保育士が転職したいときの注意点!理由と好待遇な求人に出会う方法

保育士が転職をしたいと思うことはあります。

どちらかと言えば、普段から「転職したい」「転職しようかな」と考えている人が多いでしょう。

しかし、転職をしたいと思ったときにすぐすべきか?と言われるとそうではありません。

気を付けるべきポイントもあるのです。

この記事では保育士が転職したいときについて書いています。

記事を読むことで、転職をしたいときの注意点、理由や好待遇な求人に出会う方法がわかります。



目次

保育士が転職したいときの注意点!理由と好待遇な求人に出会う方法

転職したいと思ってもタイミングは大事です。

保育士という仕事は、担任制で責任があるためですね。

中には年度途中で退職をする人もいますが、それは大きな間違い。

年度途中の退職は迷惑をかけるので、やめておきましょう。

すぐに転職したいはNG!保育士の転職時期は4月にしよう

保育士は3月末退職が基本です。

保育園は年度で仕事をすることになります。

担任なども4月から入れ替えを行う形となりますので、時期はきちんと合わせておきましょう。

実は時期を3月にすることにより「退職をしても印象がよい」「保育園としても採用がしやすい」というメリットがあります。

→ 保育士の年度途中の退職は迷惑!辞めるタイミング時期と伝え方を解説

保育士が転職をしたい理由5選【思ったら落ち着いて考えよう】

では、保育士が転職をしたい理由を書いていきましょう。

保育士は転職しやすく、離職率も約10.3%と10人に1人は退職をしている計算となります。

それくらい人の動きが激しい仕事なので、転職をすることが多いです。

しかし、そこには理由があるのです。

1.保育園の人間関係に疲れた悩む【上司・同僚・保護者】

保育士として退職理由に挙げられるのは「人間関係」です。

保育士は子供だけではなく、園内の上司、同僚、後輩がいますし、保護者もいます。

人間関係が基本の職場なのですが、それに疲れてしまうということが多いです。

つまり、それが理由で途中退職をしようを考える保育士も多いですね。

2.給料が思うように上がらない【低賃金でボーナスも低い】

保育士の給与は低いです。

特に、私立の保育園へ勤務をすると給料はすごく下がります。

平均にして月15万円程度の手取りが基本ですね。

そのため、保育士として給料が低いことに絶望して、アップをさせるために転職を考える先生もおおいです。

3.違う保育をやりたい【園の方針が合わない】

保育園との方針があわなかったり、時には違う保育に興味を持ったり。

保育園によっても実践をしている保育がちがうため、違う方法を学びたいと思い転職をします。

中には「保育方針が合わない」ために転職をする人もいます。

4.保育士以外の別の違う仕事に興味が出た【異業種への転職】

保育士から別の仕事へ興味を持つ人もいます。

例えば、一般企業、営業、事務などの仕事や夢の仕事。

ウェディングプランナー、ネイリストなども女性ならば憧れる仕事があります。

未経験でも転職がしやすいという点で、保育士から異業種へ夢を持つ先生もいます。

→ 保育士から違う仕事へ転職する方法!一般企業や異業種へ行ける?

5.なんとなく転職したい【理由が不明】

もう嫌になった、疲れたから転職をしたい。

そんな風に感じる先生もいます。

気持ち的に疲れてしまい、すべてを投げやりにしてしまうこともありますね。

(参考:厚生労働省「保育士等における現状」)

