えないように気を付けましょう。

1歳児の入園希望は殺到をする

特に1歳児は保育園でも入園に殺到をします。

育休を取っている人は子どもが1歳になり、そこから保育園への入園をして職場へ復帰をしたいと思う方が多いためですね。

保育園に勤務をしていた時に「○歳」と「〇歳」を知らない方が多かったので理解をしておきましょう。

併せて保育士1人で見れる人数についてもまとめておきます。

学年 その年になる年齢 保育士1人で見れる人数
0歳児 その年の4月~3月に1歳になる学年 3人
1歳児 その年の4月~3月に2歳になる学年 6人
2歳児 その年の4月~3月に3歳になる学年 6人
3歳児(年少) その年の4月~3月に4歳になる学年 20人
4歳児(年中) その年の4月~3月に5歳になる学年 30人
5歳児(年長) その年の4月~3月に6歳になる学年 30人

「〇歳児」というのは、学年のことを言い、「〇歳」というのは年齢のことになりますので「児」が付くだけで意味が異なりますので間違えないようにしましょう。

保育士の見れる人数が少ないということは、入園ができる人数も少ないということですので入園できる保育園を探すことに気を付けましょうね。

早生まれは不利?

ちなみに保活で早生まれはとても不利と言われています。

早生まれとは1月~3月までに生まれている子どものことをいうのですが、4月の時点で3か月に満たしていないことから入園がそもそも5月以降しか無理になります。

今の世の中の認可保育園への入園状況を考えてみると、4月へ入園しなければかなり難しいと思いますので結論としては不利に働く場合が多いです。

そのあたりは役所の保育課の人へ相談をして4月からの入園以外の方法で5月からでもすぐに入れる方法見つけるようにしましょう。

保活のやり方と失敗しない方法

妊娠がわかったら、母子手帳を市役所や区役所にもらいにいくことになります。

市役所へ行ったついでに保育園・保育所を担当している課(保育課等)に行き、認可・認可外・保育所・保育室等の情報を教えてもらったり、子育て支援の情報を得たり、ママ友からの情報を仕入れましょう

人気の保育園の倍率や、就労形態によってのあなたの状況での可否なども教えてくれますので、妊娠をした場合にすぐに調査を開始しましょう。

保活で市役所で聞くこと

ここでは保活動中に市役所で聞くことをまとめておきますので活用をしください。

ネットの情報やママ友の情報よりも市役所の情報が一番間違いないため、認可保育園へ行くのならば市役所には新しい情報仕入れるために適度に通っておくという方法もおすすめです。

1,地域の保育園で人気園(倍率の高い)ところ、入園がしやすい園(倍率が低い園)

2,自分の点数と優先順位

3,申込の時期や申し込みをするため書類やスケジュール

4,昨年度の入園実績(※何点で入園できているのか?)

5,保育料

6,認可外保育園の種類、場所、値段、補助金

関連記事保育園の失敗しない選び方のポイントは距離と場所と保育園の理念

この辺りは情報収集のためと自分が入園できるのかを見極めるために聞いておきましょう。

保活は認可保育園と認可以外保育園への入園を同時に進める

保育園に入る際に大事なことは同時並行で保育園への入園を考えておきましょう。

認可保育園への入園が決まる時期は比較的遅い時期で年明けまでは誰もわからない状況です。

しかし、すでに来年の4月からは復帰が決まっている方だとそんな悠長なことは言ってられませんので認可保育園以外にも認可外保育園への入園も検討しましょう。

無認可保育園の入園スケジュール

認可外保育園のスケジュールは認可保育園とは大きくことなります。

その理由は認可外保育園はその保育園と契約となりますので、先着順に入園が決まってしまうからです。

認可保育園への申請をする方でも認可外保育園への入園は絶対に抑えておくことが大事ですね。

認可以外保育園の場合は次年度の定員をかなり先に確定させます。

認可外保育園は経営という観点から保育を行っていますので、入園児の人数が経営に直結をします。

そのため、少しでも早く次年度の入園児の数を確保させておきたいという狙いがあります。

認可外保育園の入園スケジュールと認可の保育園の違いについて書いていきます。

無認可保育園と認可保育園の入園スケジュール

認可外保育園 認可保育園
4月 ・次年度の入園児童の募集開始

(この間でも定員に余裕があれば途中入園可能)

