仕事辞めたい転職したい時の保育士がすべき行動のまとめ

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

保育士が転職をしたい理由ランキング

保育士が転職をしたいと思った時の理由はいろいろとあります。

もちろん世の中の多くの人も知っている理由といえば「給料」「人間関係」「勤務体制」と行った仕事を続けていきたいけれどもなかなか難しい理由があります。

ついつい給料が理由で退職する保育士が多いように思われがちですが退職理由の多くは「人間関係」です。

「職場の人とうまくいかない」

「したくない仕事に付き合わされて疲れる」

「園長先生のいじめがすごい」

こんな風に保育士をして仕事をしていく中で転職をしたいな、仕事を辞めたいなと思うことがあります。

そんな保育士は仕事を辞めたい、転職をしたいと思った時の情報について集めています。

仕事を辞めたい時

もちろん仕事を辞めたいと思うときは誰にでもあるでしょう。

そんなときに日本人は我慢をしてしまったり、言い出せないので時にはうつ病など精神病になってしまうこともあります。

しかし、よく考えてほしいのですが「あなたはなぜ仕事をしているのですか?」という基本的なことです。

もちろん「生活のため」「お金のため」「やりがいのため」などいろいろな理由があると思いますが、仕事を辞めたいと思った時は何らかのサインを出しているということです。

そのため、きちんと判断すべきですし精神的に身体的にも疲れてしまうという際には我慢をせずに本当にやめるという選択肢もありだと思いますね。

そんな「仕事を辞めたい」「転職したい」というときの情報についてまとめていますので気になる情報を参考にしてこの先の人生を良いものにしましょう。

保育士を辞めて転職!仕事が変わって良かったこと、後悔をしたこと

まず保育士を辞めようと思っているならばこちらの記事になります。

保育士という仕事は中毒性のある仕事となっており、保育士から離れたとしてもまた戻ってくる人も多いです。

実際に私の同僚で5人ほどは保育の仕事から離れたのですが、3年後には4人が仕事に戻っているという結果になっています

しかし、もちろん保育園を離れて他の仕事をしたりしてよかったという同僚もいます。

そんな保育士が仕事を辞めた後の良かったことと後悔をしていることについてまとめていますので参考にして下さい。

退職の伝え方と保育士が辞める理由ランキングトップ3

退職の伝え方についていろいろと書いています。

保育士として仕事を続けていても辞めたいときにの言い方や注意をしたいポイントについて書いています。

これは女性特有といえるかもしれませんが、辞めたいという気持ちをもっていても口に出さないことがコツですので詳細は記事を読んでください。

また、保育士が辞めたいと思う理由トップ3つについても書いています。

読んでくださった方から「この理由よくわかる」とおっしゃっていただくことおもありますので保育士の方にはぜひ読んでほしい記事です。

仕事の転職方法と退職する4つの理由!辞める前に探しておけ!

