転職エージェントの評判と裏事情を知ってメリットを活用しよう

失敗しない転職の方法と活動の方法

転職をしたいと考えている方もいますが、実際にどのような方法で転職を考えていますか?

たぶん一番多いのはハローワークでとりあえず自分がやってみたいと思うような仕事を検索してみて、気になる仕事があれば応募をしてみるという方法。

もしくはネットで求人サイトと検索して見つけた求人に応募をする、街にあるタウンワークなどの求人誌を見て応募をするという方法になるでしょう。

しかし、その場合に就職をできたとしても希望の職種希望の待遇で就職をできていますか?

たぶんほとんどの方は「希望通りに行けた」「好待遇な転職ができた」と言えないのが正直なところです。

転職活動をしているということは今勤務をしている会社を退職して、その次の仕事を見つけなければなりませんのでそこを抑えて行くための方法について書いて行きたいと思います。

自分で転職をすると希望の待遇になれない理由

転職はヘッドハンティングや誰かに「うちに来ない?」と呼ばれない限りは自分で転職活動を行うことになります。

しかし、その場合は目的は「就職先を決める」ということになりますのでなんとか採用をしてもらうために自分を取り繕わなければならなくなります。

基本的には就職先を決めるというような流れになってしまうことから、本来は「もうちょっとお給料がほしい」「もうちょっと待遇の良い仕事に就きたい」という気持ちを持っている方もいると思います。

就職がゴールとなり希望がいえない

しかし、転職活動をするということは就職をしなければならない、決めなければならないというゴールがあるためなかなか希望や給与の交渉を切り出せないのが正直なところですし結局妥協をして決めてしまうことになります。

ゴールが「転職を成功させること」ではなく「転職先を決めること」なってしまうことから自分で検索をして探すような転職の方法や、ハローワークの場合は採用をしてもらう側としては弱い立場となってしまいます。

そのため、転職活動はうまくいかないですし、すべてが希望通りの転職活動にすることは難しいですね。

転職エージェントは転職を失敗をしないため方法

個人で転職活動をするとそのようなゴールに違いがあるためなかなか希望の就職に就けない現状もあります。

30代、40代になると採用をする側としてもよほど能力が高くない限りは、就職活動をしても採用をしてもらえる可能性も低く、応募ができる企業も少ないことからシビアに大変な思いをすることになる可能性もあります。

しかし、自分の希望の待遇で就職をするための方法があるんです。

それは「転職エージェント」を利用する方法です。

もちろん一般企業から医師、看護師、介護士、保育士、作業療法士、薬剤師などの専門職に特化をしている転職エージェントもあれば、SE、WEBデザイナー、設計、建築系、外資系などあらゆる分野に最近はどんどんと参入をしてきている新たな転職の方法だといえます。

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントとは「紹介型」の就職支援サービスです。

転職をしたいけれども忙しくてなかなか自分ではできない、転職活動はしているのだけれどもなかなか希望の職種に就けないという人などを対象にして「転職希望者に就職を斡旋する」ことが目的となっているビジネスです。

最近はこのエージェントを活用することにより好待遇な転職先を見つけられることから人気となっています。

そこで、今人気の転職方法である転職エージェントの良い点についてまとめていきましょう。

利用はすべて無料

まず、世の中の転職エージェントの利用料はすべて無料となっています。

転職を希望している人からは一切お金を取ることなく希望の就職へのヒアリングから斡旋、条件交渉まですべて行ってくれるサービスとなっていますね。

費用は転職先からもらう仕組み

なぜ無料なのかというと、転職希望者が転職に成功をした場合にはその企業からお金をいただく形となっているからです。

いわば、転職希望者と人材がほしい企業との橋渡し的な役割と担っているといえます。

利用料の相場は紹介料込み転職に成功をした方の年収の20~30%程度となっており、エグゼクティブな転職エージェントとなると40%程度のマージンになることもあるようです。

パートやアルバイトの斡旋も行っており、その場合には20万円など固定の報酬となる場合が多いですね。

就職先を探してくれ面接日まで設定してくれる

転職エージェントも転職希望者が転職に成功をしなければ利益にはならないことからあなたのために必死に転職先を探してくれますし、希望に添えるような情報を教えてくれます。

あなたは登録をして、ヒアリングを受けるだけであとはすべて転職エージェントの担当者が行ってくれますので仕事をしていて忙しい人も安心をして転職活動をすることが可能となっています。

