保育士が疲れた辞めたいとなる理由5選と対処法【つまらないは本当?】

保育士が疲れた辞めたいとなる理由5選と対処法【つまらないは本当?】

保育士が疲れた辞めたいとなることがあります。

保育士の仕事は、なかなか重労働で過酷。

そのため、毎日疲れてしまうというデメリットがありますね。

この記事では保育士が疲れた辞めたいとなる理由と対処法を書いていきます。



保育士が疲れた辞めたいとなる5つの理由

保育士が疲れた辞めたいとなる5つの理由

保育士が疲れた…辞めたいとなる理由があります。

もちろん、すぐに落ち着けばよいのですが…

いつも疲れてしまうので、その理由について書いていきましょう。

1.定時に帰れずサービス残業が毎日ある

2.休む間もなく体力が限界

3.子供の命を預かる責任が重たすぎる

4.職場の人間関係に気を使って疲れる

5.仕事は多忙だけど給料が上がらず低い

1.定時に上がれずサービス残業が毎日ある【持ち帰りも多い】

定時に帰れずサービス残業が普通にあります。

仕事で大事なことは、定時に帰ることですが、保育士では叶いません。

仕事はやることも多く、サービス残業であったり、持ち帰りの仕事があります。

2.休む間もなく体力が限界【休憩も取れない】

休む間もなく、体力が限界となります。

休憩も取れないためなかなかしんどい状況がありますね。

一日中ばたばたと動いて仕事が終わってしまうなんてことも普通にあります。

3.子供の命を預かる責任が重たすぎる【パートも疲れる】

子供の命を預かる責任が重たい。

これは、正社員に限らずパートでも感じていることです。

常に命を預かっているため、責任が重たいと感じるようになっていますね。

4.職場の人間関係に気を使って疲れる【大変なことが多い】

職場の人間関係に気を使って疲れます。

実は内部に気を使い疲れてしまう…なんてこともありますね。

上司や部下、同僚などに気を使うことになりしんどい思いをしてしまいます。

結果、退職をしてしまった…なんて人もいます。

5.仕事は多忙だけど給料が上がらず低い【ハードでしんどい】

仕事は多忙だけど、給料が上がらず低いなんてことも。

保育士の給料は平均年収360万円。

しかし、平均勤続年数も16年なので、経験値のわりにお金が増えないなんて悩みがあります。

→ 保育士の大変なこと11選【仕事にやりがいを感じることも解説】

(参考:厚生労働省「保育士の現状と主な取組」)

保育士が疲れたつまらないと感じる原因

保育士が疲れたつまらないと感じる原因

保育士が疲れた。つまらない。

そんな風に感じてしまう原因があります。

その理由について書いていきましょう。

子供が言うことを聞かずかわいくない【担任として辛い】

子供が言うことを聞かずにかわいくない。

そんな風に感じてしまうことがあります。

保育士として仕事をする中で、いうことを聞くこともあれば聞かないことも…

そんなときにイライラしてしまい「疲れた…」と感じてしまうことがあります。

保護者対応に気を使って疲れた【やらかした経験も】

保護者対応に気を使って疲れたと感じます。

保育士の中でも保護者対応には気を使いますよね。

時にはクレームをもらうこともあり、余計に疲れた…辞めたい…となることがあります。

事務仕事の文章を考えるのが苦手【長時間労働になる】

事務仕事の文章を考えるのが苦手…

そんな風に考えることが苦手だと感じる人がいます。

時間がかかり長時間労働になることから、疲れたとなるケースが見られます。

やりたい保育や方針が合わずしんどい【気持ちが大変】

やりたい保育や方針が合わずにしんどい。

自分の考える保育や理想とする保育と、乖離があるとしんどいですね。

子供にとって良いと思えないことをしなければならないため、気持ちが大変となります。

行事が多く子供たちとゆっくり関われない

行事が多く子供たちとゆっくり関われない。

そんな問題点があります。

行事が特に多いと疲れてしまいますし、子供とゆっくり関わる機会も少ないので、辞めたいと思ってしまいます。

保育士が疲れた辞めたい時の対処法5選【転職のタイミングかも】

保育士が疲れた辞めたい時の対処法5選【転職のタイミングかも】

保育士が疲れた…辞めたいとなるタイミングがあります。

そんな時はもしかすると転職をするおすすめの時期かも…

「疲れた…」となった時の対処法を書いていきます。

1.無駄な仕事は辞めて業務量を減らす

2.サービス残業や持ち帰りの仕事はしないと決める

3.先を見越して仕事を終わらせていく

4.休日は仕事をせずゆっくりと休む

5.ホワイトな保育園へ転職をする

1.無駄な仕事は辞めて業務量を減らす【対策として有効】

無駄な仕事は辞めましょう。

どうしてもやらなければならない仕事はありますが、それ以外は特にする必要もありません。

そのため、無駄な仕事はやめて業務量を減らすようにしてください。

仕事を減らしていけば、仕事に余裕が生まれますし疲れにくくできます。

2.サービス残業や持ち帰りの仕事はしないと決める【激務から逃げる】

サービス残業や持ち帰りの仕事。

これが当たり前だと思っている人もいますが、それは間違い。

無理にする必要はないので、激務から逃げるためにも「しない」と決めて辞めてしまいましょう。

3.先を見越して仕事を終わらせていく【心身が疲れないために】

先を見越して仕事を終わらせていきましょう。

心身共に疲れないために大事なことですね。

仕事は計画的に、やらなければならない仕事はどんどん終わらせていきましょう。

4.休日は仕事をせずゆっくりと休む【ストレス発散方法を見つける】

休日は仕事をせずにゆっくりと休みましょう。

休みの日もついつい仕事をしてしまいがち…

ですが、休みは休みとして体をゆっくりとさせればよいのです。

ストレス発散をしてゆっくりとリフレッシュしましょう。

5.ホワイトな保育園へ転職をする【現状の職場が問題かも…】

もしかすると、そんな疲れたとなる環境は保育園のせいかもしれません。

ならば、ホワイトな保育園へ転職をするようにしましょう。

エージェントに登録をして、今不満に思っていることを伝えます。

すると、あなたの考えがマッチする理想の職場が見つかり、条件面も良くなるかも。

もし、疲れたとなっているならば行動をして転職をしてください。

>>【保育士バンク】

求人数業界ナンバー1、コンサルタントが親身、非公開求人多数あり、全国対応。

>>【ジョブメドレー保育士】 

検索型の保育士求人、登録をするだけでスカウトが届く、自分のペースで仕事が探せて応募も可能、転職サイトの運営母体は大手のジョブメドレー

>>【マイナビ保育】

※大手マイナビの保育士専門サイト、コンサルタントの質はナンバー1融通やわがままを聞いてくれる、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化している。

保育士が疲れた辞めたいのまとめ【辞めてよかったの声も】

保育士が疲れた辞めたいのまとめ【辞めてよかったの声も】

保育士が疲れた…辞めたいと感じることがあります。

そんなときに大事なことは、無理をしないことです。

疲れたとなって続けると、余計に疲れてしまうこともあるかもしれません。

そんな時はここで紹介をした対処法をしてください。

特におすすめは「転職をして環境を変える」と、一気に疲れる環境から変わることができますね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る