次にこちらの記事。

仕事を転職したいと思ったときや退職をしたいと思ったときにすべき対処の方法について書いています。

保育士という仕事をしていると素敵な仕事であることは間違いないのですが、「辞めたい」と思うことが多い職場となっていますね。

その理由は給料が上がらない、人間関係に疲れた、思っている保育ができないなど人それぞれになりますが理由はいろいとあるのは正直なところです。

しかし、大事なことはいきなり仕事を辞めないことです。

退職をする、仕事を辞めるという場合には必ず次の仕事を決めてから辞めるべきという理由についても書いています。

しんどい疲れた辞めたい理由5選!保育士の仕事は毎日激務で大変

保育士の仕事は一見華やかに感じることも多いのですが、実はかなりの激務です。

年間の休みも少ないですし、一日を通して休憩や休まる間もなく仕事が怒涛のように過ぎていくということになります。

保育士の多くは本当に疲れてしまって、疲弊をしてしまって「辞めよう」という方が多いのは正直なところです。

身体が疲れてくると精神的にも疲れてしまい結果的にはうつ病になってしまうこともありますね。

本来子供と毎日一緒にいる仕事なので楽しいですし元気をもらえるはずなのですが、疲れてしまう保育士さんも多いです。

特に運動会や発表会などの行事前には連勤や残業もめちゃくちゃ多いので大変だったなと思いますし、個人的には「二度としたくない」と思うくらい疲れていました。

保育士を辞めたい新卒が多い理由は人間関係と自信がないこと

保育園でも悩みの種は新卒の退職です。

実は保育園でも新卒の退職は非常に多くなっており、一年目ですぐに辞めてしまうこともあるほどです。

最近はゆとり世代と呼ばれる世代の先生も多くいます。

すぐに辞めたい、ほかの仕事がしたいなど昔の人たちと比べて我慢をしなくて良い時代に生まれていることも大きな要因になっているのかもしれません。

一緒に働く先生は言葉も選びますし、厳しい指導をするとすぐに辞めてしまうことからものすごく気を使って一緒に仕事をすることになります。

最近は上司や管理職の方が気持ち的に疲れてしまいうつ病などになってしまうケースもあるようです。

保育士の退職が年度途中は理由に関係なく迷惑になるので時期をみよう

新卒のほかにも退職理由として多いのは年度の「途中退職」になります。

途中退職をする保育士は多いのは正直なところですね。

私も今まで一緒に働いてきた人でも年に数人はその年度の3月まで持たずに結果的に辞めてしまうというケースも多かったです。

もちろん精神的にうつ病のなってしまったという場合には仕方がないのかもしれないですがどんな理由があったとしても保育園で働いていて途中で退職をすることは迷惑です。

同僚、子供、保護者などあなたが関わって来た人みんなに迷惑になりますし、今後の転職にも響く可能性が高いので避けておきましょう。

円満退職の上手な辞め方 保育士が年度途中で退職するコツ

仕事を辞めたい、転職したいという気持ちをもっていたとしても基本は「円満退職」をすべきです。

保育園に勤務をしていると他の保育園のことはあまりわかりませんので気にならないかもしれませんが、実は保育業界というのはとても狭く他の保育園に勤務をしてみると実は前の勤務先の園長と仲良しだったということもあります。

つまり、そのあとその職場にもいずらくなり転職をしなければならなくなるでしょう。

保育業界というのは意外と狭いですし、いつどこで出会うかわかりません。

そうならないためにも基本的には保育園を退職する場合には円満退職を基本としておきましょう。

保育士の転職方法

ここまでは仕事を辞めたい、転職をしたいという方にとっての記事を紹介してきました。

次に紹介をしていくのは保育士が転職をしていくための情報となります。

最近保育士の給与は右肩上がりとなっており、高待遇やものや非公開求人と呼ばれるものも多くなっています。

そのため、ハローワークなどで探して給与や休日などの交渉ができないというのは損をしていますので高待遇な転職に成功をさせる補法について書いていきましょう。

保育士転職サイトランキング!口コミ評判と好待遇な転職に成功した方法

こちらで紹介をしているのは数ある保育士転職サイトをいろいろと紹介しています。

保育士の転職サイトは世の中に山ほどあるのですが、できれば3つくらいを併用していくと良い求人に出会える可能性がぐっと高まりますね。

私も実際に紹介型のエージェントというスタイルの保育士転職サイトを活用し、結果的に高待遇な転職に成功をした事例をもっています。

登録をするだけで紹介をしてもらえるというメリットもありますし、紹介料も無料となります。

また、紹介をされた転職先の情報についても詳しく教えてくれ、給与面、休日日数、人間関係など内部の情報も教えてくれますのでメリットも高いですね。

保育士が正社員の求人情報を利用して就職に成功する方法

コチラには保育士として正社員の求人を探している人へ向けての情報を書いています。

最近は保育士不足が過熱していることから正社員の保育士求人は山ほどありますし、その中での選択肢も非常に広くなっているのは正直なところです。

その情報を知らなくて転職をしてから「失敗した」と後悔をしている先生もいますので、そんな風に失敗をしないためにもうまく転職をするための方法について書いてます。

転職サイトについても紹介をしていますが2種類ありますのでそれを間違えないようにしたいものですね。

転職フェアよりも保育士はエージェントの方が好条件な転職に成功できる

転職をしようと思っている方の多くは就職フェアやハローワークなど簡単に転職求人が探すことができます。

しかし、このような給食方法ではあまり良い求人には出会えないのは正直なところですね。

どちらかといえば、転職フェアよりも転職エージェントを活用してみると良いですし好待遇な求人も見つけられます。

紹介型のものがエージェントになると多いのできっとあなたの希望にそった求人が見つかりますよ。

面接の質問で転職の際には対策が大事!保育士が抑えるポイント

就職フェア、ハローワーク、転職エージェントでいくらよい求人を見つけたとしても注意をしなければならないことが「面接」です。

就職や転職となるとほとんどの場合は面接だけで終わってしまう可能性が非常に高いです。

つまり、面接一発勝負で就職先が決まる可能性があるということなので、対策をして望みたいものですね。

面接でよく聞かれる質問や面接官はどのようなところを見ているかという点が大きなポイントになります。

また、私は採用をする側としてたくさんの保育士を面接してきたので、採用をするケースと採用を見送るケースもありましたので記事に書いています。

面接を受ける際には読んでほしい情報ですね。

 

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る