幼稚園教諭と保育士の違い!どっちがいい?【給料と仕事内容を比較】

幼稚園教諭と保育士の違いは何でしょうか?

子供を見るという点では似ている資格ですが、実は大きな違いがあります。

それを知らずにどちらかだけを取得してしまうと、大きな失敗をしてしまうかも。

この記事では幼稚園教諭と保育士の違いについて書いていきます。



幼稚園教諭と保育士の違い【資格の目的や子供を見れる年齢が違う】

幼稚園教諭と保育士の違い【資格の目的や子供を見れる年齢が違う】幼稚園教諭と保育士は「子供を見る資格」と言うことはわかります。

似ているようで、実は全く異なる資格ですので十分理解をしておくべきですね。

どちらの資格がよいのか?違いを知りたい方へ向けて解説していきます。

幼稚園教諭と保育士の資格の違いを比較

まず、幼稚園教諭と保育士の違いについてまとめていきましょう。

保育士幼稚園教諭
必要な資格保育士資格幼稚園教諭免許
管轄厚生労働省文部科学省
子供の年齢0歳児~小学校就学前満3歳~小学校就学前
保育の目的専門的な知識を持って生活全般に関わる指導適切な環境を整えて幼児期の心身の成長を助ける
保育時間標準時間は8時間【12時間開園が多い】標準時間は4時間
働ける場所保育園

児童養護施設

乳児院

障害児関係

幼稚園(公立・私立)

認定こども園(保育士も必須)

こんな違いがありますね。

幼稚園と保育園は設置目的が違う【養護・教育の違い】

次に幼稚園と保育園の違いがあります。

保育園幼稚園
施設の区分児童福祉施設教育施設
管轄厚生労働省文部科学省
保育対象年齢0歳児~小学校就学前満3歳~小学校就学前
保育時間7:00~19:00(園による)

認可施設の場合は1日最大利用時間が11時間(保育標準時間)と

8時間(保育短時間)の2パターンがある

9:00~14:00

延長保育の場合は1日の時間は4時間

最近は延長保育を受け入れており18:00までが多い

給食義務任意
保育料金認可保育園の場合は自治体が世帯収入より決定する

※3歳児~5歳児は幼児教育無償化の対象

公立:自治体が決定

私立:設置者が決定

※幼児教育無償化により費用が発生しないことも

保育園は子供の生活の場となる福祉施設。

それに対して幼稚園はを教育する場という大きな違いがあるのです。

幼稚園と保育士は資格の取得方法も違う?目指すならどっちがいい?

ちなみに取得方法は同じ。

基本的には養成学校卒業すればどちらも取得できます。

ただし、学校によっては幼稚園教諭のみ、保育士のみと言うところもありますのでよくチェックしてください。

これから資格取得を目指すならば「どちらも取得」をおすすめしますね。

幼稚園教諭と保育士の違い【給料や求人に差はあるの?】

幼稚園教諭と保育士の違い【給料や求人に差はあるの?】幼稚園教諭と保育士も資格の違いについて書いてきました。

次は働くとなった場合の違いについて書いていきます。

給料や求人、待遇についてはどうなのか?について書いていきます。

幼稚園教諭と保育士の給料の違い【差は少ない】

幼稚園教諭と保育士の給料の違いについて書いていきます。

正直なところそんなに差はないといえますね。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考にしてみたところ、

保育士の平均月収は23万8000円、年間賞与が70万600円でした。

幼稚園教諭の平均月収は24万100円、年間賞与が73万7900円です。

幼稚園教諭の方が少し高く感じますが、そこまで差はないといえますね。

幼稚園教諭よりも保育士の求人が多い【違いが大きい】

求人に関しては幼稚園教諭よりも保育園の方が多いです。

理由は数に違いがあるためです。

幼稚園は全国に約1万件あるのに対して、保育園は約3万7000件あると言われています。

保育園の方が約4倍もありますので、必然的に保育園の方が求人が多くなる傾向にあります。

幼稚園教諭と保育士の違い【休暇に大きな差がある】

ただし、休暇には大きな違いがあります。

幼稚園教諭は夏休みが約1ヶ月、冬休みと春休みがあります。

もちろん幼稚園によりますが、年間休日は130日くらいあるところも。

それに対して保育園は年末年始に5日間くらいの休みしかないため、年間休日は110日程度。

休みに大きな差があるといえますね。

幼稚園教諭と保育士の勤務時間に差があり

幼稚園教諭は基本的に朝が早いですが、夜は早く閉園します。

朝はバスの送迎があることから7:00出勤があったりしますね。

ただし、延長は長くても18:00なので短めな印象ですし、そこまで利用をする子供は少ないです。

それに対して保育園になると、7:00~19:00なかには20:00と言うところがあります。

職員はシフトで勤務となるため、時間差も毎日あり大変な点もありますね。

幼稚園教諭と保育士で就職【どっちがいいの?】

幼稚園教諭と保育士の就職はどちらがよいのか?