希望の就職先が見つかるとメールもしくは電話で「○○という会社がどうでしょうか?」と連絡をくれて条件に関しても簡単な情報をくれます。

その後にあなたがその会社と希望すれば、あなたの事情を考慮したうえて転職先の面接の日程時間の調整を行ってくれ場合によっては面接に同行まで行ってくれますのでとても強い味方になってくれます。

ノウハウもありますし、過去の実績もありますのでアドバイスも的確にもらえるという点は大きな魅力となっていますね。

志望動機や、転職理由についてもあなたからのヒアリングをした結果と考慮してくれますし、退職理由が次の転職先の面接でマイナスに働きそうな場合には言い方のアドバイスや、先方に先に連絡をしてあなたにマイナスのイメージが付かないように配慮をしてくれます。

条件交渉はすべて対応可能

もちろん採用を決める際にはあなたの希望は最優先に考えてくれますし、転職に成功をしたとしても3か月以内にその人は退職をするとお金は支払われないという決まりがあります。

そのため、転職エージェントとしても転職者が気持ちよく働いてくれることが何よりも大事な要素となっています。

そのため、面接をして、採用が決まる直前に条件などについても確認が入ります。

しかし、「もうちょっとお給料が」「役職を付けてもらうことはできないか?」など希望については代行をして企業側へ伝えてくれますので相手企業との条件交渉に関してもすべて代行をしてくれるメリットがあります。

もちろんあなたの希望なのですが転職者本人がこのような条件をいうと、転職先からの印象は悪くなりますがエージェントを通すことで問題もなくなりますし、希望の条件で採用をしてもらえる可能性もあります。

そのため転職をする際の条件は我慢をせずにきちんとどんな条件で転職をしたいのかを伝えるようにしましょう。

転職サイトの違い

転職エージェントとのメリットはお分かりいただけたかと思いますがよく間違われる転職サイトとの違いについて書いていきましょう。

転職サイトと転職エージェントの決定的な違いは「担当者がつくか?」になります。

転職エージェントの場合は必ず担当が付き、応募から面接の調整、条件交渉まですべて行ってくれます。

それに対して転職サイトに関してはWEB上にある求人情報自分で検索して応募から面接まですべて自分で行わなければなりません。

個人的な見解としては、転職エージェントの方はメリットも多く、すべてにおいて優れているといえますので転職エージェントでは応募ができない、もしくはサポートできない会社に対しては転職サイトから自分で申し込みをするという方法で良いと思います。

エージェントとサイトの比較情報

 転職エージェント転職サイト
気軽さ担当が付き、二人三脚で転職活動を進めていくために気軽さはないです。すべて自分の判断で進めことが可能なため気軽さがあります。
求人の選択担当を通しての応募となりますが、非公開求人なども紹介可能多いサイトになると常時10万件以上の求人広告があり選択肢は幅広いです。
企業との調整担当が面接日程、給与の交渉、入社時期に至るまですべて調整してくれます。応募、面接日程、入社時の条件などすべて自己責任となります。
転職の成功率高いです。
面接の対策と企業へ担当者が推薦をしてくれますので成功率は非常に高いです。
他にも転職サイトからの応募は多いため、書類選考で落ちる可能性も高いです。
転職へのアドバイス担当が自分にしかない価値や、ほかの視点からのアドバイスもあり思ってもみない転職先に出会える可能性もあります。個人でするためアドバイスは一切ないです。
面接の対策担当が模擬面接や過去の面接で聞かれた内容を教えてくれます。求人情報や面接を受ける企業のHPを見てすべて自分でしなければなりません。
情報収集担当者が面接を受ける企業の内部情報まですべて提供してくれます。転職サイトでは情報の収集は一切できません。

基本は転職エージェントに依頼をして、それでも条件がなかなかうまくいかない、希望の転職先へいけないという場合には転職サイトを2つ程度登録をしてみてください。

転職エージェントならば日本最大級のリクナビnext(ネクスト)やマイナビ転職、転職サイトもリクナビ、DODA、エン・ジャパンなどは有名で使いやすさもありますが転職サイトに登録だけでもしておくとスカウト機能という方法であなたの経歴に興味を持った企業から連絡が来る場合もあります。

転職エージェントで失敗をした例

転職エージェントは万能なのですが、実は目には見えないところでデメリットもあり、転職に成功をしている方もいれば失敗をしている方もいますので紹介をしていきましょう。

エージェント選びを失敗した

転職でエージェントを利用して紹介してもらおうと思ったけれどもエージェントの担当が悪かった登録をした会社を誤ったという口コミがあります。

転職エージェントには2つの形がありいろいろな「業界すべてを網羅している総合転職エージェント」と、業界や対象とする層を絞っている「特化型転職エージェント」の2つに分かれます。

