保育園は土曜日も預かってくれるの?給食の有無と利用方法について

仕事をしているママたちに大変なのは保活。

つまり、保育園へ入ることなのですが入園したらそれで気になることが「土曜日が預かってくれるのか?」という点です。

サラリーマンのように土日は完全に休みと決まっている仕事ならばよいのですが最近は仕事の内容や働きからも多様化しており、平日が休みの代わりに土曜日に出勤をしなければならない。

そんなことも当たり前のようになっています。

もちろん保育園もそのあたりは理解をして運営をされているのですが、子供を預けるママからすると「利用する条件は?」「料金は?」「給食はあるの?」など気になるポイントはたくさんあります。

入園してみないとわからない疑問に感じる土曜日保育について元保育士が書いていきましょう。



土曜日保育とは?保育園の役割も解説

土曜日保育とはその名前の通り「土曜日に保育をすること」を言います。

平日は仕事をしている人がいますが、土曜日は基本的に休みのママパパも多いので利用をするには条件が必要な場合もあります。

この土曜日保育については認可保育園は基本的に運営をしていますが、認可外保育園(無認可保育園)はその施設によって異なります。

土曜日保育をしているところもあればしていないところもありますので通う保育園へ確認をしてみましょう。

また、認可保育園でも土曜日に預けるためには厳格なルールが敷かれているところもあれば、緩いルールの園もありますので保育園の土曜日保育園の基本的な考えについて書いていきます。

保育園の役割

ここからは無認可保育園は別の話で、認可保育園に絞って書いていきます。

まず、保育園へ入園をするためには「保育に欠ける」ということが必要です。

つまり、両親が「就労」「就学」「介護」「病気」など何らかの理由により保育園は親に代わって子育てをする。

これが保育園の基本的なスタンスであり、役割です。

また、同居人に祖父母がいたとしても年齢が高齢の場合は子供に危険があるケースも考えられますのでそのような場合も保育園は預かってくれますし、シングルマザーもしくはシングルファザーの場合は仕事に行かざる負えませんので入園できる可能性は極めて高いです。

保育園へ入園するためには保育園の入園申込時期と方法!入園するための提出書類と点数一覧により詳しく書いていますので参考にして下さい。

このあたりはどこの自治体でも基本的に同じ考えとなっており、これは厚生労働省が管轄をしている内容となります。

保育に欠けるとは

保育に欠けるという部分についてもう少し掘り下げていきますが、実は児童福祉の法令で以下のように定められています。

1,昼間労働することを常態としていること

2,妊娠中であるか又は、出産後間がないこと

3,疾病にかかり、若しくは負傷し、又は精神的若しくは身体に障害を有していること

4,同居の親族を常時介護していること

5,震災・風水害・火災その他の災害の復旧に当たっていること

6,上記1~5に類する常態であること

上記ののいずれかに該当し、かつ同居の親族などがその子供の保育が出来ない場合のみとなっています。

また、保育園と保護者は基本的に契約関係となります。児童福祉法39条によると、

1,保育所は日々保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳幼児又は幼児を保育することを目的とする施設とする。

2,保育所は前項の規程にかかわらず、特に必要がある時は日々保護者の委託を受けて、保育に欠けるその他の児童を保育することが出来る.

これが保育に欠けるということです。

土曜日保育の役割と過ごし方

ここまでは保育園の役割について書いてきました。

では、次の土曜日保育の基本的なスタンス、役割や考えについて書いていきましょう。

まず役割についてですが、これは認可保育園なので上記の紹介をした通り「保育に欠けているのか」がポイントです。

つまり、子供が保育に欠けていない状態場合は土曜日保育には預けられないというのが基本的なスタンスです。

中には「掃除がしたい」「夫婦でお出かけをしたい」「美容院に行きたい」「病院へ行きたい」など普段仕事をしていて自分の時間が取れない人は行きたいと思いますが原則「私用による利用は不可」と思っておきましょう。

また、パパは休みだけれどもママは仕事というケースもありますが、このような場合もパパは子供を見ることができますので土曜日保育は利用ができません。

土曜日保育の利用条件と申込方法

そんな土曜日保育利用の方法については厳しいところから、緩いところまで様々。

具体的に決まりがあるわけではなく保育園の考えに大きく影響をされるようです。

しかし、原則は「保育に欠ける」という部分を満たしているのかが重要になるといえますので、基本は土曜日も両親ともに就労をしているということを保育園へ求められる場合が多いです。