これはあなたがどのように働きたいかによりますね。

見る子どもの年齢や将来的なキャリアにも差がでますので、よく考えて就職してください。

幼稚園教諭と保育士の仕事内容に違いがあるの?

幼稚園教諭と保育士の仕事内容に違いがあるの?幼稚園教諭と保育士の仕事内容についても書いていきます。

仕事に関してはどんな違いがあるのでしょうか?

幼稚園教諭は教育で保育士は養護【目的の違い】

幼稚園教諭の仕事は、子供は見ることは基本ですがあくまでも教育機関

小学校とおなじ文部科学省が管轄をしていますので、あくまでも教育をする場ということになります。

それに対して、保育園は養護が基本で福祉施設なのです。

子供の生活を基本とし、生活の場として子供を見ることになりますね。

保育士はより小さな子供も発達も理解する必要あり

幼稚園教諭は3歳児からで良いですが、保育士は0歳児からの子供を見なければなりません。

すると、発達については保育士の方が幅広く知っておく必要がありますね。

より深く理解をしなければならないのです。

→ 小児の発達段階の特徴を表で解説【遊びや課題は年齢によって異なる】

幼稚園教諭と保育士の一日の違い

幼稚園教諭と保育士の一日のスケジュールを書いていきます。

これを見ると大きな違いがあることがわかりますね。

時間保育士幼稚園教諭
7:00早番出勤バス当番は出勤
8:00園児順次登園そのほかの先生が出勤
9:00各クラスで保育園児登園/延長保育の担当出勤
10:00設定保育/遅番出勤設定保育
11:00~12:00昼食昼食
13:00お昼寝/事務作業・休憩自由遊び
14:00園児降園園児降園
15:00おやつ事務や行事の準備
16:00園児順次降園/早番退勤バス当番退勤
17:00退勤職員退勤
18:00延長保育延長保育終了/全員退勤
20:00遅番退勤

開園時間が幼稚園と保育園では違うため、このような出勤体制になります。

保育園は開園をしている時間によってシフトもたくさんありますね。

幼稚園教諭と保育士のメリットデメリット【違いがある点もあり】

幼稚園教諭と保育士のメリットデメリット【違いがある点もあり】幼稚園教諭と保育士の資格のメリットデメリットについても書いていきます。

どちらになろうか迷っている方は参考にしてください。

どちらにもメリットデメリットはありますね。

幼稚園教諭と保育士のメリット

幼稚園教諭とメリットをまとめていきます。

どんなメリットがあるのでしょうか?

【幼稚園教諭のメリット】

・運動遊びがリズム遊び、お遊戯など子供たちの教育的な視点がみにつけっられうr

・子供を園の方針に合わせて育てることができ、成長を間近で見られる

・職場によっては長期休暇があり、勤務時間もほぼ固定である

【保育士のメリット】

・乳児期から幼児期にかけて一貫して子供を見ることができる

・0歳児から就学前まで幅広い子供と接することができ、発達も理解できる

・保育園以外にも資格が活用でき働ける場が広い

幼稚園教諭と保育士のデメリット

次に幼稚園教諭と保育士のデメリットについても書いていきます。

【幼稚園教諭のメリット】

・子供の在園時間は短く、予定している業務だけで終わることが多い

・保護者とつながることが少なく、コミュニケーションが取りにくい

・保育以外の準備にとにかく時間がかかり大変

・一人担任になることが基本で、新卒でもいきなりクラス担任になることから責任が重たい

【保育士のデメリット】

・長時間の保育をシフトで担当するため、生活リズムが狂いやすい

・子供が一日中いるため保育以外の書類や準備の時間が取りにくい

・忙しい保護者が多く、会話をする機会が少ない

・お盆も春も休みはなく少なく感じることが多い

認定こども園で働ける【幼稚園教諭と保育士はどちらも取得】

結論、どちらが良いのかといわれると、どちらも取得しておくべき。

ただし、幼稚園教諭は結婚として子供を産むと難しい仕事です。

それは長時間働くことを求められる仕事だから。

保育士は短時間でもパートとして仕事をしていけますので、将来的なことも考えると保育士としてスキルを積む方が良いかもしれませんね。

幼稚園教諭と保育士の違いのまとめ【どっちがいいかはあなた次第】

幼稚園教諭と保育士の違いのまとめ【どっちがいいかはあなた次第】幼稚園教諭と保育士の違いについて書いてきました。

子供を見るという視点は同じですが、見る年齢の幅、施設の目的に大きなちがいがあります。

どちらを取得すべきなのか?と聞かれると、どちらもというのが答えですね。

理由は簡単で「認定こども園」でも働けますし、保育士は幅広く働く場があるためです。

幼稚園で働くには幼稚園教諭を持っておく必要がありますので、どちらもあれば万能といえるでしょう。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクが最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る