仕事の辞め方は賢くしよう!保育士が転職に成功をさせるコツを伝授

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

仕事に行きたくないなら辞め方を考えよう

仕事に行きたくないな・・・なんて思う人も多いでしょう。

私もサラリーマンをしているときは毎日辞めたいなと思っていた1人でした。

でも、急に辞めてもお金もないので困ってしまうというのが正直なところですしなかなかやめるということまで踏み切ることはできません。

しかし、もし辞めるとしたらどんな風に辞めるべきなのでしょうか?

仕事の賢い辞め方について書いていきたいと思います。

仕事の辞め方

仕事の辞め方として一番重要なことは仕事を途切れさせないことです。

そのためにも仕事に退職を申し出る場合には次の転職先を確実に決めておくべきですね。

次の仕事先が決まっていない場合には引き止められた場合にはもちろんその職場にいなければなりませんし、お金のことも気にしなければなりませんので「辞めます」と強く言えないです。

また、次の仕事が決まっていない場合には次の仕事を決めたいと思っても決まらない可能性もありますし、多少低い給料でも仕事をしなければなりません。

そんな気を付けたいポイントもあります注意をしておきたいポイントともいえます。

私も仕事をしている間に大変ですが転職先を決めておくと気持ちよく今まで勤務をしていた気持ちも円満退職できます。

そんな仕事の辞め方について書いていきますので参考にしてください。

円満退職の上手な辞め方 保育士が年度途中で退職するコツ

まず円満退職が基本です。

私も過去に問題を起こして辞めたこともありますが、そのあとはかなり後悔をしました。

その保育園の傍を歩けなくなりますし、今後同じ系列の保育園へは就職できません。

他にも保育士の研修などへ行くとその保育園の先生に会うなんてこともありますので退職をする場合の重要なポイントとしては円満退職をするようにしてください。

また、退職を申し出る前にはその職場の先生たちに相談をしないことも重要です。

女性の職場となると話もすぐにひろがっていきますし、噂に尾がついて広がっていきます。

すると退職をしようか迷っているだけなのに「退職をする」と思われていたりします。

仕事の辞め方としては「円満退職」が基本となりますのでそこは意識をして仕事をしていくようにしましょう。

保育士の退職が年度途中は理由に関係なく迷惑になるので時期をみよう

保育士の仕事には限りませんし他の仕事をしている人でも同じなのですが、仕事をしていくうえで途中退職は辞めておきましょう。

保育士の場合はたくさんの人に迷惑を掛かることになります。

保育園という仕事は多くの人がかかわる仕事でありますので問題も生じやすいく、保育園の同僚、保護者、子供、地域の人たちとなっていますので気を付けておきたいポイントともいえます。

そのため、退職をしたいと思っていてもすぐにやめるべきではありませんし「退職をしたい」と思っても可能な限りは3月の末までは勤務をするようにしましょう。

私も過去に途中退職をしたことがあります。

まだ、若いうちでの退職だったのであまり深くは考えていませんでしたが、残った人には多くの迷惑をかけることになったということです。

最近は退職者を見送ることも多いので逆にそちらの気持ちもわかります。

できる限り途中退職は避けるべきですので「辞めたい」と思っても年度末までは仕事を続けるようにしましょう。

うつ病になりやすい仕事は保育士?原因と症状と治し方

うつ病になった場合の対処法としては途中退職は避けるべきですが、自分のことをまずは優先すべきです。

円満退職も大事ですし、うつ病になったとしても本来は最後まで勤務をすべき。

と言いたいところですがそれは無理ですね。

うつ病の場合は基本的にすぐにやめるべきだと思います。

仕事をしていてうつ病になるということは精神的にストレスがかかっている状態だといえます。

そのような状況で仕事をしたとしてもうまくいくことはないですし、余計にうつ病が悪化をし将来仕事へ戻ることができない可能性もあります。

そのため、うつ病になった場合には自分の状態を把握して休憩。

身体や気持ちの落ち着いてきたのならば仕事へ復帰をするという方法で仕事をしていきましょう。

退職の伝え方と保育士が辞める理由ランキングトップ3

退職の伝え方はとても大事。

その伝え方と保育士が辞める理由について書いていきましょう。

保育士が辞める理由のトップ3を書いていますので参考にしてほしいと思いますね。

もちろん今は保育士の人材が不足をしていることから豊富に転職先もそろっていますし、インターネットがあるので転職先も見つけやすいというポイントもあります。

退職を伝える時期や方法と退職をする理由トップ3について書いていますので参考にしてください。

保育士の転職時期はいつがいい?求人で失敗をしない方法

保育士の転職時期はいつが良いのでしょうか?

退職時期についてまとめている記事になります。

保育士の仕事は人材不足のために多くの仕事が年中出ているのですが、どんな仕事でも行けばよいというものではないですし、時期を狙って転職活動をすれば高待遇な求人も見つかります。

そのため、転職の時期を見計らって仕事を選ぶようにしていきましょう。

個人的に感じていることは保育士として仕事をしていくのならば途中入社ではなく、基本的に年度末の3月に退職をして4月に入職をするタイミングがベストです。

そのためにも早めの転職活動にメリットがありますのでそこを狙っていきましょう。

保育士が正社員の求人情報を利用して就職に成功する方法

保育士として正社員に転職をしたいという場合の情報になります。

最近はインターネットにたくさんの求人情報があるのですが、その中でいかに良い求人を見極められるのかという点がポイントといえます。

転職をしたい場合にはもちろんいろいろな情報を仕入れることになるのですがなかなか難しいのも正直なところです。

そんなときには利用がしやすい転職サイトをきちんと絞っていくことでより効果的に高待遇な転職先を見つけることも可能といえます。

保育士転職サイトランキング!口コミ評判と好待遇な転職に成功した方法

転職をするならば絶対に利用をしておきたいのは転職エージェントになります。

保育士エージェントというのは紹介型の保育士転職サイト。

こちらの転職サイトを利用することにより高待遇な条件の転職先を見つけることも可能となりますし、希望の保育園への転職先を決めることも可能です。

実は私も過去に転職エージェントを利用した経験があり年収をかなりアップさせることに成功をしました。

もちろん何か所かの保育園の採用試験を受けて決めてのですが年収にして約40万円のアップに成功をしました。

しかも面接にも同行をしてくれるケースもありますのでその点も大きなメリットといえます。

保育士の転職をしたいならば間違いなく転職エージェントに登録をすべきですし、転職をするための履歴書の書き方なども書いていますので参考にしましょう。

退職理由と届けの書き方 円満退社をして転職活動を成功させよう

転職先が決まっているのならばあとは退職を申し出るだけです。

その際には退職届けを書くことがとても重要になりますね。

しかし、正しい書き方をしなければ承認をしてもらえない可能性もありますので注意をしましょう。

また保育士は人材不足ですし、あなたがその保育園へいた時期が長いのならば引き留めにあう可能性も十分に考えられますのでその時に対処法についても紹介をしています。

先ほども紹介をしましたがあくまでも円満退職が基本となりますのでそこは意識をしておきましょう。

関連記事

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表 管理者

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの管理者をしているtakaです。
1981年生まれの37歳で保育士からWEBの世界へ飛び込みました。

経歴は認可保育園で8年保育士をして、認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきている異色感じです。

保育園では主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルスクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきています。

今は保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの仕事をやっています。
https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る