・保育園によってはキャンセル待ちをする場合もああります。

各保育園見学開始
5月
6月
7月
8月 保育フェスタなど自治体によって保育園に関するイベントを開催
9月 次年度の入園児確定が始まります。
10月 認可保育園へ書類をそろえて申請開始
11月
12月 次年度の入園児ほぼ確定
1月 1次募集で入園児が決定
2月 2次募集での入園児が決定

※募集終了

3月 若干名の空きが出る可能性があります。

(認可保育園に決まった人がキャンセルするため)

このようなスケジュールで保育園の入園に関しては進行をしますので参考にしましょう。

保活をしている方の場合は、職場への復帰という大きなメインになりますので、なんとしても子どもを預けることのできる状況が必要となります。

認可保育園への入園を希望している人が認可外保育園へ行くと実は優遇をされるポイントがあります。

それは認可保育園への入園の申請をしている場合に1点追加をしてもらえます。

(自治体による)

また、認可保育園へ希望をしたけれども認可外保育園へ行ってみるととてもサービスが良かったのでそのまま認可外保育園へ通う方もいますので「認可以外の保育園はちょっと・・・」という方もいろいろな認可外保育園へ見学へ行き、入園を検討してみましょう。

保活の裏ワザ

保活のブログはいろいろとありますが、私は認可保育園も認可外保育園もどちらでも勤務をした実績をもっています。

そのため、認可保育園と認可外保育園へ入園に関しては熟知をしています。

ねらいは入園可能人数が多い0歳と3歳

まず、認可保育園へ入園をするなら0歳児と3歳児(年少)がねらい目です。

その理由は、入園できる人数が多いからです。

保育園の入園の場合は大規模な保育園を除いては0歳児の定員は6~12名程度となっています。

しかし、この定員はすべて新規の人が入園をできる人数なので、入園可能な枠としてはかなり多いといえます。

6~12名も入園が可能な保育園が1歳児になると定員が10名~15名程度となります。

ただし、その内の6名~12名はすでに0歳児から入園をしている人数となりますので空いている枠としては3名~6名程度となりますので入園できる人数はとても少ないです。

2歳児も同様になっていますので、認可保育園へ入園するために1、2歳児はかなり困難といえます。

また、3歳児になると保育士が1人で見れる人数が20:1になりますしほとんどの保育園が2人担任を導入しますので30名近くまで受け入れる可能性もあります。

すると2歳児の時点で20名程度のクラスから10名程度は入園できますので定員に対しての新規の入園枠が大きいといえます。

無認可保育園も見学へ行こう

認可外保育園に関しては入園をしたい前の年度に一度見学へいきましょう。

計画として下記を参考にしてください。

・1月~3月まで見学へ行きましょう。

・4月から入園予約もしくはキャンセル待ちをとりましょう。

(※キャンセル待ちならば複数を取りましょう)

・予約をとった次の年の4月から入園。

このように約2年をかけていくと入園できる可能性が非常に高くなります。

認可外保育園の場合入園予約は入園金を支払う、予約金を支払うということで入園予約を取ることができる園が多いため認可保育園が希望でも投資をしておきましょう。

保活は大変ですし、かなり疲れます。

しかし、保育園への入園を勝ち取って職場復帰をするためには必ず必要となりますのでここで紹介をした情報をもとに入園を勝ち取っていただければ幸いです。

最近は認可保育園以外にも企業主導型保育園や認証保育園など様々な形態の保育園が出てきており、そこでも認可並みの設備と環境が整っている場合もあります。

関連記事企業が保育園を作るなら企業主導型保育事業で助成金を手に入れよう

もちろん認可保育園へ入園をしたい気持ちもわかるのですが、入園してくたくてもあなたの住んでいる地域や入りたい保育園によっても大きく異なります。

しかし、仕事復帰は待ってはくれませんので待機児童の多い地域ならば目的「保育園を見つけて職場復帰する」にしてはいかがでしょうか?

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る