保育士が転職したい理想と注意点5選【現実は甘くない】

保育士が転職をしたいと思うのは個人の自由です。

しかし、転職をすれば「夢がかなう」「できる」と思うのは大きな間違いです。

現実はそんなに甘くはありません。

私も同じような理由で転職をしてきましたが、実際にはかなわかなこともたくさんありました。

1.転職しても給料が上がらない【1からのスタート】

まず、転職をして給料を上げようというのはかなり難しいです。

保育園というのは補助金で成り立っており、そこから保育士への給料も支払われています。

つまり、保育士の給料が高くする方法は2つです。

・ものすごく好待遇な求人に出会う。

・今の保育園でキャリアアップをする。

このいずれかしか給料を上げる方法はありません。

転職をしたから給料があがるというのは安易で、給料が上がる方法で転職をしなければならないのです。

→ 保育士キャリアアップ研修で給料アップ?内容と処遇改善と受講年数

2.転職したい不満や不安から解放される【逃げの転職は解決しない】

転職をしたい理由が不安や不満の場合は危険です。

これは逃げの転職で「今の状態を変えたい」という気持ちから転職をしています。

しかし、逃げの転職はまた同じことを繰り返して転職をします。

「嫌なことがあれば転職をすればよい」という考えになってしまうためです。

転職を繰り返すと、結果的には悪い状態にしかなりませんので、嫌なことから逃げたいだけの転職はやめておきましょう。

3.保育園以外の会社がない【保育士からの転職はスキルが必須】

保育士から一般企業へ行きたい。

この希望や夢は素晴らしいものですが、そもそも保育士が転職できる会社はありません。

かなり少数で20代前半ならば、まだあります。

しかし、それ以降はかなり厳しくなりますし、保育経験は一般企業では何の役にもたちません。

どうしても転職を希望するならば、大手の転職エージェントへ登録をしてみると、見つかるかもしれません。

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人 【doda】

4.逃げる転職は繰り返す【目的ある転職をする】

今の環境がイヤ、もう転職をしたい、人間関係に疲れた

そんな状態から逃れるために転職を考える保育士さんもいます。

もちろん、その気持ちもわかりますが、その気持ちで転職をしても失敗します。

「転職すれば環境が変わる」「しんどい状態から逃げられる」というのは大きな間違いです。

その理由が、転職先でもおこるでしょう。

転職をしたいと思ったときこそ「なぜ転職をしたいのか」「明確な目的があるのか?」をよく考えてください。

5.感情的に転職はしない【転職したいときは冷静に】

感情的な転職は何も生みません

「上司に腹がたつ」「理不尽な要求をされる」「保育が合わない」など感情があるのは当たり前。

それは保育士に限らずいろんな仕事で起こる問題です。

しかし、その感情のままで転職活動をすると「逃げの転職」になってしまいます。

マイナスの転職は失敗に終わる可能性があるため、感情的な時はいったん落ち着いてから転職活動をしましょう。

保育士が転職をしたいときの方法3ステップ【好待遇な求人へ】

しかし、100%我慢しろというのはムリです。

保育士に限らず他の仕事でも転職をしたいということは誰もが思います。

そんなときに以下の3ステップで好待遇な求人を探してみましょう。

冷静に落ち着いてから、やれば給料アップ、人間関係の良好な園へ行けるかもしれません。

1.転職したい理由を一人で考える【目的・目標・理想】

転職をしたいと思ったら、落ち着きましょう

おすすめはカフェへ行って暖かい飲み物をのんで考えることです。

自分に話しかけ「どうして転職をしたいのか?」「転職をした先は?」「3年後にどうなっていたい?」という目的を持つべきです。

その目的が叶うための方法が「転職」ならば、良いです。

もし、冷静になって「転職すべきではない」と思うならば、もう一度かんばってみても良いでしょう。

2.転職エージェント登録をして相談【コンサルタントに話す】

考えてみても「転職したい」という考えになったならば、転職エージェントへ登録しましょう。

転職エージェントは「紹介型」で、保育園と求職者をつないでくれます。

利用は無料で、登録後に担当のコンサルタントがつきあなたの希望や悩みを聞いてくれます。

そこで、転職をしたい目的、解消をするための方法を聞いてみてください。

保育園の精通をしているからこそ、かなうことは「できる」、できないことは「むずかしい」と教えてくれます。

他の代替え案で転職を紹介してくれることもありますので、よき相談相手、紹介相手になります。

ナンバーワン保育士エージェント 【保育士バンク】

※登録、利用はすべて「無料」

3.希望に沿った求人へ応募【転職がしたいをかなえる】

希望にそった求人やあなたの転職をしたい理由が解消できるならば、すぐに応募をしましょう。

応募先の面接方法などを教えてくれますし、中には同行をしてくれるケースもあります。

私もこの方法で好待遇な転職に成功をしました。

自分でハローワークなどで見つけるよりも、かなり良い求人に出会えたことは良かったですね。

もし、転職をしたいならばあなたはどうしますか?

保育士が転職したいまとめ【辞めて良かったを手にいれよう】

保育士が転職をしたいと思っても、すぐにするのは注意が必要です。

いきなり転職をしても、よい転職にはならないでしょう。

転職をしたいと思ったときこそ、冷静に落ち着いて活動をすべきです。

それでも転職をしたいならば、あなたの選択は間違っていませんので転職活動をしましょう。

あとは、その転職をしたい問題を解決できる保育園へ出会うだけです。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 【保育士向け】転職エージェントのおすすめ活用方法!口コミと評判

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

takaです。

園長経験もある異色の元保育士。

子供はもちろんめっちゃ好き!!

今は副業サラリーマンとして、子供関係の仕事とWEB関係の仕事をしています。

保育経験と子育て経験を活かし、皆様のお悩みを解決できる記事を書いていきます♪

気になることや、書いてほしい記事があればお気軽にこちらへ連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtakaです。

【経歴】

・認可保育園で現場の8年、分園の責任者2年

・認可外保育園の立ち上げ2園

・インターナショナルスクールの園長経験あり

・幼児教室の教室長経験あり

現場の保育士から、管理職になり営業や運営、マネジメントに従事した異色の経歴があります。

【簡単な紹介】

現在38歳で奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!

趣味はキャンプと筋トレ、ランニングです。

今は副業サラリーマンをしており本業は子供関係の仕事。

副業はWEB関係でコンサルや個別相談、WEBマーケ。

それと保育コンサル、育児相談の2つの仕事をしています。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る