保育園としても保育士さんを休まさなければならないため、出勤の人数を最小限にして開園をしていますのである程度ラインを引かなければなりません。

そのため以下のような利用の方法となります。

・両親が土曜日も就労をしている証明書を提出する。

・毎月申込用紙に出席をする日を記載する。

こんな申込方法が多く、保育園としても「誰でも来れる」という状態にはしていないケースがほとんどですね。

私が勤務をしていた保育園では厳密に管理をしていました。

そのため就労証明書がなければ不可、突発的な出勤が理由の際には会社の印をもらうというように厳しく管理をしていました。

ちなみに娘の保育園は管理がゆるく、登園を希望する土曜日に〇を付けて書類を提出すればOKでしたので保育園の管理体制に左右をされるイメージです。

土曜日保育の料金と時間

これも保育園によってまちまち。

例えば、土曜日でも基本保育は料金をとたずそれ以降は延長料金という形でもらうことがありますし、すべて無料の場合があります。

いろいろなパターンがありますので書いていきましょう。

・パターン1:開園時間7:00~19:00、基本保育時間(無料)9:00~17:00、それ以外が延長代請求。

・パターン2:開園時間7:00~18:00、基本保育時間(無料)9:00~15:00、それ以外が延長代請求。

・パターン3:開園時間7:00~17:00、基本保育時間(無料)9:00~13:.00、それ以外が延長代請求。

こんな風に開園時間は保育園によって異なっていますし、料金が必要となる時間も異なりますので一概に○○円といえないのが難しいポイントといえます。

平日と同じ時間を空けているという保育園は少なく、終わり時間が短縮をされるケースが多いですね。

給食の有無

土曜日保育の給食については基本的に給食はあります。

ただし、メニューは簡易なものになることが多く私の勤務をしていた保育園は麺類やどんぶり系になっていました。

ある意味土曜日にしか食べられないメニューが出てきますので子供たちは喜んでいましたがね。

中にはお弁当になる保育園もありますが、基本は給食はでてきます。

突発的な場合はどうなる

しかし、突発的に預けなければならない場合もあるでしょう。

例えば本来は土日休みの人が「急に出勤をしなければならなくなった」「トラブルにあった」「親族が入院をした」などです。

その場合は保育園へ事情を話してみましょう。

もしかすると保育園から「嫌な顔」をされるかもしれませんが、それでもお願いをすれば断る保育園は稀と言えますので基本は預かってくれます。

保育園との関係をよくしておくこと

突発的に土曜日保育を利用しなければならないことがあります。

その際に大事なことは「保育園との関係づくり」です。

保育園としても日ごろから良い保護者の場合ならば突発的な土曜日保育の依頼にも快くうけてくれます。

しかし、普段から言われていることをやらない、先生にクレームを言う、土曜日も勝手に預けるということがあると保育園としてはあまり良い気持ちはしません。

関係づくりは子供の安全のためにもとても大事なことなので普段から保育園と良い関係作りをしておきましょう。

土曜日保育を断られる場合もある

また、土曜日保育を希望していても断られる場合もあります。

それは法的な問題なのですが、保育園の先生は土曜日に全員出勤をしているわけではありません。

保育園は基本的に平日が一番大事であり、子供の保育の基礎作りとなりますので人数もしっかりと把握をしなければなりませんので土曜日は先生たちも休みになります。

その法的な人数を超える場合には保育園としても違反となってしまうため土曜日保育の申し込みを断るケースもあります。

土曜日保育に預けられないときの対処法

もし保育園に預けられないとなったらどうすべきでしょうか?

もちろん保育園に断られた場合はもちろんですが、私用でどうしても子供のことを見れない場合もありますね。

そんなときは以下の方法を参考にしてください。

・ファミリーサポートへ申し込みをしてきてもらう。

・ベビーシッターを利用する。

・無認可保育園へ申し込みをして一時保育で利用をする。

・祖父母などに預ける。

この辺りの方法ならば就労以外で預けることも可能ですので、土曜日に保育園へ預けたいけれども難しいという場合に参考にしてください。

土曜日保育の流れと保育の方法

土曜日保育に預けるとどのような流れになるのか?

保育士の動きについても最後に書いていきます。

土曜日保育の一日

土曜日保育の一日は基本的に合同保育という形になります。

乳児と呼ばれる0~2歳児と、幼児と呼ばれる3~5歳児ですね。

この年齢を一緒にして2クラスで見るというのが基本的な流れとなっています。

過ごし方については怪我なく子供のことを見るという流れになっています。

参考までに一日の流れを書いていきましょう。

7:00~9:00:全員合同保育

9:00~:乳児クラスはおやつを食べる

10:00~:戸外遊び

11:00~:乳児は給食

11:30~:幼児は給食

12:00~:順次午睡

14:30~15:00:起床

15:00~:おやつ

15:30~:戸外遊び、室内遊びなど

17:00~:全員合同保育、降園

18:00~:閉園

こんな流れが基本となり、保育というよりはケガなく子供たちが過ごせるようにすることとなります。

保育士の土曜日保育はどうなる

保育士の仕事も乳児担当と幼児担当に分けることが多く、どちらかの担当になりますね。

私は幼児の担当になることが多かったのですが、1つの年齢だけ見るというよりは幅広い年齢を見るという流れになります。

保育士の勤務体制は早番1人、遅番1人にパートさんが1人ついて2人体制となり、あとは日中の時間差出勤をいう形になります。

土曜日保育は保育はもちろんですが、それ以外にも園全体としての仕事や普段できない場所の掃除などやることは意外と多い曜日といえますね。

土曜日保育のまとめ

土曜日保育も平日の保育と同じであくまでも子供の成長や保育に欠ける子供の養護のために運営をされているものです。

そのため、原則は就労など保育に欠ける要件を満たしていない場合は利用は不可となります。

しかし、突発的な場合には保育園との関係性によってその日だけは預かってくれる場合もありますので日ごろから先生との関係づくりを大事にしておきましょう。

土曜日保育の利用に関しては入園をする保育園によって大きく左右されますので、入園前にきちんと確認をしておくべきでしょう。

ただし、むちゃくちゃな利用をしてはいけませんのでそこは頭に入れておきましょう。

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る