保育士転職の探し方のコツと失敗しない方法5選【求人の給料と待遇】

保育士の転職の探し方のコツがわかりますか?

実は探し方を間違えると、好待遇な転職先や求人にであえません。

しかし、ちょっとしたコツを使うことで、出会うチャンスを作ることができます。

この記事では保育士の転職先の探し方について書いています。

記事を読み終えることで、転職先の探し方、失敗しないための方法、探し方の注意点がわかります。



保育士転職の探し方のコツと失敗しない方法5選【求人の給料と待遇】

保育士に限らずですが、求人を探すコツがあります。

そこを外してしまったり、焦って転職先を決めると、転職は失敗します。

転職をしたいと思ったら、冷静になって考えるようにしましょう。

保育士の転職求人は多い【探し方は大事】

最近は保育士の転職求人は非常に多いです。

理由は簡単で、どこの保育園も人材が不足しており、足りないのです。

つまり、人が足りない状態となっていることから、保育士として探しやすい状態です。

好待遇な求人があれば、中にはブラックのような求人もありますのできちんとさがしましょう。

保育士転職の探し方のコツ5選【考えを整理して自分を見直す】

では、保育士の転職の探し方のコツを書いていきます。

まず、大事なことは「自分の考えをまとめる」ことです。

転職の目的や理由を明確にしておかなければ、意味のある転職にはなりません。

まずは考えを整理することが探し方のコツです。

1.転職先に求める条件をまとめる【退職理由は?】

まずが転職先に求める条件を考えましょう

転職をするということは、あなたは退職をするということ。

つまり、「何かの理由で」転職を考えていますので、その理由を明確にしましょう。

退職理由を解消することができなければ、転職先でもまた同じことの繰り返しになります。

そうならないためにも、退職理由を明確にしましょう。

2.譲れないポイントを決める【保育・給料・休み】

退職理由が理解できたら、次は譲れないポイントを見つけましょう

保育の内容、最低もらえるお給料、休みなど色々とあります。

譲れないポイントを5つくらいだし、順位をつけましょう。

最低でも1位と2位はかなう転職先を探せば、納得して仕事をすることができます。

3.今後のキャリアを考える【3年後・年齢・将来】

次のキャリアを考えましょう

あなたの年齢が20代、30代、40代、50代によってことなります。

例えば、20代ならば結婚をして子供を産んで産休に入る。

そんな流れに慣れるものが必要ですね。

30代を超えたならば、キャリアを考えて主任を目指せる、50代になるならば園長を目指すなど様々です。

最低でも3年後にどうなっていたいのか?というキャリアの形成をしっかりと考えましょう。

4.自分の経験やスキルを見直す【保育歴・リーダー・未経験】

自分の経験やスキルを活かしましょう。

これも紙に書いて洗い出すとわかりやすいです。

あなたの保育歴は?担任を持ったことがある年齢、リーダーとしての資質は?未経験でも仕事ができるの?などです。

自分の経験やスキルは職務経歴書や自己PRに役立ちますので、必ず見つめなおして下さい。

→ 保育士の自己PRの書き方とは?新卒と転職の例文と自己分析のコツ

5.転職の時期を決める【ゴールからの逆算】

転職の時期を決めましょう

転職をゴールとして、そこから逆算をして転職活動をすることが大事です。

基本は4月採用ですので、遅くても2月には決なければなりません。

では、2月に決めるためには1月には採用試験を受けるというように、ゴールから転職活動の逆算をしましょう。

保育士転職の探し方は比較が大事【プロから情報と求人をゲット】

次に保育士の転職の探し方を書いていきます。

転職で大事なことは「比較」です。

1か所だけの面接で決めてしまうなんてもったいないです。

複数の保育園の面接や内容を聞いて、転職活動をしましょう。

1.転職エージェントに登録をして情報を聞く【保育業界の情報】

転職エージェントへ登録をしましょう。

転職はハローワークや求人サイトで簡単に見つけることができますが、それは大きな間違いです。

自分で探す求人によいものはなく、情報も乏しいため、求人には向いていません。

転職エージェントはあなたは無料で利用ができるもので、紹介型です。

あなたが洗い出した転職先の希望や目的、転職先に求めることを伝えれば、それに見合った転職先を紹介してくれます。

実は相談にも乗ってくれますので、転職の事情も聴くことができるので、情報収集にもなります。

保育士転職サイトナンバー1【保育士バンク】

2.複数の転職サイトへ登録!マッチする求人へ応募する【比較】

転職エージェントは必ず複数に登録をしましょう。

複数に登録をすることで、転職エージェントの比較、情報の比較をすることができます。

転職を決める時に大事なことは「比較」です。

A社は良いといっても、B社がおすすめしないというかもしれません。

そうなったときにC社にも聞いてみると、比較の情報を聞くことができますので、理解しやすいです。

3つがちょうど管理もしやすく、理解もできるのでおすすめです。