その中で以下の4つの業界以外は総合の転職エージェントに登録をしておけば問題はないと思いますが、ほかの業界の場合は総合の転職エージェントへ登録をしましょう。

・外資系企業(特に面接が特殊なコンサルティングファーム)

・アパレル(業界が特殊、店舗見学などに対応)

・エグゼクティブ(ヘッドハンターベースのやり取りがある場合)

・医療、福祉系

その際に苦手としている分野の転職エージェントへ登録をしても、成功をする確率は少ないため最低でも2社程度は登録をしておきましょう。

また、ミドルと呼ばれる30代、40代向けの転職エージェントや女性に特化をしているエージェントもありますので登録をして利用をする場合にどこでも登録をするのではなく、自分の希望にそった紹介をしてもらえるのかを見極めて登録をしましょう。

登録をしてもしばらく紹介をされないという場合には転職エージェントとあなたの希望があっていないということになりますので他のエージェントへも登録をするようにしましょうね。

担当の言葉をすべて信じて失敗した

転職をしていく中で強い味方になってくれるのは確かなのですが、担当者もあなただけを担当しているのではなく多くの転職希望者を担当しておりあなたはその中の1人です。

そのため、知らない業界の対応や利益率の少ない会社に関しては本気で対応をしてもらえない可能性もあります。

転職エージェントを利用すると言っても、転職者自身もすべてを任せるのではなく自分でも情報収集は必ず行うようにしていきましょう。

そのため以下の2つは大事なポイントです。

・担当者の話し全てを信じないこと。

・2社以上の転職サイトへ登録をしてどちらにも相談をして情報を精査すること。

裏事情としては、どうしても転職者を決めておきたい。いわゆるコネを作っておきたい、つながりを作っておきたいという会社も存在をしており、その会社にはあまり向いていない人材でも紹介をしているケースもあります。

転職エージェントとしても一番の目的はあくまでも利益になりますので担当には頼りながらも自分自身でもある程度の希望条件などは絞って伝えるようにしてくださいね。

特に中小のエージェントには注意をしましょう。

紹介をしてもらえない

中には登録をしてヒアリングまでしてもらいエージェントにも「お任せください」と言われたのに全く紹介をしてもらえないということもあるでしょう。

その理由はいろいろとあるのですがまず考えられることは「あなたに紹介ができる求人が本当にない」という状況ですね。

1つ目は登録をしているエージェントサービスとあなたがミスマッチを起こしていることが原因となっており結果的にはエージェントも紹介したくても紹介できないことから対応をしていないという例です。

2つ目はあなたの経歴などから紹介ができそうな案件がないということも考えられます。

もちろんこれはエージェントしかわからないことなのですが、こんな風にならないためにも複数の転職エージェントには登録をしておくほうがメリット高いですし、

意図的に紹介をしない、したくないというのはエージェント内ではあるあるの裏事情になりますね。

紹介をしてもらえない事例

これは私の友人の話なのですが、ずっと引っ越しの仕事をしてきました。

しかし、体力的にも限界が来たために転職を考えてエージェントを利用してみても一向に連絡がこない。

おかしいと思って連絡をしてみると「石を掘って彫刻をする仕事」「運送系」「引っ越し系の他の会社」というようないわば誰でもできる仕事を紹介されました。

これは友人に対して紹介ができる仕事がないということ現実となっています。

得に大手ほど、良い求人に良い人材を送ってその会社との取引を持っておきたいというのが本音ですので、紹介をしてもらえない場合には自分のキャリアを客観的に見比べてみましょう。

エージェントの評判のまとめ

転職エージェントを利用して、成功をしたという人もいれば失敗をしたという人もいます。

成功をしている人は忙しい中でも自分で情報収集を怠らず、もちろん担当との関係も密にとってきた結果だと思いますが、失敗をした人はあまりにも任せすぎたり、自分自信での情報収集を怠っている結果だと思いますね。

転職エージェントは使い方を間違えなければ、こんな便利なサービスはないと思いますので裏事情も把握をしたうえでうまく活用をしていきましょう。

転職サイトでの情報収集も同時並行で行うこと

そのため、転職サイトである程度自分でも情報収集を怠らないようにすべきだといえます。

すべてをエージェントに任していると失敗例で紹介をしたようなことが起こってしまう可能性もありますね。

そのため、転職エージェントに登録をしながらも転職サイトで自分で情報収集をして希望の職種があるのなら応募をしてみるというスタイルも忘れないようにしたいです。

あくまでも自分が転職をしますのでエージェントなど人任せにはしないほうが良いと思います。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る