保育士の辞める理由TOP5【辞めて良かったこととタイミングと注意点】

保育士の辞める理由TOP5【辞めて良かったこととタイミングと注意点】

保育士が辞める理由があります。

もちろん、人によって理由は様々ですが、厚生労働省が調べた調査がありますね。

保育士は一体どんな理由で辞めるのか?

この記事では保育士の辞める理由やタイミングと注意点、辞めて良かったことについて書いていきます。



保育士が辞める理由トップ5【退職する原因は何?】

保育士が辞める理由トップ5【退職する原因は何?】

保育士が辞める理由を5つ紹介します。

これは厚生労働省の「保育士等における現状」を参考にしています。

現実的に保育士はどんな理由で退職をしているのでしょうか?

1.給料や賃金が低いので改善をしてほしい

2.保育士不足によって業務が多すぎる

3.事務や雑務の仕事が多すぎる

4.休暇や有休の改善【休みが少なく取りにくい】

5.勤務シフトが不安定で生活リズムが取りにくい

1.給料や賃金が低いので改善をしてほしい【月15万円の現実】

保育士の給料の問題は大きいですね。

賃金が低く、改善をしてほしいと思っているのが一つです。

なかなか改善をされない現実があり、フルに働いても月に15万円。

がんばっても報われない。そんな気持ちになってしまいます。

2.保育士不足によって業務が多すぎる【仕事がしんどい】

保育士不足によって業務が多すぎる問題もあります。

どこの保育園も保育士が慢性的に足りていません。

そのため、仕事がしんどく回ってくる業務も多すぎる問題があるのです。

仕事が大変で辞めたいとなることもありますね。

3.事務や雑務の仕事が多すぎる【書類で残業が多い現実】

保育士は子供を見ているだけが仕事ではありません。

書類もたくさんこなさなければならないです。

空いている時間にパソコンで仕事をすることも保育士の大事な仕事の1つですが、量が多く残業になることもあります。

4.休暇や有休の改善【休みが少なく取りにくい】

休暇や有休制度の改善という声もあります。

保育士という仕事は、基本休みがすごく少ないです。

取りにくい現状もありますので、なんとかしたいものですね。

休みが安定して取れて、かつ有休も取れればよいのですが。

5.勤務シフトが不安定で生活リズムが取りにくい【早朝から夜まで】

勤務シフトが不安定で、生活リズムが取りにくいです。

早番だと朝の6:30くらいには保育園に行かなければなりませんし、遅番だと19:30や20:00まで仕事です。

生活リズムが取りにくい現状もあり、身体に負担もかかってしまいます。

(参考:厚生労働省「保育士等における現状」)

保育士や辞める理由とタイミングはいつ?ボーナス後はあり?

保育士や辞める理由とタイミングはいつ?ボーナス後はあり?

保育士が仕事を辞める理由とタイミングについても書いていきましょう。

辞めるタイミングとしてはいつが良いのか?

また、避けるほうが良い時期を解説していきます。

辞めるタイミングが円満が理想【保育士の基本は3月末を推奨】

保育士として仕事を辞めるならば、3月末が理想ですね。

保育園は4月から3月が基本の仕事です。

そのため、タイミングとしては3月末にすべき。

担任としても迷惑をかけなくて済むかなと思いますね。

ボーナスをもらった後にすぐ辞める人もいる

ボーナスをもらったあとに辞める人もいます。

夏もしくは冬のボーナスとして支給をされている人もたくさんいますね。

正直、この時期の退職の印象はあまりよくありません。

途中退職は避けるべき【転職や就職に影響する】

保育士の中には年度途中で退職をする人もいます。

年度の途中で退職をすると、迷惑ですし、転職にも影響がでます。

そのため、途中退職は可能な限り避けておきましょう。

→ 保育士が今すぐ辞めたい理由と対処法!年度途中の衝動的退職はあり?

保育士を辞めて良かったこととは?辞める理由と伝え方

保育士を辞めて良かったこととは?辞める理由と伝え方

保育士が辞めて良かったことも実があります。

中には、転職をして楽しい人生になったケースもありますね。

そんな理由について書いていきます。

保育士を辞めて良かった3つの理由【メリットはあるの?】

保育士を辞めて良かった3つの理由があります。

・給料が高くなった

・定時で帰れるようになった

・休みが土日で安定して取れるようになった

保育士から一般企業へ行った結果、すごくメリットがあったという印象があります。

→ 保育士を辞めて良かった理由5選【転職で仕事が変わり後悔したこと】

保育士を辞める理由は人間関係も多い?

保育士を辞める理由は人間関係にも多いですね。

そんな面倒くさい人間関係から解放をされたという声もあります。

もちろん、転職先によって色々な人間関係はありますが、転職をすることによるメリットだといえます。

保育士を辞める時の伝え方【伝え方は?1ヶ月前には言おう】

保育士を辞める時の伝え方もあります。

退職はルールを守って1ヶ月前にはいうべき。

そして、引継ぎもすべきですし、3月末で退職を決めているならば早めに言いましょう。

最後まできちんと退職をすべきですね。

→ 保育士の退職挨拶の伝え方のポイント!保護者と職員 子供への挨拶例文

保育士が辞める理由の注意点【転職に響く可能性もあるタイミング】

保育士が辞める理由の注意点【転職に響く可能性もあるタイミング】

保育士の辞める理由は色々とあります。

最初に紹介をしたように、人それぞれの理由がありますね。

そんな辞める理由ですが、気を付けるべき点もありますので、紹介をしていきます。

突然の退職はNG【辞めたいならば申し出をする】

突然の退職はNGです。

たとえ、どんな理由であっても「明日辞めたい」「今日辞めます」というのは絶対にダメ。

突然の退職をするということは、保育園、子供、保護者みんなに迷惑をかけることになりますので、絶対に辞めておきましょう。

1年目が辞めたい時はどうする?【スムーズにいかない】

1年目が辞めたい時はどうすべきでしょうか?

新卒として保育園で働くようになったけれども辞めたい。

そんな風な保育士ももちろんいます。

簡単には辞めさせてもらえないこともありますね。

→ 保育士1年目の担任やクラスは複数?仕事内容と新卒で辞めたい理由

辞める理由に嘘は辞めておこう【リスクあり】

辞める時に嘘はダメです。

退職をしたいと思う人がいろいろと考えても正直にいいましょう。

嘘をついて退職をできたとしても、どこで会うかわかりません。

保育園の業界は狭いので、辞めるときに嘘をつくことは避けておきましょう。

保育士が辞める理由のまとめ【タイミングは大事】

保育士が辞める理由のまとめ【タイミングは大事】

保育士が辞める理由について書いてきました。

保育士として仕事をしてきても、辞めたいと思うことがあるでしょう。

そんなときの理由は色々ですが、多くは冒頭で紹介をした通りです。

本当に辞めたいとおもったら、転職をしてみるもの良いですし、保育士から離れてみても良いでしょうね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】
認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

・認可保育園の研修でも使われているブログです♪

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】

認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

保育士子育て世代とつながりたい

【簡単な紹介】

二人の子供がいるお父さん。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る