→ 【保育士向け】転職エージェントのおすすめ活用方法!口コミと評判

3.3つ応募をして面接を受ける【一番合うところへ】

次に各社より1園ずつ保育園を紹介してもらいましょう。

3つの園の面接や採用試験を受けるということも大事で、比較をするためのポイントです。

3つの保育園の採用試験を受けることにより、転職先の比較もできます。

もちろん、順位をつけることになりますので、その中から一番ベストな転職先を見つけられます。

4.転職面接を1つにしない【比較対象を作る】

保育士の転職の探し方で大事なことは、1か所に絞らないことです。

1つだけを受けると比較ができません。

つまり、その面接だけで「良い」と思ってしまうということです。

しかし、それは大きな間違いですし、失敗をする転職の方法です。

せっかく今を変えたいとおもって転職活動をしているのですから、時間をかけて次に行き先をきめましょう。

5.自分でも情報を保育士転職の情報を集める【人任せはダメ】

転職エージェントに登録をしたから、安心ではありません。

もちろん、あなたも転職活動をする必要があります。

自分では求人サイトを見たり、他のエージェントから情報をあつめて、自分も転職活動をしましょう。

自分でもすることにより、転職エージェントの言葉の本質もわかります。

すべて人に任せっきりにしないことも大事ですね。

保育士転職の探し方の注意点3選【求人をよく見よう】

次に保育士転職の探し方の注意点です。

転職をすれば何でも良いというものではなく、あくまでも落ち着いて対処をすることが大事です。

そこで、3つの注意点を書いていきます。

求人が常に出ているところは要注意【大歓迎の文言】

保育士の求人が常にでているところは注意をしましょう。

保育園にはもちろんブラックな園もあります。

そのため、常に人が辞めてしまい人材不足に陥っている保育園があるのです。

求人が出ているということは、人がたくさん辞めており、誰でも良いから来てほしいと思っています。

大歓迎や未経験でも大丈夫など甘い言葉がある場合には、一度落ち着いてかんがえましょう。

50代からはパートがおすすめ【体力・あとで正社員へ】

50代から転職をするならば、パートから始めるのもありです。

保育士として50代になると体力的に疲れてしまいます。

そのため、最初はパートからの転職もありで、あとから正社員を目指してもよいです。

何よりも無理をしないことを徹底してください。

元気ならば、正社員でも大丈夫ですが転職は想像以上に疲れやすいので注意をしてくださいね。

自分で探して応募する【条件が悪い】

自分で探して応募ばかりすることは避けておきましょう。

中には条件が悪かったりします。

エージェントを通す理由はいろいろあります。

・質の悪い保育園が選別されている

・内部の情報がすべて入っており、それを教えてもらえる

・面接日程の調整や履歴書、職務経歴書の添削をしてもらえる

・給料などの条件面の交渉をしてもらえる

保育士として、メリットがおおいので、自分で探して応募したとしても、必ず比較をしてください。

保育士転職の探し方のまとめ【自分のキャリアを比較が大事】

保育士の転職の探し方についてかきました。

保育士として転職をするという行動は素晴らしいです。

しかし、その行動もやり方や探し方を間違えると失敗におわってしまう可能性があります。

せっかく行動するのですから、転職で好条件、好待遇を手にいれましょう。

これから探す方はぜひ参考にしてください。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクの口コミ評判!特徴8選と登録の方法 退会はしつこい?

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

takaです。

園長経験もある異色の元保育士。

子供はもちろんめっちゃ好き!!

今は副業サラリーマンとして、子供関係の仕事とWEB関係の仕事をしています。

保育経験と子育て経験を活かし、皆様のお悩みを解決できる記事を書いていきます♪

気になることや、書いてほしい記事があればお気軽にこちらへ連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtakaです。

【経歴】

・認可保育園で現場の8年、分園の責任者2年

・認可外保育園の立ち上げ2園

・インターナショナルスクールの園長経験あり

・幼児教室の教室長経験あり

現場の保育士から、管理職になり営業や運営、マネジメントに従事した異色の経歴があります。

【簡単な紹介】

現在38歳で奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!

趣味はキャンプと筋トレ、ランニングです。

今は副業サラリーマンをしており本業は子供関係の仕事。

副業はWEB関係でコンサルや個別相談、WEBマーケ。

それと保育コンサル、育児相談の2つの仕事をしています。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る